1月となると年始の挨拶

回られる方もおられるかと思いますが、

大体の方は書簡やメールで

挨拶文を送られるのではないでしょうか?

 

やはり1月は新年ですから

背筋がキリっと伸びるような

一文を盛り込んだ挨拶文にしたいもの。

 

挨拶文を書きなれていない方でも

すらすらと自然に筆が運ぶような、

そんな季節の挨拶文を知っておきましょう。

 

今回は1月の季節の挨拶文例で、

手紙やメールで使える書き出しと結び、

招待状やお礼状の例文をご紹介して参ります。

Sponsored Links

 

1月の季節の挨拶に使える時候と適した時期は?


参照元:https://www.brush-stock.com/

・初春の候、初春の折、初春のみぎり:1月上旬~中旬

・新春の候、新春の折、新春のみぎり:1月上旬~中旬

・迎春の候、迎春の折、迎春のみぎり:1月上旬~中旬

・小寒の候、小寒の折、小寒のみぎり:1月上旬~中旬

・大寒の候、大寒の折、大寒のみぎり:1月下旬

・厳寒の候、厳寒の折、厳寒のみぎり:1月中旬~下旬

・酷寒の候、酷寒の折、酷寒のみぎり:1月中旬~下旬

・極寒の候、極寒の折、極寒のみぎり:1月中旬~下旬

・烈寒の候、烈寒の折、烈寒のみぎり:1月中旬~下旬

・甚寒の候、甚寒の折、甚寒のみぎり:1月中旬~下旬

・寒中の候、寒中の折、寒中のみぎり:1月中旬~下旬

・寒風の候、寒風の折、寒風のみぎり:1月中旬~下旬

・降雪の候、降雪の折、降雪のみぎり:1月中旬~下旬

・寒梅の候、寒梅の折、寒梅のみぎり:1月下旬

・厳冬の候、厳冬の折、厳冬のみぎり:1月中旬~下旬

・仲冬の候、仲冬の折、仲冬のみぎり:1月上旬

頌春の候、頌春の折、頌春のみぎり:1月上旬

朔風の候、朔風の折、朔風のみぎり:1月中旬~下旬

上記は1月の季節の挨拶文に使える時候と

適した時期のまとめ一覧表です。

 

これだけ見ると挨拶文として

固い文章が続くような印象を受けるでしょう。

 

しかし続ける文章次第で、

カジュアルな挨拶文でも改まった挨拶文でも

すんなり馴染むものとなります。

 

Sponsored Links

 

1月の季節の挨拶を使った書き出し例文は?


参照元:https://www.photo-ac.com/

初春とはいえ厳しい寒さが続いておりますが、皆様お変わりございませんか?

新春を迎え、お健やかな日々をお過ごしのこととお喜び申し上げます。

小寒のみぎり、貴社いよいよご清祥のこととお慶び申し上げます。

極寒の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。

・つつがなく新年を迎え、喜びに満ちたお正月をお過ごしのことと存じます。

・淑気満つ初春の候、皆様におかれましては、よいお年をお迎えになったことと存じます。

厳冬の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

降雪の折、貴社におかれましては益々ご隆盛のことと存じます。

小寒の候、貴方様にはますますお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。

松の内も明け、いよいよ御発展のことをお喜び申し上げます。

雪の舞う寒さ厳しい今日この頃、皆様元気でお過ごしのことと思います。

厳冬の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

大寒を間近にして寒さが厳しさを増してまいりましたが、ますますご健勝のことと存じます。

厳寒の候、皆様にはおかわりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。

正月気分もようやく抜けたこの頃ですが、皆さんお変わりございませんか。

寒さ厳しき折から、皆様にはますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

大寒のみぎり、ますます御発展のこととお喜び申し上げます。

軒先の氷柱が溶ける間もない寒さでございますが、皆々様には一段とご活躍のことと存じます。

寒さが体の芯まで堪える今日この頃、皆様におかれましてはいよいよご発展のことと存じます。

亀戸天神の鷽替神事の季節になりました。

七草もあわただしく過ぎてしまいました。

上記は1月の季節の挨拶文に使える

書き出し文例のまとめ一覧表です。

 

1月から連想される植物や食べ物、

イベントなどの単語を自由に盛り込んで、

時節が頭に浮かぶような書き出しにしましょう。

 

Sponsored Links

 

1月の季節の挨拶を使った結びの例文は?


