季節は常に一つ先取りして考えて

不安定な気候にも柔軟に

対応できるようにしておくのがベスト。

 

近年の地球温暖化の影響も

段々季節の気温異常を左右し始めていますし、

2019年もいつまで暑いのかが

気になるところです。

 

今回は急激な気温変化で体調を

崩したりしないためにも、

2019年はいつまで暑いのかや

地域別の寒くなる時期、

気温の推移予想などをご紹介です。

 

寒くなる時期に先駆けて

準備しておくことも紹介しますので、

これで暑さ寒さもドンと来い!の特集です。

Sponsored Links

 

【地域別】2019年はいつまで暑いの?

身体全体がいつまで寒いのか

切に訴えている冬季。

 

2019年はいつまで暑いのか

地域別に以下に見ていきましょう。

 

2019年の沖縄はいつまで暑いの?


参照元:https://www.photo-ac.com/

最初にお話ししていくのはまず、

2019年の沖縄はいつまで暑いのかです。

 

まず夏日が4月下旬頃から

観測され始めることに注目です。

 

暖冬の影響で夏としての

気候の訪れは早く、

真夏日は6月下旬には最高気温

計測するのではないかと言われています。

 

そこからは割と穏やかに

気温上昇がストップして、

梅雨が長引き涼しい気候が続く見込みだそう。

 

ひょっとしたら7月中旬までには

暑さが落ち着いてしまうという、

例年にない現象も考えられますよ。

 

2019年の九州地方はいつまで暑いの?


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にお話ししていくのは、

2019年の九州地方はいつまで暑いのかです。

 

去年の12月に気温が25度を超えるという

異常気象を見せた九州。

 

2019年では5月頃に夏日を観測する

見込みが発表されているんです。

 

また30度を超える日が

7月上旬にはすでに訪れることに。

 

このリズムでいくと8月までには

暑さが落ち着いてしまう予想が、

現在立てられています。

 

2019年の中国、四国地方はいつまで暑いの?


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にお話ししていくのは、

2019年の中国、四国地方はいつまで暑いのかです。

 

中国、四国地方も2018年度は

酷暑を記録しましたが、

2019年の夏はその反動がきそうな見込み。

 

何しろ2019年は暖冬ですので、

その揺り戻しが夏に来る可能性が

高いと見られています。

 

6月に入るやいなや25度前後

暑さが気温に見られるようになるでしょう。

 

それでも30度以上になるのが

7月に入ってからですので、

ここが我慢のしどころとなります。

 

8月に入ると涼風を感じる日も

珍しくはなさそうな2019年の

中国・四国地方です。

 

2019年の近畿地方はいつまで暑いの?


参照元:http://photo53.com/

次にお話ししていくのは、

2019年の近畿地方はいつまで暑いのかです。

 

大阪に京都・奈良の盆地では

毎年うだるような暑さが

特徴的となっています。

 

2019年の近畿地方では

5月下旬に早くも25度超え

日々が始まるという、

ちょっと異例の気温状況に。

 

梅雨入りも早い上に

さらに長引く予想ですが、

蒸し暑さがこたえるかもしれません。

 

そして30度超えを記録するのは

7月初旬が予想されています。

 

それもひと月程度で一気呵成に

ヒートアップして、

一気に涼しくなる可能性が高いのです。

 

お盆の頃には涼しくなって

過ごしやすいことが想像されます。

Sponsored Links

 

2019年の中部地方はいつまで暑いの?


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にお話ししていくのは、

2019年の中部地方はいつまで暑いのかです。

 

じわじわと芯からこもるような

ねっとりした暑さが特徴的な中部地方。

 

2019年の暑さは何と5月下旬に

25度超えを記録する、

現段階で推測されているんです!

 

そこからほぼ夏日が続いて

7月初旬には30度ほどという、

最高気温に達する見込みとか。

 

6月、7月が暑さのピークと

考えていた方がよさそうですよ。

 

2019年の関東地方はいつまで暑いの?


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にお話ししていくのは、

2019年の関東地方はいつまで暑いのかです。

 

関東地方では北関東など

山あいの県では、

最高気温をいち早く記録することで

毎年有名ですよね。

 

2019年はというと5月下旬に

埼玉で25度超えが一番乗りに、

計測される見込みとなっています。

 

東京ではそれに遅れること

1週間ほどで夏日に入る予定です。

 

7月下旬に真夏日となりますので

8月中旬までには暑さがひと段落

といったところになるでしょう。

 

2019年の東北地方はいつまで暑いの?


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にお話ししていくのは、

2019年の東北地方はいつまで暑いのかです。

 

東北地方では7月下旬頃に

25度前後に達する見込みで、

以降もそれ以上の気温上昇は

今のところ計測されない予測になっています。

 

6月下旬から8月初旬頃にかけてが

過ごしやすい暑さの夏となるでしょう。

 

2019年の北海道はいつまで暑いの?


参照元:https://www.photo-ac.com/

最後にお話ししていくのは、

2019年の北海道はいつまで暑いのかです。

 

例年春の訪れも遅く、

5月初旬にようやく花が見られるのが

北海道の季節感です。

 

短い夏が2019年はどうなるかというと

7月中旬頃に25、6度の夏日

計測される見込みとなっています。

 

札幌市などでは一時的に

30度近くまであがる現象が、

もしかしたらあるかもしれません。

 

しかし継続的なものではなく、

8月には涼風が立って過ごしやすい

気候となる推測が立てられています。

Sponsored Links

 

例年に比べて2019年は暑いのは長い?


