*

スキーで必要なものって?必須な持ち物やあったら便利なアイテムって?

冬の最大人気レジャーであるスキーは、

ウィンタースポーツ最古のものと言えるかもしれません。

 

昔は狩りの手段であったスキーですが、

紀元前の壁画には中国・ロシア、そしてノルウェーで

スキーをしている人たちが描かれているんです。

 

古代にスキーをしていた人たちの

持ちものやスタイルも気になるところですが、

現代はその頃とは環境も身体のつくりも違っているので

参考にしづらいのは必至ですよね。

 

そこで今回は改めて、本記事で基本から、

スキーに必要なものやあったら便利なアイテム

リストアップしなおしてみました!

Sponsored Links

 

スキーで絶対に必要なものって?

スキー上級者なら板やストックなど

マイグッズを持つのはいいけれど、

初心者はレンタルでいいと考えがちですよね。

 

でも、最近は10万円以下でスキー板なども

老舗メーカーからビギナー向けに、

使いやすいものをプロポーズしているんです。

 

やはり何事も形から入るのは大事ですし、

スキーに本腰を入れる気合のためにも

必要なものを揃えるのがおすすめです

 

スキーで絶対に必要なもの1:スキー板

まず最初にスキーで必要なものとして挙げるのは、

『これがなくては!』のスキー板です。

 

ハイシーズンはレンタルものすべてが出払って

借りられないという事態もあり得ます。

 

やはり自分のスキー道具は持っていると

テンションも違って上達速度も速いもの。

 

上にご紹介するSALOMON〔サロモン〕

スキー板X-RACE【金具付き・取付料無料】は、

代表的なスキーメーカ―・SALOMONの安定の1本としておすすめなんです。

 

ワールドカップレベルの機能搭載で、

どんなスノーコンディションやコースでも

高いグリップ力で滑りを楽しむことが可能です。

 

7万円台という驚きの格安も注目ですが、

手持ちのスノーブーツに合わせて

ビンディングも行なってくれるサービス付き!

 

ビギナーではわからない調整をプロにお任せできるので、

強くおすすめするものですよ。

 

 

スキーで絶対に必要なもの2:スキーストック

次にスキーで必要なものとして準備したいのが、

スキー板とは切っても切れないスキーストックですね。

 

上にご紹介するKERMA〔ケルマ )

スキーポール・ストックEXCLUSIVE PRO は、

手頃な価格でしっかり頑丈な設計

人気のスキーストックなんですよ♪

 

手に馴染みやすい絶妙なグリップと、

14mmの太さは安定感が抜群なもの。

 

初心者の最初の1本に適した

スキーストックとしておすすめですね。

 

 

スキーで絶対に必要なもの3:スキーウェア

上記で紹介するようなスキーウェア

もちろん必要なものとして用意すべきでしょう。

 

上のDESCENTE(デサント) スキーウェアDRA-7091F【上下セット】は、

スキーウェアで人気のブランド・DESCENTE新作モデルです。

 

軽くてあたたかく、かっこいい!と

いち早く目を付けた方のレヴューで、

機能性とおしゃれさはお墨付き。

 

近年の流行りのシンプルデザインですが

それだけにパウダーガードやアジャスターの袖口

絶妙に欲しい部分にあるポケットやパスケース収納など

使い勝手の良さがわかりやすいんです。

 

初心者の最初のスキーウェアにうってつけですよね!

 

 

スキーで絶対に必要なもの4:スキ―ブーツ

レンタルのスキーブーツもありますが、

自分の足にあったスキーブーツは必要なものです。

 

上記のロシニョール スキーブーツ

EVO 70 BLACK RED 初心者向けならば、

意外にスキー上級者でも感じやすい

「横幅がきつくて縦があまっている」という

スノーブーツの問題を解消している1足なんですよ。

 

3バックル仕様なのでとにかく快適で、

スノーブーツを履いていることすら忘れるくらい

足馴染みがよいものですよ。

 

Sponsored Links

 

スキーで絶対に必要なもの5:スキーインナー

ウェアの下に着る専用のインナーも、

必要なものでしょう。

 

上記に紹介している

パワーストレッチハイネックシャツ

ロングタイツセット 4色 BOXタイプは、

透湿性と保温性のバランスに優れたインナーです。

 

ウェアと合わせても汗による蒸れ知らずで、

快適なままで終日スキーを楽しめるでしょう。

 

ポリウレタンの伸縮性と気密性

スキーインナーとしてのみならず、

ジョギングウェアとしても使いやすい1枚になります。

 

 

スキーで絶対に必要なもの6:スノーヘルメット

安全性の面からもスノーヘルメットは必要なものですが、

スキーでのおしゃれは実はヘルメットにある、というのは

愛好者の中で知られている事実です。

 

上にご紹介している

アジアンフィット採用SMITH Maze

超軽量&低重心モデル 350g ヘルメット

シンプルでシャープなフォルムも美しく、

しっかり頭にフィットしてプロテクト力が高いと大評判なんです。

 

中にニット帽をかぶっても全く邪魔になりませんし、

マットなカラーバリエはファッション性も満足させてくれるもの。

 

ヨーロッパやアメリカの安全基準もパスしているため

プロも愛用している信頼の機能性と安全性を、

是非あなたのヘルメットとしてどうぞ。

 

 

スキーで絶対に必要なもの7:スキーゴーグル

雪による日光反射の紫外線

想像以上に強力なので、

目の日焼けを避けるために必要なものが

スキーゴーグルになります。

 

上記のタクティカルゴーグル

X400 黒フレーム 虹色レンズ ならば、

お子さんから大人まで幅広い年齢層で使えるもの!

