横浜市といえば中華街をはじめ、

様々な観光名所を備える有名な都市です。

 

首都が近いこともあって

多種多様な人々が集まり、

そして多様な施設が点在しています。

 

その中には流行のナイトプール

備えているスポットがあり、

まさに遊ぶのにはぴったりな

都市といえるでしょう。

 

ではそんな横浜市の中で特におすすめな

ナイトプールを備えたスポット

どこなのでしょうか?

 

ここでは横浜市とその近辺にある

ナイトプールを備えたスポット

紹介していきましょう。

Sponsored Links

 

2019年にナイトプールがある横浜市のスポットは?

横浜市は一般的な都市とは異なり、

首都がほど近いこともあって

ナイトプールスポットの選択肢は

それなりにあります。

 

ここでは横浜市で

特におすすめしたいナイトプール

紹介していきましょう。

 

2019年にナイトプールがある横浜市のスポット1

●日産ウォーターパーク


参照: https://www.nissan-stadium.jp/

日産ウォーターパークは、

多様な遊び方ができる水のテーマパークです。

 

施設の種類は20種類を超えており、

その多様な施設では

それぞれ異なる遊び方ができます。

 

昼夜問わず営業を行っているのも特徴的で、

ナイトプールで遊ぶだけではなく、

子供と一緒に遊ぶことができるのも

おすすめしたい理由のひとつですね!

 

夏場は営業時間を伸ばしており、

子供の少ない空間

ゆったりとした時間を過ごすことができます。

 

ただし、多くのナイトプールスポットとは異なり、

カメラ等の持ち込みが禁止されている点には

注意してください。

 

ただ、その分一般的なナイトプールと比べると

非常にリーズナブルになっているので、

長時間でも気軽に運動をすることができます。

 

ナイトプールのスポットは行きたいけれど、

出来る限りコストを抑えたいという方には

ぜひおすすめしたい場所ですね!

 

Sponsored Links

 

2019年にナイトプールがある横浜市のスポット2

●横浜ベイホテル東急


参照: https://ybht.co.jp/

横浜ベイホテル東急は、

みなとみらいに居を構えるホテルです。

 

4階にあるプールからは、

みなとみらいの夜景を一望することが可能で、

その落ち着いた雰囲気は

多くの人を虜にしています。

 

夜景を見ながら浸かるプールは

大変ロマンチックで、

男女問わずに感動を感じることができるでしょう。

 

なお、宿泊することによって

利用料金が半額以下になるので、

日帰りといわず余裕があるのなら

宿泊することでゆっくりと楽しむことが

できると思います。

 

子供の利用ができないので

大人だけの空間を

楽しむことができるのもポイントです!

 

 

2019年にナイトプールがある横浜市のスポット3

●ベイサイドマリーナホテル横浜


参照: https://travel-noted.jp/

ホテル内にあるこのスポットは、

海を一望できる位置に存在しています。

 

みなとみらいにあるホテルのため、

プールから船の出航を見ることも可能です。

 

幻想的な雰囲気でライトアップされたプールは、

まるで光の水を湛えているかのような印象で、

幻想的で大人な空気は、他のスポットには

なかなか見られないものになっています。

Sponsored Links

 

2019年に横浜市から日帰りでいけるナイトプールのスポットは?

先述した通り横浜市

東京にほど近いため、

行こうと思えば多くの選択肢を

見つけることが可能です。

 

ただ東京のナイトプールは

非常に数が多いため、

東京のものは有名なものに限って

紹介していきましょう。

 

横浜市から日帰りでいけるナイトプールのスポット1

●ヨネッティー王禅寺


参照: https://www.sportsoasis.co.jp/

川崎市のヨネッティー王禅寺では、

一年中温水プールを楽しむことができます。

 

とても広いプールで、

夜にも営業を行っているのが特徴的です。

 

値段も安く、軽い気持ちで

泳ぎにこれるのもおすすめしたい点といえます。

 

もちろんプールには

ジャグジーやウォータースライダーといった

定番施設が充実しているので、

飽きるということもありません。

 

出来る限り安く、

それでいて楽しい時間を過ごしたいという方には

おすすめしたいプールですね!

