*

夏の旬の食材とは?魚や野菜、果物、フルーツの食べ物ランキング!

1年の中で暑さがピークになるは、魚や果物、野菜など

たくさんの食材が旬を迎え、夏ならではの味覚が楽しめますよね。

 

夏に旬を迎える食材には夏バテ効果も抜群なので

厳しい夏の暑さも乗りきることができるんです!

 

そこで今回は、夏に旬を迎える食材の中から

魚や野菜、果物をランキングでご紹介します。

 

ぜひ、ご自宅で楽しんだりお土産とする食材の参考にしてくださいね。

Sponsored Links

 

夏の旬の食材ランキング『第10位』

●トマト

夏の旬の食材ランキング第10位は『トマトです。

トマトは夏に旬を迎える代表的な野菜の一つ。

 

上記はブランド品種である「桃太郎」や「王様トマト」

セットになっている大変お買い得な商品ですよ。

 

そのまま生で食べても、加熱して調理しても美味しく

崩れにくいため、食べ応えのある果肉は

こだわりのブランドならではですよ。

 

豊富なレシピと栄養価の高い旬の野菜!


出典:https://shop.r10s.jp/

トマトは水分量が多く、

暑い夏でもサッパリと食べることができますよね。

 

低カロリーで、美肌効や風邪予防に役立つビタミンC、

老化を抑えるビタミンEなど、

さまざまな栄養成分がバランスよく含まれている健康野菜!

 

さらに、トマトソースやスープなどにするレシピも豊富。

 

加熱することで、トマトに含まれる栄養素を

効率良く摂ることができるのでおすすめですよ。

 

 

夏の旬の食材ランキング『第9位』

●穴子

つづいて、夏の旬の食材ランキング第9位は、『穴子』!

 

お寿司やさんなどで1年を通して

美味しくて食べるとことができる穴子も

実は夏の暑い季節が最も美味しくなる時期が旬の魚なんです。

 

夏の穴子はさっぱりとした味わいが楽しめるのが人気。

 

上記の穴子は日本海沖の国産の天然穴子で、

脂がのっていて、『これが穴子!?』と思うほどの美味しさです。

 

独自の製法で一気に焼き上げてタレを絡めているので

冷めても柔らかさをキープして、ほくほくの旨味を堪能できますよ。

 

低カロリーでサッパリ食べられる穴子!


出典:https://image.rakuten.co.jp/i

穴子といえば、蒲焼や煮穴子が美味しいですよね!

 

うなぎと比較すると低カロリー

さっぱりした味わいが特徴でしょう。

 

穴子のふっくらした身と甘いタレがコラボした味は、

夏でも食欲を沸き立たせてくれますよね。

 

ご自宅で調理する時は、焼いて丼にしても美味しいですし、

お寿司として握っても美味しくいただけるのでおすすめですね。

 

 

夏の旬の食材ランキング『第8位』

●桃

夏の旬の食材ランキング第8位は『』です。

 

桃は夏に旬を迎える果物の中でも、

特に甘くてジューシーなのが人気のポイント。

 

上記の桃は日本一の出荷量を誇る

山梨県でもわずかしか選ばれない『特秀品』で、

楽天市場のグルメ大賞にも選ばれた大変人気のある商品です。

 

最新の光センサーシステムで

糖度が13度以上ありものだけを厳選しているので、

甘さのばらつきがなく、どれを食べてもハズレがないんですよ。

 

誰もが好きだからこそプレゼントにぴったり!


出典:https://image.rakuten.co.jp/

甘くてジューシーな桃は大人から子どもまで、

どんな世代でも大好きな果物のひとつ。

 

なので、夏のプレゼントとしておすすめ

 

桃はちょっとした傷でも

そこからすぐに痛んでしまうくらいデリケートなので

箱の底・上部にクッション材がつめられ、

1つ1つ丁寧に箱詰めされているのも嬉しいポイントですよ。

 

Sponsored Links

 

夏の旬の食材ランキング『第7位』

●ゴーヤ

夏の旬の食材ランキング第7位は、

沖縄の名産品で夏に旬を迎える人気の食材の『ゴーヤ』!

 

上記の商品は名産地である沖縄県のゴーヤ

とれたて新鮮なゴーヤがなんと3kgも届くんです。

 

新鮮なゴーヤは、ゴーヤチャンプルー、

サラダ、天ぷらなどにするのがおすすめですね。

 

ゴーヤの苦味は食欲を刺激して夏バテ予防に!


