*

アイススケートは関西へ!大阪、京都、兵庫などのおすすめスポットとは?

関西は通年営業のアイススケート場が

減少してしまっている代わりに

冬季限定のアイススケートリンクはオリジナリティ豊か

「さすが関西!」と頷けるところが多いんです!

 

料金も太っ腹な設定をしているところも多く、

誰でも気軽に楽しみやすくなっているんですよ。

 

今回は関西地方でも観光客の方がよく訪れ、

観光プランの合間にひと滑りできやすい

大阪・京都・兵庫の目抜きアイススケート場をご紹介しましょう!

Sponsored Links

 

関西のアイススケート場1:アゴーラ・スケートリンク(大阪府)


参照元:http://www.agoraregency-sakai.com/

住所:大阪府堺市堺区戎島町4-45-1ホテル・アゴーラ リージェンシー堺

 

関西で穴場のアイススケートスポットとして

強くおすすめしたいのが

上記のアゴーラスケートリンクです。

 

ホテル・アゴーラ リージェンシーホテル堺が

アサヒビールの協賛を得ています。

 

その、ホテル敷地内のポルタス広場に、

毎冬恒例でオープンするアイススケート場なんですよ。

 

幻想的なイルミネーションが設置されて、

その中で美しいホテル外観を眺めつつのスケーティングは格別です。

 

水を冷却管で凍らせた氷を使用してのリンク

一般の樹脂製リンクとは異なり、

非常に滑らかでシューズ当たりの柔らかさが違うところが特徴。

 

貸し靴料と消費税込みで大人1000円の料金は、

高級ホテルであるにも関わらず非常にお安いものです。

 

ホテルレストラン利用券500円分もプレゼントされるというので

これはアイススケートしに行くしかないですよね!

 

アゴーラ・スケートリンクのHP

※2019年度情報は、

追って上記の公式HPリンクでご確認下さい。

 

 

関西のアイススケート場2:ウメダ★アイスリンク つるんつるん(大阪府)

住所:大阪府大阪市北区大深町4-1 グランフロント大阪 うめきた広場

 

大阪府民のみならず関西全域の皆さんより

楽しい冬季限定アイススケート場として愛されているのが、

大阪駅の真ん前という最高のロケーションに設置される

ウメダ★アイスリンクつるんつるんです。

 

毎年11月中旬頃スタートで3月初旬までオープンしており、

この長めのタームはいかに利用者に愛されているかを示すものでしょう。

 

気になる料金は貸し靴料も含めて1500円、

そして大体みなさんイルミネーションを目当てに

ナイトスケートを楽しむ方が多いので

19時以降はなんと1000円になるんですよ!

 

期間中にはカーリング体験教室もありますし、

大阪出身の芸能人の方が盛り上げにいらしたりと

とにかくアイススケートを楽しみ尽くそう!という

心意気が感じられるスポットですね。

 

ウメダ★アイスリンク つるんつるんのHP

※2019年度情報は、追って上記の公式HPリンクでご確認下さい。

 

Sponsored Links

 

関西のアイススケート場3:大阪府立臨海スポーツセンター(大阪府)

住所:大阪府高石市高師浜丁6-1

 

関西でフィギュアスケートの競技会も催される

本格的なアイススケート場というと、

上記の大阪府立臨海スポーツセンター

その一つに入ります。

 

プロを育てる教室は3歳から受講可能なので、

その力の入れ方からこのアイススケート場が

いかに重要視されているかがわかるでしょう!

 

それでも料金は1300円ほどと手頃

ちょっとアイススケートで遊ぼうという気楽な方から、

真剣にアイススケートを極めたいという方まで、

どんなニーズにも応えうる守備範囲の広さ。

 

社会人ホッケ―大会やフィギュア大会は見学もできますので、

観て楽しむという使い方もできますよ。

 

大阪府立臨海スポーツセンターのHP

※料金等の詳細は変更することもありますので、

上記の公式HPリンクでご確認下さい。

 

 

関西のアイススケート場4:ひらかたパーク アイス・スクエア(大阪府)

住所:大阪府枚方市枚方公園町1-1

 

岡田准一さんが園長をつとめるコマーシャルが流れるなど、

関西の人からその人気のほどが伺える

上記に紹介するレジャーパークのひらかたパーク

 

こちらも冬季はひらかたパーク アイス・スクエアと銘打って

屋外アイススケート場を設け、

冬を一層盛り立ててくれていますよ。

 

遊園地では珍しくメインリンクの他に

サブリンクと2つもリンクを設け、

たっぷりのスペースで大人も子供も

心ゆくまでスケートで遊べるようになっているんです!