 

 

横浜市から日帰りでいけるナイトプールのスポット2

●ホテルニューオータニ


参照: http://www.newotani.co.jp/

全国でナイトプール営業を行っている、

「ホテルニューオータニ」の千代田区にある本店です。

 

多くのチェーン店を持っているだけあって

そのサービスは安定しており、

美しくライトアップされた水面、

南国風の装飾など、

まさにナイトプールの王道といえる場所といえるでしょう。

 

プールサイドでは、

有名DJが音楽を担当しており、

多くの人が大きな盛り上がりを見せています。

 

もちろん横浜から日帰りで行くのも簡単なので、

思い立ったらすぐに行ける点も魅力的ですね!

 

Sponsored Links

 

横浜市から日帰りでいけるナイトプールのスポット3

●京王プラザホテル


参照; http://www.keioplaza.co.jp/

新宿区の京王プラザホテルのプールは、

屋外プールになっています。

 

高層ビルに囲まれたプールは、

さながら天空のプールのようで、

写真撮影にも絶好のスポットといえるでしょう!

 

もちろん夜は最高の夜景を楽しみながら、

最高の空間を楽しむことが可能です。

 

ナイトプールには珍しく、

子供と一緒に入れる点も魅力的ですね。

 

家族でナイトプールを楽しみたいという方には

ぜひおすすめしたいスポットです。

 

新宿の高層ビルに囲まれながら過ごすひと時は、

他の場所では味わえない、

最高の体験を約束してくれるでしょう。

 

 

横浜市から日帰りでいけるナイトプールのスポット4

●品川プリンスホテル


参照: http://www2.princehotels.co.jp/

高層ビルの立ち並ぶオフィス街、

品川区に居を構えるプリンスホテルは、

そのサービスで大きな話題を集めています。

 

昼は子供たちが遊びまわるプールですが、

夜になると美しい光と水のショーがはじまるのです。

 

日本最高峰の接客技術を用いて

完成されたナイトプールの演出は、

まさに美しいという他なく、

写真を撮影すれば多くの人の注目を集めるでしょう。

 

「大人のためのプール」が欲しいと

考えている方にとっては、

まさにぴったりな空間になります。

 

時期によってはイベントを

行っていることもあるので、

もしこのスポットに赴くときは

ホテルの予定表を調べておくといいでしょう。

Sponsored Links

 

横浜市のナイトプールにおすすめの持ち物やアイテムは?

横浜市のナイトプールがある

スポットに赴くのなら、

ぜひ入念に準備をしたいところです。

 

準備を怠るとせっかくの

ナイトプールが楽しめない、

ということにもなりかねません。

 

そこでここでは、

ナイトプールを楽しむための

必携アイテムを紹介していきましょう!

 

横浜市のナイトプールには防水小物入れがおすすめ!


横浜市に限らず、

ナイトプールが存在するスポットには、

様々な形で売店が存在します。

 

そうした売店の中には、

そこでしか食べられないようなものから、

ちょっとしたお腹を満たすものまで、

食欲をそそるものがたくさん置いています。

 

しかしながら防犯の関係上、

プールサイドに小銭を置いておくのは危険ですし、

もちろん小銭入れを身に着けたまま

プールに入るわけにもいきません。

 

そんなジレンマを解決してくれるのが、

防水小銭入れです。

 

防水小物入れを使えば、

プールに入りながらでも

小物入れを身に着けることができるので、

安心してナイトプールを楽しむことができます!

 

 

横浜市のナイトプールには虫よけスプレーがおすすめ!


