*

衣替えはいつから?2018年の秋では何月の時期がタイミングがいい?

毎年、季節の変わり目には頭を悩ませるのが、

いつから衣替えを始めようかという問題ですよね。

 

ジンクス!?と思ってしまうほど

去り行く季節のもう必要なさそうな衣類を片付けると、

必ずそのしまい込んだコートなり薄手の洋服が必要になってしまいがち。

 

2018年の秋こそは、失敗のない衣替え方法をしてみませんか?

 

今回はいつから衣替えを始めたらいいか、

急な気温変化でしまい込んだ衣類の出し入れを

面倒なく行えるグッズなど、

まとめてご紹介していきます!

Sponsored Links

 

夏から秋の衣替えの時期は何月?

夏から秋への衣替えをいつから始めるかという問題ですが、

このタイミングを何月と見計らうのは結構難しいですよね。

 

暦の上では9月から秋という認識であっても

まだまだ日中は夏の名残の高気温が残り、

夜以降から少し涼しくなってくるといった状況です。

 

夏の慢性的な酷暑に疲弊させられた身体が

このような変化に対応しきれずに、

体調を崩しやすい時期でもあります。

 

こうなるとどうすればいいかわからなくなりますよね?

 

パニックにならずとも大丈夫、

いつから夏から秋への衣替えをすべきか

ご一緒に考えていきましょう!

 

スーツの衣替えの時期は何月?

スーツを夏モードから秋モードへ、

いつから衣替えするのかという問題は

割に頭を悩ませる必要はないんです。

 

なぜなら最近のスーツ素材は

通気性と保温調節を兼ねている繊維が用いられていることが多く、

通年使用ができるタイプが殆どだからです。

 

そこで中に着るシャツを何月頃に、

いつから衣替えしていくかという事になりますね。

 

涼風の立ち始める9月末頃からは、

麻素材のシャツでは寒さを感じるようになるはず。

 

したがって綿やウール混のシャツへの衣替えが必要になるのは、

9月末から10月初旬と考えてみましょう。

 

 

学生の衣替えの時期は何月?

なるさん(@_naru_naru)がシェアした投稿

中学・高校に通われている皆さんは、

一応公式に夏服・冬服への衣替えの日が決まっていますよね。

 

日本は南北に長いため地方によって気温差があり、

いつから衣替えというこの日にちは多少前後しますが

夏服は6月1日から、冬服は10月1日からというのが

ほぼ全国共通となっています。

 

しかし気温はその日にちに合うように上下してくれません。

 

9月半ばを過ぎると急に、

夏服では対処できない寒さを感じて

冬服のブレザーが欲しい!ということもあります。

 

そこで冬服ブレザーを秋からの羽織ものとして

活用させる必要が出てきます。

 

ですから、いつから衣替えをするかというと

暦の上で区切りのいい9月23日の秋分を目安

冬服ブレザーをクリーニングも済ませた状態で

準備しておくといいですよ!

 

 

夏から秋の衣替えに最適な気温は?

LOPLE STOREさん(@lople_store)がシェアした投稿

夏から秋にかけての衣替えに適した気温ですが、

まず9月は全てのアイテムを取り換えるような季節ではないため、

日々の気温変化と湿度状態に細かく目配りする必要があります。

 

太陽光線の強さが違う夏と冬では

15度から20度前後の気温でも体感温度が変わるものですよね。

 

それと同じで夏と秋も風の立ち方や湿度状況で、

暑さ寒さの感じ方が違うものです。

 

そこで軽めの羽織ものを活躍させ、

重ね着などで温度調節をするのが

賢い夏から秋への衣替え方法と言えます。

 

ニットカーディガンや薄手でも長袖のシャツなどは、

大体通年すぐに引き出せるところにしまってあるのではないでしょうか?

