ひとつの旅立ちの節目である卒業式は、

誰もが送る側と送られる側の

両面を何度か体験しますよね。

 

新しい世界へ飛び立っていく

先輩や恋人のための花束、

そしてお世話になった先生への

花束のセレクトは、

精いっぱいふさわしいものにしたいもの。

 

今回は最高の卒業式の花束には

どんなもの選べばいいか、

また金額はどのくらいが妥当なのか

ちょっと尋ねにくいポイントを

丁寧にご紹介です。

 

あなたの真心を映す花束は、

きっと卒業式を一層晴れやかに

飾ってくれることでしょう。

Sponsored Links

 

卒業式で贈る花束の価格相場は?


参照元:https://pixabay.com/

卒業式に贈る花束の金額相場は、

部活として先輩ひとりずつに贈るなら

500円くらいから1000円くらいまでの

ミニブーケがいいでしょう。

 

人数が多い部活ですと

ひとつに高額の花束は難しいですし、

ミニブーケならコンパクトで

持ちやすいので、

サイズ感もちょうどよくおすすめ。

 

卒業する側が担任の先生や

部活の顧問の先生に贈る場合は、

2000円から3000円くらいの予算で

みんなで一つ華やかなものを

贈るというのがベターでしょう。

 

恋人ならばやはり3000円くらい

学生として頑張れる予算ではないでしょうか?

 

恐らくプレゼントもつけると思いますから、

それと合わせても4000円から5000円

納めると無理がありませんし、

きちんと華やかで特別感がたっぷりの

花束を購入できるはずです。

 

卒業式で花束を贈るおすすめなタイミングは?


参照元:https://www.photolibrary.jp/

卒業式で花束を渡すタイミングは、

相手がどなたであれ

卒業式が終わって教室に戻る頃から

帰りまでのタイミングがベストです。

 

式典前ですと邪魔になって、

かえってご迷惑になることがあります。

 

ゆっくりご挨拶や話もあることですから

やはり放課後に職員室へ出向いたり、

先輩の教室へ伺うのが

気が利いたタイミングと言えます。

 

恋人でしたら帰宅後に

改めて会い直したタイミングや、

後日ゆっくりデートをしたときに

花束を渡すのもいいですよね。

Sponsored Links

 

卒業式で贈る花束のおすすめな種類は?

卒業式で贈る花束には

どんな花種を選べばいいのか、

ちょっと迷ってしまいますよね。

 

ハレの日にふさわしい

素敵な花束アイディアを、

以下にご紹介しますので

是非ご参考にどうぞ!

 

卒業式で贈る花束はガーベラがおすすめ!


最初にご紹介する

卒業式に贈るおすすめの花束は、

上記の花言葉”希望”ガーベラの花束です。

 

ビタミンカラーのイエローで

2種のガーベラを取り合わせた

ハーモニーとリズム感が

抜群の素敵な花束。

 

イエローのガーベラは

“希望”を意味しますので、

これから先も応援しますという

気持ちを込めた花束として、

卒業式には先輩や恋人への

はなむけに贈りましょう!

 

 

卒業式で贈る花束はメッセージブーケがおすすめ!


次にご紹介する

卒業式に贈るおすすめの花束は、

上記のメッセージカードプチブーケです。

 

生花ではなくペーパークラフトの

ブーケもしゃれていて、

素敵な卒業式の花束です。

 

ひとつずつの花に

メッセージをかき込めるので、

部活の先輩や先生への

寄せ書きも兼ねた花束プレゼントに

大変おすすめです。

 

彼氏・彼女へ愛情や感謝を

ひとつずつ連ねて渡すのも、

サプライズと思いの大きさが溢れた

卒業式の花束によいものです。

Sponsored Links

 

卒業式で贈る花束はチューリップとスイートピーがおすすめ!


次にご紹介する

卒業式に贈るおすすめの花束は、

上記のチューリップとスイートピーです。

 

キャンディピンクの弾ける元気カラーは

2大人気花種のフォルムとあいまって、

明るくエールを贈る卒業式にぴったり。

 

卒業を迎えた娘さんへの

親御さんからのプレゼント花束としても、

いいアイディアになるでしょう。

 

 

卒業式で贈る花束はピンクのバラがおすすめ!

