暑い夏のレジャーやデートには

断然、海かプールがいいですよね。

 

子どもが少なくて景色が良くて、

なるべくなら家から近い場所がいい。

 

雨はもちろんイヤだけど日焼けもイヤ、

少し曇っていた方が嬉しい・・・などなど、

贅沢を言い出したらキリがありません。

 

そういう欲張りさんたちには、

ナイトプールをおすすめします。

 

交通の便の良い東京や関東周辺にあり、

会社帰りの利用も可能。

 

ファミリーが少なめなので、

恋人や友だち同士で思いっきりリラックスできます。

 

ナイトプールはどこもおしゃれなので

SNS映えすること間違いなし!

 

そこで今回は、

東京をはじめ関東のナイトプールをご紹介します。

 

ナイトプールに持参したい

便利な持ち物もあわせてご紹介しますので、

参考にしてくださいね。

 

※ 営業時間、ご利用料金等は変更になる可能性があります。

あらかじめ、公式サイトをご確認の上、お出かけください。

 

Sponsored Links


 


関東のナイトプール1

●ホテルニューオータニ(東京都)


参照元URL:https://travel.rakuten.co.jp/

住所:東京都千代田区紀尾井町 4‐1 

期間:2019年7月~9月

時間:18:00~22:00(最終入場21:00)

料金:宿泊客2,000円、一般8,000円(平日)

宿泊客2,000円、一般10,000円(週末・お盆)

公式HP:ホテルニューオータニ東京HP

※ 子供料金、会員料金、レディースデーなどの

細かい料金設定がありますので公式HPをご参照ください。

 

少々高めではありますが、

それだけの価値はあると評判の

ホテルニューオータ二東京のナイトプール。

 

広大な日本庭園に囲まれ、

夏の暑さを癒してくれるガーデンプール

 

ナイトプールは月曜日から土曜日まで毎日オープンしており、

終末にはプールサイドで人気DJがBGMを演奏してくれます。

 

大都会、東京・紀尾井町のリゾート空間。

 

東京にいることを忘れてしまうような

「ひととき」となることでしょう。

 

 


関東のナイトプール2

●グランドニッコー東京 台場 グランブルー(東京都)


参照URL:https://womenshealth-jp.com/

住所:東京都港区台場2-6-1

期間:2019年7月~9月

時間:16:00~21:00(トワイライト・最終入場20:00)

料金:宿泊客2,600円、一般4,000円(平日)
   宿泊客2,600円、一般6,000円(土日祝・お盆)

公式HP:グランドニッコー東京 台場HP

※ 子供料金、会員料金などの細かい料金設定があります。

公式HPをご参照ください。

 

ゆりかもめの台場駅直結の

便利な場所にある東京のナイトプールは

午前中10時からの営業になりますが、

トワイライトタイムの利用がお得です。

 

夕方6時以降の利用は16歳以上のみとなりますので、

大人同士でリラックスしたい方にはおすすめですね。

 

東京のお台場のロマンテックな夜景が見られると

評判のナイトプールです。

 

レインボーブリッジが見渡せますよ。

 

 


関東のナイトプール3

●西武園ゆうえんち ザ・パーティーナイトプール(埼玉県)


参照元URL:https://hanabi.walkerplus.com/

住所:埼玉県所沢市山口2964
期間:2019年7月~9月
時間:16:00~21:00(最終入場・営業終了時間の45分前)
料金:2,100円(おとな)
   1,100円(3才~小学生・60才以上)

公式HP:西武園ゆうえんちHP

※ プール入場+遊園地入園込みの価格です。

 

3本の光るスライダーで有名な西武園ゆうえんち

 

ナイトプールならではの醍醐味ですね。

 

プールを取り巻く色とりどりのライトが

幻想的な雰囲気を醸し出します。

 

スライダーとともに、

そびえ立つ観覧車もフォトジェニックです。

 

