*

カーテンのタッセルの作り方!簡単な方法やアイデア、必要な道具も!

お部屋の遮光に活躍するカーテン

素材やデザインを選ぶと

広げた時にインテリアの一部としても

活躍してくれますよね。

 

そんなお気に入りのカーテンは

端に寄せた時にも、

十分な存在感を与えてすぐに目が行く

インテリアデコにしたいもの。

 

その役割を担ってくれるのが

カーテン留めであるタッセルなんです。

 

定番の房飾りだけでなく

アレンジでオリジナリティ溢れる、

素敵なカーテンのタッセルを

手作りしませんか?

 

今回はおしゃれなカーテンのタッセル

簡単な作り方や「これもいい!」の素敵なアイディアを

ご紹介していきますよ。

Sponsored Links

 

簡単にできるカーテンタッセルの作り方は?

刺繍糸で房飾りという定番タッセルも

細かく複雑そうに見えて実は簡単なもの。

 

またピンが壊れたブローチなども

紐やワイヤーコードをつけるだけで、

簡単スピーディーにカーテンタッセルにできますよ。

 

カーテンタッセルの作り方1


参照元:http://img.youtube.com/vi/htZR1Uugh_w/0.jpg

タッセルはそもそもの意味は“房飾り”

 

オーソドックスな房飾りは

カーテンにつけるだけで、

部屋を上品な空間に仕上げてくれます。

 

まずはプレーンなものから楽しみたい方に

おすすめのタッセルンl

です。

 


参照元:https://youtu.be/htZR1Uugh_w

上記にご紹介するのがオーソドックスな

房飾りのカーテンタッセルの作り方の動画です。

 

難しそうに見えた房飾り

厚紙と好みのカラーの糸を巻き付け、

結んでカットするだけなんですね!

 

カーテンのタッセルにするならば

使用糸のボリュームを増やすだけですし、

カラーを何色か取り合わせて長めにカットすれば

ゴージャスで存在感たっぷりの

カーテンタッセルができます。

 

応用として大きさを変えれば、

七五三や成人式の髪飾り

小物飾りとしても使えますよ!

 

 

カーテンタッセルの作り方2


参照元:http://img.youtube.com/vi/6b51Y3pCgfo/0.jpg

毛糸のポンポンで作るタッセル

オーソドックスな房飾りの進化版、という形で

こちらはお部屋を暖かみあるラブリーさ

仕上げてくれるものです。

 

丸のままでもかわいいですが

ハート型にしてビジューをつけても素敵ですし、

動物モチーフで子供部屋用にというのも

人気のタッセルの作り方ですね。

 


参照元:https://youtu.be/6b51Y3pCgfo

上記にご紹介するのが毛糸ポンポンの

ハート型タッセルの作り方の動画です。

 

厚紙に巻き付けた毛糸を結び、

ポンポンを作ったらハートにカットするだけなんです。

 

ビジューを中心に縫い付けると、

一層飾りとしてはキュートさが増しますね。

 

カーテンを束ねるコード部分を

ミサンガのように編み込んだ毛糸で作っても、

カントリー調の愛らしさが溢れる

ハート型毛糸ポンポンのタッセルになりますよ。

 

 

カーテンタッセルの作り方3


参照元:http://img.youtube.com/vi/T4_a7dxFlU0/0.jpg

ワイヤーを大胆なタッセルにするのも

モダンで存在感が十分なカーテン留めになりますよ。

 

モチーフは太めのワイヤーで作り、

繋ぐ紐とするワイヤーコードは

細目にするのがポイント!

