気が付くとベッタリしっかり、

くっついて欲しくないものに限って

密着しているのがガムです。

 

大人では気を付けていても、

道を歩いていてガムを踏んでしまうことは

よくあること。

 

一度くっついてしまうと

なかなか取れないので諦めるか、

除去に時間がかかってイライラするなど

本当にうんざりしてしまいます。

 

しかしするっと綺麗にガムが取れる方法、

実は結構あるんですよ。

 

今回はガムの取り方を5選、

服や靴の裏、床や車のシートに付いた時など

素材に合わせたベストな方法も

ご紹介して参りましょう。

Sponsored Links

 

ガムの取り方はどんな方法がある?

ガムの取り方、と一口に言っても

実はさまざまなアイテムを使う方法があります。

 

まずはどんな物を使うとガムが取れるのか、

以下にご紹介していきましょう。

 

ガムの取り方1:除光液を使う


最初にご紹介するガムの取り方に

おすすめな方法は、

上記のような除光液を使う方法です。

 

ネイルリムーバーもガムを取る

道具として使えるんです。

 

含まれている揮発性のアルコールが

ガムを溶かしてくれるので、

するっと取れるはず。

 

色付きのものが多いですから、

洋服地でも白や薄い色に対しては

使うのを避けた方が無難でしょう。

 

また十分に風通しのいい場所

作業を行うことも大切です。

 

 

ガムの取り方2:オレンジオイル洗剤を使う

クーポン配布中★ UYEKI スーパーオレンジ 泡タイプ 本体 消臭除菌 [オレンジオイル 洗剤 ギフト 掃除 液体洗剤 住居用洗剤 住居用 多目的 コンロ 換気扇掃除 換気扇 油汚れ キッチン シンク フローリング 風呂 ガラス 鏡 水垢 水垢取り 引っ越し 引越し ]

次にご紹介するガムの取り方に

おすすめな方法は、

上記のようなオレンジオイル洗剤を使う方法です。

 

キッチン周りの頑固で強力な油汚れを

根こそぎ落とせるオレンジオイル洗剤。

 

こちらもこびりついたガムの除去に

有効なアイテムだとご存知でしたか?

 

使い方も簡単で、

ガムがついている箇所に吹き付ける

ガムが溶けてくるのでそこを拭き取るだけ。

 

ガムが取れたら洋服なら洗濯し、

床や靴裏などはザッと水洗いしましょう。

 

手肌につく強力な薬剤で荒れますから

ゴム手袋をはめての作業がおすすめです。

 

Sponsored Links

 

ガムの取り方3:アルコールを使う

☆メルシャン MCフードスペシャリティーズエークイックプロ(除菌・消毒用アルコールスプレー) 500ml【常温】(送料別)

次にご紹介するガムの取り方に

おすすめな方法は、

上記のようなアルコールを使う方法です。

 

大体ご家庭の薬箱に入っている、

消毒用のアルコールでも

ガムは除去できるんです。

 

ガムがアルコールに親和して

溶けるような状態になってきたら、

そこを拭き取ればOKです。

 

アルコール純度が高いウイスキーや

焼酎などでも代用できますよ。

 

ただしその場合は他の成分の

匂いがついてしまいますから、

ガムが取れたら洗うなり

水拭きするなりしましょう。

 

 

ガムの取り方4:コールドスプレーなどで冷やす


次にご紹介するガムの取り方に

おすすめな方法は、

上記のようなコールドスプレーを使う方法です。

 

火傷を冷やしたりに活躍する

コールドスプレーも、

くっついてしまったガム除去に役立ちます。

 

まだ柔らかい状態のガムならば

コールドスプレーを吹き付け、

硬化させて布でつまめばとれるはず。

 

リノリウムの床、プラスチック、

靴の裏などの素材に対して

おすすめできる方法です。

 

コールドスプレーの冷却度は

凍傷にもなるくらいですから、

布地や革製品に対しては避けるのがベター。

 

この場合は氷や保冷剤などの

適度な冷たさを持ったもので、

ガムの除去を行なってください。

 

Sponsored Links

 

ガムの取り方5:塩を入れた氷袋を使う


参照元:https://youtu.be/

次にご紹介するガムの取り方に

おすすめな方法は、

上記画像のような塩を入れた氷袋を使う方法です。

 

ガムはゴムですから冷却すると

固く硬化する性質を持ちます。

 

硬化させれば剥がしやすくなるので

塩を入れて限りなく低温にした氷袋も、

ガム除去に有効なアイテムとなるんです。

 

保冷剤でもいいですしドライアイス

タオルにくるんだものでもOKですよ。

 

 

ガムの取り方6:サラダオイルを使う


参照元:https://www.irasutoya.com/

最後にご紹介するガムの取り方に

おすすめな方法は、

上記画像のようなサラダオイルを使う方法です。

 

油分はガムと親和性が高く、

柔らかくする性質を持っています。

 

小さい時にガムとチョコレート

一緒に口の中に入れて、

ガムが溶けてくるのを

体験したことはありませんか?

 

チョコレートも油分が多いので、

このような現象が起こるわけです。

 

ガムを除去するにはサラダオイル、

ベビーオイルなど香りがないものがベスト。

 

またシミを作りたくない衣類には、

使用を避けた方がいいですね。

 

Sponsored Links

 

シーン別のおすすめなガムの取り方!

