*

ワカサギ釣りは北海道へ!おすすめや氷上でできるスポット、時期や持ち物とは?

冬の北海道のイメージは?と聞いたら

「雪!」と即答されるはず。

 

その雪がもたらす氷の下に、

絶品ワカサギの宝がザクザクなのが北海道なんです!

 

全域で氷上ワカサギ釣りができる

夢のような北海道おすすめワカサギ釣りスポット

ご紹介しましょう。

Sponsored Links

 

北海道でワカサギ釣りができる時期は?

北海道のワカサギ釣りは氷上ワカサギ釣りがメインなので、

結氷が始まる12月中旬から解禁が始まります。

 

ただしその頃はまだ氷が十分な厚みに達していないことも多く、

完全に安全性が確認できる1月上旬から3月下旬までが

北海道のワカサギ釣りハイシーズンと言えるでしょう。

 

さらに北海道のワカサギは太って大きいことでも有名ですが、

釣り場が貧栄養湖といって、産卵期までに

十分な栄養がないところが多く、

産卵せずに年を2年、3年越して生息していくので

旨味が凝縮されていくんです!

 

寒さがそれに拍車をかけますから、

味の点も重要視するなら2月頃に行くのがベストですよ。

 

 

北海道でおすすめなワカサギ釣りができるスポットは?

北海道でのワカサギ釣りのスポットの選び方ですが、

二次オプションの魅力にフォーカスするのもおすすめです。

 

温泉場やキタキツネとの遭遇が高い

ワカサギ釣りスポットもあるので

じっくり検討するのも楽しいですよね。

 

北海道のワカサギ釣りでは女満別湖がおすすめ!

住所:北海道網走郡大空町女満別湖畔

 

最初にご紹介する北海道のおすすめワカサギ釣り場は、

女満別湖です。

 

女満別空港があることで、

本州の他県からもワカサギ釣り好きが集まる

人気スポットなんですよ。

 

すぐ隣の網走湖と並んで

初心者から上級者まで等しく楽しめる、

釣りやすい場所と言えますね。

 

穴釣り用の竿から仕掛けまで

レンタルグッズも充実しており、

氷開けドリルに至っては無料貸し出しですが

客数の多さを考えると持参していくのがいいかもしれません。

 

ワカサギ体験ツアーも多数開催されていて

フォロー体制もばっちり♪

 

温泉ホテルが立ち並ぶ場所でもあるので、

ワカサギ釣りと温泉をセットで楽しんじゃいましょう!

 

※料金や解禁時期は年によって変更の可能性があるため、

必ず下記にてご確認下さい。

NPO法人 オホーツク大空町観光協会公式サイト

 

 

北海道のワカサギ釣りではかなやま湖がおすすめ!

住所: 北海道空知郡南富良野町字東鹿越かなやま湖畔

 

次にご紹介する北海道のおすすめワカサギ釣り場は、

かなやま湖です。

 

こちらはダム湖ですが遊漁料は無料で、

自然湖のような環境がエキサイティングだと

釣り愛好家に人気のスポット。

 

釣り具などレンタルしてくれる店が付近にありませんし

氷に穴を開けるのも自分でやる必要があります。

 

ワカサギ釣り慣れしていない方は

南富良野町でツアーを主催している会社に頼むと、

4000円ほどの参加料ですべてセッティングしてくれて便利ですね。

 

専用トイレを持っている会社もあるので、

とりわけ女性は助かるでしょう!

 

南富良野町振興公社サイト

※料金や解禁時期は年によって変更の可能性があるため、

必ず上記にてご確認下さい。

 

Sponsored Links

 

北海道のワカサギ釣りではサロマ湖がおすすめ!

住所:北海道常呂郡佐呂間町

 

次にご紹介する北海道のおすすめワカサギ釣り場は、

サロマ湖です。

 

1月上旬から2月下旬頃までと、

比較的短い限定期間での氷上ワカサギ釣りになります。

 

オホーツク海に面した汽水湖なので、

海のすぐそばで淡水魚のワカサギを釣るという

自然の神秘をダイレクトに感じながらの釣りは味わい深いもの。

 

そんなロケーションもあって

サロマ湖は海面という取り扱いになり、

漁協権の設定がないので遊漁料は無料です!