生花 ソフトキャンディー・スイート系花束

次にご紹介する

卒業式に贈るおすすめの花束は、

上記のピンクのバラとガーベラです。

 

優しげでスウィートな

ピンク系のバラとガーベラを取り合わせ、

優美な華やかさが卒業式を彩るブーケです。

 

ピンクのバラは“温かい心”

意味しますから、

お世話になった先生や先輩、

そして贈る側の温かい心と

幾重にもハートフルな意味がこもる

素敵な花束になりますよ。

 

 

卒業式で贈る花束はイエローチューリップがおすすめ!


次にご紹介する

卒業式に贈るおすすめの花束は、

上記の黄色いチューリップの花束です。

 

こちらはシャープな花のフォルムが、

卒業の花束として男性にも

似つかわしいチューリップです。

 

黄色のチューリップは

“出発”を意味するので、

新しい門出の卒業式に

花言葉もぴったりですよね。

 

 

卒業式で贈る花束はカスミソウがおすすめ!


最後にご紹介する

卒業式に贈るおすすめの花束は、

上記のカスミソウブーケです。

 

脇役として使われることが

多いカスミソウですが、

ボリュームを持たせると

立派に主役を張れる華やかさです。

 

ふわっと優しいニュアンス

スプレー状の花に溢れて、

部活の女性先輩

彼女にもぴったりの卒業式ブーケ。

 

ドライフラワーにしても

アンティーク風なオブジェになりますから、

ずっと持っていてもらえますよ。

Sponsored Links

 

卒業式で贈ってはいけない花束の種類は?


参照元:https://www.irasutoya.com/

卒業式で贈るのを

避けたほうがよい花種は、

縁起担ぎであまり意味がよくないものです。

 

たとえば菊は高貴ですが、

死者への供物に供えられることが多いので

避けたほうが無難です。

 

また椿も豪奢ですが

「首が落ちる」と言われ、

花の落ち方が縁起がよくないものとして

昔から武家では避けられたもの。

 

他にはあまり気にすることはありませんが、

全体のカラー配色が

白や青、紫がメインですと

暗い印象になってしまいます。

 

卒業式は別れでもありますが、

未来や希望に向かっていくセレモニーなので

明るく華やかな色合わせを

意識するようにしましょう。

 

 

卒業式で花束と一緒に贈って喜ばれるものは?


参照元:https://pixabay.com/

卒業式で花束の他には

小さなプレゼントをつけるのが、

主流となっていますよね。

 

恋人や先輩には小さな文房具や雑貨を

選んでプレゼントすると、

実用性もあって喜ばれます。

 

お世話になった先生には

お菓子の詰め合わせのギフトが、

気を遣わせずに喜んでもらえるはずです。

 

プレゼントが無理ならば、

みんなで撮った集合写真を

おしゃれな額に入れて贈るだけでも

大変喜ばれるので心配いりません!

Sponsored Links

卒業式で花束と一緒に贈るメッセージカードの例文は?

卒業式では花束も心を表す

メッセージになりますが、

手書きでしたためたメッセージを添えると

一層華やぎと心が伝わるものになります。

 

節目のセレモニーだからこそ、

真摯に普段言えない温かい言葉

花束とともに贈りましょう。

 

卒業式で彼氏に花束を贈る時の例文!

【例①】 卒業おめでとう!

3年間あっという間だったけど、

○○(名前)と過ごした日々は

とても充実していて楽しかったよ。

これからも変わらず仲良くいようね。

 

【例②】 卒業おめでとう!

改めていつもそばにいてくれてありがとう。

これからは社会人になって

新しい悩みも出てくると思うけれど、

私に遠慮なく相談して支えにしてね!

卒業式で彼氏に贈るメッセージは

まずお祝いを寿ぐ一言を入れます。

 

二人の思い出も具体的に

懐かしみつつ、

これからの新しい環境や時間の中でも

変わらずにそばにいるよ、という

安心感を与えるメッセージが効果的です。

 

卒業は嬉しさと同時に

新しい世界に不安も抱えるもの。

 

彼女が大きな心で愛情を

見せてくれることが、

心強いエールとなるのです。

 

 

卒業式で彼女に花束を贈る時の例文!

