汗をたくさんかく夏には、

失われる体内の水分と

ミネラル・ビタミン補給に、

果物をいつにもまして沢山食べるのがおすすめ。

 

旬の果物はその時々の身体が

必要としているものを、

しっかり補給してくれるんですよ。

 

今回は夏の果物には何があるかを、

旬の時期やおすすめの食べ方を含め、

フルーツ狩りができるものまで

ご紹介していきます!

Sponsored Links

 

夏の果物といえばマンゴー!


参照元:https://www.photo-ac.com/

最初にご紹介する夏に旬を迎える果物は、

上記画像のマンゴーです。

 

国産のマンゴーは5月〜8月にかけてが旬。

 

宮崎県や沖縄県、鹿児島県が

ブランドマンゴーとして有名ですよね。

 

独特のエキゾチックな香り

濃厚な甘味はまさに果物の女王です。

 


上記にご紹介するのは、

最上級 完熟マンゴー宮崎県産 太陽のタマゴです。

 

太陽を凝縮したかのような

強い甘みと口いっぱいに余韻を残す香りは、

贈答にもぴったりの気高い味わいです。

 

凍らせて食べるのもいいですし、

ヨーグルトに入れて

夏の朝のヘルシー朝食にもどうぞ。

 

 

夏の果物といえば梅!


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する夏に旬を迎える果物は、

上記画像のです。

 

梅の旬は6月~7月で、

店頭に出回る時期は非常に短いのです。

 

生産地は和歌山県が首位

紀州梅のブランドが輝きます。

 

疲労回復・老化防止

効果がある果物です。

 


上記にご紹介するのは、

紀州・和歌山産 ”南高梅 青梅” 2L〜3L です。

 

訳ありでも少し傷がついた程度なので

家庭で梅酒づくりなどには、

全く問題がありません。

 

梅酒づくりの中から梅シロップ、

魚の梅煮など爽やかな初夏の味覚を

楽しみましょう。

 

 

夏の果物といえばプラム!


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する夏に旬を迎える果物は、

上記画像のプラムです。

 

プラムが安くて美味しい旬の時期は、

6月中旬から8月になります。

 

さっぱりとした甘みと酸味が

真夏に涼を与えてくれる果物ですね。

 

疲労回復効果を持ち、

ペクチンが豊富なので

便秘解消にも抜群の効き目がありますよ。

 


上記にご紹介するのは、

山梨県産 高級プラム 貴陽

約800g(5〜7玉)です。

 

桃と同じくらいの大きさで、

溢れる果汁が人気の品種・貴陽。

 

食べ応え十分ですから、

贈答にも華やかでおすすめです。

 

クリームチーズと合わせた

爽やかなチーズデザートも、

おしゃれな夏のスイーツになります。

 

Sponsored Links

 

夏の果物といえばスイカ!


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する夏に旬を迎える果物は、

上記画像のスイカです。

 

日本には16世紀に伝わったと言われるスイカ。

 

旬は小玉が6〜7月、

大玉が7〜8月と2段階に分かれます。

 

赤と黄色で甘さが違う、と言いますが

実際の糖度には関係してこないのが本当です。

 

【ふるさと納税】《先行予約》秀 尾花沢大玉すいか2個 ※2019年8月上旬〜8月下旬発送予定

上記にご紹介するのは

 尾花沢大玉すいか2個です。

 

山形県のブランドすいかで

夏スイカとしては生産量が日本一。

 

さらに皮の近くまで甘いという

糖度13度を誇り、

スイカとしては異例の品質も人気の秘密です。

 

よく冷やしてそのまま頂いたら、

ミントやトマトと合わせたスイカスープ

おしゃれな夏のガスパチョにどうぞ。

 

 

夏の果物といえばパパイヤ!


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する夏に旬を迎える果物は、

上記画像のパパイヤです。

 

柔らかい果肉にまったりした甘さが

いかにも南国のけだるい暑さを

映しているかのよう。

 

旬は国産のものでは7月、8月

まさに食べごろで甘さの絶頂です。

 


上記にご紹介するのは、

国産フルーツパパイヤ4.5kg(6〜8玉)です。

 

種なしで濃厚な甘みと気品ある香りを持ち、

赤い果肉という珍しい新種なんです。

 

とろりと滑らかで青臭さが全くないので、

どなたにも食べやすいでしょう。

 

生クリームと合わせて

パパイヤアイスなどの食べ方、

クリーミーさがやみつきになりますよ

 

 

夏の果物といえばマンゴスチン!