 

ただしそのため釣り具一式などの

レンタル店もありませんから、

全て持ち物を漏らさず準備していくように注意しましょう。

 

釣り上級者の方におすすめの穴場スポットですね。

 

※料金や解禁時期は年によって変更の可能性があるため、

必ず下記にてご確認下さい。

佐呂間町ホームページ

 

 

北海道のワカサギ釣りではチミケップ湖がおすすめ!

住所:北海道網走郡津別町字沼沢

 

次にご紹介する北海道のおすすめワカサギ釣り場は、

チミケップ湖です。

 

売店や釣り具一式のレンタル店はなく、

チミケップ川が育む原生林の中にひっそりたたずむ

自然そのものの氷上ワカサギ釣り場でしょう。

 

1月中旬頃から2月下旬頃の結氷を待って

氷上ワカサギ釣りが楽しめますよ。

 

2007年からは無料化していますし、

ワカサギのみならずヒメマスの聖地でもあるので

釣り愛好家の方にはたまらないでしょう!

 

※料金や解禁時期は年によって変更の可能性があるため、

必ず下記にてご確認下さい。

津別町公式サイト

 

 

北海道のワカサギ釣りでは大沼公園じゅんさい沼がおすすめ!

住所:北海道亀田郡七飯町西大沼

 

次にご紹介する北海道のおすすめワカサギ釣り場は、

大沼公園じゅんさい沼です。

 

大沼国定公園内で雄大な駒ヶ岳を望むロケーションに

静かにたたずむじゅんさい沼は、

ファミリーに人気の氷上ワカサギ釣り場なんです。

 

入漁料は600円で手ぶらでも貸し道具があるので心配ありませんよ。

 

また、薪ストーブを焚いたドームテントも設置されているので

お母さんと子どもはぬくぬくと氷上ワカサギ釣りを楽しみ、

お父さんは張り切って外で穴釣り、ということも可能ですね。

 

1月上旬から3月下旬まで毎日営業していますし、

じゅんさい沼のそば近くにある大沼・小沼でも

野趣あふれる氷上ワカサギ釣りを楽しめるので

コンパクトにたくさん楽しみたい方におすすめですよ!

 

※料金や解禁時期は年によって変更の可能性があるため、

必ず下記公式サイトにてご確認下さい。

大沼国定公園公式サイト

 

 

北海道のワカサギ釣りでは阿寒湖がおすすめ!

住所:北海道釧路市阿寒町

 

次にご紹介する北海道のおすすめワカサギ釣り場は、阿寒湖です。

 

年中、マリモを拝みに観光客が絶えない阿寒湖も、

冬の主役は氷結した湖面下のワカサギになります。

 

遊漁料は1000円ですが、

道具一式レンタルだと遊漁料込みで1500円なので、

観光も兼ねて身軽に行動したいなら

阿寒湖がおすすめですね。

 

道具をレンタルしたお店に釣果のワカサギを持ち込めば

天ぷらにしてくれるサービスもあるので、

是非利用してみましょう。

 

釣果が期待できる絶好ポイントは

宿泊客にアクセスのいい「温泉街正面」で、

こちらはもう一つの釣りポイントである

硫黄山川より解禁が少し早いのも要チェックですよ。

 

釧路・阿寒湖観光公式サイト

※料金や解禁時期は年によって変更の可能性があるため、

必ず上記にてご確認下さい。

 

Sponsored Links

 

北海道のワカサギ釣りでは糠平湖がおすすめ!

住所:北海道河東郡上士幌町字ぬかびら源泉郷

 

次にご紹介する北海道のおすすめワカサギ釣り場は、糠平湖です。

 

北海道の原生林の中にたたずむ大雪山国立公園内にある

氷上ワカサギ釣り場なんです!