【例①】 祝・卒業!そして受験お疲れさま。

お互い夢に向かってまた1歩踏み出したね。

離れていても心はいつも一緒だから、

会える日はお互い成長した姿を楽しみにしよう!

 

【例②】 卒業おめでとう、

そして改めて就職おめでとう!

働き始めたらなかなか

会えないかもしれないけど、

俺はいつも君の味方だから頼ってね。

これからもずっとよろしく!

卒業式で彼女に贈るメッセージは、

デリケートな女心を

安心させる文言を入れることがポイント。

 

卒業を機に離れてしまう

シチュエーションは多いものですから、

女性は特に二人の仲に不安を覚えがち。

 

いつでも頼って欲しい、と

男らしい気概を見せて、

力強く送り出すメッセージを!

 

 

卒業式で先生に花束を贈る時の例文!

【例①】 ○○先生へ

先生から学んだことは、

ずっと忘れない宝物です。

先生の教えを思い出して頑張りますので、

これからも心の先生でいて下さい。

本当にありがとうございました。

 

【例②】 先生の授業はいつも面白くて、

勉強嫌いの僕が唯一身を入れた授業でした。

○○に合格できたのは先生のおかげです。

どうかお元気でこれからもご活躍ください。

本当にお世話になりました!

部活や授業でお世話になった

先生への花束に添える

メッセージカードは、

具体的にお世話になったどのようなことが

自分に影響をどう与えたのか、を

書き記すと心にしみるものになります。

 

最後には先生のご健勝を祈りつつ、

自分も頑張ることを決意として

お伝えすると喜ばれるでしょう。

Sponsored Links

 

卒業式で先輩に花束を贈る時の例文!

【例①】 部活ではいつも先輩の

優しい気遣いや明るい笑顔で、

私たち後輩はみんな励まされてきました。

先輩がいなくなるのは寂しいですが、

今度は先輩のようになれるように頑張ります!

ご卒業本当におめでとうございます。

 

【例②】 ○○先輩、卒業おめでとうございます。

先輩がいつも△△してくれたこと、

困っていると必ずフォローしてくれたことは忘れません。

先輩はこれからもずっと私の憧れです!

卒業式でお世話になった先輩へ

花束に添えるメッセージカードですが、

一緒に共にした苦楽のエピソード

短く入れるとよいものになります。

 

部活ですと結束力が強いですから

先輩に支えてもらったこと、

教えてもらったことを

次の後輩へも伝えていく意思を述べると、

大変感激されるはずですよ。

 

 

卒業式で子供に花束を贈る時の例文!

【例①】 ○○(名前)へ

卒業本当におめでとう。

あなたがこの6年間頑張ったことを

お父さんお母さんが一番よく知っています。

これからも新しい出会いを大切に、

たくさんの学びを楽しんで下さい。

 

【例②】 ○○(名前)へ

卒業おめでとう!

ここまで大きく成長してくれたことは

親の私たちにとっても大きな喜びです。

いつもそばで応援しているので、

○○らしく羽ばたいて下さい。

お子さんへの卒業式の

花束に添えるメッセージは、

ここまで生い育ってくれたことの

感謝と嬉しさが欠かせないでしょう。

 

一番身近で悩みや喜びを

共有してきた家族ですから、

それを思い出として綴ると

子どもさんも感激ひとしおです。

 

またこれから先も近くで

ずっと見守っているという気持ち

書き添えると、

新しい環境へ飛び出していく子どもさんも

一層心強く安心するはずです。

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

 

いかがでしたか?

 

本記事では卒業式にふさわしい花束と、

それに添えるメッセ―ジ例

ご紹介しました。

 

先輩や先生など気が張る相手への

花束の金額相場もクリアになり、

安心されたのではないでしょうか。

 

卒業式の旅立ちは別れではなく、

またいつか新しく出会うための

幸せな節目です。

 

その日を心待ちにするべく、

ふさわしい花束を添えて

卒業式を温かく寿ぎましょう。

 

以上、『卒業式で花束を彼氏や、先輩や先生に渡す価格相場やタイミング、おすすめの種類とは?』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事