 

楽天ランキング1位の評価を得ているだけあって、

真っ二つに折りたためる柔軟性と

視界が広く歪みがないというハイクオリティーが、

使い勝手の良さを証明しています。

 

長時間かけても疲れず、

パーフェクトなUVカット

曇りが出ないゴーグルとして、

雪山に是非持参していきましょう。

 

 

スキーで絶対に必要なもの7:スノーグローブ

普通のタウンユースの手袋では

長時間の雪山滞在に適していません

 

そこでスキーやスノーレジャー対応の、

スノーグローブは必要なものとなります。

 

上記のアシュラム エクワッグスレザー

リガースノーグローブ

トリガーフォルムのユニークなデザインが目を引くものですね。

 

細かい動作にも楽に対応できますし、

表面レザーが贅沢でおしゃれ!

 

しかも、インナーはゴアテックス素材なので水が浸透しません

 

渋いオリーブグリ―ン、ブラウン、マスタードイエロー

カラーバリエも雪に映えるものばかりですね!

 

各方面から最高峰のグローブとして

大評判のグローブですよ。

 

Sponsored Links

 

スキーであったら便利なアイテムは?

スキー道具はそのまま使えるというものでなく、

メンテナンスグッズが必要です。

 

サッと現地でも調整できるサイズのものがあると便利ですよ。

 

またスキーは全身運動なので

疲労も想像以上のもの。

 

スピーディーに糖分補給の

エネルギーチャージできるおやつを、

ポケットにしのばせておくのも助かります。

 

スキーであったら便利なアイテム1:ボードワックス

まず最初にご紹介するのは、

ガリウム 高機能オールラウンドワックス ジェネラルエフ WAX。

 

フッ素配合のスキーワックスでスプレー式のため、

初心者でもスキー板メンテナンスが楽にできるおすすめワックスですよ。

 

ポケットサイズなので現地で吹き付けて

即、高い滑走性を実感することが可能なんです。

 

現地携帯用にはこの小さいサイズで、

自宅でゆっくりメンテナンスを行うには

大きいサイズのセットをストックしておくと便利でしょう。

 

Sponsored Links

 

スキーであったら便利なアイテム2:ローラーブラシ

メンテナンス用品としてあると便利なのが、

上にご紹介するGALLIUM ガリウム ロトブラシ ナイロンハードです。

 

スキー板の下地作りのワックス塗布をスピーディーに行えると

評判が高いワックスブラシなんです!

 

幅広サイズで使いやすく、

格段にスキー板の状態がよくなるので

持っておいて損はありませんね。

 

 

スキーであったら便利なアイテム3:保湿リップクリーム

スキー場の低気温環境と強い日光

唇の極度な乾燥とひび割れを呼んでしまいます。

 

そこで必要なものがリップクリームなんです。

 

上にご紹介するニュートロジーナ

リップモイスチャライザー 4g

超乾燥肌でもしっかり潤って滑らかな唇を実現してくれる、

海外でも支持が高いリップクリーム。

 

ワセリンやミツロウ、ヒマシ油と、

たっぷり贅沢に保湿にマストな成分が配合されていますよ。

 

スキー用を機会に普段使いまで活躍させてみましょう。

 

Sponsored Links

 

スキーであったら便利なアイテム4:チューブ入りチョコレート

スキーはかなり体力を使う激しい運動ですし、

ただでさえ低気温の中では体温をキープするために

身体は必要以上の熱量を消費しています。

 

疲労回復のためにこまめな糖分摂取は必要でしょう。

 

そこで手軽に糖分を摂取できるおやつとしておすすめなのが

上記の非常食チューブ入りチョコなんです!

 

チューブ入りのスプレッドタイプなので

ウェアのポケットにしのばせておいて、

チューブ口から食べられる手軽さが便利ですね。

 

万一のコースアウトによる遭難

という緊急事態も想定して

備えあれば憂いなし、のチョコレートおやつ

持っておいてもいいですよ。

 

 

スキーであったら便利なアイテム5:ネックウォーマー

たとえスキーが汗をかくような冬のスポーツレジャーでも、

首元の保温は必要なものになります。

 

とりわけ吹雪など悪天候の際は

首元から顔まで隠れるくらいの

ネックウォーマーがあると便利なんです。

 

上記のロングマイクロフリース ネックウォーマー

ゆうゆう30㎝のロングサイズで

フェイスマスクも兼ねられるお役立ちアイテムなんです。

 

薄手のマイクロフリース素材なので気密性が高く

しっかり保温なのに、

ウェアを着た首元を厚みで圧迫することもありません

 

マフラーでは滑走時に他の人に絡まったりする危険があるので

是非ネックウォーマーを準備していきましょう!

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

スノボから入る人も多い昨今なので、

スキーも必要なものは一緒かと思いきや

微妙に持ちものが違う部分がありますよね

 

嵩張る系統の必要なものが多いスキーですが

そもそも“スキー”という言葉は、

ノルウェー語の「板」という意味なんです。

 

ですから、大型の必要なものがあるのは

原点からしてマストなこと。

 

大変でもマイグッズがあるほうが、

上達心や意欲の持ち方が違ってきますので

本記事を参考に準備をしてみて下さいね!

 

以上、『スキーで必要なものって?必須な持ち物やあったら便利なアイテムって?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