*

アイススケートは神奈川県へ!2018年〜2019年に安いおすすめスポットとは?

神奈川県はロマンティックなデートスポットの多さで有名、

さらにそれらはファミリーも楽しめる雰囲気なので

人気の観光県です。

 

冬のレジャーであるアイススケート場も勿論充実しているんですよ。

 

今回は冬の神奈川県のデートやファミリーでのお出かけを

一層盛り上げる神奈川県のアイススケート場を、

一挙ご紹介致しましょう!

Sponsored Links

 

神奈川県のアイススケート場1:コーセー新横浜スケートセンター


参照元:http://www.welcome.city.yokohama.jp/

住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-11

 

通年滑れる神奈川県のアイススケート場として

神奈川県民からの人気も高いのが、

コーセー新横浜スケートセンターです。

 

まず新横浜プリンスホテル内にあるという立地の良さが

家族連れや神奈川県のデートに

人気のアイススケート場のゆえんです。

 

2~3年前にリニュ―アルされたばかりとあって

施設の新しさと明るさ、清潔さが好感度高し。

 

化粧品のコーセーが参画しているため

女性社員が多い企業らしい気配りで、

アイススケート場もチャイルドケアセンターが併設されているんです。

 


参照元:http://www.welcome.city.yokohama.jp/

国際規格のリンク面積に加え、4500人収容の規模で

たっぷり悠々とアイススケートを楽しむことができます。

 

場内売店としてもセブンイレブンが入っているため

レジャースポットにありがちな売店で割高ものを買う、

なんてハメにも陥らずに済みますよ。

 

滑走料金は大人1200円程度と平均的ですが、

1か月有効パスポートだと3200円のお得さ!

 

神奈川でアイススケートを楽しみつくすには

うってつけのプランですよね、

 

※料金等の詳細は変更することもありますので、

下記の公式HPリンクでご確認下さい。

コーセー新横浜スケートセンター公式HP

 

 

神奈川県のアイススケート場2:銀河アリーナ


参照元:http://www.e-sagamihara.com/

住所:神奈川県相模原市中央区弥栄3丁目1-6

 

神奈川県で期間限定アイススケート場になる場所として

おすすめなのが銀河アリーナです。

 

淵野辺公園内にある複合施設ですが、

夏のプールが冬季は60m×30mの国際規格メインリンクと

18m×14mのサブリンクに変身します。

 

家族で行っても小さいお子さんはサブリンクで、

親御さんは交代でメインリンクを思いっきり楽しむことができますよね。

 

価格も市営なので大人滑走料1000円ほどという安さなんです。

 


参照元:http://www.e-sagamihara.com/

身体が不自由な方もアイススケートを楽しめるように、

盲導犬もリンクサイドまで同伴できたり

車椅子対応トイレやスロープも充実しているんですよ。

 

オープン時間も9時からと早く、

早朝フィギュアスケート教室がある日などは

朝6時台からも営業しています。

 

神奈川県の地元密着型のアイススケート場ですが、

あの織田信長の子孫のスケーター・織田信成選手も訪れており

プロが認める神奈川県の実力派アイススケート場でもあるのです。

銀河アリーナ公式HP

※詳細については、

上記の公式HPリンクでご確認下さい。

 

Sponsored Links

 

神奈川県のアイススケート場3:こどもの国協会アイススケートリンク


参照元:http://www.kodomonokuni.org/

住所:神奈川県横浜市青葉区奈良町700

 

神奈川県で子どもの想像力全般を伸ばせる

キッズランドとして好評のこどもの国も、

冬季にこどもの国協会アイススケートリンクが登場します。

 

毎年12月から2月頃まで、

料金は入園・入場・貸し靴料込で

大人1300円ほどのお安さなんです!

