香ばしい香りに弾力がたまらない、

焼き鳥も屋台の人気フード

 

串ものなのでつまみやすく、

肉ですから食べ応えもあって

軽食としては完璧ですよね。

 

そんな焼き鳥も屋台となると、

かなり危ない食べ物に

カテゴライズされることも!

 

今回は焼き鳥は屋台で

食べてはいけない理由、

それらの口コミは本当かなどを

ご紹介していきます!

Sponsored Links

 

屋台の焼き鳥を食べてはいけない理由!

もうもうと立ちのぼる煙に

こんがり焼き色を見せていて

見るからに美味しそうな

屋台の焼き鳥ですが、

「食べてはいけない!」と

眉をひそめられることも。

 

その理由とはいったい何なのか、

以下にご紹介してみましょう。

 

屋台の焼き鳥は虫が張り付いている!


参照元:https://www.photo-ac.com/

最初にご紹介する屋台の焼き鳥を

食べてはいけないと言われる理由は、

虫が張り付いているからです。

 

夜の屋台は強い照明に誘われて、

羽虫や蛾などの小虫が寄ってきます。

 

それらが熱さから焼き器の上に落下して

焼き鳥の上に、というのは

よくあることなのです。

 

 

屋台の焼き鳥は上に汗が滴っているから!


参照元:https://www.pakutaso.com/

次にご紹介する屋台の焼き鳥を

食べてはいけないと言われる理由は、

焼き鳥の上に汗が滴っているからです。

 

夏の屋台ならば火を使わない屋台でも

販売者は汗をかいています。

 

火を使う焼き鳥のようなフードは

頭にタオルを巻いたりしていても、

顔から出る汗は止めようがありません。

 

焼き器の高熱にかがみこんでいる上に

調理や販売による動きも手伝って、

汗が知らず知らず商品の上に

滴ることは避けられません。

 

 

屋台の焼き鳥は鶏肉の品質がわからないから!


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する屋台の焼き鳥を

食べてはいけないと言われる理由は、

鶏肉の品質がわからないからです。

 

屋台の焼き鳥に使う鶏肉に、

国産で放し飼いの高くても安全な鶏を使う、とは

考えづらいでしょう。

 

できるだけ食材は大量に

安く仕入れることが基本ですから、

外国産の遺伝子組み換え飼料を食べた

鶏であることは極めて多いのです。

 

 

屋台の焼き鳥は調理具を洗っているところを見ないから!


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する屋台の焼き鳥を

食べてはいけないと言われる理由は、

調理具を洗っているところを見ないからです。

 

午前から夜まで出している屋台は、

店の休み時間なしに販売営業をしていますよね。

 

水を使えないということもあるので

当然、調理一切に使う用具は

よほどのことがない限り洗えません。

 

肉を扱った用具は

長時間の使用のうちに、

細菌が大発生している可能性が高いです。

 

Sponsored Links

 

屋台の焼き鳥は食材が冷蔵庫に入っていないから!


参照元:https://www.pakutaso.com/

次にご紹介する屋台の焼き鳥を

食べてはいけないと言われる理由は、

食材が冷蔵庫に入っていないからです。

 

殆どの食材がダンボール箱に

そのまま入っていて、

どんどん取り出して使うシステム。

 

戸外のことでもありますし、

たとえ夏でなくとも冷蔵庫になければ

食材は傷みが早くなります

 

 

屋台の焼き鳥は調理者の衛生状態がわからないから!


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する屋台の焼き鳥を

食べてはいけないと言われる理由は、

調理者の衛生状態がわからないからです。

 

屋台では基本的に、

保健所の定めるところにより

水の大量使用は禁止。

 

つまり手をこまめに洗いにくい

環境下なんですね。

 

景勝地の出店ではトイレも近くに

ないところが多いですし、

用を足してそのままの手で食材を、

という可能性は十分あります。

 

 

屋台の焼き鳥は埃や小さなゴミが付着しているから!


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する屋台の焼き鳥を

食べてはいけないと言われる理由は、

埃や小さなゴミが付着しているからです。

 

お祭り会場の人の移動によって、

少なからず小さなゴミや埃は

舞い上がっているものです。

 

それらが焼き鳥のグリルの

周りだけには落ちて混入しない、とは

考えにくいですよね。

 

 

屋台の焼き鳥は前日の残り物かもしれないから!


参照元:https://www.pakutaso.com/

最後にご紹介する屋台の焼き鳥を

食べてはいけないと言われる理由は、

前日の残り物かもしれないからです。

 

たとえお祭り初日であっても、

その屋台は前日に他の場所で

出店をしていることもあります。

 

ただでさえ保冷環境が

十分でないお祭り屋台。

 

前日に使いきれなかった食材や

既に焼き上げてしまっている残り物は、

もちろん次の日に繰り越して使います

 

傷んでいる焼き鳥を

焼くことで温め直し

提供している可能性が高いのです。

 

Sponsored Links

 

屋台で焼き鳥を食べて食中毒になった事例はある?


参照元:https://www.photo-ac.com/

屋台の焼き鳥の提供で

食中毒が出たという事例は、

今のところあがっていません

 

ただ個人個人で家に帰ってから

お腹を壊したり嘔吐してしまった、

というケースは、

存在している可能性はあります。

 

その時に大人ならお酒もかなり飲んでいたり、

もともとの体調具合などの

複合的要因も考えられるはず。

 

屋台の焼き鳥のみが悪いとは

言いにくい面もありますよね。

 

しかし夏の盛りであったなら、

食材が少なからず傷んでいて

お腹を壊す原因になったということは

十分ありえる話です。

 

 

屋台の焼き鳥を食べてハズレを引いた人の口コミは?


