東京と境を接する首都圏でありながら、

緑深い里山や海岸線の続く雄大な景色といった

多彩な自然の魅力が詰まった千葉県

 

そのおかげで美しく

澄みきった自然環境でしか

生息することができない蛍を、

県内のあちらこちらで見ることができるんです。

 

今回は蛍が見れる千葉県のスポットや

日帰りでいける近辺スポット、

またおすすめ時期や見頃を

ご紹介していきましょう。

Sponsored Links

 

蛍が見れる千葉県のスポットは?

風光明媚で自然豊か、

野生の動植物も生息する千葉県。

 

そんな恵まれた環境で暮らす

蛍が見れる千葉県の厳選スポットを、

以下にご紹介していきます。

 

蛍が見れる千葉県のスポット1:源氏ぼたるの里


参照元:http://www.isumi-kankou.com/

最初にご紹介する蛍が見れる

千葉県のスポットは、

いすみ市の源氏ぼたるの里です。

 

毎年5月末から6月初旬にかけて、

野生のゲンジボタルが飛翔するスポット。

 

「いすみ市山田源氏ぼたるの

里を守る会」によって

精力的な河川浄化が取り組まれ、

大切に保護されているんですよ。

 

5月下旬には例年ほたる祭りが

観賞会と合わせて催されるので、

のどかな里山でのほたる観賞を

楽しみましょう。

 

 

蛍が見れる千葉県のスポット2:清和ほたるの里


参照元:https://youtu.be

次にご紹介する蛍が見れる

千葉県のスポットは、

君津市の清和ほたるの里です。

 

6月上旬から7月上旬にかけて、

自然発生したゲンジボタルと

ヘイケボタルが観賞できるスポット。

 

地元有志がこまめに自然環境を

蛍のために整えているので、

圧巻の群舞が見られることで有名です。

 

シーズン中には清和県民の森内で

“ほたるウォッチング”を実施していますので、

蛍ファンたちと一緒になごやかな時を

過ごしてみてはいかがでしょう?

 

 

蛍が見れる千葉県のスポット3:ロマンの森共和国


参照元:http://www.romannomori.co.jp/

次にご紹介する蛍が見れる

千葉県のスポットは、

君津市のロマンの森共和国です。

 

豊かな自然に恵まれた

40万m2もの敷地には

自然の断崖などを活かした場所もあり、

多彩なレジャーが楽しめるスポットがこちら。

 

6月上旬から7月上旬という、

関東では珍しい長期間に渡って

ゲンジボタル、ヘイケボタル、

ヒメホタルを鑑賞することが可能です。

 

のべ数万頭にも及ぶので、

イルミネーションははかなさよりも

圧巻の迫力がありますよ!

 

期間中は食事付き宿泊などの

限定プランが出ますので、

是非利用してみましょう。

 

Sponsored Links

 

蛍が見れる千葉県のスポット4:白浜フラワーパーク


参照元:https://maruchiba.jp/

次にご紹介する蛍が見れる

千葉県のスポットは、

南房総市の白浜フラワーパークです。

 

房総半島の最南端に位置し、

市民のレジャースポットとして愛されている

自然あふれる施設がこちら。

 

5月中旬から6月下旬にかけて、

ゲンジボタルとウミホタル

なんと同時に観るという

贅沢な特別鑑賞会が行われるんです。

 

二つの異なる幻想美を味わえるのは

ここだけですのでお見逃しなく!