ナイトプールの中には、

夜景を利用した屋外プールも存在しています。

 

そうした屋外プールにおいて

困ってしまうのが、

光に吸い寄せられる羽虫です。

 

特に山中に居を構えるような

ナイトプールでは、

蚊や虻といった害虫が飛び回っています。

 

こうした害虫たちは、

非常にうっとおしく、せっかくの

楽しい気分を台無しにされかねません。

 

特に、虫刺されができるような虫は、

たかられてしまうと大変面倒です。

 

そこでおすすめしたいのが、

虫よけスプレーによる羽虫の予防でしょう。

 

ご紹介した商品は効果が高いため、

ぜひおすすめしたい商品です。

 

 

横浜市のナイトプールには浮き輪がおすすめ!


ナイトプールといえば、

光で彩られた水の上で浮かびながら、

おいしいものを食べたり、

写真を撮影したりするのが

一般的な楽しみ方です。

 

ただ、場所によっては

浮き輪のレンタルを行っていなかったり、

浮き輪のレンタルが有料だったり

することがあります。

 

また、シーズン中のナイトプールは人気が高いので、

特に横浜市のような首都圏に近いスポットは、

レンタル用の浮き輪がなくなってしまうことも

少なくありません。

 

その場合、

せっかくのナイトプールを

存分に楽しむことが

できなくなってしまうでしょう。

 

よって、ご紹介したような

自分の浮き輪を持っておくことで、

万が一レンタルができない場合でも、

安心してナイトプールを楽しむことができます。

 

自分の体格にあわせた浮き輪を準備しておけば、

レンタルした浮き輪がいまいち合わない、

なんてこともありません。

 

 

横浜市のナイトプールでは防水スマホケースがおすすめ!


ナイトプールの楽しみ方のひとつといえば、

美しい光のショーを写真に納めることです。

 

しかし、プールに入りながら写真を撮影したのと、

プールの外側から撮影したのでは、

その迫力は雲泥の差といえます。

 

よって、プールの中からでも撮影ができるよう、

カメラ撮影も可能な

防水スマホケースを用意しておきましょう。

 

横浜市のナイトプールにはラッシュガードがおすすめ!


ラッシュガードとは、

羽織るようにして

着用することのできる服のことです。

 

本来、これはUVカット用のものですが、

ナイトプールにおいては

むしろ真逆の理由で必要になります。

 

というのも、夜のプールは

真夏といえども意外と肌寒くなることがあり、

特にプールサイドにあがって椅子の上でしばらくいると、

寒いと感じることも多くなるのです。

 

そこで、こうしたラッシュガードなどをもって、

身体を少しでも温めるようにしましょう。

 

Sponsored Links

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

<関連記事>

ナイトプールがある福岡県のスポット2019!日帰りでいけるスポットやおすすめ持ち物も!

ナイトプールがある名古屋のスポット2019!日帰りでいけるスポットやおすすめ持ち物も!

水着と合う髪型!男ウケがいいレディースのショート、ミディアム、ロングとは?

水着の人気ブランド!2019年のレディースの流行りやおすすめとは?

夏のメイクで2019年のトレンドややり方って?流行りメイクをするためのおすすめ道具も!

海やプールのメイク!おすすめや落ちない眉毛、つけまのやり方は?

海やプールでの髪型!水着に合うショート、ミディアム、ロングは?

水着の流行り!2019年のレディースのトレンドのブランドや形、色や柄別にご紹介!

水着で男ウケがいいのは?2019年の流行りのデザインや色では何がいい?

夏旅行はカップルで!国内や海外のおすすめをランキングでご紹介!

横浜市でナイトプールを

楽しむことのできるスポットは、

どのスポットもお客様が

十分に楽しめる工夫を行っています。

 

数が多いため、どのスポットも

自分なりの色を出そうとしているのです。

 

もしひとつの施設に行ってみて

楽しいと感じたのなら、

別の施設をはしごしてみるのも

面白いかもしれませんよ!

 

以上、『ナイトプールがある横浜市のスポット2019!日帰りでいけるスポットやおすすめ持ち物も!』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事