まぶしいほど白いスニーカーは

足元のおしゃれの最たるもの。

 

そんなスニーカーもしばらく経つと、

アウトソールに黄ばみがどうしても

目立ってきてしまいます。

 

爽やか清潔が命のスニーカーのアウトソール

どうすれば嫌な黄ばみがすっきりと

取り切れるでしょうか?

 

今回はスニーカーソールの黄ばみを取って、

ゴムの部分を自分で簡単に真っ白にする方法を、

動画のやり方つきで7選ご紹介していきましょう。

Sponsored Links

 

スニーカーソールの黄ばみの取り方1



参照元:https://www.youtube.com/

上記動画ではクレンザーを使った

スニーカーソールの黄ばみ除去

説明されています。

 

台所の流しステンレス磨き用などに

クレンザーは必ず家にあるもの。

 

そしてクレンザーを付けたスポンジで

根気よくこするだけ、の

手軽さがいいですね。

 

ただ真っ白く仕上げるまで

2時間はかかるようなので、

根気よく時間が取れる時にしましょう。

 

黄ばみの取り方1で使うアイテム1:キッチンクレンザー


最初にご紹介するスニーカーソールの

黄ばみを取る時に使うアイテムは、

上記のキッチン泡ハイター ハンディスプレー です。

 

お馴染み台所漂白剤の

リキッドスプレータイプ。

 

シュシュッとスニーカーソールに

吹き付けた後に、

しばらく汚れを浮かして置いておくのも

作業の効率化にはおすすめです。

 

 

黄ばみの取り方1で使うアイテム2:スポンジ


次にご紹介するスニーカーソールの

黄ばみを取る時に使うアイテムは、

上記の台所用スポンジ抗菌タイプです。

 

スニーカーソールを

こするのに使いますが、

タワシ面がついているものを。

 

抗菌タイプなので使用後、

次に靴磨きをする時まで

清潔さを保ちやすいですよ。

 

 

黄ばみの取り方1で使うアイテム3:ビニール手袋


次にご紹介するスニーカーソールの

黄ばみを取る時に使うアイテムは、

上記のベルテプラテ831 PVC手袋

パウダーフリー です。

 

クレンザーから手を保護するために

手袋をはめます。

 

パウダーフリーならば

手が粉っぽくなりませんね。

 

普段の家の掃除でも

化学溶剤を使う時には、

手の荒れを防ぐために是非着用を。

 

 

黄ばみの取り方1で使うアイテム4:雑巾


次にご紹介するスニーカーソールの

黄ばみを取る時に使うアイテムは、

上記の激落ち マイクロファイバーぞうきんです。

 

磨き終わったスニーカーソールの

拭き上げに使う雑巾。

 

かすかに黄ばみが残っているなら、

マイクロファイバー雑巾で

仕上げの拭き磨きをすれば、

白さが増すはずです。

 

 

スニーカーソールの黄ばみの取り方2



参照元:https://www.youtube.com/

上記動画ではバイオレットブライトを使った

スニーカーソールの黄ばみ除去

説明されています。

 

アッパーソールは溶剤に

対応していませんから、

マスキングテープであらかじめ

溶剤が触れないように保護するのがポイント。

 

UVライトは女性ならジェルネイル用に

持っている方が多いと思いますが、

男性はソール手入れ用に購入するのも

検討した方が良さそうですね。

 

 

黄ばみの取り方2で使うアイテム1:バイオレットブライト


最初にご紹介するスニーカーソールの

黄ばみを取る時に使うアイテムは、

上記のバイオレット ブライト

アウトソール クリーナー です。

 

アウトソールの黄ばみを

日光を利用して浮かし、

強力に除去する溶剤がこちら。

 

クリアソールにも対応しているので

おしゃれシューズも綺麗に、

買ったばかりの美しさを保てます。

 

 

黄ばみの取り方2で使うアイテム2:UVライト


次にご紹介するスニーカーソールの

黄ばみを取る時に使うアイテムは、

上記のLED + UVネイルライト 6Wです。

 

女性のジェルネイルに使う

UVライトです。

 

ボックス型のものよりも

こちらのようにブリッジ型の方が、

靴に当てやすいのでおすすめですよ!