出典:https://tshop.r10s.jp/

『ゴーヤは苦味があって苦手・・・』という方も

いるかもしれませんが、実はゴーヤ特有の苦味が

食欲を刺激して夏バテ予防にもなるんですよ。

 

ゴーヤの苦味が気になる方は、白い綿の部分をしっかり取って

塩もみするとぐっと苦味を減らせるのでおすすめです。

 

ゴーヤの調理方法の定番は、

ゴーヤチャンプルーですよね。

 

ゴーヤチャンプルーはお肉と一緒に調理することで苦味もやわらぐので

苦味が苦手な方におすすめの調理方法ですよ。

 

 

夏の旬の食材ランキング『第6位』

●あじ

つづいて、夏の旬の食材ランキング第6位は『アジ』です。

 

アジの名前の由来は「味が良い」からなのをご存知でしょうか?

 

そんな名前がつけられるほど

昔から美味しくいただいていた食材なんです。

 

上記のあじは長崎県産の天然真あじ

身はふっくらして旨味抜群!

 

たっぷり20枚入ったお得なお刺身用の商品ですよ。

 

港に隣接する工場で、鮮度抜群のまま

3枚におろし皮を引いて急速冷凍しているので、

解凍しても、まるで捌きたてのような鮮度でいただけます。

 

調理方法は万能なアジ!


出典:https://tshop.r10s.jp/

あじの調理方法は、刺身・たたき・塩焼き・揚げ物・煮魚・・・と

実はどんな調理方法でも美味しくいただけるのが魅力的。

 

たっぷりの量を買っても、調理方法を変えれば

夏の間中楽しむことができますよね。

 

さらに、脳の活性化に有効なDHAも多く含まれているので

勉強を頑張りたいお子さんにもおすすめですよ。

 

 

夏の旬の食材ランキング『第5位』

●ぶどう

つづいて、夏の旬の食材ランキング第5位は『ぶどう』!

 

夏には各地でぶどう狩りも開催されているので、

『夏の果物=ぶどう』と思う人も多いのではないでしょうか?

 

ぶどうにも、デラウェアや巨峰などたくさんの品種がありますが、

そのほとんどが夏に旬を迎え、美味しく食べることができますよ。

 

上記の商品は山梨県産の世界最大級の大粒ぶどうの『藤稔』で、

1粒の実の大きさがなんと500円玉程度もあるんです。

 

1粒食べると口の中いっぱいにぶどうの香りと濃厚な果汁が広がり

思わず手が止まらなくなってしまいますよ。

 

生でもジャムでも美味しく食べられるぶどう!

ぶどう
出典:https://image.rakuten.co.jp/

ぶどうを美味しく食べるには、生で食べるのが一般的でしょう

 

生でぶどうを食べる時は、

冷やしすぎると甘みが感じられなくなるので

保存は常温にし、食べる間際に冷水につけて冷やすのがおすすめですね。

 

また、加熱してジャムやジュース、ソースにしても

ぶどうの甘みを生かして美味しくいただくことができますよ。

 

ぶどうには、体内に吸収されやすいブドウ糖や果糖が多く含まれており、

疲労回復効果が非常に高いので、

たくさん食べて暑い夏を乗り切りたいですね!

 

 

夏の旬の食材ランキング『第4位』

●かつお

つづいて、夏の旬の食材ランキング第4位は『かつお』!

 

かつおの中でも、夏に旬を迎えるのが初かつおです。

 

『初かつお』はまだ脂が少ないので、

さっぱりした味わいが夏の旬の食材として人気ですよ。

 

上記の商品は世界三大漁港のひとつである

三陸沖で撮れた脂ののりが最高のかつお。

 

採れた船の中で凍結させ、旨味をぎゅっと閉じ込めたタタキで

目利きのプロが厳選し濃厚で上品な味わいと口の中でとろける脂は絶品ですよ。

 

さっぱりした味わいのタタキがおすすめ!