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する夏に旬を迎える果物は、

上記画像のマンゴスチンです。

 

果物の女王と呼ばれ、

陶器のような乳白色の果肉に

豊かな甘みと酸味が蓄えられた

タイ産のフルーツ。

 

5月から輸入されてきますが

最高に美味しい旬は7月と8月です。

 


上記にご紹介するのは、

タイ産マンゴスチン15玉です。

 

航空便でフレッシュな味わいが

現地そのままと評判が高いのがこちら

 

小振りながら15玉も入って、

整った果汁の甘さがあふれ出すよう

 

他の夏の果物と合わせてフルーツポンチの

シンプルな食べ方がおすすめ!

Sponsored Links

 

夏の果物といえばブルーベリー!


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する夏に旬を迎える果物は、

上記画像のブルーベリーです。

 

国産では長野県が最も多く、

全国の約2割を生産しています。

 

6月から8月にかけてが

甘味が凝縮された旬です。

 

アントシアニンが視力回復に良く、

骨粗しょう症予防やがん予防にも有効なので

積極的に摂取したい果物の一つです。

 


上記にご紹介するのは、

国産(美浜町産)超大粒ブルーベリー

『4パック入りギフト』です。

 

ちまちまして食べた気がしない、の

ブルーベリー概念を大きく覆す、

食べ応え十分なのがこちら。

 

一粒一粒で甘さと繊細なうまみ

確認できるほどのハイクオリティ―です。

 

ジャムにしたりパウンドケーキに入れたり、

お菓子作りでも大活躍してくれますよ。

 

 

夏の果物といえばラズベリー!


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する夏に旬を迎える果物は、

上記画像のラズベリーです。

 

バラ科のキイチゴの一種で

優雅で華やかな香りと、

甘酸っぱさが人気の果物。

 

食べ頃の旬は7月から8月ですが

国産品は非常に稀少なものとなっています。

 


上記にご紹介するのは、

青森県産 無農薬栽培 冷凍ラズベリーです。

 

かなり希少な国産品、

そして無農薬ながらぎゅっと香り高い実生を

バラで冷凍送付してくれるんです。

 

そのままシャーベットとして頂いたり、

バナナと合わせてミルクシェイクなど

夏の恵みをおしゃれに味わいましょう。

 

 

夏の果物といえばメロン!


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する夏に旬を迎える果物は、

上記画像のメロンです。

 

茨城、北海道、熊本の3県で

国内の過半数が生産されています。

 

露地栽培のものは5月から7月頃

食べごろの旬を迎えるのがメロン。

 

購入した後は少しおいて、

お尻が柔らかくなった頃が

完熟で最も甘い状態で食べられます。

 


上記にご紹介するのは、

肥後グリーンメロン 大玉限定 4kg以上です。

 

1玉2㎏以上を厳選、という

この上ない贅沢メロンなので、

お中元にもぴったりでしょう。

 

生ハムメロンにメロンジュース

そのままの果汁のうまさを活かせる

食べ方が一番です。

 

Sponsored Links

 

夏の果物といえばアンズ!


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する夏に旬を迎える果物は、

上記画像のアンズです。

 

アンズの旬は6月下旬~7月上旬で、

2週間ほどと時期はきわめて短いです。

 

しかも日持ちがしないので

収穫からわずか数日で

味がガクッと落ちてしまいます。

 

冷え性の改善に効果がある

果物としても知られますね。

 


上記にご紹介するのは、

長野産あんず(平和・昭和など)約1kgです。

 

非常にデリケートなので、

もちろん追熟で食べるようになっています。

 

色づいたらすぐに最高の状態を

そのままたっぷり堪能しましょう。

 

食べきれない分はドライフルーツにしたり

ジャムやコンポートにすれば、

フレッシュな旬の味わいを

そのまま長く楽しめますよ。

 

 

夏の果物といえば桃!


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する夏に旬を迎える果物は、

上記画像のです。

 

7月が食べ頃の旬ですが

市場には5月下旬〜10月上旬と

割りあい長く出ているのが特徴です。

 

老若男女を問わず愛される、

夏の果物の代表ですね。

 


上記にご紹介するのは、

山形の桃(白桃と黄桃食べ比べセット)です。

 

見た目も明るく華やかな、

贅沢な黄桃と白桃が詰まったセット。

 

上品で繊細な白の甘さと、

濃厚で人懐こい黄色の甘さの違いを堪能できます。

 

二つを合わせたヨーグルト掛け、

モッツァレラチーズとのサラダなどは

夏の食卓を美しく、また美味しく彩ってくれるでしょう。

 

 

夏の果物といえばパッションフルーツ!