 

入場料は2000円ですが

遊園地のアトラクション利用を兼ねての価格で納得でしょう。

 

ひらかたパーク アイス・スクエアのHP

※2019年度情報は、追って上記の公式HPリンクでご確認下さい。

 

 

関西のアイススケート場5:浪速アイススケート場(大阪府)

住所:大阪市浪速区難波中3-8-8

 

次に紹介する浪速スポーツセンター アイススケート場

関西でも数少ない、貴重な通年営業のスポットなんですよ。

 

リンクサイズはもちろん、国際規格サイズの60m×30m

スケート遊び程度のレベルの人が滑れば

2周も回らないうちに結構な運動となり、

汗をかいてしまうほどなんだとか。

 

料金は大人1400円ほどですが、

膝当ては無料で貸し出しされます。

 

日曜日にはこのセンターのスケート教室出身生徒による

プロに近いデモンストレーションが楽しめますし、

地下一階がリンクという設計なので

エントランスホールの一階の

ガラス張りスペースから見下ろすリンクは壮観ですよ。

 

浪速アイススケート場のHP

※料金等の詳細は変更することもありますので、

上記の公式HPリンクでご確認下さい。

 

Sponsored Links

 

関西のアイススケート場6:東和薬品RAKUTAB なみはやドーム(大阪府)

住所:大阪府門真市三ツ島308-1

 

関西でも最大級の規模の屋内アイススケート場

一つとして知られるのが、

上記で紹介する東和薬品RAKUTABドーム(なみはやドーム)です。

 

国際規格サイズの60×30mのプロ仕様リンクと

お子様や初心者が安心してアイススケートを楽しめるサブリンクの

二つのアイススケートリンクを有しています。

 

ヘルメットは無料で借りられますし、

料金は1600円ですが併設施設も利用できるので

スケートで冷えた身体を温水プールで温めてから帰る、

という通の利用法がおすすめ。

 

東和薬品RAKUTAB なみはやドームのHP

※2019年度情報は、追って上記の公式HPリンクでご確認下さい。

 

 

関西のアイススケート場7:真田山プールアイススケート場(大阪府)

住所:大阪市天王寺区真田山町5-109

 

かの真田幸村にちなんだ真田山

大阪城にほど近い絶好のロケーションを誇る場所です。

 

上記の真田山プールアイススケート場は、

そんな真田山公園内に位置する

季節限定の関西人気アイススケート場なんですよ。

 

利用料は1200円と安めで、

期間中は毎日オープンしているところが嬉しいもの。

 

意外に知られていないお得情報ですが、

こちらで回数券か定期券を購入する

大阪プールアイススケート場、

浪速アイススケート場でも使用ができるということは

知っていて損がありませんよ!

 

真田山プールアイススケート場のHP

※料金等の詳細は変更することもありますので、

上記の公式HPリンクでご確認下さい。

 

 

関西のアイススケート場8:八幡屋スポーツパークセンター(大阪府)

住所:大阪府大阪市港区田中3-1-20

 

次に紹介する八幡屋スポーツパークセンター

関西でもユニークな冬季限定アイススケート場として

知られているスポットです。

 

夏のプールを利用して作られたリンクは

氷作りも手を抜いておらず、

シューズの刃にあたりのいい氷質に11㎝の厚みという

ベストコンディションを保つように

細心の注意が配られているとか。

 

ザ・リンクとでも言いたいような円盤形

ガラス張りのドーム天井が明るい雰囲気を作っています。

 

6歳以下の子どもは無料という驚きの料金も嬉しく

家族で楽しみやすいですよね。

 

八幡屋スポーツパークセンターのHP

※料金等の詳細は変更することもありますので、

上記の公式HPリンクでご確認下さい。

 

Sponsored Links

 

関西のアイススケート場9:京都アクアアリーナ(京都府)

住所:京都府京都市右京区西京極徳大寺団子田町64

 

関西地方で観光人気ナンバーワンを誇る京都には

ただ一つだけ屋内アイススケート場があります。

 

それが上記で紹介する都アクアアリーナ

 

毎年11月から3月までの限定リンクですが、

内容はたっぷり充実した施設なんですよ。

 

60m×30mの国際規格サイズのメインリンクと

30m×18mのサブリンクがバッチリ備えられ、

アイスホッケーやフィギュアスケート、

ショートトラックの競技が盛んに行われています。

 

国内外の有名プロフィギュアスケート選手の

エキシビジョンを観覧できることでも有名で、

リンクを離れた選手は気さくに写真撮影に応じてくれることも!

 

入場料は1600円ほどと少々割高ですが、

備え付けのヘルメットは無料で借り受けることができますよ。

 

京都アクアアリーナのHP

※2019年度情報は、追って上記の公式HPリンクでご確認下さい。

 

 

関西のアイススケート場10:尼崎スポーツの森 アイススケートリンク(兵庫県)

住所:兵庫県尼崎市扇町43

 

毎年、夏のプールが冬季はアイススケートリンクになる

尼崎スポーツの森 アイススケートリンクは、

関西でも数えるほどしかない

国際規格サイズのリンクを備えたスポット

 

緑に囲まれた広大な敷地面積ですが

アイススケート場がオープンする頃は

「スケート臨時便」というシャトルバスが出るのでご安心を!

 

大人は1200円の利用料金と良心的で

女性のかたには嬉しいレディースデー割引もありますよ。

 

尼崎スポーツの森 アイススケートリンクのHP

※2019年度情報は、追って上記の公式HPリンクでご確認下さい。

 

 

関西のアイススケート場11:サファリリゾート姫路セントラルパーク アイスパーク(兵庫県)

住所:兵庫県姫路市豊富町神谷1434

 

関西で人気のサファリパークと

アミューズメントパークの複合施設である

上記のサファリリゾート姫路セントラルパークは、

冬季の屋内アイスパーク大変人気です。

 

施設内で目を引くヨーロッパのお城を

丸ごとアイスリンクにしてしまうという大胆さ!