 

日本は高温多湿気候とはいえ、夏でも屋内の冷房などで

やはりこのような対処が必要と感じるケースがよくありますよね。

 

ですから日本では9月下旬から10月初旬までの15度前後

秋の衣替えに置き換えるとよいのです。

 

朝出かける時に太陽は強いけれど、

カラッとしているなと感じたら夕方以降少し冷えるサインです。

 

帰宅時には身体を冷やしてしまうくらいになるはずなので、

日中用には夏服の肌が出るようなものを着て出かけても帰りを考えて

荷物にならない薄手の羽織ものを持っていきましょう。

 

これだけで初秋はいつから衣替えか神経質になる必要がなく、

ストレスフリーで過ごせますよ。

 

Sponsored Links

 

2018年の衣替えはいつからがいい?

ゆうこさん(@slow.life.works)がシェアした投稿

2018年の衣替えはいつから始めるのか、

仕事の関係などを考えると日にちは気になる問題ですよね。

 

先ほどお話ししたように、

15度前後の日々が続くようになってきたら

そろそろ厚手の洋服をクローゼットのメインに入れておきたいもの。

 

そして今年は酷暑が続きましたが、

このような場合は冷え込みも一気に来るものです。

 

初秋は台風が多く訪れる季節でもあり、

台風が過ぎるたびにまるで暑さを少しずつ拭い去るように

涼風を肌に感じてきますよね。

 

その度に少しずつ入れ替える時間を取れる方はいいですが、

そうでない方はシルバーウィークの連休を利用して

一気に片付けてしまうのはいかがでしょうか。

 

今年は9月15日~17日までと、

9月22日~24日までの2ブロック的な連休です。

 

後者はちょうど「いつから衣替え?」の

目安にしたい秋分の日が入っています。

 

時間が取れる方の連休を区切りとして体感温度の様子も見ながら、

どちらかで秋物への衣替えを済ませてしまいましょう!

 

 

夏から秋の衣替えする時のコツは?

@uno_chiyoがシェアした投稿

いつから夏から秋への衣替えをするのか、

感覚としてはつかめてきたのではないでしょうか?

 

厳密に何月からか、気温は何度からかというのは、

体感温度の個人差や年度によっての気温差の相違から決めることが難しい

ということはお分かり頂けたことでしょう。

 

目安としての15度前後、

9月下旬からメインを厚手の洋服にということは

頭に入れておいてもいいでしょう。

 

です、生真面目にそれを守って

いつから衣替えするということを決めると

体調を崩すもとになるんですね。

 

それでも微妙な季節である夏から秋への衣替えで

『コツを知りたい!』という方

お教えするポイントがあります。

 

いつからという固定概念にとらわれず、

自分の感じる暑さ寒さを重要視して

着込む衣服を増やしたり減らしたりする!ということなんです。

 

ことに日本では真夏にちょっと長袖のものを着ていても、

奇異な目で見られるような傾向があります。

 

しかし、夏でも寒暖差が激しい地域では

8月の終わりからコートにマフラーを着用する人も多いです。

 

ヴァカンスで日焼けした人は

15度前後でも肌の火照りが残っているからか

ノースリーブでも平気ですが、

そうでない人はことさら涼しさが気になるため。

 

いつから、というより個人の感じ方と健康が大事ということが

衣替えのコツなんですよ。

 

Sponsored Links

 

衣替えする時の夏服を収納する前には?

TAC PART2さん(@tac7222)がシェアした投稿

まずいつから夏から秋への衣替えをするかの前に、

収納の段取りを軽く考えておきましょう。

 

大事なお気に入りの衣類を来年も着るためには、

仕舞い方も大事です。

 

いつから、何月から衣類総取り換え!と決めて、

洗ったり畳み方もおろそかにしてしまっては

来夏にいざ着ようと取り出した時に

『シワシワ、嫌な臭いがしてすぐに着られない・・・』と

もたつくことになってしまいます。

 

初めに衣類をいくつかのパートに分け、

いつからどのカテゴリーを洗い始めるかと決めてみましょう。

 

洗いにも急な利用にも対応しやすい、

かなり薄地のものから始めるのがベターですよ。

 

次に収納ケースやグッズの数は十分かを確認します。

 

夏物は嵩張らないものが多いので冬に比べて少なくて済みますが、

買い足しが必要なものは早めに準備しましょう。

 

 

衣替えをする時に便利なグッズは?