 

大きな屋根のある半屋外リンクで、

浄水ろ過した水を凍らせるという丁寧な氷作りがなされており

常にベストコンディションで滑走できます。

 

通い詰めたい方には期間中は

5000円で滑り放題のメイト券もあるので、

利用しない手はありませんよね。

 

※詳細については、

以下の公式HPリンクでご確認下さい。

こどもの国協会アイススケートリンク

 

 

神奈川県のアイススケート場4:横浜銀行アイスアリーナ


参照元:https://yokohama-icearena.jp/

住所:神奈川県横浜市神奈川区広台太田町1-1

 

横浜銀行アイスアリーナも、

神奈川県で通年アイススケートが可能な場所として

神奈川県民の支持が厚いスポットです。

 

1951年の開業から60年以上の歴史を誇る

神奈川県の老舗アイススケート場ですが、

リニューアルしたばかりでますます施設の清潔さや充実度がアップしました。

 


参照元:https://yokohama-icearena.jp/

国際規格リンクはもちろん、

滑れないお子様用にリンクが見えるキッズルームや授乳室、

おむつ替え室とママに嬉しい設備も。

 

料金は貸し靴料込で大人1800円ですが、17時以降は1000円になりますよ!

横浜銀行アイスアリーナ

※詳細については、

上記の公式HPリンクでご確認下さい。

 

 

神奈川県のアイススケート場5:Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫


参照元:http://akarenga-artrink.yafjp.org/

住所:神奈川県横浜市中区新港1-1

 

神奈川県を代表するデートスポットの横浜赤レンガ倉庫。

異国情緒漂うこの場所は冬季限定でArt Rink in 横浜赤レンガ倉庫という

スケートリンクになります。

 

ただのアイススケート場になるだけでなく、

毎年決まったアートテーマをリンクに反映するという

おしゃれな趣向なんです。

 

去年は平安・鎌倉時代の国宝絵巻の鳥獣戯画が施され

歴史アートロマンの上を滑るという素敵なものでした。

 

このアート製作には地元の中学・高校の美術部も参加しており

カルチャーに力を入れる神奈川県らしい取り組みです。

 


参照元:http://www.welcome.city.yokohama.jp/

気になる滑走料は大人なんと500円

 

さらに22時までオープンなので港の夜景と赤レンガ倉庫、

コスモワールドの観覧車やランドマークタワーのライトアップを目にしつつ

アイススケートできるという贅沢の極みです。

 

フィギュアの女王・荒川静香さんによるスケート教室もありますし、

必ず思い出になる神奈川県のアイススケート場として

足を運ぶべきでしょう!

 

※詳細については、

下記の公式HPリンクでご確認下さい。

Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫

 

 

神奈川県のアイススケート場6:トレッサ横浜 わくわくアイスワールド


参照元:http://www.tressa-yokohama.jp/

住所:神奈川県横浜市港北区師岡町700

 

神奈川県でキッズランドの一つとして愛されている

トレッサ横浜も冬季はわくわくアイスワールドという、

可愛いアイススケート場を設営します。

 

リンク面積は9m×15mと小さめで、

初心者やお子さんが安心して滑れるサイズです。


参照元:http://www.tressa-yokohama.jp/

マイスケート靴があれば、

滑走料は400円割引というサービスも注目。

 

毎年11月頃から2月までオープンしており、

デート途中で通りかかってちょっと滑っていこうか、というスタンスや

家族でお買い物の合間にという

気軽な使い方ができるところが魅力ですよ。

トレッサ横浜も冬季はわくわくアイスワールド

※詳細については、

上記の公式HPリンクでご確認下さい。

 

Sponsored Links

 

アイススケートにおすすめな持ち物は?

神奈川県はおしゃれスポットも多いので、

あまりアイススケートをするからと

実用一辺倒な格好や持ち物だと他の予定にそぐわない!

ということも。

 

おしゃれで使える防寒アイテムなどを

神奈川でのアイススケート用にご紹介しましょう。

 

アイススケートにはハリスツイードイヤーフラップ付きキャップがおすすめ!

最初にご紹介するのは

MISTRAL ハリスツイード「ケイバ」イヤーフラップ付きキャップです。

 

お洒落な男性ならばアイススケートのようなアウトドアでも

おしゃれに決めたいものですよね。

 

こちらはヴァージンウール製のハリスツイードの高級感が目を引く、

通称「ケイバ」と呼ばれる耳あて付き帽子です。

 

帽子を縁取るように取られたファー使いがシック、

耳あて部分は上に折って結んでしまうこともでき

アウトドア仕様からアーバン調にとマルチなシーンに使うことができます。

 

中はキルティング加工で厚みがしっかり設けられ、

防寒と頭部への衝撃から守る役割を果たしています。

 

長時間のアイススケート場滞在にうってつけですし

かつそのまま街歩きにも使える柔軟なおしゃれさが、

遊びも手を抜かない男性によく似合いますよ。

 

 

アイススケートには耳あて付きロシア帽がおすすめ!

