服を着るというのは、

人間にとって当たり前のことです。

 

有史以来、

日本は毛皮を持たない代わりに

様々な服を作り上げてきました。

 

そのうちで、

最も大きな分類といっていいのが

半袖と長袖です。

 

言うまでもなく、

長袖のものは防寒性が高く、

半袖のものは通気性が高いという特徴があります。

 

しかし、

「いつからいつまで半袖を着て」

「いつからいつまで長袖を着るのか」

ということは、科学が発達した現代社会においても

意外と悩みがちなことです。

 

そこでここでは、

長袖は、

いつからいつまで着ればいいのか

ということをまとめていきましょう。

Sponsored Links

 

春に長袖を着るのはいつからいつまで?

春は陽気に恵まれ、

段々と暖かくなっていく季節です。

 

いつからいつまで、ということもなく

日にちが進んでいくと

夏の足音が聞こえ始め、

一気に暑くなる季節でもあります。

 

そんな時期ですから、

ずっと長袖のままですと

暑くてくらくらしてしまいます。

 

よって、以下では

春の長袖はいつからいつまでが

適切なのかを紹介しましょう。

 

春の長袖は何月から何月まで?


参照: https://www.pakutaso.com/

春に長袖を

いつからいつまで身に着けるのか、

ということを考えたときに、

参考になるのは、肌寒く感じるかどうか、

という点です。

 

2月後半から3月初頭にかけては

まだまだ寒い場所が多いでしょうし、

長袖のままでいいでしょう。

 

そんな寒気が薄れ始めるのは、

いつからいつまでなのかといえば、

例年であれば、桜が咲き始める頃となっています。

 

よって、具体的には3月中盤~4月初頭頃までが、

長袖の出番ということになるでしょう。

 

とはいえ、

日本の気候は最南端と最北端で全く異なるので、

一概に3月になったら長袖の出番は終わり、

ということではありません。

 

いつからいつまで長袖を着るのか、

という問題において

重要なのは、

季節や時期ではなく、

自分が寒く感じるかどうか、ということなのです。

 

 

春の長袖は何度から何度まで?


参照: https://unsplash.com/

春の前は冬なので、

基本的に、春の最初の頃

長袖を身に着けることになるでしょう。

 

そう考えると、

春の間、いつまで長袖を身に着けるのか、

ということになります。

 

長袖が快適に感じる気温は、

およそ15度前後です。

 

20度を超えてくると、

いつからいつまでということもなく、

日射状況によっては汗ばんできて

長袖では不快な気持ちになってしまいます。

 

23度前後になってくると、

長袖ではとてもふつうに過ごすのも難しいでしょう。

 

以上の点から考えると、

いつからいつまで

長袖を着るのか考えると、

最適な春の気温は、

22度以下であると考えられます。

 

とはいえ、

個人によって気温の感じ方は違いますし、

その上、湿度や太陽光の状態によって、

体感温度は違ってくるので、

22度以下というのはあくまでも

目安だと考えてください。

 

Sponsored Links

 

秋に長袖を着るのはいつからいつまで?

秋という季節は、

いつからいつまで長袖を着るのか、

というよりも、

基本的に長袖を着る季節として

認知されていると思います。

 

しかしながら、

秋のはじめころは

残暑が厳しいこともあり、

いつからいつまで長袖を着るのか、

悩んでしまう方もいるでしょう。

 

そこで以下では、

秋にいつからいつまで

長袖を着るのかまとめましょう。

 

秋の長袖は何月から何月まで?