いつから衣替えを始めるかの前に、

収納グッズの確認が必要とお話ししましたね。

 

「具体的な便利グッズは?」という疑問に、

ここからはお役立ちのおすすめグッズを紹介します!

 

来夏も気持ちのよい衣類を身につけられるように

収納のためのグッズもこだわってみましょう。

 

衣替えをすっきりした気分で行なえるグッズさえあれば、

いつから始めても怖くありませんよ!

 

衣替えは無添加エコ洗剤竹炭の洗い水がおすすめ!

まずご紹介するのは、無添加エコ洗剤竹炭の洗い水です。

 

竹炭の消臭効果は冷蔵庫でも話題になりましたよね。

 

この国産の竹炭・竹炭灰のみでできた洗剤ならば、

衣類に化学香料もつかず、

肌への薬品吸収もなくエコ効果も期待できます。

 

竹炭には防菌・消臭効果があるので

面倒くさがりな方でもこの洗剤でまるっと洗えば

後の衣類はサッと仕舞えてしまいますよ。

 

洗濯機自体も綺麗になって、かび臭さも取れますし、

いつから衣替えするのかと同時にすべてを綺麗にしてしまいましょう。

 

Sponsored Links

 

衣替えはラベンダーのポプリで防虫効果がおすすめ!

次にご紹介するのは、癒しの香り袋ラベンダーです。

 

例として挙げますと海外のヨーロッパでは

おばあちゃんの知恵袋としてラベンダーポプリを、

衣類の防虫効果としてタンスに入れるんです。

 

ふんわり優しい香りのラベンダーポプリは

香りが自然なので衣類につく香りも優しいですし

虫食いも防げて一石二鳥。

 

日本だと北海道以外では難しいでしょうから

是非ナチュラル防虫剤のラベンダーポプリを購入してみて下さいね!

 

 

衣替えは炭入り消臭衣類カバーがおすすめ!

最後にご紹介するのは、炭入り消臭衣類カバーです。

 

シワになりやすい衣類や

まだ必要になるかもしれない夏服を

すぐに取り出せる収納アイテムとしておすすめなのが

上記のアイテムですね!

 

数枚まとめてカバーに入れ込めるので、

ハンガーラックも嵩張りません。

 

加えて、炭入りで消臭効果がありますので、

本格的に寒くなるまでその服の出番がもうなかったとしたら

そのまま衣替え収納完了にできるんです。

 

これに入れておけば、

いつから衣替えしようと悩む必要がなくなりますね!

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

いかがでしたでしょうか?

 

いつから衣替えしよう・・・と気が気でなかったのが、

目安気温と体感温度のポイントを押さえて

ゆったりした気持ちで

夏から秋への衣替えを迎えられそうになったのではないでしょうか。

 

体調と健康維持が何よりも大事ですから、

あまりいつからと気負いすぎないようにしてくださいね。

 

そのうえでいつから衣替えをするかに迷ったら、

本記事を読み返せば失敗なく秋シーズンを迎えられますよ。

 

また、衣替えをするとどうしても収納に困る

という方も多くいらっしゃるかと思います。

 

そんな方は、

スマホで簡単に荷物を預けることができる収納サービスがおすすめです。

 

月単位で契約できることから、

値段もやすく済みますので、

収納に困っている方は、ぜひ、活用してみてください。

↓詳細はこちらから↓
trunk

・公式ホームページ→https://www.trunk.services/

 

以上、『衣替えはいつから?2018年の秋では何月の時期がタイミングがいい?』 の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