お口に季節のはしりを届けてくれる

食べ物のひとつが山菜。

 

中でも春の使者として人気者が

フキノトウでしょう。

 

フキノトウは山菜の中でも

一番早い時期に採れるもの、

若い春の香りを存分に楽しめます。

 

今回はそんなフキノトウの時期、

そして関東と関西でフキノトウが

採れる場所から季節、

美味しい食べ方やお取り寄せ商品までを

ご紹介していきましょう。

Sponsored Links

 

フキノトウが採れる時期や季節って?

フキノトウの時期は春、ということは

何となく知られているかもしれません。

 

しかし春といってもいつ頃なのか、

正確な時期に関して

意外に認識は曖昧ではないでしょうか?

 

以下に関東と関西の2地域の、

フキノトウの採取時期をご紹介します。

 

関東のフキノトウの採れる時期は?


参照元:https://www.photo-ac.com/

フキノトウは雪の下で既に

生えいづる準備をしている山菜です。

 

そして雪解けの頃に顔を出し、

はしりの味覚となるんです。

 

関東では雪解けが2月頃から

一般的に始まるので、

これがフキノトウの旬の開始になります。

 

フキノトウは蕗のつぼみですから、

この部分が楽しめるのは3月頃まで

 

それ以降はバサバサとして

食感も楽しめませんし、

独特の香りも苦みもなくなっています。

 

関東のフキノトウの時期は

2月から3月、と覚えておきましょう。

 

 

関西のフキノトウの採れる時期は?


参照元:https://www.photo-ac.com/

関西地方で天然のフキノトウを

採取しようと思ったら、

1月頃の雪解けから見つけることができます。

 

フキノトウはおもに寒冷地、

関東以北からが産地ですから

あまり関西での生育環境は適していないとはいえ

野山で見つけることは可能です。

 

比較的これら産地より温暖なので

1月から見つけることができるんですね。

 

そこから3月いっぱいまでが最盛期

 

蕾が開ききっていて

地面からかなり高くなり始めていたら、

もう時期は終わりとみましょう。

 

Sponsored Links

 

フキノトウはどんな場所で採れるの?

山菜であるフキノトウ、

どんな場所で採れるかご存知ですか?

 

以下にご紹介していく

フキノトウが好む場所の

ポイントさえ押さえれば、

見つかりやすくなりますよ。

 

フキノトウが採れる場所1:常に水気を含んでいるところ


参照元:https://www.photo-ac.com/

最初にお教えする、

フキノトウが時期を迎えて採れる場所は

常に水気を含んでいるところです。

 

雪が残る頃であれば、

その周辺を探してみると

顔を出しているフキノトウが

見つけやすいでしょう。

 

すでに雪が引いてしまっているなら、

土がいつも湿っているような

場所を探してみましょう。

 

裏庭のほう、河原の水辺、

枯れ葉が積もっている下などで

大抵見つかるようです。

 

 

フキノトウが採れる場所2:風当たりが少ないところ


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にお教えする、

フキノトウが時期を迎えて採れる場所は

風当たりが少ないところです。

 

畑や田んぼ付近、山の林道、家の庭でも

何か風よけになるものの陰に、

フキノトウが隠れていることが多いのです。

 

これは他の山菜でも言えることですよ。

 

Sponsored Links

 

フキノトウが採れる場所3:日当たりが少ないところ


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にお教えする、

フキノトウが時期を迎えて採れる場所は

日当たりが少ないところです。

 

多くの山菜は日当たりを

あまり好みませんが、

フキノトウも例に漏れません。

 

野山に分け入ったら

なるべく奥深い場所で、

木の根元が鬱蒼としているところ

探してみましょう。

 

 

フキノトウが採れる場所4:蕗が生えていたところ


参照元:https://www.photo-ac.com/

最後にお教えする、

フキノトウが時期を迎えて採れる場所は

蕗が生えていたところです。

 

フキノトウは雪から顔を出した頃が

一番美味しいものです。

 

しかし雪に覆われた地面から

あてもなく探すのは難しいですよね。

 

そこでおすすめなのが、

夏のうちに蕗が生えている場所を

チェックしておくことです。

 

フキノトウは生育すると

夏には蕗になるので、

その場所を知っておけば

見当がつけやすくなりますよ。

 

Sponsored Links

 

フキノトウのおいしい食べ方は?

先にご紹介したフキノトウ

よく採れる場所がわかったら、

沢山集まったはずです。

 

今度は「こんなにたくさん

どうしよう?」の心配いらずな、

美味しいフキノトウの食べ方

以下にご紹介していきますよ。

 

あっというまに食べ尽くせてしまいます!