参照: https://www.pakutaso.com/

一般的に秋が

いつからいつまでなのかと考えると、

9月から11月をイメージするでしょう。

 

それを前提にして

いつからいつまで長袖を着るのか考えたとき、

多くの人は秋は長袖を着るもの、

と考えているかもしれません。

 

しかしながら、

秋と一口に言っても

いつからいつまでなのかも含めて、

地域やその年によって微妙に気候が異なるので、

必ずしも9月になると同時に

長袖にしなければないというわけではありません。

 

むしろ、

9月に入った当初は

少し汗をかく日も多く、

長袖では過ごしづらいことも

多いでしょう。

 

よって、いつからいつまで

長袖にするのか考えると

9月の中頃になるベストです。

 

もちろん、

北側の地域では気温が下がるのが

はやいので、

場合によってはもっとはやく

長袖を身に着けてもいいでしょう。

 

逆に、南の方の地域や、

気温があがりやすい地域では

逆にもっと遅く長袖を身に着けてもいいでしょう。

 

いずれにせよ、

いつからいつまで

長袖を着用するのかは、

お住まいの地域と場所の空気によって

微妙に異なるのです。

 

 

秋の長袖は何度から何度まで?


参照: https://www.pakutaso.com/

長袖をいつからいつまで着るか、ということを

考えたとき、最も明確な目安になるのは、

やはり気温でしょう。

 

9月の最低気温は20度、

最高気温は27度と、

温度計上で見るとそれなりに温暖です。

 

そう考えると、

9月の間に長袖は出番がないように感じるかもしれません。

 

しかし、

実際、この気温はあくまでも平均気温なので、

9月中盤あたりになってくると、

長袖を着用しなければ寒くなる時期が出てきます。

 

具体的には、

秋風に加えて、18度を下回ってくると、

半袖では寒くなってしまうでしょう。

 

ただし、

18度という基準はあくまでも

ひとつの基準でしかありません。

 

住んでいる地域の日照条件、

風がどれくらい吹いているか、

あるいは地理的な条件などから、

大きく変わっていきます。

 

よって、気温を参考にして

長袖を着るか否かの判断をするときは

数字自体はあくまでも参考にするにとどめましょう。

 

窓をあけて、

外の風が少し冷たいなと感じたのなら、

長袖の出番になるはずです。

 

いつからいつまで長袖を着るのか悩んだときは、

どんなものを参考にするにしても、

いつからいつまで、という固定観念にとらわれず、

実感を大事にすることが重要だといえるでしょう。

 

Sponsored Links

 

春に長袖を着るときの注意点やコツって?

春に長袖を着るときは、

コーディネート上でも、

快適な一日を過ごすためにも、

いくつか注意点が存在します。

 

以下では、春に長袖を着るときの

注意点や、コーディネートのコツを紹介しましょう。

 

春に長袖を着るときは素材に注意!


参照: https://unsplash.com/

押しなべて長袖といっても、

その材質は様々です。

 

簡単に分類しても、

厚手のものと薄手のものとでは、

その防寒性能は全く異なります。

 

よって、春先に長袖を身に着けるときは、

春のはじまりのころはある程度厚手のものを、

逆に春が深まってきた頃には

多少薄手のものを身につけるなど、

工夫をこらすといいでしょう。

 

 

春に長袖を着るときはボトムスは涼し気に!


参照: https://www.pakutaso.com/

春に長袖を着ると、

時期を問わず、少々長袖が

暑くなってしまうときがあります。

 

気温的には長袖が最適な気温だったとしても、

直射日光に長時間当たってしまったり、

動き回ったりすると、暑くなることがあるでしょう。

 

長袖はその際に腕まくりをすればいいのですが、

ボトムスはそうもいきません。

 

よって、暑くなりすぎないように、

ボトムスはあらかじめ涼しい恰好

しておくといいでしょう。

 

特に、春が深まって桜が咲き始めたら、

涼しいボトムスで外出するのがベストです。

 

 

春に長袖を着るときは色に気を付けよう!


参照: https://unsplash.com/

長袖の服は

コーディネートにおける

専有面積が大きくなりがちです。

 

よって、

適当な色を組み合わせてしまうと、

コーディネート全体の印象が

散らかってしまいます。

 

なので、

春に長袖を着るときは、

同時に着用するものとあわせて、

暖色のもの、寒色のもので統一すると

いいでしょう。

 

Sponsored Links

 

秋に長袖を着るときの注意点やコツって?

春に長袖を着るときと同様に、

秋にも長袖を着るときの注意点

コツが存在します。

 

以下では、

秋に長袖を着るときの

注意点等を紹介しましょう。

 

秋に長袖を着る際は体温調節をしっかりと!