 

 

蛍が見れる千葉県のスポット5:泉谷公園


参照元:http://www.chibacity-ta.or.jp/

次にご紹介する蛍が見れる

千葉県のスポットは、

千葉市緑区の泉谷公園です。

 

約7ヘクタールの面積を有する

自然豊かな地区公園で、

市民の憩いの場となっているスポット。

 

ホタルを人工飼育する

ほたる生態園では、

ゲンジボタルの産卵小屋

外から観賞することができます。

 

5月下旬から6月上旬にかけて

ここで生育した蛍たちが園内に放され、

優しいイルミネーションで

初夏の宵散歩を彩ってくれますよ。

 

 

蛍が見れる千葉県のスポット6:大町自然観察園


参照元:https://www.wakayama-kanko.or.jp/

最後にご紹介する蛍が見れる

千葉県のスポットは、

市川市の大町自然観察園です。

 

動植物園内にあるスポットで

ヘイケボタルの乱舞を楽しめます。

 

ヘイケボタルなので見頃は遅く、

7月下旬から8月中旬ですから

お子さんの夏休みのお出かけに最適でしょう。

 

蛍観賞の時間を待つ間は

併設動植物園で、

レッサーパンダやオランウータンを観たり

バラ園の散策で楽しめるのがメリット。

 

1日レジャープランで過ごすことができる

お得な場所としておすすめです!

 

Sponsored Links

 

千葉県から日帰りでいける他府県の蛍のスポットは?

千葉県内での蛍の観賞もいいですが、

ちょっと足を伸ばした観光がてら

近県で蛍を探しに出かけませんか?

 

以下に千葉県から日帰りで行ける

おすすめの蛍のスポットをご紹介しますので、

是非ご参考になさってみて下さい。

 

千葉県から蛍を見に行くなら茨城県の七ツ洞公園!


参照元:http://www.mitokoumon.com/

最初にご紹介する千葉県から

日帰りで出かけられる、

蛍を見に行くおすすめスポットは

茨城県水戸市の七ツ洞公園です。

 

大小あわせて5つの池と澄んだ小川、

自然そのものの森に加えて

古墳時代の遺跡である

権現山横穴群を有する歴史ある公園がこちら。

 

イギリス式庭園の中をゲンジボタル、

ヘイケボタルが時期をずらしつつ

5月から8月まで浮遊します。

 

まるで外国で蛍を眺めているかのような

不思議な幻想世界を味わってみましょう。

 

 

千葉県から蛍を見に行くなら埼玉県のみさと公園!


参照元:http://www.parks.or.jp/

次にご紹介する千葉県から

日帰りで出かけられる、

蛍を見に行くおすすめスポットは

埼玉県三郷市のみさと公園です。

 

東京ドームの3.6個分の面積を有し、

都心からすぐそこという境を接する

水辺の緑の公園スポット。

 

毎年7月上旬になるとヘイケボタル

ホタル池周辺に放されて、

ホタル鑑賞会が催されています。

 

バーベキュー施設や

展望台などの施設も充実しており、

東京からのアクセスが抜群なので

1日コースの充実したプランが過ごせますよ。

 

千葉県から蛍を見に行くなら群馬県の榛名湖畔


参照元:http://www.city.takasaki.gunma.jp/

最後にご紹介する千葉県から

日帰りで出かけられる、

蛍を見に行くおすすめスポットは

群馬県高崎市の榛名湖畔です。

 

群馬百名山として知られ、

有名レジャースポットである

榛名山の榛名湖も蛍が観賞できるんです!

 

7月上旬から下旬にかけて

ヘイケボタルの群舞

湖畔に星屑のようにきらめきます。

 

時間帯としては20時頃

最も美しく見えるピークだそうです。

 

Sponsored Links

 

千葉県で蛍が見れる時期は?


参照元:https://www.photo-ac.com/
千葉県で蛍が見られる時期は

気候が温暖といえども、

大体全国的な平均と同じです。

 

5月中旬から6月中旬までの間で

まずスポットごとに1週間から2週間弱、

ゲンジボタルの飛翔が見られます。

 

続いてヘイケボタルが早い場所で

6月初旬から見られ始めますが、

多くのスポットでは6月中旬から

7月上旬にかけてです。

 

Sponsored Links

 

千葉県で蛍が見れる時間帯は?


