海に山という豊富な自然資源に恵まれ、

世界に名だたるF1サーキットを抱えたり

日本の神始めの社でもある伊勢神宮を擁するなど

魅力が奥深い三重県

 

紀伊半島に位置しますので

比較的温暖な気候も過ごしやすく、

春にはいち早い桜の花見も可能なんです。

 

今回はそんな三重県での

花見ができる桜の名所や穴場スポットを、

一挙ご紹介する必見の特集ですから

お見逃しのないよう!

Sponsored Links

 

桜の花見ができる三重県の名所は?

三重県で桜の名所と謳われる場所には

どんなスポットがあるのでしょうか?

 

県民が毎年「花見にはココ!」と決めている

人気の名所をご紹介しましょう。

 

桜の花見では三重県の三多気が名所!


参照元:https://www.kankomie.or.jp/

見頃:3月下旬~4月下旬

見所:山桜の古木並木、4月中旬には桜まつりが開催

花見の時間:終日観覧可、ライトアップは19時~21時

料金:無料

住所:津市美杉町三多気

最初にご紹介する三重県で

桜の花見ができる名所は、

三多気の桜並木です。

 

昔話に出てきそうな里山の風景に

歴史を感じさせるヤマザクラの古木が、

500本ほどプロムナードを形作っています。

 

国指定名勝のさくら名所100選

場所の一つですので、

景勝の美しさは保証付き。

 

里山で高低差がありますから

桜の咲き始めと終わりに差があり、

葉桜まで割と長い期間

花見が楽しめるのも注目です。

 

4月中旬に2日ほど行われる桜祭りでは、

餅つきや餅まきイベントなど

里の雰囲気たっぷりの催しもあるので

のどかな花見を楽しめます。

 

 

桜の花見では三重県の津偕楽公園が名所!


参照元:https://www.kankomie.or.jp/

見頃:3月下旬~4月中旬

見所:情緒溢れる日本庭園に約1000本のソメイヨシノ

花見の時間:終日観覧可、ライトアップは18時~21時30分

料金:無料

住所:津市広明町147-1

次にご紹介する三重県で

桜の花見ができる名所は、

津偕楽公園です。

 

約1000本ものソメイヨシノが

元藤堂家別荘という由緒ある日本庭園に、

気品溢れる姿で姸を競うスポット。

 

主に地元の方たちの憩いスポットですが

桜と共につつじも時期を迎えて、

春の花が一堂に会するため

春には全国から観光客が集まるんです。

 

夜桜のライトアップの頃には

人込みも落ち着くので、

カップルがしっとり散歩するには

ぴったりの雰囲気になりますよ。

 

Sponsored Links

 

桜の花見では三重県の上野公園が名所!


参照元:https://www.kankomie.or.jp/

見頃:3月下旬~4月中旬

見所:桜のベールで霞がかる城の景観が美しい

花見の時間:終日観覧可

料金:無料

住所:伊賀市上野丸之内122-1

次にご紹介する三重県で

桜の花見ができる名所は、

上野公園です。

 

白鳳城と呼ばれる美しい白亜が

特徴的な伊賀上野城を背景に、

800本のペールピンクの桜が

春を祝う花火のように咲き乱れます。

 

忍者で有名な上野ですから

すぐ近くの伊賀流忍者博物館へも、

花見と合わせて観光してみてはいかがでしょう。

 

お子さん連れなら大喜びの

1日プランになること間違いなしですよ。

 

 

桜の花見では三重県の宮川堤が名所!


参照元:https://www.kankomie.or.jp/

見頃:3月下旬~4月中旬

見所:江戸時代から有名な約1㎞にも渡る「桜の渡し」

花見の時間:終日観覧可

料金:無料

住所:伊勢市中島2丁目

次にご紹介する三重県で

桜の花見ができる名所は、

宮川堤です。

 

江戸の昔から近隣住民に

「桜の渡し」と親しまれて、

お花見スポットとしての歴史が古い場所です。

 

日本さくら名所100選にも選定されており、

4月に入るとぼんぼりやちょうちん

桜並木の風情が一層盛り上げられています。

 

桜まつりも例年4月初旬から

一週間ほど開催されていますので、

江戸の賑わいを彷彿とさせる雰囲気とともに

桜を味わいたい方は、

是非出かけてみましょう。

 

Sponsored Links

 

桜の花見では三重県のなばなの里が名所!