 

フキノトウの食べ方1:フキノトウの天ぷら


参照元:https://www.photo-ac.com/

最初にご紹介する、

時期を迎えたフキノトウの

美味しい食べ方のひとつは、

天ぷらです。

 

苦いものが苦手なお子さんにも

春の味わいを楽しんでもらえるのが、

この一番愛されるフキノトウの

料理法ではないでしょうか。

 

揚げることによって

余分な水分が蒸発し、

衣で旨味を逃がさないので

凝縮した濃い風味を味わえます。

 

片栗粉でカラリと軽い食感に仕上げると、

一層春らしい軽さと美味しさが

引き立ってきますよ。

 

 

フキノトウの食べ方2:フキノトウのオイル漬け


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する、

時期を迎えたフキノトウの

美味しい食べ方のひとつは、

オイル漬けです。

 

おしゃれな保存食品として

オイル漬けにすれば、

たくさんフキノトウを頂いたり

採れた時の処理方法として助かります。

 

一度ヴィネガーに漬け込んでから

オイル漬けにするのがおすすめ。

 

欧米ではアーティチョーク

このようなオイル漬けにして、

刻んだものをパスタと混ぜたり

サラダに入れたりするんです。

 

フキノトウで作ってみても

同じように美味しくできますし、

1年中好きな時に楽しめます。

 

Sponsored Links

 

フキノトウの食べ方3:フキノトウのお浸し


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介する、

時期を迎えたフキノトウの

美味しい食べ方のひとつは、

お浸しです。

 

フキノトウのふんわりした風味を

ダイレクトに活かせる調理法ですね。

 

ふっくらと出汁をしみ込ませた

フキノトウのお浸しは、

青臭さや土臭さもまろやかにします。

 

 

フキノトウの食べ方4:フキノトウの炊き込みご飯

参照元:https://www.photo-ac.com/


最後にご紹介する、

時期を迎えたフキノトウの

美味しい食べ方のひとつは、

炊き込みご飯です。

 

ごはんと炊き込むことで

アクや苦みが程よく抜け、

香り豊かな風味の立ちのぼりを

存分に楽しむことができます。

 

味噌で油炒めにしてから

炊き込むのも、

しっかりした味わいを引き出せて

おすすめの方法ですよ。

 

Sponsored Links

 

お取り寄せでおすすめなフキノトウは?

最後にはお取り寄せで

おすすめなフキノトウ

ご紹介していきます。

 

有名産地で厳選されたフキノトウで

早春の凝縮された香りとうまみを、

しっかりと堪能しましょう。

 

お取り寄せでおすすめなフキノトウ1


最初にご紹介する、

時期を迎えた美味しいフキノトウの

お取り寄せでおすすめなのは、

上記の会津産 朝取り天然ふきのとう500gです。

 

3月10日~4月15日頃の出荷、

要予約の新鮮さにこだわった

雪深い会津山地でのフキノトウ。

 

雪解け直後のまろやかな

苦みを蓄えたフキノトウ、

しかも朝採りをすぐにそのまま

送ることにこだわっています。

 

したがって泥付きのままですから

栄養分もうまみも調理直前まで、

そのまま大地に生えていた時同様に

しっかりキープされているんですよ。

 

ちょっと他では味わえない

一段上の格調高い春の息吹を、

是非味わってみて下さい。

 

 

お取り寄せでおすすめなフキノトウ2


次にご紹介する、

時期を迎えた美味しいフキノトウの

お取り寄せでおすすめなのは、

上記の北海道産ふきのとう400gです。

 

北海道の厳しい寒さの中で、

まるで磨き上げられたかのような

クリアな苦みが洗練された味わいの

フキノトウがこちらです。

 

ギュッと濃厚な旨味は、

フキノトウ味噌などの

こっくりした調理法でも

全く味わいが殺されません。

 

たっぷり400g入りなので、

フキノトウ味噌を長く楽しむ用に作ったら

ゆがいてお浸し、炒め物、味噌汁など

フレッシュな味わいを堪能しましょう。

 

 

お取り寄せでおすすめなフキノトウ3


次にご紹介する、

時期を迎えた美味しいフキノトウの

お取り寄せでおすすめなのは、

上記の朝採り天然ふきのとう

取れた日発送 1000g前後です。

 

新潟産で雪深い地域での採取のため、

4月から5月下旬まで

フキノトウの若々しいうまさが

楽しめるのがこちら。

 

朝採りの一番美味しい状態

提供することが重視されているので、

完全予約制なのが安心です。

 

雪が多いところで生えるので

アクやクセが殆どなく、

柔らかな舌触りと清々しい苦み

いくらでも食べられそう。

 

薄く衣をつけた天ぷら、

おひたしなどで頂くのがおすすめです。

 

 

お取り寄せでおすすめなフキノトウ4


最後にご紹介する、

時期を迎えた美味しいフキノトウの

お取り寄せでおすすめなのは、

上記の山形県産他 ふきのとう(1pk約80g) です。

 

こちらは一人暮らしの方にも

ちょうどいい食べきりサイズで、

傷みの早いフキノトウを

上手に消費しきれる量が嬉しいポイント。

 

山形をはじめとした東北の、

あちらこちらの産地ものを取り混ぜて

大きさも異なるミックスです。

 

つまり少しずつ色々な

フキノトウ料理を楽しみたい、という

欲張りなリクエストにぴったり!

 

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

いかがでしたでしょうか?

 

本記事ではフキノトウの時期、

そして関東と関西でフキノトウが

採れる場所から季節、

美味しい食べ方やお取り寄せ商品までを

ご紹介して参りました。

 

春は苦味、と言われますが、

その代表格の繊細な土の香りを

口中に運んでくれるフキノトウ。

 

蕾の開き具合によって

味わいも変化しますし、

食感も全く違いますから

多種多彩な食べ方を楽しめるんです。

 

時期も非常に短いですから

逃さないように気を付けつつ、

思う存分フキノトウを堪能して

早春を身体いっぱいに満たしましょう!

 

以上、『フキノトウの時期って?関東と関西の採れる場所や季節、食べ方やお取り寄せ商品も!』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事