参照:https://www.pakutaso.com/

秋は、

基本的に深まれば深まるほど

気温が低くなっていきます。

 

そのため、とりあえず長袖で外出する方が

多いかもしれませんが、

秋の初頭は急に暑くなることもあります。

 

初頭でなくとも、

様々な条件が重なって

急に暑くなるのは決して

珍しいことではありません。

 

よって、

寒いからといって長袖のみを着るのではなく、

体温調節が効くよう

脱いでも問題のない服を

インナーにするといいでしょう!

 

 

秋に長袖を着るときは厚さに注意!


参照: https://unsplash.com/

秋に長袖を着るときに、

気を付けるべきところは、

その厚さです。

 

というのも、

長袖の多くは厚さが微妙に異なり、

薄いか厚いかによって着用感が

全く異なるからです。

 

秋のはじまりのころは、

春用のものと兼用で問題ありません。

 

しかし、

秋が深まってくると、

春のものと兼用ですと、

かなり肌寒くなってきます。

 

よって、

秋の深まり具合にあわせて、

着る服の厚さに気を付けるといいでしょう。

 

具体的には、

秋の始まり頃には

着用する服を薄くして、

秋が深まるにつれて、

重ね着をしてみたり、

あるいは厚い服を着てみたりするといいでしょう。

 

 

秋に長袖を着るときは色に気を付けよう!


参照: https://unsplash.com/

春に長袖を着るときと同様に、

秋に長袖を着るときも、

その色に気を付けましょう。

 

秋になると、

春よりも、枯れ葉や落ち葉をイメージさせる

黄色や薄い赤色などが好まれる傾向にあります。

 

多くの人はそういったことを意識して

コーディネートをしてくるので、

基本的には、同様の色を意識すると

いいでしょう。

 

Sponsored Links

 

レディースにおすすめの長袖って?

長袖には色々なデザインのものがあり、

通販で買おうとしても悩んでしまうことが

多いと思います。

 

以下では、

そんなときのためにおすすめしたい

長袖の商品を紹介しましょう。

 

おすすめの長袖1


こちらの長袖シャツは、

薄手で汗を吸収してくれるシャツです。

 

春の後半や、

秋の初頭などに使うことができるでしょう!

 

おすすめの長袖2


こちらの商品は、

おすすめの長袖パーカーです。

 

生地はそれなりに薄手なので、

インナー次第では、

色々な時期に使うことができます!

 

 

おすすめの長袖3


こちらの商品は、

白無地のスマートなシャツです。

 

フォーマルな場でも、

問題なく使うことができるでしょう。

 

 

おすすめの長袖4


こちらの商品は、

秋の終わりごろから身に着けるのに

ぴったりな長袖です。

 

厚手かつ

ゆったりとしたデザインなので、

部屋着にもおすすめですよ!

 

Sponsored Links

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

<関連記事>

トレンチコートはいつからいつまで着る? 春と秋の目安になる気温や時期って?

ダウンジャケットはいつからいつまで着る?目安になる気温や時期を地域別に紹介!

ダウンコートはいつからいつまで着る?目安になる気温や時期を地域別に紹介!

ピレネックスの偽物の見分け方!コピー品の特徴や本物との違い、気をつけるサイトは?

タトラスの偽物の見分け方!コピー品の特徴や本物との違い、気をつける販売サイトは?

モンクレールの偽物の見分け方は?おすすめなダウンジャケットもご紹介!

ダウンはモンクレールを!レディースに人気なダウンをご紹介!

カナダグースの偽物の見分け方!コピー品の特徴や本物との違い、気をつけるサイトは?

2019年〜2020年の秋冬のトレンドカラーは?レディースの流行りやおすすめは?

2019年〜2020年の秋冬のトレンドファッション!レディースの流行りカラーや柄とは?

衣替えはいつから?2019年の秋では何月の時期がタイミングがいい?

長袖はいつからいつまで着るのか

ということについてまとめました。

 

長袖を着る時期に迷ったときは、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

以上、『長袖はいつからいつまで着る?春と秋の目安になる気温や時期って?』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事