 

釣り具一式や暖房具は基本的に自己準備ですが、

ワカサギが釣れるポイントは

駐車場からすぐの「五の沢」と「三の沢」なので、

車に近いと何かと便利で助かりますよね

 

2月からは事前予約でガイドも付いた

体験ワカサギツアーが始まるので、

ビギナーや家族連れはこちらで釣るのがいいでしょう!

 

ニペンツ山やウペペサンケ山といった

北海道の大パノラマを望みつつ

ワカサギ釣りをしていると、心もリフレッシュできますよ。

 

※料金や解禁時期は年によって変更の可能性があるため、

必ず下記にてご確認下さい。

上士幌町観光協会公式サイト

 

 

北海道のワカサギ釣りではおけと湖がおすすめ!

住所:北海道常呂郡置戸町

 

次にご紹介する北海道のおすすめワカサギ釣り場は、おけと湖です。

 

大雪山の原生林を抜けてきた

清らかな水が堰き止められてできたダム湖です。

 

例年12月下旬に氷厚検査が終わったら、

氷上ワカサギ釣りが解禁となります!

 

遊漁料は600円ほどですが

自然に任せられた環境なので釣り具や暖房具、

食べもの飲みものは一切、自分で支度していきましょうね。

 

ダム湖特有の太いワカサギが釣れるほか、

ニジマスを始めマス科の魚が針にかかることも!

 

おけと湖には太めの仕掛けを持っていく方が賢明ですよ。

 

※料金や解禁時期は年によって変更の可能性があるため、

必ず下記にてご確認下さい。

置戸町役場

 

 

北海道のワカサギ釣りでは網走湖がおすすめ!

住所:北海道網走市呼人

 

次にご紹介する北海道のおすすめワカサギ釣り場は、網走湖です。

 

毎年12月下旬から氷上ワカサギ釣りがスタートします。

 

網走湖と言えばマリモがすぐ思い浮かびますが、

ここは北海道一のワカサギ漁獲量を誇り、

全国の湖に放流されているワカサギは

網走湖産のものがほとんどなんですよ!

 

そんな環境から言うまでもなく

釣果はお宝ザクザク状態で、

100匹から200匹は当たり前なんだとか。

 

釣り具やテントはレンタルで完備なので、

防寒具だけをしっかりしていけば

存分に氷上ワカサギ釣りを楽しめますよ。

 

※料金や解禁時期は年によって変更の可能性があるため、

必ず下記にてご確認下さい。

網走市観光協会公式サイト

 

 

北海道のワカサギ釣りでは塘路湖がおすすめ!

住所:北海道川上郡標茶町塘路原野

 

次にご紹介する北海道のおすすめワカサギ釣り場は、

塘路湖です。

 

有名な釧路湿原国立公園の三湖沼のひとつで、

その氷上釣りの中でも釣果量と

美しい魚影で抜きんでているのが上記のスポットです。

 

湿原と原野の幻想的な光景北欧気分が味わえますよ。

 

遊漁料は1000円ほどで、

三湖沼のうちこの塘路湖だけは釣り具一式と

から揚げサービスもついた体験セットもあるんです。

 

家族連れや北海道氷上ワカサギ釣りビギナー

おすすめの場所でしょう。

 

標茶町の公式サイト

※料金や解禁時期は年によって変更の可能性があるため、

必ず上記の公式サイトにてご確認下さい。

 

Sponsored Links

 

北海道のワカサギ釣りに行く時におすすめな持ち物は?

北海道でワカサギ釣りに行くならば、

道具一式よりもとにかく

防風と防水、防寒対処できる持ち物が重要ですよ!

 

北海道のワカサギ釣りではボアクッションの持ち物を!

とにかく氷上ワカサギ釣りは、じっと座っての忍耐勝負

 

お尻や腰からしんしんと冷えてくるのが先か

ワカサギが針にかかるのが先かというぐらいなので、

折りたたみ式チェアにふんわりとした

ボアクッションを設置してゆったりした気持ちで待ちましょう。

 

上にご紹介するボアクッションならば

背とサイドの囲いがあり、

腰回り全体をボアが包み込むので

冷えやすい部分が完全にプロテクトされますよ。

 

自宅でも座椅子のように使用できますし、

軽くて携帯にも便利なのでおすすめですね。

 

 

北海道のワカサギ釣りでは発熱ねこ半纏の持ち物を!