出典:https://image.rakuten.co.jp/

かつおはさっぱりした味わいなので、

タタキにするのが1番おすすめの食べ方です。

 

タタキは、かつおの調理方法でも定番ですよね。

 

しょうがなどの薬味と一緒に調理することで、

夏の暑い日でもさっぱりとたくさん食べることができるでしょう。

 

もし、鮮度が落ちてしまった場合でも、

しょうがと一緒に角煮にするとおいしく食べられますよ。

 

かつおは鉄分が多く入っているので、貧血予防にも最適な旬の食材

夏場は暑さで食欲がなくなる方におすすめ。

 

Sponsored Links

 

夏の旬の食材ランキング『第3位』

●梨

つづいて、夏の旬の食材ランキング第3位は

大人から子どもまで幅広い年齢層で

男女問わず大人気の果物の『』!

 

梨はたくさんの品種があり、品種によっては収穫の時期が違いますが

多くの品種は夏の時期に旬を迎えます。

 

上記の商品は天皇杯受賞した福岡県産の『ふくおか八女の梨』

 

シャリ感があり、みずみずしく、甘さが特徴の梨で、

品質と味に優れて高く評価されていますよ。

 

デザートでも料理にも使えるのが梨!


出典:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/

梨のシャキシャキした歯ざわりは、

やはりデザートとして生で食べるのが1番美味しい食べ方です。

 

梨はたっぷり果汁が含まれているので、

果汁を絞ってシャーベットやゼリーにするのもおすすめですね。

 

梨にはプロテアーゼという、

タンパク質を分解する酵素が含まれているので

梨をすりおろして肉を漬け込んでおくとお肉が柔らかくなり、

梨の旨味でさらに美味しさもアップするので

ぜひ試してください。

 

 

夏の旬の食材ランキング『第2位』

●とうもろこし

つづいて、夏の旬の食材ランキング第4位は

夏のお祭りやイベントでこんがり焼いたのが美味しい

とうもろこし』!

 

米や小麦と並んで世界三大穀物の1つであるとうもろこし

夏が旬の野菜ですよ。

 

寒暖の差が激しい地域の方が

甘くて美味しいとうもろこしが作れることから

国内のとうもろこしの生産量は北海道が群を抜いて1位なんです。

 

上記の商品は北海道ニセコ産の幻と言われる『おひさまコーン』という品種。

なんと、糖度がメロンよりも甘いんですよ!

 

ぎっしり詰まったLLサイズは食べ応えも抜群。

 

生でも茹でても焼いても美味しいとうもろこし!


出典:https://image.rakuten.co.jp/

実はとうもろこしは鮮度が命の野菜で、

収穫してから時間とともに甘みが落ちてしまいます。

 

そんな粒皮が薄く柔らかいとうもろこしは、

生でもとってお美味しいです。

 

また、茹でても焼いてもとうもろこし自体の甘みで

十分美味しく食べられるのが特徴

 

旬の甘いとうもろこしだからこそ、

料理に加えるだけでぐっと美味しさが増しますね!

 

グラタン、シチュー、サラダなど、どんな料理でも相性ばっちりです。

 

 

夏の旬の食材ランキング『第1位』

●すいか

さて、いよいよ夏が旬の食材ランキング第1位のご紹介ですが

ランキングのベストワンは『すいか』という結果になりました!

 

すいかは夏が旬で、小玉だと6月から7月にかけて美味しく、

大玉だと7月から8月にかけて美味しい時期になります。

 

上記の商品は、すいか生産量日本一を誇る『尾花沢すいか』

 

みずみずしさ、甘さ、シャリシャリ感が

夏にぴったりですよね。

 

朝採りの当日出荷なので

甘さもみずみずしさも段違いの美味しさでしょう。

 

規格外の訳あり商品なのでお手頃価格なのもおすすめポイント。

 

暑い夏の水分補給にぴったりすいか!


出典:https://tshop.r10s.jp/

すいかは水分量が多く、生で食べるのが美味しい食べ方です。

 

冷やしすぎると甘みが落ちるので

食べる1時間半〜2時間半ほど前に冷やすのが

もっともスイカを美味しく食べられるポイント。

 

また、すいかは採れたてが1番美味しく、皮に張りがあり

縞模様が等間隔でコントラストがはっきりしたものが美味しいとされていますよ。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

夏に旬の食材を、魚や野菜、果物、フルーツを

紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

ぜひ参考にして、暑い夏を乗り切るための旬の食材を楽しんでくださいね。

 

以上、『夏の旬の食材とは?魚や野菜、果物、フルーツの食べ物ランキング!』でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