参照元:https://www.photo-ac.com/

・新しい年が幸多きものになりますことをお祈り申し上げます。

・酷寒の折柄、くれぐれもご自愛下さい。

・年始ご多忙のおりではございますが、ご自愛下さい。

・本年もご高配を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

・寒さはこれからが本番です。どうかお体を大切になさってください。

・あなた様の今年一年のご多幸をお祈りいたしております。

・本年も変わらぬお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

・お互いに実り多き一年になりますよう。

・梅も少しずつ膨らみ始めているようです。春の訪れを心待ちに、本日はこのへんで。

・どうぞこの一年がおすこやかな年になりますように。

・松もとれましたが、厳しい寒さはこれからです。どうぞお体大切にお過ごしください。

・寒さに風邪など召されないよう、寒鰤、寒鱈、寒しじみなど、季節の味覚で精を付けて下さい。

・春を待ちわびつつ、○○さんにもお会いできる日を心待ちにしております。

・まだ寒くなるようですので、あたたかくしてお過ごしください。

・厳寒のみぎり、体調をおくずしにならないよう祈っております。

・時節柄、皆様方のご無事息災を心よりお祈りいたします。

・今年も新しい発見がありますように。ますますのご活躍をお祈りしています。

上記は1月の季節の挨拶文を使った

結びの例文のまとめ一覧です。

 

結句で季節の挨拶文を使う場合、

それに続く組み合わせでは

相手の方を思いやるような文章を

続けるようにしましょう。

 

Sponsored Links

 

1月の季節の挨拶を使った招待状の例文は?

1月は何かと新年の催しイベント

事欠かない季節です。

 

招待状では挨拶文の頭句に

季節感がある語句を盛り込みましょう。

 

以下に1月の季節の招待状の

挨拶文の一例をご紹介します。

 

1月の季節の挨拶を使った招待状の例文1

“新春を迎え、お健やかな日々を

お過ごしのこととお喜び申し上げます。

 

さて、○○幼稚園では寒風にも負けず

新年より元気な園児とともに、

来たる○月○日の○○時より

餅つき大会を開催する運びとなりました。

 

つきましては保護者の皆様の奮ってのご参加と、

お手伝いをお待ちしております。”

上記の招待状は幼稚園での

新年早々の催しの例文です。

 

恐らく年が改まって最初のイベントの

招待状にもなりますよね。

 

頭句には新年の挨拶を感じさせる

一文を入れ込むようにしましょう。

 

 

1月の季節の挨拶を使った招待状の例文2

“あけましておめでとうございます。

 

今年も○○年度卒業の同窓による

新年会を行なう運びとなりました。

 

(会の日時や内容、幹事の連絡先など)

 

 

今年も士気を高めるべく、

みんなで大いに盛り上がりましょう!

 

まずは新年会のご案内まで。”

上記は新年早々の集い

招待状例文です。

 

あけましておめでとうございます、は

松の内中に送る招待状なら、

頭を悩ませることなく使える挨拶文で

便利なものとなります。

 

 

1月の季節の挨拶を使った招待状の例文3

“拝啓 厳寒の候、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。

 

さて、この度○○様のご媒酌により、

私どもは結婚式を挙げることとなりました。

 

つきましては、日頃よりお世話になっております皆様に

感謝の意をこめて、披露かたがたささやかな宴を

ご用意させていただきました。

 

新しい人生を皆様に見守られて出発できれば幸いです。

ご多忙中のところ恐縮ではございますが、

なにとぞご臨席賜りますよう、ご案内申し上げます。

敬具”

上記は結婚式の招待状の例文です。

 

内輪や友人に送るのみなら

カジュアルな1月の季節の単語で

挨拶文の一文を作ってもいいでしょう。

 

仕事関係などの方にも送る場合は

このように定型句で作った挨拶文で、

厳粛な感じを出すようにします。

 

Sponsored Links

 

1月の季節の挨拶を使ったお礼状の例文は?