 

長めのワイヤーでモチーフとコードが

一緒になったものもいいですね。

 

その際はカーテン開閉時に怪我をしないよう、

ワイヤー先端の処理をするのを忘れずに

 


参照元:https://youtu.be/T4_a7dxFlU0

上記にご紹介するのがワイヤーモチーフの

タッセルの作り方の動画です。

 

動画ではシェル型モチーフなので

ワイヤーをペンチでロールしていくだけ

簡単な作り方なんです。

 

簡単ですがゆるやかなカーヴィーフォルムは

カーテンのふんわりした素材感にぴったりですよ。

 

針と糸も使わないので安全ですよね。

 

動画のようにシェル型に

細いワイヤーでビーズを結ばずとも、

そのままでシックなタッセルとしても使えます。

 

Sponsored Links

 

カーテンタッセルの作り方4


参照元:http://img.youtube.com/vi/TLBL3-_8wLk/0.jpg

ちゃんと使うには半端な端切れ

いらなくなった衣類を裂いて、

寄せ集めればファンシーなタッセルになります。

 

リサイクル&リメイクとして

新しい感覚のカーテンタッセルは、

ナチュラルな魅力たっぷりですよ。

 

以下に作り方の動画を紹介しています。

 


参照元:https://youtu.be/TLBL3-_8wLk

上記にご紹介するのが服の端切れを房にした

タッセルの作り方の動画ですね。

 

動画ではデニム地を裂いたもの

房状にまとめて縫い付けています。

 

裏表を交互に並べるとカラーリズムが出て

引き立つものになりますよ。

 

デニムを使用することにより

クールなナチュラル感が出るので、

男性の部屋無地カーテンにもぴったりですね。

 

 

カーテンタッセルの作り方5


参照元:http://img.youtube.com/vi/PUcfyj7BBlM/0.jpg

上記のようにワイヤーコードにビジュー

ビーズを繋いで作るタッセルはいかがでしょうか。

 

ワイヤーコードの細さをそのまま活かすと、

遠目からはカーテンそのものについている

アクセサリーのように見えるんです。

 

おしゃれでカーテンのラグジュアリー度

グッと上がるおすすめタッセルの作り方ですよ。

 


参照元:https://youtu.be/PUcfyj7BBlM

上記にご紹介するのが

ビジューのコードタッセルの作り方の動画です。

 

細いカラーワイヤーコード

好みのビジューとビーズを結び付けていく

簡単なデコレーションタッセルですね!

 

ビジューを繋げたらワイヤーをひとつずつ結んで

固定する必要がありますが、

アクセサリー用のものは柔らかいので

難しいことはありません。

 

動画のものは繊細なので、

厚手の冬物カーテンよりも

夏のレースカーテンに映えそうです。

 

大きめのビジューを選べば

重厚感が冬物カーテンにもぴったりでしょう。

 

 

カーテンタッセルの作り方6


参照元:http://img.youtube.com/vi/IKfHYa_ywzU/0.jpg

上記のようなレースのタッセル作りには

裏布を当ててバンド状に作ると、

強度が出てしっかりして保ちがよくなりますよ。

 

またレリーフっぽく浮き上がって見えるため

彫刻のような存在感が出て、

繊細なレースも重厚感ある

カーテンタッセルに早変わりですね。

 


参照元:https://youtu.be/IKfHYa_ywzU

上記にご紹介するのが

レースタッセルの作り方の動画です!

 

好みのレースの幅に合わせて

裏布をカットして紐と縫い付けるだけの簡単さですね。

 

動画ではミシンを使用していますが

もちろん手縫いでもOKですし、

慣れない方はこの方が作りやすいでしょう。

 

レースと裏布をつけた端を

さらに細いレースでトリミングすると、

仕上がりも綺麗で一層華やかになりますよ。

 

Sponsored Links

 

カーテンタッセルを作る時に必要な道具は?

カーテンのタッセルを作る時、

まず基本として用意しておきたいのは

必ず針1本は必要でしょう。

 

タッセル自体に糸や毛糸などを使う場合や

モチーフをコードへ留め付けるのに使いますよ。

 

あとはどんな素材でタッセルを作るかによって

必要道具は変わってきます。

 

ですが、肝心のタッセルを掛けておく

ホルダーフックも忘れないようにしましょう。

 

カーテンタッセルを作る時はタッセルホルダー!