風邪を引くと背中がゾクゾクと言うだけあって、

背中も保温が重要なパーツでもあります。

 

上にご紹介する発熱ねこ半纏は、

信濃の伝統的でユニークな背中のみの

ねこ半纏をアレンジして進化させたもの。

 

カイロを仕込んで集中的に背中を温めるので、

ワカサギ釣りでかがめた背中が

寒風に冷えることから守ってくれます。

 

インナーを何枚も着込むとかえって

血流を圧迫して冷えやすくなるので、

さらりとこれ一枚で対処するのがおすすめですよ!

 

 

北海道のワカサギ釣りではスパイクネオブーツの持ち物を!

近年は北海道ではなくとも、

例年は積雪がない都市部で記録的な大雪があることも。

 

問題は放射冷却による翌日の凍結道路ですよね。

 

それに備えたがっちり厚ゴムで

滑らないスノーブーツを持っておくと、

冬のアウトドアの行動範囲も広がります。

 

上にご紹介するダイワスパイクネオブーツは、

横にファスナーがついてるので脱ぎ履きが楽で

どんなに厚着してもブーツインできるところがおすすめ。

 

もちろん氷上ワカサギ釣りの現地や周辺路で、

道具を両手に持って氷上を歩いても

つるっと滑って転ぶことが絶対にない安定のグリップ感ですよ!

 

Sponsored Links

 

北海道のワカサギ釣りではスノーボードウェアの持ち物を!

北海道はスキーやスノボの場所にも事欠きません。

 

ワカサギ釣りも含め精力的に

遊びつくしたい方ならば、

一着ですべて対応可能のスキーウェアを是非!

 

上にご紹介する4WAY ウエスト調節機能付き

ストレッチスノーボードウは、

防水・撥水機能と適度な締め付け感が

雪や氷と縁のあるウィンターレジャーすべてに使用できますよ。

 

さらにデザインとカラーが

街着にもそぐうようになっているため、

ワカサギ釣りの後、札幌などで遊ぶ!

というアクティヴな予定も立てられておすすめですね。

 

 

北海道のワカサギ釣りではフライヤーズハットの持ち物を!

冬の北海道と言えば極寒の地、

本州ではちょっと大げさで気が引ける

ファーのついたマフや帽子も

氷上ワカサギ釣りでは実用として大活躍します。

 

上にご紹介するRothco 防寒帽子 フライヤーズハットは、

顔回りや頭部全体ファーが優しくくるむタイプなんです。

 

動物の毛は空気をたくさん含み、

体熱を逃がさずにキープして保温するメカニズム。

 

氷上ワカサギ釣りでこれを被って

キタキツネに遭遇したら、

仲間意識が芽生えそうなおすすめ防寒グッズですよ!

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

ワカサギ釣りは札幌市へ!おすすめや氷上でできるスポット、時期や持ち物とは?

11月は北海道へ旅行!イベントや気温、観光でおすすめなスポットは?

12月は北海道へ旅行!気温や服装、観光におすすめなスポットは?

1月は北海道へ旅行!イベントや気温、観光でおすすめなスポットは?

2月は北海道へ旅行!気温や服装、観光におすすめなスポットは?

冬の旬な魚の種類や価格帯、 おすすめの食べ方やレシピのランキング!

冬の旬の食材とは?魚や野菜、 果物、フルーツの食べ物ランキング!

グランピングのテントのおすすめは?販売やレンタルした時の価格も!

グランピングの持ち物リスト!女性や子供連れにおすすめな必需品とは?

いかがでしたか?

 

北海道での冬のワカサギ釣り

氷上であることもありますが、

とにかく本州では想像できない

大自然の規模の中でのレジャーです。

 

アドベンチャー気分でワクワクすること間違いなしですよね。

 

この冬は北海道ワカサギ釣りの冒険へいざ!

 

以上、『ワカサギ釣りは北海道へ!おすすめや氷上でできるスポット、時期や持ち物とは?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