遊園地のプールはホテルのプールとはまた

別の魅力がありますね。

 

なんといっても広くて開放的なのが魅力の一つ。

 

17時以降、中学生以下のお客さまのご利用は

必ず保護者(16才以上)の同伴が必要ということですので、

ご注意ください。

 

こちらのナイトプールの営業日は変則的で

すてきなゲストが来る日もありますので、

出かける前に、スケジュールと営業日カレンダーは

必ずチェックしてくださいね。

 

Sponsored Links

 


関東のナイトプール4

●よみうりランド  プールWAI(東京都)


参照元URL:https://hitosara.com/

住所:東京都稲城市矢野口4015−1
期間:2019年7月~9月
時間:17:30~21:00(ラ・ピシーヌナイトビュッフェ)

料金:4,200円+プール入場料500円(男性)
   3,500円+プール入場料500円(女性)

   2,500円+プール入場料500円(小学生以上20歳未満)

公式HP:よみうりランドHP

※ ビュッフェは2時間制(飲み放題・食べ放題)になります。
※ ナイトプールのみのご利用は1,500円となります。
※ 未成年のみでのご利用はできません。

 

ちょっとした大人の贅沢」がコンセプトの

東京、よみうりランドナイトプールビュッフェ

 

プールでビアガーデンも楽しめるのは嬉しいですね。

 

心地よい音楽とライトアップされたナイトプールで、

南国ムードを満喫できそう。

 

雨の場合でも屋根のあるスペースを使え安心です。

 

日替わりでフラダンスなどのショーがあるので、

何度訪れても飽きませんね。

 

ナイトプールビアガーデンは、

土日とお盆を中心に営業していますが、公式サイトで

確認の上、お出かけください。

 

 


関東のナイトプール5

●カリビアンビーチ(群馬県)


参照元URL:https://pass-me.jp/

住所:群馬県桐生市新里町武井693番地1
期間:通年(2月以外)定休日は木曜日
時間:10:00~21:00(最終入場20:00)

料金:大人510円、小中学生300円(平日)
   大人820円、小中学生500円(土日祝・ハイシーズン)

公式HP:カリビアンビーチHP

※ 団体割引や会員料金、回数券などがあります。

公式HPをご参照ください

 

こちらは関東最大級の屋内温泉プールです。

 

関東にいながらカリブの国々のように

一年中常夏リゾートを楽しめると

いう意味から名付けられた名前だそう。

 

こちらの施設は夜9時まで営業しているのが特徴。

 

夜の7時30分からは、「波のプール」に大きな波が立つので、

ボディボードを楽しむ仕事帰りの若者が立ち寄るそうです。

 

公共施設なのに一味も二味も違う温水ナイトプールですね。

 

2月以外は通年営業しているのも嬉しいポイントです。

 

 


関東のナイトプール6

●元町公園プール(神奈川)


参照元URL:https://asobii.net/

住所:横浜市中区元町1-77-5
期間:2019年7月~9月
時間:18:00~21:00(最終遊泳20:50)
料金:300円(1時間)
公式HP:元町公園プール

 

午前中9時から営業している公園プールが、

夕方6時からも「ナイター営業」をします。

 

露出の多い水着を着用した方の利用は

できないということなのでご注意ください。

 

こちらの魅力はなんといっても1時間300円という安さ。

 

お得な回数券も販売されていますので、

ぜひ公式サイトでご確認くださいね。

 

華やかな照明も人工の波もありませんが、

一部コースを区切って回泳用のエリアを設けているとのことで、

泳ぎの練習をしたい方には特におすすめのナイトプールです。

 

関東の、しかも東京周辺で、

しっかり泳げるナイトプールがあるのも嬉しいですね。

 

Sponsored Links

 


関東のナイトプールにおすすめの持ち物は?