最初にご紹介する

カーテンタッセル作りに必要なものは、

上記のTOSOフォレスタ

タッセルホルダーです。

 

素敵なカーテンタッセルを作っても、

それを掛けるフックを忘れていては

宙ぶらりんな存在になってしまいます!

 

既に壁に取り付けてあったとしても、

自分の手作りものに合わないカラーだと

何となくチグハグな印象に。

 

こちらのフックは天然木のナチュラルさ

どんなタッセル素材にもそぐう優しさがあるんですよ。

 

またカラーバリエーションもニュアンス豊富!

 

アッシュグレイン・ダークマホガニー・

ピンクベージュなど11種もあるので、

必ず壁とあなたの手作りタッセルに

ぴったりのものが見つかるはずですよ。

 

 

カーテンタッセルを作る時は刺繍糸!

次にご紹介する

カーテンタッセル作りに必要なものは、

上記の100本98色

カラー豊富で綺麗な刺繍糸セットです。

 

定番の房飾りタッセルを作るには、

糸の色選びに頭を悩ませますよね。

 

カラーイメージが決まってから

それを揃えるのも割と面倒

 

こちらは98色100本の刺繍糸セットなので、

まず色見本として眺めてイメージを作れてしまいます!

 

逆の発想で大助かり間違いなしの

刺繍糸のセットなんですよ。

 

おまけでさらに20本がついてくるので、

お得感もたっぷりでおすすめですね。

 

 

カーテンタッセルを作る時はポンポンメーカー!

次にご紹介する

カーテンタッセル作りに必要なものは、

上記のクロバー Clover

スーパーポンポンメーカー 4個セットです。

 

毛糸のポンポンを2~3個垂らしたり、

もしくはポンポンを連ねたガーランドなどの

タッセルも可愛いものですね。

 

でも形が揃った毛糸ポンポンタッセルを

手作業するのは大変!

 

このポンポンメーカーは

しっかりパーツをホールドして

作成中に毛糸が緩まないので、

きれいにポンポンを作れておすすめですよ。

 

Sponsored Links

 

カーテンタッセルを作る時は手芸ペンチセット!

次にご紹介する

カーテンタッセル作りに必要なものは、

上記のビーズ初心者ツールセットです。

 

ワイヤータッセルにはもちろんですが、

糸でも小さめのタッセルを手作りするなら

手芸用のニッパーやペンチを使うと

作業しやすくなりますよ。

 

細かく狭い部分の糸を切ることも、

結んだりひねったりの作業も簡単にできるんです。

 

こちらはラジオペンチ、ニッパー、コーンプライヤー

手芸に必要な3点セットが入っております。

 

ビーズやペンダント、刺繍糸など

必要なパーツや道具が

全て収納できるケース付き

 

無造作に色々とケースに入れておくだけで、

作業中に「あ、これを付けてみようかな」が

すぐ叶えられますよ。

 

 

カーテンタッセルを作る時はワイヤーコード!

最後にご紹介する

カーテンタッセル作りに必要なものは、

上記のコード接続ワイヤー

落下防止用(5本入り)です。

 

タッセル自体を紐と繋がっている

仕様に作ったのならばよいですが、

好きなモチーフアクセサリーで作ったならば

コードが必要ですよね。

 

その時に必要となるのが

ワイヤーコードです。

 

ご紹介のものは伸縮自在で長さを調節できるため、

ちゃんと手作りタッセルをきれいな位置で

見せられるように掛けることが可能です。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

カーテンのタッセルといえば

房飾りがすぐに頭に浮かび、

「ちょっとうちのカーテンには」と思っていた方も

多かったのでは?

 

本記事にご紹介したものをご覧になって、

タッセルはアイディア次第で

どのようなものも使える!』ということが

お分かりになったと思います。

 

お子さんの学校工作ものによっては

タッセルとしてアレンジできるので、

子供部屋につけてあげると喜ばれますよ!

 

以上、『カーテンのタッセルの作り方!簡単な方法やアイデア、必要な道具も!』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