*

お正月の手土産のランキング!義実家に持っていく相場やおすすめは?

お正月には連休を利用して旅行やレジャーを楽しんだり

実家に帰る人や、義実家に行く人も多いでしょう。

 

自分の実家なら気軽な気持ちで帰る事ができますが

義実家に行く場合は、喜ばれるような手土産を選んだり

気遣いが必要になりますよね。

 

そこで今回は、お正月に義実家に持っていく手土産の相場

人気の手土産のランキング介していきます!

Sponsored Links

 

お正月に義実家に持っていく手土産の相場は?

義実家には喜ばれる手土産を持っていきたいところですが

あまり安すぎると失礼で、

高価な物では返って気を遣わせてしまいますよね。

 

しかし、お正月の手土産の相場は

1,000円~10,000円と幅広いです。

 

普段から義実家とどのように関わっているかで

変わると言われていますよ。

 

もし、義実家と仲が良くて頻繁に会っている場合

住んでいる人や、お正月に義実家に集まる人が少ない時は

1,000円~5,000円が相場気軽に買える手土産が人気ですね。

 

逆に、義実家が遠くて年に1~2回程度しか会わない場合

お正月に義実家に泊まってお世話になる時には

5,000円~10,000円と、

少し高価な手土産を選ぶ必要がありますね。

 

 

お正月の義実家の手土産ランキングは?

お正月に義実家へ持っていく手土産には特徴があり

普段、義実家に遊びに行く時の手土産とは違って

気を付けなければならない点もあるのです。

 

それは食べ物を手土産に選ぶ場合で、

お正月はおもてなしの料理や

年末に買い占めた食材で

冷蔵庫が一杯になっている事が多いです。

 

そのため、冷蔵庫で保存が必要な手土産は、

避けた方が良いと言われていますよ。

 

なので、常温で日持ちする物なら迷惑にならず

お正月が終わってからもゆっくり味わってもらう事ができますね。

 

では、お正月に義実家に持っていく手土産のおすすめ

ランキングで見て行きましょう!

 

お正月の義実家の手土産ランキング『第1位』

洋菓子

洋菓子はジャンルも幅広く、

レパートリーが豊富なのが特徴ですね。

 

大人から子供まで食べる事ができる点や

手土産に相応しい高級感や上品なお菓子も多いので

お正月に義実家へ持っていく時の一番定番の手土産なのです!

 

上記で紹介するヨックモックは

全国のデパ地下で大人気のお菓子です。

 

繊細に作られた形とバターを最大限に生かしたクッキーは

口どけの良い食感と豊かな風味で、品質の良さが感じられますよ♪

 

なので、一度は食べた事がある人でもまた食べたいと言う人が多く

洋菓子好きなら、誰もが貰って嬉しい手土産ではないでしょうか。

 

また、有名なブランド力や常温で日持ちも長い事など

メリットも沢山あるのも魅力的ですね!

 

Sponsored Links

 

お正月の義実家の手土産ランキング『第2位』

和菓子

和菓子は、洋菓子に比べると

子供には好まれない物もあります。

 

ですが、義実家に義父母が2人暮らしの場合や

お正月に集まるのが少人数な時は

大人には喜ばれる定番の手土産として人気がありますよ

 

今回紹介するのは、

室町時代から続く老舗銘菓のらやの羊羹です。

 

官内庁ご用達のお菓子である事でも知られていて

日本人なら知らない人はいないと言われるくらい

親しまれていますよ。

 

そして「手土産で迷った時には

とらやの羊羹を選べば間違いない」

味や品質も保証されているかなり評価の高いもの

 

味もはちみつや紅茶味など

伝統の味に遊び心を加え、

時代の流れにも合わせた和菓子なのですね。

 

また、羊羹には作り方から連想させた

「話を固める」という意味があります。

 

ビジネスで話が上手く固まるように

羊羹を取引先に手渡す人も多いので

義実家との関係もきっと円満に進むことでしょう。

 

 

お正月の義実家の手土産ランキング『第3位』

お煎餅

日本茶にぴったりの食べ物として

人気なのがお煎餅ですね!

 

義実家にお茶を飲む習慣や、来客が多い場合は

お煎餅の手土産は、きっと役に立つので喜ばれるでしょう。

 

上記で紹介する、お煎餅の専門店萩月

おすすめ商品である花あわせ

人気のある3種類を詰め合わせたものです。

 

しょっぱい塩気のあるお煎餅から

甘みのあるかりんとうも入っているので飽きないですね。

 

また、彩り豊かなお煎餅

味だけでなく目でも楽しむ事ができますよ。

 

パッケージは京都の舞妓さんの

髪を飾るかんざしをイメージした上品なデザインになっているので、

お正月の手土産にぴったりでしょう。

 

 

お正月の義実家の手土産ランキング『第4位』

お茶


参照元:https://www.photo-ac.com/

『お茶を手土産なんてあまり喜ばれないのでは?』

感じる人もいるかもしれません。

 

ですが、義父母の年代なら

お茶を飲む習慣のある人が多いのが事実なのです。

 

しかし、何処にでもあるようなお茶ではなく

義実家の地域では買う事ができないような種類や

普段飲んでいる物よりも、少し特別なお茶だと喜ばれるでしょう。

 

例えば、上記で紹介する商品は

京都でも高い評価にある「高山寺」という日本茶です。

 

日本茶品評会でも数々の賞を受け

品質の高い味わいと香りを楽しむ事ができますよ

 

お正月にお客さんが沢山訪れるような義実家なら

お茶を入れるために、

すぐに使ってもらう事もできますね♪

 

 

お正月の義実家の手土産ランキング『第5位』

バウムクーヘン

ケーキや生菓子には

美味しくて上品な物が多いですよね。

 

手土産を考えた時に

最初に思いつく人も多いかと思われますが

日持ちや保存方法を考えると、

お正月には避けてしまいますよね。

 

しかし、バウムクーヘンなら常温で保存が可です!