さて、一通りガムの取り方の方法を

覚えたところで今度は実践です。

 

上記にご紹介したガムの取り方の方法は、

どんな素材に対して有効でしょうか?

 

服に付いたガムのおすすめな落とし方は?


参照元:http://www.leryam.com/

最初にご紹介していくのは、

服についたガムのおすすめな取り方です。

 

衣服の場合はまず塊でガムがついていたら

コールドスプレーや氷で冷やし、

おおよそのガムを剥がしとりましょう。

 

広がってついている場合は

ベンジンや焼酎などのアルコール度が

高いお酒を含ませます。

 

さらにガムがついている面を下にして

裏からもベンジンなどをしませ、

優しくたたくと後ろから取れてくるはず。

 

 

靴の裏に付いたガムのおすすめな落とし方は?


参照元:http://tpechewing-gum-2017.e-monsite.com/

次にご紹介していくのは、

靴の裏についたガムのおすすめな取り方です。

 

靴裏にガムがついてしまった場合、

歩いているうちに裏の凹凸にしっかりと

ガムが入り込んでしまうのが難ですよね。

 

大方は歩道の角に擦り付けて取ったとしても

奥に入り込んだガムは取り切れないもの。

 

まずはコールドスプレーを吹きかけたり

氷をあてたりして固まらせ

おおよそのガムを剥がします。

 

そのあと隙間に入り込んだものは、

サラダオイルやハンドクリームなど

油分系をたっぷりと含ませて

歯ブラシでかき出せば綺麗に除去できます。

 

 

床に付いたガムのおすすめな落とし方は?


参照元:https://www.duskin.jp/

次にご紹介していくのは、

床についたガムのおすすめな取り方です。

 

床にくっついたガムは、

最終的にはヘラなどで削りとります。

 

ただそのままヘラを当てても取れにくく、

床を傷めますので氷で固めてから行いましょう。

 

ちなみにヘラは床に対して

45度くらいの角度に当てると、

傷を付けずにしっかり底から

ガムがポロっと剥がれます。

 

 

カーペットに付いたガムのおすすめな落とし方は?


参照元:http://nakahara-tire.com/

次にご紹介していくのは、

カーペットについたガムの

おすすめな取り方です。

 

カーペットは毛足が長いので

ガムを下手に取ろうといじると、

広がったり絡まったして厄介です。

 

こちらも床同様にまずは氷や

コールドスプレーで固めます。

 

その後ヘラであらかた取れるはず。

 

その後布に除光液を含ませて拭き取れば

きれいになりますよ。

 

Sponsored Links

 

車のシートに付いたガムのおすすめな落とし方は?


参照元:https://www.photo-ac.com/

次にご紹介していくのは、

車のシートについたガムの

おすすめな取り方です。

 

まずは車のシートの素材を

確認しなければなりません。

 

布素材であったらカーペットと

同じやり方でガムを剥がすのがベスト。

 

革張りであったらまず大きなガムは

氷袋で固くしてから布でつまんで取り除きます。

 

そのあと乳化系のクリーム、

つまりハンドクリームなどで拭く

残りも綺麗に取れて跡も残りません。

 

 

革製品に付いたガムのおすすめな落とし方は?

参照元:http://kawaclinic.seesaa.net/

次にご紹介していくのは、

革製品についたガムのおすすめな取り方です。

 

革製品は先に車のシートで

ご紹介した革張りの時の方法と同じ。

 

くれぐれも油や除光液などの

アルコール系は使用してはいけません

 

シミができてしまうもとになりますよ。

 

 

プラスチックに付いたガムのおすすめな落とし方は?


参照元:http://www.leryam.com/

次にご紹介していくのは、

プラスチックについたガムの

おすすめな取り方です。

 

こちらはまず氷で冷やす、

油やクリームを塗る、オレン洗剤を使う、

除光液を使うなど全ての方法が可能です。

 

ただ表面がフラットな場合はいいですが、

ギザギザしていたりすると

目にも入り込んでいますよね。

 

その場合は油やクリームをつけて

歯ブラシでかき出すようにすればOKです。

 

 

髪の毛に付いたガムのおすすめな落とし方は?

参照元:http://www.leryam.com/

最後にご紹介していくのは、

髪の毛についたガムの

おすすめな取り方です。

 

お子さんが一番やりがちな

ガムのケースではないでしょうか?

 

髪が乾いている状態でサラダオイルを

キッチンペーパーなどに含ませたもので、

ガム部分を覆って少し置きます。

 

それからそのペーパーで髪を

引っ張るようにすると、

ガムはするっと取れてきます。

 

一度では取り切れない場合は

何度か繰り返せばちゃんと取れますよ。

 

Sponsored Links

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

いかがでしたでしたか?

 

本記事ではガムの取り方を5選、

服や靴の裏、床や車のシートに付いた時など

素材に合わせたベストな方法も

ご紹介して参りました。

 

ガムの取り方ひとつとっても

素材によってこれほどまでに方法があるとは、

かなり驚きだったのではないでしょうか?

 

小さいお子さんがいる家庭では

起こりがちなガムのくっつき、

除去にイライラしていた日々は

これでサヨナラ間違いなしですよね!

 

以上、『ガムの取り方5選!服や靴の裏、床や車のシートに付いた時などベストな方法も紹介!』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事