次にご紹介するのは耳あて付きロシア帽

 

女子憧れのふわふわファーがキュートエレガントなロシア帽も、

アイススケート場で大変お役立ちアイテムになります。

 

場所によってはヘルメット貸し出しがなく

帽子を持っていない人は滑走できない、

というところも少なくありません。

 

こちらをデートや友達との約束に被って出かければ

アイススケートを楽しもうということになって、

帽子なしの入場禁止のリンクにあたっても安心ですよね。

 

帽子の作りは外側は贅沢にファーでコーティングされ

耳あてもついているので、

ゴージャス度と保温性は一味違うものになっています。

 

ブラックとアイヴォリーの2色からチョイスできますが

前者ならばシックなコーデに似合いますし、

後者ならばガーリーコーデにぴったりですよ。

 

Sponsored Links

 

アイススケートにはアヒル毛羽ダウンコート がおすすめ!

続いてご紹介するのは男女兼用アヒル毛羽ダウンコート

 

流行のライダースジャケットのようなクールデザインで、

襟もとには本物のフォックスファーがあしらわれ

デザイン性の高さは◎で、

おしゃれしたい神奈川県デート、

アイススケートに立ち寄ってもファッショナブルでいられます。

 

防水・撥水・嫌気性も抜群で

ダウンがしっかり保温してくれるので、

スケートで何回転んでも冷たい思いはしません!

 

カラーもブラック・カーキ・ホワイトとおしゃれな3色から選べるので

どんなコーデにも合わせられますよ。

 

 

アイススケートには男女兼用防水ボディバッグがおすすめ!

上にご紹介するのは男女兼用防水ボディバッグです。

 

アイススケートはハンズフリーなのが活動しやすいですよね。

 

こちらの商品は身体にぴったりフィットして

動くたびに鞄も揺れて邪魔、なんてことはありません。

 

ショルダーベルトは付け替え自由自在で好きな角度に背負えますし、

生地感も霜降りっぽいので

デザイン性が非常に高いものです。

 

小振りに見えつつ大容量で、

サイドポケットには飲料ボトルも収納でき

アイススケート場でもサッと水分補給が可能です。

 

軽量設計でカラーバリエもアッシュ系の5色、

スポーツレジャーバッグとしておすすめですよ。

 

 

アイススケートには男女兼用アラン編みアームウォーマーがおすすめ!

最後にご紹介するのは男女兼用アラン編みアームウォーマーです。

 

腕の関節から手首までを守るのが

寒さの中でも風邪を引かないための重要な対策です。

 

このアームウォーマーは33㎝と長めで手の甲までカバーでき、

フィンガーフリーなのでスマホ操作にも問題なし

 

海外セレブも愛用しているだけあって

上品なアラン編みはどんなコーデにもしっくりきてしまいます。

 

ペアで購入すると30円引きという特典も見逃せません。

 

アクリル100%で防寒・防水対策は万全ですし

カラーバリエもコーヒーブラウン・キャメル・ダークグレーなど

冬のメンズ・レディースコーデにアクセントとなる色味ばかりで広く役立ちますね。

 

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたか?

神奈川県は首都圏内のレジャースポットとして

1年中大人気の県ですよね。

 

アイススケート場もおしゃれでアーティーなものが出現したり、

さすがデートで人気の神奈川県!という感じです。

 

中華街や米軍基地発祥バーガーでお腹を満足させたら

思いっきりアイススケートでエネルギッシュに遊んでみましょう。

 

神奈川県で定番の観光スポット訪問プラス、

アイススケートで楽しむ冬の上級お出かけスタイル

ちょっと流行りになるかもしれません。

 

以上、『アイススケートは神奈川県へ!2018年〜2019年に安いおすすめスポットとは?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