 

ホールは56m×26mもあるので、

思い切り滑って楽しむことができるんです。

 

入園券さえあれば誰でもアイススケートができるので、

遊園地を楽しむ合間に寄るのもいいでしょう。

 

30分程度の初心者向けレッスンも開催されているので

参加してから滑れば、一味違うかもしれませんよ!

 

サファリリゾート姫路セントラルパーク アイスパークのHP

※2019年度情報は、追って上記の公式HPリンクでご確認下さい。

 

Sponsored Links

 

関西のアイススケート場12:円山川公苑 屋外アイススケートリンク(兵庫県)

住所:兵庫県豊岡市小島1163

 

関西でも北近畿地方唯一の屋外アイススケート場が、

上記の兵庫県円山川公苑 屋外アイススケートリンクです。

 

緑に囲まれた県営公園の美しい眺めの中で滑るのは

まるで湖をアイススケートしているような気分になるでしょう!

 

11月から3月までと長めのオープン期間が嬉しいポイント。

 

また、料金も500円なので

通いつめたくなること間違いなしですよ!

 

プレオープンの日にはお祝いとして

夕方以降は無料の初滑りを楽しめるので要チェックですね。

 

円山川公苑 屋外アイススケートリンクのHP

※2019年度情報は、追って上記の公式HPリンクでご確認下さい。

 

 

関西のアイススケート場13:ピュアスポーツ柏原 屋内スケートリンク(兵庫県)

住所:兵庫県丹波市柏原町大新屋449

 

次に紹介するピュアスポーツ柏原 アイススケートリンクは、

夏はインラインスケート用のコートに、

そして冬はアイススケート用のリンクにと

とにかくスケートに特化したリンク使いが面白い関西のスポット。

 

国際規格の60m×30mのスケートリンクは

初級者から上級者までどんなレベルの人でも滑りやすいと

評判のこだわりの氷作りが施されているんですよ。

 

スケートシューズは15cmから30cmまでと

サイズを豊富に取り揃えられているところも嬉しいポイント。

 

アイススケートを楽しんだ後は併設の温水プールで身体をほぐすのが

常連の使い方なので真似してみてはいかがでしょう?

 

ピュアスポーツ柏原 屋内スケートリンクのHP

※料金等の詳細は変更することもありますので、

上記の公式HPリンクでご確認下さい。

 

 

関西のアイススケート場14:神戸市立ポートアイランドスポーツセンター(兵庫県)

住所:兵庫県神戸市中央区港島中町6-12-1

 

上記の神戸市立ポートアイランド

スポーツセンターのアイススケートリンクは、

冬季限定とはいえ国際大会も行われる本格的アイススケート場です。

 

国際規格サイズのメインリンクと

サブリンクの2面仕立ての設備なので

プロアマの練習からレジャーとして楽しむ家族連れまで、

幅広い利用者層の受け入れ態勢が整っていますよ。

 

通常のスケート教室の他、

冬休み・春休みの集中短期レッスンコースもあるので

お子様の習い事としての導入に向いていますよね。

 

大人料金は1400円ですが、

小中学生の親子連れだと2人で1800円

かなりお得になりますので家族で出かけるにはうってつけですよ。

 

神戸市立ポートアイランドスポーツセンターのHP

※2019年度情報は、追って上記の公式HPリンクでご確認下さい。

 

 

関西のアイススケート場15:ひょうご西宮アイスアリーナ(兵庫県)

住所:兵庫県西宮市鳴尾浜1丁目16番9号

 

最後に紹介するのは2013年にオープンした、

通年滑れるありがたいアイススケート場として

関西の人から熱い視線を集めているのが

ひょうご西宮アイスアリーナです。

 

近年の環境問題への取り組みに力を入れる傾向を映し、

太陽発電システムでアイススケートリンク作りをするという

新しいあり方を示しています。

 

イルミネーションや音楽を使ったイベントも催されますし、

3歳以上から入れるスケート教室など

お稽古クラスも各種用意されていますよ。

 

料金は大人1500円ですが、貸し靴は無料なので

かなりリーズナブルと言えますね!

 

ひょうご西宮アイスアリーナのHP

※料金等の詳細は変更することもありますので、

上記の公式HPリンクでご確認下さい。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

いかがでしたか?

 

関西ではプロフィギュア選手を目指す人が多く、

一般のアイススケート愛好者も多いのに

通年営業のアイススケート場がどんどん閉鎖していき、

今盛り立て直そうとしている動きがあるところなんです。

 

そんな中でも関西各地方では限定リンクの充実や

通年営業のところは頑張っているんですね。

 

是非、関西地方を訪れたら、地元の人に混じって

ご当地アイススケート場を楽しんでみて下さいね。

 

以上、『アイススケートは関西へ!大阪、京都、兵庫などのおすすめスポットとは?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