シンプルの極み、

甘い生地を焼き上げただけで

一口サイズが可愛いベビーカステラ

 

お祭り屋台でもその場で食べる以外に、

家おやつの持ち帰りとしても人気ですよね。

 

一見、何の危険もなさそうな

ベビーカステラですが、

実は他の屋台フード同様に

危なさも隠れているんです。

 

今回はベビーカステラは屋台で

食べてはいけない理由、

それらの口コミは本当かなどを

ご紹介していきます!

Sponsored Links

 

屋台のベビーカステラを食べてはいけない理由!

甘い香りとコロンとした形が

可愛らしい屋台のベビーカステラですが、

「食べてはいけない!」と

眉をひそめられることも。

 

その理由とはいったい何なのか、

以下にご紹介してみましょう。

 

屋台のベビーカステラは羽虫が入っている可能性あり!


参照元:https://www.youtube.com/

最初にご紹介する屋台のベビーカステラを

食べてはいけないと言われる理由は、

羽虫が入っている可能性が高いからです。

 

夏場でなくとも夜に出している屋台は、

強い白熱灯の照明がマストです。

 

それが誘蛾灯の役割をするため、

蛾や蚊を始めとする小虫が寄ってきます。

 

虫たちが下の焼き器に落下して

ベビーカステラの中に、というのは

当然の成り行きとなります。

 

 

屋台のベビーカステラは汗が入るのは避けられないから!


参照元:https://www.youtube.com/

次にご紹介する屋台のベビーカステラを

食べてはいけないと言われる理由は、

汗が入るのは避けられないからです。

 

ベビーカステラは大きな焼き器で

高温の熱を使う調理なので、

つきっきりの販売者は汗をかきます。

 

調理する時の動きもあって、

汗は知らず知らず大きな焼き器の中にも

滴り落ちることは避けられません。

 

腕や顔などは大体出ていますから、

そこからの汗が入ってしまいます。

 

 

屋台のベビーカステラは悪くなった生地だねを使っているかもしれないから!


参照元:https://www.youtube.com/

次にご紹介する屋台のベビーカステラを

食べてはいけないと言われる理由は、

悪くなった生地だねを使っているかもしれないからです。

 

ベビーカステラはプチケーキ、

生地には卵や牛乳など

もちが利かないものがたっぷり入っています。

 

生だねは戸外の環境上、

非常に傷みやすい状況に

置かれているのです。

 

 

屋台のベビーカステラはトイレの水を使用しているかもしれないから!


参照元:https://www.youtube.com/

次にご紹介する屋台のベビーカステラを

食べてはいけないと言われる理由は、

トイレの水を使用しているかもしれないからです。

 

屋台には1件ずつに水道は

ついていないものです。

 

最寄りの施設のトイレを借りて

水を使わせてもらっている場合が殆ど。

 

いくら日本の水道事情がいいとはいえ、

トイレの水道の水が食品に使われていると思うと、

ちょっと食べにくいですよね。

 

 

Sponsored Links

 

屋台のベビーカステラは半生で売られていることも多いから!


参照元:https://www.youtube.com/

次にご紹介する屋台のベビーカステラを

食べてはいけないと言われる理由は、

半生で売られていることも多いからです。

 

これは結構体験した方も

いるのではないでしょうか?

 

購入したベビーカステラを

一口かじってみたら、

中身が生あるいは半生状だった、

ということが割にあるんです。

 

生地に入っている牛乳・卵は

傷みやすく食中毒の菌が発生しやすいので、

非常に危険な扱いと言えます。

 

 

屋台のベビーカステラは調理者の手の衛生状態がわからないから!


参照元:https://www.youtube.com/

次にご紹介する屋台のベビーカステラを

食べてはいけないと言われる理由は、

調理者の手の衛生状態がわからないからです。

 

屋台では保健所の定めるところにより

出店ブース内での水の大量使用は禁止です。

 

どうしても手をこまめに洗いにくい

環境下にあるのです。

 

用を足したり煙草を吸った手を

洗わずに食材や商品を扱うのを見た

という話はよく聞くことですよ。

 

 

屋台のベビーカステラはどんな用具の扱い方をしているかわからないから!