1月の季節の挨拶文を使った、

お礼状の例文をご紹介していきます。

 

お礼状を差し上げる相手によって、

定型句の季節の挨拶文を使ったり

独創的な1月の単語を組んだ挨拶文にしたりと

使い分けをしましょう。

 

1月の季節の挨拶を使ったお礼状の例文1

福寿草の花がひと足早く

春の訪れを告げるころとなりましたが、

○○さんのお宅におかれましては、

皆様いかがお過ごしでいらっしゃるでしょうか。

 

このたびは年始にと

見事な伊勢海老を頂戴しまして、

家中揃って初春に響く舌鼓を打っております。

 

様々な食べ方の書き添えも頂いたおかげで、

新春早々、新たな発見を致すことができました。

 

改めてお心遣いにお礼申し上げます。

 

まだ寒さもしばらく続く折ですので、

どうぞ皆様お風邪など召されぬようお過ごし下さい。

上記は旬のものを頂いたことに対する

お礼状となります。

 

季節の花を入れた挨拶文で始めると、

温かな印象がありますね。

 

頂いたものの感想にも

1月らしい単語を盛り込んでいるのが

ポイントと言えるでしょう。

 

 

1月の季節の挨拶を使ったお礼状の例文2

“厳寒の候、○○さまにおかれましては、

益々ご健勝のことと存じ上げます。

 

先日は新年の食事会へのお招き、

本当にありがとうございました。

 

素晴らしいお食事と初春の御代にふさわしい

ゆったりとした時間のなかで、

会食者の皆様との会話も楽しめ、

本年のよいスタートとなりました。

 

重ねてお礼を申し上げますと同時に、

どうぞこの一年が○○様にとって

おすこやかな年になりますよう、

心よりお祈りいたしております。”

上記は会食に招いて頂いたことへの

お礼状です。

 

1月は新年会の会食が多いですから

会の盛況に寿ぎに関する1月の単語を入れて、

お礼の挨拶文にするのも気が利いています。

 

 

1月の季節の挨拶を使ったお礼状の例文3

“新春とは言えまだ寒さ厳しい折、

いかがお過ごしですか?

 

先日は成人のお祝いをいただき、

本当にありがとうございました。

 

上品で書き口の滑らかな万年筆、

とても嬉しいです!

早速いただいた万年筆で今年の手帳に

予定や20歳の抱負をしたためました。

 

これからは社会人として責を負う身として、

ますます励んでいきたいと思います。

 

本年もご高配を賜りますよう、

よろしくお願い申し上げます。”

上記は近しい方への

成人祝いのお礼状の例文です。

 

1月の挨拶文としての定型文を使っても、

文体次第で親しみやすさと

礼儀を兼ね備えた印象に仕上げることができます。

 

Sponsored Links

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

<関連記事>

1月のイベント、行事や記念日って?それぞれの意味や楽しみ方とは?

1月といえば?花や旬の食べ物、 イベントや行事、歌、記念日とは?

1月の旬の食材とは?魚や野菜、果物の食べ物ランキングの紹介!

冬のイベント、行事や記念日って?それぞれの意味や楽しみ方とは?

冬の花といえば何?漢字や開花時期、種類や花言葉、人気の名所は?

お正月といえば?花や旬の食べ物、行事や折り紙、遊びや飾りとは?

冬の旬の食材とは?魚や野菜、 果物、フルーツの食べ物ランキング!

冬が旬の野菜って?美味しい時期や名産地、おすすめの食べ方や料理、価格帯もご紹介!

お正月の手土産のランキング!義実家に持っていく相場やおすすめは?

小寒2020年はいつ?食べ物は何をたべるのか、過ごし方の意味や由来なども紹介!

大寒2020年はいつ?食べ物は何をたべるのか、過ごし方の意味や由来なども紹介!

いかがでしたでしょうか?

 

本記事では1月の季節の挨拶文例で、

手紙やメールで使える書き出しと結び、

招待状やお礼状の例文をご紹介して参りました。

 

1月の挨拶文の季語は、

寒さや新年を寿ぐものが多いですよね。

 

それ以外の季語でももちろん、

あなたらしい挨拶文を作って

温かなやり取りをしてみましょう!

 

以上、『1月の季節の挨拶文例!手紙やメールで使える書き出しと結び、招待状やお礼状の例文も!』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事