参照元:https://www.kankomie.or.jp/

見頃:2月下旬~4月中旬

見所:早咲きの河津桜から梅まで一度に楽しめる百花繚乱

花見の時間:9時から21時、ライトアップは日没~21時まで

料金:1600円、小学生未満は無料

住所:桑名市長島町駒江270

次にご紹介する三重県で

桜の花見ができる名所は、

なばなの里です。

 

フラワーパークなので

年中季節の花が楽しめますが、

桜の季節はやはり特別。

 

2月から河津桜が咲き始めるため

梅と桜の両方の花見ができるのは、

全国でも稀なスポットなんですよ。

 

湖畔を縁どる枝垂桜を含めた

桜のトンネルのライトアップは、

凄みある美しさで必見です。

 

 

桜の花見では三重県の十四川が名所!


参照元:https://www.kankomie.or.jp/

見頃:3月下旬~4月中旬

見所:800本の桜並木は静謐な上品さが溢れる

花見の時間:終日観覧可、ライトアップは日没から21時まで

料金:無料

住所:四日市市富田4丁目

最後にご紹介する三重県で

桜の花見ができる名所は、

十四川です。

 

閑静な住宅街ながら800本もの

桜が川沿いに並木を作り、

1.2㎞のロングプロムナードを

楽しむことができる場所なんです。

 

上品な侘びずまいが特徴で

水面に差し出される枝ぶりが

優雅な様子を見せてくれます。

 

住宅街だけにライトアップでも

どこか桜も親しみやすい姿で、

家族連れでの花見に最適でしょう。

 

Sponsored Links

 

桜の花見ができる三重県の穴場は?

続いては三重県での桜の花見はしたいけれど、

人込みはちょっと・・・という方のために

穴場スポットをご紹介です。

 

小さいお子さん連れの方や

のんびり花見デートをするならば、

是非穴場スポットで桜のお花見を!

 

桜の花見では三重県の横輪町が穴場!


参照元:https://www.kankomie.or.jp/

見頃:3月下旬~4月中旬

見所:この町のみ自生のアーモンドの花に似た「横輪桜」は必見

花見の時間:終日観覧可、4月1日~15日は桜まつり

料金:無料

住所:伊勢市横輪町

最初にご紹介する三重県で

桜の花見ができる穴場は、

横輪町です。

 

最近正式な園芸種に登録された

横輪桜はここでしか見られないレア品種。

 

ソメイヨシノよりも花輪がぷっくりして

ワイルドローズのような華やかさと、

パウダリーピンクは見ごたえたっぷり。

 

町中がピンクに染まりますから

ゆったり散策をしていると、

まるで身体じゅうが桜の香気に

包まれたかのような幸福感!

 

 

桜の花見では三重県の鬼ヶ城が穴場!


参照元:https://www.kankomie.or.jp/

見頃:2月下旬~4月中旬

見所:2月の寒緋桜に始まり4種2000本の桜がシーズン中絶えない

花見の時間:終日観覧可

料金:無料

住所:熊野市木本町

次にご紹介する三重県で

桜の花見ができる穴場は、

鬼ヶ城です。

 

峠のインターチェンジから

すぐ始まる遊歩道に、

約2000本の桜が出迎えてくれるスポット。

 

いち早く2月下旬から寒緋桜が咲き、

ソメイヨシノ、八重桜、オオシマザクラ

桜が2か月間絶えないので

シーズン中はいつでも見頃なんです。

 

伊勢路の熊野古道という由緒と、

熊野灘のブルーと桜色の対比を

欲張って堪能できるおすすめの穴場です。

 

 

桜の花見では三重県の横山が穴場!


参照元:https://www.kanko-shima.com/

見頃:3月下旬~4月中旬

見所:野点イベントと合わせて風雅な花見

花見の時間:終日観覧可、3月下旬と中旬に1度ずつ週末桜まつり

料金:無料

住所:志摩市鵜方875-24

次にご紹介する三重県で

桜の花見ができる穴場は、

横山エリアです。

 

毎年、阿児町・横山エリアで

3月下旬から一斉に桜が咲き始め、

近隣の人たちがいち早い花見を

始めるのがこちらのスポット。

 

典雅な野点のイベントも行われて

古典的な花見を楽しむことができます。

 

3月末のさくらまつりでは、

名産のあおさを使った吸い物が振舞われ、

名物の牡蠣やさんまを使ったお寿司の

ブースも出ますので

目にもお腹にも満足な花見が可能です。

 

Sponsored Links

 

桜の花見では三重県の旭化成が穴場!