 

Sponsored Links

 

スニーカーソールの黄ばみの取り方3



参照元:https://www.youtube.com/

上記動画ではジェイソンマークを使った

スニーカーソールの黄ばみ除去

説明されています。

 

シューズのアッパー用に使う

有名なシューズクリーナーですが、

実はアウトソールにも使えることが

判明した好例ですね。

 

つまりシューズ全体に使えるので、

他の溶剤のようにアッパー保護のために

保護材を使う必要がないのがメリット。

 

全体を丸洗い感覚で一遍に

磨き上げられますよ。

 

 

黄ばみの取り方3で使うアイテム1:ジェイソンマーク


最初にご紹介するスニーカーソールの

黄ばみを取る時に使うアイテムは、

上記のジェイソンマーク

プレミアムシュークリーナー です。

 

レザー、キャンバスはもちろん、

スウェード、ヌバック素材の靴にも

使えてしまう万能クリーナー。

 

ボトルデザインもおしゃれなので

インテリアのアクセントにもなります。

 

 

黄ばみの取り方3で使うアイテム2:掃除ブラシ


最初にご紹介するスニーカーソールの

黄ばみを取る時に使うアイテムは、

上記のREDECKER レデッカー

お掃除ブラシ(混合繊維)です。

 

ドイツ生まれの実用性と

シンプルシックデザインを兼ねたブラシ。

 

しっかりコシがありつつも

適度なたわみも生むので、

スニーカーのすみずみまで

こすりあげることができます。

 

 

スニーカーソールの黄ばみの取り方4



参照元:https://www.youtube.com/

上記動画ではメラミンスポンジを使った

スニーカーソールの黄ばみ除去

説明されています。

 

水をつけたメラミンスポンジで

こすりあげていくだけ、なので

用意するものも少ないのが嬉しいですね。

 

メラミンスポンジはアウトソール以外にも、

様々なシミ・汚れ落としに威力を発揮し、

水しか使わないので傷み知らずなところも

おすすめなアイテムです。

 

 

黄ばみの取り方4で使うアイテム1:メラミンスポンジ


最初にご紹介するスニーカーソールの

黄ばみを取る時に使うアイテムは、

上記のメラミンスポンジ

キューブタイプ(40コ入) です。

 

水だけでほぼすべての素材の

どんな汚れも落とせるので、

人気のメラミンスポンジ。

 

こちらはちょうどいいサイコロ型で

使い捨てできますし、

大容量で常備用のお掃除グッズとして

非常に便利です。

 

Sponsored Links

 

スニーカーソールの黄ばみの取り方5



参照元:https://www.youtube.com/

上記動画では紙やすり・ネイルリムーバーを使った

スニーカーソールの黄ばみ除去

説明されています。

 

汚れや黄ばみがつくと奥まで入り込んで

なかなか落としにくい、

クレープソールでの実演なので興味深いですね。

 

クレープソールのみならず、

アウトソールが甚だしく黄ばみが目立つ場合、

1つの方法よりもこの動画のように

合わせ技にした方が、

より新品同様の白さに近づけるのではないでしょうか。

 

 

黄ばみの取り方5で使うアイテム1:紙やすり(120番)


最初にご紹介するスニーカーソールの

黄ばみを取る時に使うアイテムは、

上記の紙やすり(サンドペーパー)

120番×50枚です。

 

紙やすりは数字が大きいほど

目が細かく、

研磨材の数が多いのがポイント。

 

120番ほどの細かさならば

クレープソールのような

凹凸があるソールにも難なく対応します。

 

 

黄ばみの取り方5で使うアイテム2:ネイルリムーバー


次にご紹介するスニーカーソールの

黄ばみを取る時に使うアイテムは、

上記のコージー エナメルリムーバー

アプリコットの香り(220mL) です。

 

実は女性のマニキュア落としの

汚れ落としに関する威力は侮れず、

割とどんなシミ・汚れもクリアにする

万能溶剤なんです。

 

こちらはアプリコットの優しく柔らかい香りが

「いかにも溶剤で磨き上げました!」感を

思わせませんから、

黄ばみ除去が済んだ靴をすぐに履いて

お出かけすることも可能ですよ。

 

 

黄ばみの取り方5で使うアイテム3:コットンパフ


次にご紹介するスニーカーソールの

黄ばみを取る時に使うアイテムは、

上記のオーガニックセレナ

オーガニックコットンパフ200枚です。

 

ネイルリムーバーをアウトソールに

塗り付けて拭き上げるのに使います。

 

オーガニックコットンのパフは

繊維ほぐれが起こりにくいので、

ソールにふわふわ繊維がつかず

作業しやすいものとなります。

 

 