参照元:http://www.hokushinkakou.jp/

それでは屋台の焼き鳥を食べて、

あるいは作る過程を

実際に見て疑問を感じた人の

意見を見ていきましょう。

 

カラスに解凍中の鶏肉ムシャムシャ食われる→俺「あ、バイ菌とかヤバイんで捨てますね」→偉い人「焼けば問題ない、お前がその肉代払うなら別だが」

戸外での飲食取り扱いは、

当然こういうことは起こります。

 

カラス、ネズミが媒介する

ヒトに危険な菌が心配なところです。

 

おっさんの顔から首から汗が出て、作ってる食べ物の中に垂れてるんだよ…
それ目の当たりにして食べる事想像しただけで吐き気催す

 

お会計をした手でそのまま調理しているだけでわたしはダメです

屋台という狭いスぺ―スですし、

会計と調理担当が分かれていないのも

よくある話です。

 

衛生は完熟鶏肉や床味鶏肉どころじゃないだろ

 

タイなんかですでに焼いた「冷凍焼き鳥」を出していることも多い。店で焼いているように見えて、実際には「とかして」いるだけ

完全なる生ものは扱えないので、

上記口コミのような状態は事実。

 

加えて生肉は火が完全に通るまで

時間がかかりますし、

お祭り屋台で出されるのは

温め直しの味が落ちたものになります。

 

Sponsored Links

 

屋台の焼き鳥って保健所の許可はとってるの?


参照元:https://www.yakitoriki.com/

屋台の焼き鳥だけに関わらず、

お祭りやバザーなどのイベントで

屋台を出す場合には、

行政上の許可がなければ出店できません

 

このような屋台販売は臨時営業という

カテゴリーになります。

 

そのような施設で食品を

調理提供する際には、

食品衛生法で定められている

営業許可が必要とされるのです。

 

出店希望者が保健所に

申請用紙を提出した後、

その内容との照合のために

保健所立ち合いのもとで検査が行われます。

 

各自治体によって定められるところに

多少の違いはありますが、

基本的に材料を細かく切るなどの、

仕込みを屋台で行うのは禁止。

 

さらに屋台での調理の際に

大量の水を使用するものや、

提供直前に加熱処理ができないものも

NGとされています。

 

焼き鳥は加熱処理がなされますが、

確かに使用前の食材の状態

上述の許可条件から考えると、

雑菌の繁殖は気になるところ。

 

屋台の焼き鳥は保健所の許可を

きちんと取っているとはいえ、

このように少々危険は伴うのです。

 

お腹を壊しやすい方や

まだ免疫力が弱い子供が食べるのは、

少し考えた方がいいのかもしれません。

 

 

しっかりとした焼き鳥を出している屋台ってあるの?


参照元:https://www.youtube.com/

屋台の焼き鳥の衛生面が本当に

しっかりとしたものであるかどうか、

これは提供側にでもならない限り

判断が難しいところ

 

購入前にチェックするとすれば、

水道が近いところに露店がある、

食材をきちんと消費者から見える場所で

クーラーボックスで管理している、などでしょうか。

 

水道が近ければ販売者側も

まめに手洗いできていると考えられます。

 

よく売れている屋台というのも、

食材が置きっぱなしで

暑さや蒸れで悪くなったりや、

虫などが湧きにくい環境下であると

考えられるでしょう。

 

Sponsored Links

 

焼き鳥を食べてもOKな屋台はどんなところ?


参照元:https://www.yakitoriki.com/

大規模なイベントやお祭りでは、

どんな環境下、食材で

どんな人が作っているのかは

こちらから見えにくいものです。

 

したがって普段は屋台ものは

絶対に買わないけれど、

こういうところのものなら食べるという人の

例をまとめてみると共通項があります。

 

それは地元のお祭りや催し物など、

規模が小さく顔見知りがやっている

屋台で出されている焼き鳥です

 

作り手の顔も分かるため、

衛生面や食材の扱いに安心があるのです。

 

大きなお祭りでどうしても

食べたくて仕方がないから、

懸念される衛生面は忘れるしかありませんね。

 

Sponsored Links

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

<関連記事>

夏祭りの服装!高校の女子、男子別に浴衣以外の人気コーデをご紹介!

花火大会の持ち物リスト!デートや子供連れにおすすめなグッズとは?

浴衣でメンズから人気のブランドや2019年の通販でおすすめは?

浴衣でレディースから人気のブランドや2019年の通販でおすすめは?

夏のイベント、行事や記念日って?それぞれの意味や楽しみ方とは?

たこ焼きは屋台で食べてはいけない理由!汚いし虫や汗入り、腐ってるって知ってる?

イカ焼きは屋台で食べてはいけない理由!汚いし虫や汗入り、ほぼ腐ってるって本当?

夏の旬の食材とは?魚や野菜、果物、フルーツの食べ物ランキング!

お好み焼きは屋台で食べてはいけない理由!汚いし虫や汗入り、ほぼ腐ってるって本当?

屋台の焼きそばを食べてはいけない理由!汚いし虫や汗入り、ほぼ腐ってるって本当?

いかがでしたでしょうか?

 

本記事では焼き鳥は屋台で

食べてはいけない理由、

それらの口コミは本当かなどを

ご紹介して参りました。

 

お祭りの屋台の食べものは

ちょっと雑で混沌としているからこそ

楽しく美味しい、というのも事実です。

 

毎日食べるものではありませんし、

飲食業はレストランでも似た面は

あるものですから、

ナーバスになりすぎないことも大切です。

 

以上、『焼き鳥は屋台で食べてはいけない理由!汚いし虫や汗入り、ほぼ腐ってるって本当?』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事