参照元:https://www.pakutaso.com/

2019年の暑さですが、

それほど長期にわたる猛暑という

現象は起こらないことが

現段階で推測されています。

 

2019年の冬現在も

計測上は例年に比して寒くない、という

事実がそれに影響しているんです。

 

エルニーニョ現象が著しいため

暖冬の2019年と言われており、

その反動で逆に冷夏となる見込み

強まっています。

 

地方によっても多少の差は

出てくるはずですが、

2018年のような酷暑には

ならないことは間違いないでしょう。

 

短期間でグッと気温上昇して

すぐに涼風が立ち始める、というのが

2019年の暑さの特徴となりそうです。

 

Sponsored Links

 

2019年の気温の推移予想は?


参照元:https://www.photo-ac.com/
2019年の冬が暖かいので

このまま1年中何となく

気温が高めで移ろっていく気がしますよね。

 

しかし夏の冷夏を皮切りに

気温低下が著しく、

年末に向けては厳しい寒さと

なる予測が立てられています。

 

したがって3月から7月までが

気温が高めで春から夏の

季節らしさを楽しめる、という

ことになるのではないでしょうか。

 

衣替えのタイミングもありますし

これからの気象庁発表を、

十分注意していくことが大切です。

Sponsored Links

 

2019年の暑いうちに準備しておくことって?

2019年の暑いうちに準備しておくことには

どんなものがあるでしょうか?

 

寒くなる季節のために

準備すべきことを、

以下にご紹介していきます。

 

2019年は暑いうちにカーディガンを準備しておきましょう!


参照元:https://publicdomainq.net/
はさかいの季節があまり

はっきりしなさそうな2019年。

 

急激な気温上昇と降下で

暑さ寒さの調整が大変そうです。

 

そこで準備しておきたいのが

カーディガンのような羽織もの。

 

暑いときでも屋内の冷房対策になりますし、

外出して帰りに冷え込むような日でも

1枚あれば助かるアイテムです。

 

 

2019年は暑いうちにマスクを準備しておきましょう!


参照元:https://publicdomainq.net/
急な気温低下も夏の間に

見込まれそうな2019年ですから、

時ならぬ風邪がはやることも

考えた方が良さそうです。

 

きちんとマスクを準備して

出先にも1、2枚携帯しておくのが、

後で慌てないための良策と言えます。

 

少しでも咳き込んでいる人を

見かけたならば、

用心のためにマスクを掛けましょう。

 

2019年は暑いうちに厚手のカーテンを準備しておきましょう!


参照元:https://www.photo-ac.com/
どうやら暑いと思ったら

すぐに寒さが訪れそうな、

2019年の夏から秋冬の季節感覚

 

冷気対策で慌てないためにも

暑いうちから厚手のカーテンを、

クリーニングに出しておいて

すぐに出動できるようにしておきましょう。

Sponsored Links

 

2019年は暑いうちに掛け布団を準備しておきましょう!


参照元:https://www.photo-ac.com/
夏掛け布団だけではすぐに、

寒さを感じてきてしまいそうな

2019年の夏の短さ。

 

念のために掛け布団をもう一枚

準備しておくに越したことはありません。

 

十分に日に当てて消毒したり、

クリーニングに出しておいて

肌寒さを感じたらすぐに一枚

足せるように準備しましょう。

 

 

2019年は暑いうちにストールを準備しておきましょう!


参照元:https://publicdomainq.net/
ストールは実は1年中、

携帯しておきたいくらいの

お助けアイテムなんです。

 

どうやら欧州の夏のように

高温と冷気が同時に繰り返されそうな

2019年の日本の夏。

 

ストールを持っておくと

日中暑くても夜肌寒い、という

気温変化にもすぐに対応できます。

 

男性でも夏のおしゃれアクセントとして

十分対応できますから、

これを機に購入してみてはいかがでしょう。

 

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

<関連記事>

いつまで寒いの?2019年の暖かくなる時期や気温の推移予想、準備しておくことって?

夏の旅行でおすすめな国内のスポット!カップルや家族からの人気は?

夏の旬な魚の種類や価格帯、おすすめの食べ方やレシピのランキング!

夏の旬の食材とは?魚や野菜、果物、フルーツの食べ物ランキング!

ペアルックの夏の着こなし!カップルから人気のペアルックをご紹介!

夏のイベント、行事や記念日って?それぞれの意味や楽しみ方とは?

2019年の春夏のトレンドヘアやヘアカラーとは?レディースの流行りやおすすめアイテムも!

2019年の春夏のトレンドカラーは?メンズの流行りや人気のファッションアイテムも!

夏祭りの服装!高校の女子、男子別に浴衣以外の人気コーデをご紹介!

手持ち花火の種類やおすすめな手持ち花火のご紹介!

花火デートの服装や髪型、しぐさなど!成功させる方法のご紹介!

いかがでしたでしょうか?

 

本記事では2019年がいつまで暑いのか、

また2019年の寒くなる時期や

気温の推移予想、準備しておくことを

ご紹介してきました。

 

2019年はどうやら全国的に

冷夏見込みが強そうな雰囲気で、

少し拍子抜けされたのではないでしょうか?

 

そうは言えども夏が全くない、という

わけではなく、

前倒しで早めの暑さが訪れて

収束も早いという感じのようです。

 

「いつまで暑いの?」の一言は

2019年はちょっと贅沢な

言葉になってしまいそうですよ。

 

以上、『いつまで暑いの?2019年の寒くなる時期や気温の推移予想、準備しておくことって?』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事