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する夏に旬を迎える果物は、

上記画像のパッションフルーツです。

 

日本では鹿児島(奄美・種子島)、

沖縄、東京(小笠原)で栽培されている

まだレアなトロピカルフルーツ。

 

6月から8月が旬の美味しい

食べ頃となっています。

 

表皮がシワシワになったものは

傷んだからではなく、

むしろ完熟したサインなのでご注意を。

 

【ふるさと納税】【送料無料】奄美パッションフルーツ2kg詰

上記にご紹介するのは、

奄美パッションフルーツ2kg詰です。

 

トロピカルフラワーのように

艶めかしく豊かな香りが、

切った瞬間に溢れるのがこちら。

 

とろけそうな果肉はたっぷり詰まって

爽やかで上品な余韻を残します。

 

半分に切ってスプーンを添えて出すだけで、

高級感溢れるデザートの一品に。

 

中身を出して酸味の強い果物に合えると、

ふんわりした甘みが中和して

極上のフルーツポンチになりますよ。

 

Sponsored Links

 

夏の果物といえばブドウ!


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する夏に旬を迎える果物は、

上記画像のブドウです。

 

店頭には6月から並び始めますが

食べ頃の旬は8月〜10月初旬。

 

種無しのものや

皮ごと食べられるものが増えて

抗酸化作用のポリフェノールを

より多く摂取できるようになっています。

 


上記にご紹介するのは

和歌山産の巨峰約2kgです。

 

高度の糖分を誇り食べやすく、

日本で最も有名で人気の品種・巨峰。

 

見事に張りきった皮の中に

弾ける甘酸っぱい果汁が詰まり、

贈答用にぴったりの立派な房です。

 

そのまま凍らせたシャーベット、

チーズとピックに刺して

パーティーのピンチョスにもおしゃれです。

 

 

夏の果物といえばイチジク!


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する夏に旬を迎える果物は、

上記画像のイチジクです。

 

旬は7月から10月で、

夏のイチジクはさっぱりした

癖のない甘みが特徴的です。

 

クレオパトラの大好物でしたが、

美容に大きな効果を見せる

スーパーフードとして

近年注目されていますね。

 


上記にご紹介するのは、

馬場さん家の朝穫りいちじく2パックです。

 

無農薬・減農薬に力を入れている、

和歌山で100年以上続く農家さんの

確かな高品質のイチジク。

 

しっとりした果肉に繊細な甘みがからんで、

優雅な味わいが後を引きます。

 

生ハムイチジクやイチジクのワイン煮

イチジクと青かびチーズで

タルティーヌなどの楽しみ方もおすすめです。

 

 

夏の果物といえばパイナップル!


参照元:https://www.photo-ac.com/

最後にご紹介する夏に旬を迎える果物は、

上記画像のパイナップルです。

 

通年フィリピンからの輸入ものが

出回っていますが、

沖縄産は6~8月、石垣島産は5~8月が

旬になっているんです。

 

酵素が胃腸を整えたり、

疲労回復や夏バテ予防にも有効ですよ。

 


上記にご紹介するのは、

東村産パインアップル

お任せセット1(2玉〜4玉)です。

 

密な果肉が滑らかに揃って、

パイナップル特有の繊維が粗く

ひっかかる感じが皆無のこちら。

 

酸味と甘みのバランスも絶妙で、

ギュッと濃縮されています。

 

そのまま頂いたら肉料理に合わせて

甘辛の妙を楽しむのもおすすめです。

 

Sponsored Links

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

<関連記事>

春の果物って何がある?旬な時期やおすすめの食べ方、フルーツ狩りができるものは?

夏の旬の食材とは?魚や野菜、果物、フルーツの食べ物ランキング!

夏の旬な魚の種類や価格帯、おすすめの食べ方やレシピのランキング!

夏の食べ物!旬な食べ物をランキングでご紹介! 魚や野菜が人気?

8月の旬の食材とは?魚や野菜、果物、フルーツの食べ物ランキング!

7月の旬の食材とは?魚や野菜、果物、フルーツの食べ物ランキング!

6月の旬の食材とは?魚や野菜、果物の食べ物ランキングの紹介!

夏のスイーツ!通販の取り寄せのおすすめランキングは?

いかがでしたでしょうか?

 

本記事では夏の果物には何があるかを、

旬の時期やおすすめの食べ方を含め、

フルーツ狩りができるものまで

ご紹介してきました。

 

ミネラルをたっぷり含んだ

夏のみずみずしい果物は、

春と季節が重なるものもありましたね。

 

夏バテ防止サプリとしての

旬が夏の果物の積極的摂取、

是非実践してみて下さいね!

 

以上、『夏の果物って何がある?旬な時期やおすすめの食べ方、フルーツ狩りができるものは?』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事