 

賞味期限も1カ月以上ある物が多く、

ケーキのような味わいがあるので

今、スイーツの手土産として注目されていますよ。

 

上記で紹介するバウムクーヘンは、

関東の名門ホテルでベーカリーが評判の金谷ホテル

手間を掛けて作ったこだわりの自信作

 

味にも満足してもらえる事、間違いないでしょう!

 

また、ふんわりとした食感と

優しい味わいが子供にも人気ですよ。

 

お正月に義実家に子供が集まる場合も

みんなで切り分けて食べる事もできますね。

 

Sponsored Links

 

お正月の義実家の手土産ランキング『第6位』

ワイン


参照元:https://www.photo-ac.com/

義父母がワイン好きなら迷わず

ワインを手土産にしたいところですが

お正月には少し特別なワインを選ぶと、

さらに喜ばれますよ♪

 

今回紹介するワインは、

高級と言えるまでの品ではありませんが

日本で造られた葡萄だけを使用した純日本ワインです。

 

辛口でスッキリとした味わいなので

日本食にもよく合うのですよ

 

このような純日本ワインは

外国からの輸入品に比べて少ないため、

ワイン好きなら興味を持ってもらう事ができますね。

 

また、お正月らしさがあるので

栓を抜いて、一緒に乾杯する機会があるかもしれませんよ。

 

 

お正月の義実家の手土産ランキング『第7位』

調味料


参照元:https://www.photo-ac.com/

お菓子などの手土産をあまり好まない義実家には

食べ物ではなく、普段の生活に役立つものがおすすめですよ!

 

例えば上記で紹介するような、

調味料のセットなどはいかがでしょうか?

 

こちらのセットは醤油、ケチャップ、胡麻油、オリーブオイルなど

料理には欠かせない調味料の6種類が入っていて

特徴は、それぞれが違うメーカーの調味料である事

 

というのは、ギフト卸業者のプロ達が

実際に家庭で使用して「価値のある調味料」を

厳選して詰め合わせたセットになっているのです!

 

それぞれの製造メーカーのこだわりを感じる事ができますよ。

 

また、調味料なら食べ物の手土産と同じように

使ってしまえば形に残らないメリットがありますね。

 

 

お正月の義実家の手土産ランキング『第8位』

佃煮

View this post on Instagram

@fanta.mamaがシェアした投稿

義父母の年齢になると、

あまりお菓子を食べない人も多いので

食事のお供になるような食品の手土産も人気ですよ。

 

野菜や肉などでは保存期間が限られてしまいますが

佃煮なら、保存期間が長いので

急がずに好きな時に食べてもらう事ができるのです。

 

上記の商品は、東京の浅草にある

すき焼きの老舗「浅草今半」の牛肉です。

 

明治時代から現在まで多くの人に親しまれている人気店なので

お店で食べるのと同じ味が再現されている、

とても贅沢な佃煮ですね。

 

また、常温で保存できる事や、

日持ちも約270日間と長いので

お正月が終わり一息ついた後でも

十分に楽しんで貰う事ができるでしょう。

 

Sponsored Links

 

お正月の義実家の手土産ランキング『第9位』

ゼリー

お正月に沢山の親戚が集まるような義実家の場合は

子供から大人まで食べる事ができるような手土産

持っていきたいと考えている人も多いでしょう。

 

しかし大人数が集まるとなると、

切り分けたりするのは大変なので

手軽にすぐ食べる事ができるカップスイーツおすすめですね。

 

そこで紹介するのは、フルーツの果肉がたっぷりと詰まった

高級フルーツ専門店の座千疋屋のフルーツジュレです。

 

美味しさだけでなく、

彩りが綺麗な2層のゼリーになっていて高級感もあり、

少し贅沢な気分を味わう事ができますよ♪

 

そして、ゼリーを手土産にするメリットは

常温で保存できる点や賞味期限も製造から約240日間も持つ点

 

慌ただしいお正月でも期限を気にせず、

良いタイミングを見つけて食べる事ができますね。

 

 

お正月の義実家の手土産ランキング『第10位』

商品券

お正月に義実家に何拍か泊まって食事をご馳走になったり

何人か子供を連れて行ってお世話になる場合には

食べ物などの手土産では足りないと感じる人も多いでしょう。

 

そんな時におすすめなのが、デパートや家電量販店で

現金と同様に利用する事ができる商品券です。

 

上記で紹介する商品券の魅力的な点は、

お礼に現金を渡したくても遠慮されてしまったり、

返って気を遣わせてしまいますが

商品券なら快く受け取ってくれる場合が多いと言われていますよ。

 

また、お正月にどの程度お世話になったかで枚数を増やしたり

お菓子に加えて、商品券も一緒に渡しても良いかもしれませんね。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

いかがでしたでしょうか?

お正月に義実家に持っていく手土産でおすすめな商品

どれくらいが相場なのかが、

お分かりいただけたかと思います。

 

ランキングの順位に関わらず、

義実家に住む家族の好みや

お正月に義実家に訪れる人や人数を把握してから、

手土産を選ぶと良いでしょう!

 

そして、やはり人気なのはお菓子や飲食物の手土産が多く

商品によっては同じものでも、

サイズや量によって値段も変わるので

相場に合った物を選んでみてくださいね。

 

以上、『お正月の手土産のランキング!義実家に持っていく相場やおすすめは?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