参照元:https://www.youtube.com/

次にご紹介する屋台のベビーカステラを

食べてはいけないと言われる理由は、

どんな用具の扱い方をしているか

わからないからです。

 

出店のための道具を搬入してきた際に、

大きな鉄板の上に土足であがって

作業していることもあります。

 

何日か出店している場合は

大きな道具はそのままシートをかけて

置いておきますよね。

 

夜半のうちにゴキブリやネズミ

歩き回ったかもしれないのです。

 

翌日になってそれらの道具を

開店前に洗い直しているとは、

水が使いづらい環境では

考えにくいものでしょう。

 

 

屋台のベビーカステラは前日の売れ残りを出しているかもしれないから!


参照元:https://www.youtube.com/

最後にご紹介する屋台のベビーカステラを

食べてはいけないと言われる理由は、

前日の売れ残りを出しているかもしれないからです。

 

焼き菓子なので出店者も保存性を見込んで、

下手したら何日前かのものを

出しているかもしれないのです。

 

ベビーカステラに限らず屋台フードで

食材が余った場合は、

当然翌日に繰り越して使います

 

腐敗や劣化が進んでいる

可能性が高いと思われますよね。

 

先にお話ししたように

ベビーカステラは半生のことも多いので、

たとえ前日のものとしても

非常に危ないものとなります。

 

Sponsored Links

 

屋台でベビーカステラを食べて食中毒になった事例はある?


参照元:https://www.youtube.com/

屋台のベビーカステラの提供で

食中毒が出たという事例は、

今のところあがっていません

 

しかし保健所から提示されている

食中毒の危険度が高い食べ物として、

ベビーカステラはリストアップされています。

 

さらに食中毒では行かなくとも、

軽くお腹を壊したり、

嘔吐してしまったという事例は

存在している可能性はあります。

 

保健所の定める規定に多少、

違反しているところも

実際にはかなりあるのです。

 

そもそも乳製品や卵の非加熱ものは

扱いを禁止されていますが、

ベビーカステラの生地だねは相当しますよね。

 

焼く前の生地だねが傷んでいて

お腹を壊す原因になったということは

十分ありえる話です。

 

 

屋台のベビーカステラを食べてハズレを引いた人の口コミは?


参照元:https://www.pakutaso.com/

それでは屋台のベビーカステラを食べて、

あるいは作る過程を

実際に見て疑問を感じた人の

意見を見ていきましょう。

 

ベビーカステラを買ったら虫が一緒になって焼かれていたのでそれからは買いません。
外で作ってるので何が入り込むかわかりませんね。悪意がなくても衛生的に問題はあるかも。

焼き物系で非常によく聞く、

屋台のあるある話です。

 

先日、初詣の屋台でベビーカステラを購入し、

帰宅後食べようとしたところ、中が生焼け(タネが液状)でした。

このベビーカステラは大好物でよく買うのですが、

時折こういうことがあります。

1個、2個ならまだいいのですが、今回はほぼ全てこんな状態でした。

 

おねーちゃんだとすっごい爪で作ってたり

金の受け渡しする素手で包んでたりするね

やはり食材の扱い方、

そして食材の品質と言う点でも

怖いものがありますね。

 

ベビーカステラを素手で掴んで渡すバカがいたわ

 

酒飲みながらやってて

愛想はいいんだけど、焼いてる最中によだれ( ゜ρ゜ )

モロに生の生地の中に入ってたのを見たことがある

やはり危ないと感じていることが

現実として起こり得ているよう。

 

販売者側も最初は気を付けていても

ピーク時やお祭り最高潮の日には、

戦場化して細かいことを気にしなくなるのも

仕方ない事なのかもしれません。

 

Sponsored Links

 

屋台のベビーカステラって保健所の許可はとってるの?