黄ばみの取り方5で使うアイテム4:台所洗剤


次にご紹介するスニーカーソールの

黄ばみを取る時に使うアイテムは、

上記のスピカココ 台所洗剤です。

 

最後の磨き上げに使うのが

台所洗剤。

 

こちらは無添加製なので

アレルギーや手荒れ問題とは皆無、

排水後は生分解して自然に馴染むので

エコロジー観点からも使いやすい洗剤です。

 

 

黄ばみの取り方5で使うアイテム5:たわし


次にご紹介するスニーカーソールの

黄ばみを取る時に使うアイテムは、

上記の山本勝之助商店 棕櫚 束子 柄付きたわしです。

 

たわしの硬さはハードソールを

しっかり磨き上げるのにぴったり。

 

亀の子だわしはスニーカーソール磨きでは

結構力を使う関係上、

手が痛くなりますから

柄付きのものでOKです。

 

Sponsored Links

 

スニーカーソールの黄ばみの取り方6



参照元:https://www.youtube.com/

上記動画ではBRINを使った

スニーカーソールの黄ばみ除去

説明されています。

 

簡単・継続しやすい・道具入手がしやすい、という

まさに求めていた観点からの

アウトソールの黄ばみ除去!

 

クリーナーで汚れを浮かし、

浮き切らない汚れはブラシでこすって

拭き取るだけの3ステップですから、

面倒くさがりな方でもこれなら続きますね。

 

 

黄ばみの取り方6で使うアイテム1:BRIN


最初にご紹介するスニーカーソールの

黄ばみを取る時に使うアイテムは、

上記のシューズクレンジングクリーナー BRIN です。

 

すべての素材に遠慮なく使える上に

2分で磨き上げと汚れ落としが終わる、

画期的なクリーナーです。

 

クリームやオイル加工された靴だと

艶出しの作用に一層磨きがかかって

顔が映るほどになると大評判です!

 

 

黄ばみの取り方6で使うアイテム2:歯ブラシ


次にご紹介するスニーカーソールの

黄ばみを取る時に使うアイテムは、

上記の歯ブラシです。

 

細かい部分のこすり上げに

必要となってくる歯ブラシ。

 

そうでなくとも家の掃除グッズとしても

かなり役立ってくれますから、

このように大容量パックを

常備しておくのがおすすめです。

 

Sponsored Links

 

スニーカーソールの黄ばみの取り方7



参照元:https://www.youtube.com/

上記動画では重曹を使った

スニーカーソールの黄ばみ除去

説明されています。

 

ハウスキーピングにも

何かと活躍する重曹。

 

アウトソールでは浸け置きだけで

黄ばみも靴の匂いもきれいさっぱり。

 

もし汚れが残っていたら

普通の石けんで磨き洗いすれば、

完璧にアウトソールの白さを取り戻します。

 

 

黄ばみの取り方7で使うアイテム1:重曹


最初にご紹介するスニーカーソールの

黄ばみを取る時に使うアイテムは、

上記のパックス 重曹Fです。

 

パックスの重曹は食用にも使えるので

安全性の高さが人気の商品。

 

身体に優しいということは

掃除用液剤として使用しても、

素材を傷めないということです。

 

大事なとっておきの靴のお手入れに

是非活用させてみて下さい。

 

 

黄ばみの取り方7で使うアイテム2:ウタマロ石けん


次にご紹介するスニーカーソールの

黄ばみを取る時に使うアイテムは、

上記の東邦 ウタマロ石けんです。

 

植物由来なのに驚くほど

強力に汚れが落ちる!と

今話題の石けんがこちら。

 

白を一層白くする、の

謳い文句通り、

頑固なスニーカーソールの黄ばみも

こすり洗いするだけですっきりです。

 

小さい子供さんがいて

食べこぼしや泥のシミが日常的、

というお宅には、

常備必須と言えるでしょう。

 

Sponsored Links

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

いかがでしたでしょうか?

 

本記事ではスニーカーソールの黄ばみを取って、

ゴムの部分を自分で簡単に真っ白にする方法を、

動画のやり方つきで7選ご紹介して参りました。

 

おしゃれなホワイトスニーカーも

ソールの黄ばみひとつで一気に、

爽やかな雰囲気が台無しになるもの。

 

黄ばみが落としにくくなる前に

こまめにお手入れしておくのが、

本当のおしゃれ上級者ですよ。

 

以上、『スニーカーソールの黄ばみの取り方!ゴムの部分を自分で簡単に真っ白にする方法7選!』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事