参照元:https://www.photo-ac.com/

千葉県で蛍が見られる時間帯ですが、

こちらも各地の蛍の発光時間と

ほぼ同じになっているようです。

 

19時頃から発光し始めて、

そのあと22時頃まで続きます。

 

この時間帯が蛍は一番活動的なので、

たくさんの発光が見られるわけです。

 

その後は23時前後に少し、

最後は夜半1時から2時に光ることも

 

これらはすべて気象条件で

微妙に変わってきますから、

事前に該当スポット情報を

きちんと調べましょう。

 

Sponsored Links

 

蛍を見に行く時におすすめのアイテムは?

いざ蛍を見に行くと決めたなら、

早速持ち物を準備しましょう。

 

蛍を見に行く時に

おすすめなアイテムは何かを、

以下にご紹介致しますね。

 

蛍を見に行くならナイロンパンツ!


最初にご紹介する蛍を見に行く時に

おすすめのアイテムは、

上記のTOHKEMI ナイロンパンツです。

 

女性でデートであれば

スカートで可愛く決めたいもの。

 

しかし蛍観賞では草が生い茂り、

水辺で湿気があがってくるので

夜は初夏といえど足が冷えます。

 

また蚊が好む環境条件でもあるので

足は隠した方がベスト。

 

できるならこのような

撥水加工のナイロンパンツを、

携帯して履くのがおすすめです。

 

 

蛍を見に行くならジップアップパーカー!


次にご紹介する蛍を見に行く時に

おすすめのアイテムは、

上記のエコヘザー ジップパーカーです。

 

蛍観賞は夜ですので、

日中よりは2~3度感じる温度は

低めになります。

 

日中の半袖・薄手だと

身体を冷やすことも考えられますし

蚊よけのためにも羽織ものを。

 

こちらは超薄手でジップアップですから

脱ぎ着が自由で役立ちます

 

 

蛍を見に行くなら懐中電灯!


次にご紹介する蛍を見に行く時に

おすすめのアイテムは、

上記のパナソニック 懐中電灯

LEDエボルタ乾電池付きです。

 

千葉県でも蛍観賞は自然公園ですと

照明が一切ないところも。

 

スポットにたどり着くまでに

懐中電灯があると便利です。

 

こちらはスマートデザインで

かなり軽量なところが、

アウトドアに嬉しいポイント。

 

蛍は大変デリケートですから

足元を照らすのみ、を徹底して

スポットに着いたら消しましょう。

 

 

蛍を見に行くならビニール袋!


最後にご紹介する蛍を見に行く時に

おすすめのアイテムは、

上記のレジ袋 シルバー45号です。

 

ゴミの持ち帰りはどこの蛍スポットでも

最低限マナーとして当たり前のこと。

 

こちらはシルバーなので

中身が見えませんから、

スマートなゴミの持ち帰りができますね。

 

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

<関連記事>

蛍の種類って?日本にいるホタルの光り方や特徴、生息地や見分け方を画像で紹介!

蛍が見れる東京都のスポットや日帰りでいけるスポット!おすすめ時期や見頃も紹介!

蛍(ホタル)は関東へ!鑑賞できるスポットや穴場、時期『2019』!

ドイツ村のイルミネーション!2018年〜2019年のアクセスや見所、混雑状況は?

夏のお出かけ!家族連れやカップルから人気なスポットランキング!

5月のデート!カップルから人気なデートをランキングでご紹介!

6月のデート!カップルから人気なデートをランキングでご紹介!

夏のデート!カップルから人気なスポットをランキングでご紹介!

夜のデート!カップルから人気なスポットをランキングでご紹介!

いかがでしたでしょうか?

 

本記事では蛍が見れる

千葉県のスポットや

日帰りでいける近辺スポット、

またおすすめ時期や見頃を

ご紹介して参りました。

 

ディズニーランドやシーワールドの

人工レジャーの豊富さに

目が行きがちな千葉県ですが、

蛍観賞のような自然レジャーも

充実しているんですね。

 

千葉県へ初夏にお出かけの際は、

是非ご紹介したスポットでの

蛍観賞を楽しんでみて下さいね。

 

以上、『蛍が見れる千葉県のスポットや日帰りでいけるスポット!おすすめ時期や見頃も紹介!』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事