参照元:http://at-kikaku.co.jp/

屋台のベビーカステラだけに関わらず、

お祭りやバザーなどのイベントで

屋台を出す場合には、

もちろん保健所の許可なしには

露店を出すことはできません

 

臨時営業という扱いになりますが、

調理提供する際には

食品衛生法で定められている

営業許可が必要とされます。

 

手順としては出店希望者が

保健所に申請用紙を提出した後、

その内容との照合のために

保健所立ち合いのもとで検査が行われるだけ。

 

つまり食のプロでなくとも

屋台で食べ物は扱えてしまえるんですね。

 

気になる内容ですが、

基本的に材料を細かく切るなどの

仕込みを屋台で行うのは禁止

 

さらに屋台での調理の際に

大量の水を使用するものや、

提供直前に加熱処理ができないものも

NGとされています。

 

ベビーカステラは加熱処理が

なされたものを売っていますが、

元生地の卵や牛乳は非加熱状態。

 

雑菌の繁殖は気になるところです。

 

幼児・子供に食べさせることは

少し考えた方がいいかもしれません。

 

 

しっかりとしたベビーカステラを出している屋台ってあるの?


参照元:https://www.pakutaso.com/

屋台のベビーカステラの衛生面が本当に

しっかりとしたものであるかどうか、

これは実際に露店でバイトでもしないと

わかりにくいものです。

 

こちら側でなるべく気を付けるとすれば、

屋台の見えるところに消毒液を置いていたり

クーラーボックスが置いてあるところ、でしょうか。

 

また、買っている人が

少ない屋台のベビーカステラよりも、

お客でにぎわっているところも

安心かもしれません

 

長い間放置されっぱなしの

生地だねが使用されている可能性は

低いと考えられるためです。

 

Sponsored Links

 

ベビーカステラを食べてもOKな屋台はどんなところ?


参照元:https://event21.co.jp/
大きなお祭りの屋台ですと、

どんな食材でどんな人が作っているのか

見えにくいものです。

 

普通は屋台のベビーカステラは食べないけれど、

食べるならコレ、という人の

意見には共通点があります。

 

それは地元のお祭りやバザーの

屋台で出されているベビーカステラ

 

作っている人は大体知っていますし、

衛生状態が見えやすいという

メリットがあります。

 

大きなお祭りでどうしても

食べたくて仕方ない場合は、

割り切るしかないでしょう。

 

Sponsored Links

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

<関連記事>

屋台の焼きそばを食べてはいけない理由!汚いし虫や汗入り、ほぼ腐ってるって本当?

夏祭りの服装!高校の女子、男子別に浴衣以外の人気コーデをご紹介!

花火大会の持ち物リスト!デートや子供連れにおすすめなグッズとは?

浴衣でメンズから人気のブランドや2019年の通販でおすすめは?

浴衣でレディースから人気のブランドや2019年の通販でおすすめは?

夏のイベント、行事や記念日って?それぞれの意味や楽しみ方とは?

クレープは屋台で食べてはいけない理由!汚いし虫や汗入り、ほぼ腐ってるって本当?

チョコバナナは屋台で食べてはいけない理由!汚いし虫や汗入り、ほぼ腐ってるって本当?

夏の旬の食材とは?魚や野菜、果物、フルーツの食べ物ランキング!

りんご飴は屋台で食べてはいけない理由!汚いし虫や汗入り、ほぼ腐ってるって本当?

いかがでしたでしょうか?

 

本記事ではベビーカステラは屋台で

食べてはいけない理由、

それらの口コミは本当かなどを

ご紹介して参りました。

 

焼いてあるし材料がシンプルだから、と

これだけはお祭り屋台で買う人も多い

ベビーカステラ。

 

使用食材を見てみると

そうは言いきれない、

危険な食べ物なのですね。

 

良く焼いてあるものならば、

年に1度のことだから、でいいですが、

万一中身が半生だったら

すぐに食べるのをやめて下さいね。

 

以上、『ベビーカステラは屋台で食べてはいけない理由!汚いし虫や汗入り、ほぼ腐ってるって本当?』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事