参照元:https://www.kankomie.or.jp/

見頃:3月下旬~4月中旬

見所:開放的な敷地内グランドで花見ピクニックが楽しめる

花見の時間:10時~20時

料金:無料

住所:鈴鹿市平田中町1番1号

次にご紹介する三重県で

桜の花見ができる穴場は、

旭化成ケミカルズ鈴鹿工場です。

 

三重県はコンビナート地域でもありますから、

立ち並ぶ広大な工場敷地内という

知られざる桜の穴場も隠れているんです。

 

こちらがその代表的なもので、

風雅な桜のトンネルをはじめ

大きなグランドの周囲の

300本の桜が一般公開となります。

 

お弁当を持ち込んでのピクニックに、

非常におすすめしたいスポットです。

 

 

桜の花見では三重県の始神峠が穴場!


参照元:https://www.kankomie.or.jp/

見頃:3月下旬~4月中旬

見所:熊野古道入り口を埋め尽くす山桜のカーテン

花見の時間:終日観覧可

料金:無料

住所:北牟婁郡紀北町三浦

次にご紹介する三重県で

桜の花見ができる穴場は、

始神峠です。

 

世界遺産熊野古道始神峠のふもと、

という霊験が溢れた

パワースポットでもあります。

 

その入り口に広がる湖畔に

むせかえるような桜の木々は、

神々しいような雰囲気さえ漂うもの。

 

芝がふんわり生えた平地なので

家族連れの花見ピクニックにも最適でしょう。

 

毎年3月下旬には桜まつりも催されて、

温かな春の寿ぎの雰囲気を

楽しむこともできますよ。

 

 

桜の花見では三重県の松阪公園が穴場!


参照元:https://www.kankomie.or.jp/

見頃:3月下旬~4月中旬

見所:城址公園の桜と江戸時代を思わせる武家屋敷の妙を楽しめる

花見の時間:終日観覧可

料金:無料

住所:三重県松阪市殿町1538-1

最後にご紹介する三重県で

桜の花見ができる穴場は、

松阪公園です。

 

国指定史跡で高台にあり、

ふもとに広がるかつての御城番屋敷や

国学者・本居宣長の生家を眺めつつの

美しく伸び広がる桜が見所のスポット。

 

広々している城跡の石塀に沿って

立ち並ぶ桜の木々は、

情緒たっぷりの姿を散策と共に楽しめます。

 

地元の方ぐらいが知るスポットなので

のんびり花見をしたい方にはおすすめの

静かな桜の名所ですよ。

 

Sponsored Links

 

桜の花見におすすめの持ち物は?

桜の花見は一種のアウトドアレジャー。

 

忘れたら現地調達とはいっても、

スポットが山中ではままなりません。

 

「あれ持ってくれば良かった!」

後悔がないおすすめの持ち物を、

以下にご紹介致しますね。

 

桜の花見ではレジャーシートがおすすめ!


最初にご紹介する桜の花見に

おすすめしたい持ち物は、

上記の厚手ピクニックマットです。

 

花見スポットにはご存知必需品ですが

山中のスポットならば、

厚手のものを意識して選ぶのが正解。

 

地面は芝が生えていても

湿気を蓄えていますので、

マット自体が時間経過とともに濡れて

快適な座り心地を失ってしまいます。

 

こちらは芯が入って水を通しません

折り畳むとバッグのように携帯しやすく、

レジャーに必携のおすすめ品ですよ。

 

 

桜の花見では虫除けスプレーがおすすめ!


次にご紹介する桜の花見に

おすすめしたい持ち物は、

上記のフマキラー スキンベープ

ミストタイプ UVカットです。

 

春先は虫たちも活発に

活動し始めます。

 

花見スポットでは気づかぬうちに

虫刺され、ということは稀ではありません。

 

こちらは服の上からスプレーできて

かつUVカットも兼ねてしまうという、

非常に画期的な虫除けスプレー!

 

これさえあれば強い日差しも虫も

なんのそので花見を堪能できますよ。

 

 

桜の花見ではアウトドアハットがおすすめ!


最後にご紹介する桜の花見に

おすすめしたい持ち物は、

上記の折り畳みアウトドアハットです。

 

春の日差しは思いのほか強く、

花見ピクニック中に日射病、という

リスクも毎年起こり得ています。

 

こちらのようにメッシュ材で

熱籠りを上手に避けながら

日差しをシャットアウトする帽子を

きちんと持っていきましょう。

 

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

 

いかがでしたか?

 

本記事では2019年のお花見におすすめの

三重県での桜の名所や穴場を、

一挙ご紹介してまいりました。

 

三重県は赤福や松阪牛、はまぐりと

古くから親しまれているグルメも多く、

お花見弁当のプラス1品にもおすすめ。

 

鳥羽水族館といったアミューズメントも

是非花見と合わせてプランに組み込み、

最高の春の一日を過ごしてくださいね!

 

以上、『三重県の桜の名所や穴場は?2019年の花見ができるスポットやおすすめの持ち物も!』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事