東京や関東周辺のナイトプールは

インスタグラムに載せる写真の絶好の

撮影スポットでもあります。

 

また、昼間のプールよりは

少し肌寒さを感じる方もいるかもしれませんね。

 

そんなナイトプールに持っていくおすすめのアイテムを

集めてみましたので参考にしてみてくださいね。

 

関東のナイトプールでは光るスマーフォン防水ケースがおすすめ!

iPhoneやXperia、Galaxyなど

ほぼ全てのスマートフォンに対応する防水ケース

 

裏面は全面クリアなので、

機種を問わずカメラの使用ができるとのことですので、

写真撮影の機会の多いナイトプールでは重宝ですね。

 

コインや鍵も入れておけますので、

ナイトプールや海、フェスなども手ぶらで楽々

 

もちろん、濡れた手で操作が可能です。

 

ケースの周りには蓄光素材を使用し(ブラック以外)、

蛍光灯などの光をあてると暗闇でほのかに光りますので、

ナイトプールでは目立つこと間違いなしですね。

 

もちろん、自宅のバスルームでもお使いいただけます。

 

 

関東のナイトプールでは光るうきわがおすすめ!

→楽天市場で『人気のうきわ』を探す←

これはもう、

ナイトプールのためのグッズともいえるでしょう。

 

インスタ映え抜群の光るうきわです。

 

ソファーのように横たわることもできてリラックス度満点!

 

24色のLEDが点滅するというから、

ナイトプールでは注目の的ですね。

 

 

→楽天市場で『人気のビーチボール』を探す←

ご一緒に光るビーチボールもいかがでしょうか?

こちらは少し小さめですので、

人気のナイトプールでも気を遣う必要はありません。

 

ただし、浮き輪やビーチボールの持ち込みが

禁止されているナイトプールもあるようですので、

あらかじめ公式HPやお電話で確認してくださいね。

 

 

関東のナイトプールでは水着+レースアウター2点セットがおすすめ!

→楽天市場で『人気の水着』を探す←

太陽が燦燦と輝く昼間のプールとは違い、

真夏とはいえ少し肌寒く感じるのがナイトプールですね。

 

こちらの水着は大人っぽい総レースのアウター付き、

腰の部分が少し開いているので着やせ効果があります。

 

ボディーラインを隠せるデザインなのも

嬉しいポイントですね。

 

アウターはトレンドのオフショルダー

 

そのままカジュアルなパーティーにも使えそう。

 

セクシーで大人っぽい印象の水着ですので、

特にナイトプールにはおすすめ。

 

アウターは昼間のプールや海では

日焼け防止の役目も果たします。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

ナイトプールがある大阪や関西のスポット2018!おすすめの持ち物は?

海やプールのメイク!おすすめや落ちない眉毛、つけまのやり方は?

海やプールでの髪型!水着に合うショート、ミディアム、ロングは?

水着のブランドで人気は?レディースのおすすめなビキニもご紹介!

水着で2018年の流行りは?レディースのトレンドの色や柄は?

夏のメイクで2018年のトレンドややり方!アイシャドウやリップは?

 

以上、2018年の東京、関東周辺のナイトプール情報と

ナイトプールにおすすめのアイテムをご紹介させていただきました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

海やプールの苦手な人も、

ナイトプールなら十分楽しめるのではないでしょうか?

 

東京の真ん中で楽しむも良し、

少し足を延ばして関東周辺に出向くのも良し。

 

ナイトプールの付いたホテルに宿泊してみるのもいいですね。

 

またインスタ映えする

写真撮影の絶好のスポットでもありますね。

 

ぜひ、他のお客さまとトラブルになることなく、

素敵な写真と最高の思い出を残してくださいね。

 

営業日や料金は変更になる可能性があり、

お得な割引設定などのあるナイトプールもあります。

 

お出かけの前に必ず、お電話で現地に確認するか、

公式ホームページをご覧ください。

 

以上、『ナイトプールがある東京や関東のスポット2018!おすすめの持ち物は?』の記事でした。

関連した記事