*

Sponsored Links

ドライブでは洋楽を!2018年におすすめな洋楽をランキングでご紹介!

自分の都合で自由に予定が組めるドライブは、

デートや行楽にお出かけの際の楽しみの一つですが、

そんなドライブの時間をより一層、盛り上げるのに欠かせないのが、

車内で聴くBGMですよね。

 

ですが恋人や友人達とのドライブの場合は、

どんなジャンルの音楽を選ぶとウケが良いのか

選曲に迷われる方も多いのではないでしょうか。

 

そんな時はアメリカやイギリスなど、

洋楽の本場のチャートにランクインしているヒットソング

参考にチョイスされるのが、

お洒落で当たり外れもなくおすすめです。

 

そこで今回は2018年の洋楽のヒットチャート常連曲もとに、

ドライブにおすすめな洋楽を、

ランキング形式でご紹介していきたいと思います。

 

また音楽を聞くなら、

やっぱりスマホから流した方が楽ですよね。

 

dヒッツはパケット料金を気にすることなく、

月額制500円で音楽を聞くことができるんです。

音楽聴き放題「dヒッツ」

上記よりアクセスできますので、

是非、一度覗いてみてくださいね。

Sponsored Links

 


ドライブにおすすめな洋楽をランキングでご紹介!

ドライブで聴く音楽は運転の邪魔にならず

車内での会話も楽しめて、

なおかつ、わくわくした気持ちにさせてくれるような洋楽がおすすめです。

 

では今、流行りの洋楽の中から、

ドライブの際におすすめな洋楽をピックアップし、

早速、ご紹介していきましょう。

 

ドライブでおすすめな洋楽ランキング『第17位』

●5 seconds of summer ­― She’s kinda hot



参照元URL:https://youtu.be/WFz1gCZSmdE

まずランキング第17位は、

昨年のOne Directionのワールドツアーで前座を務め、

一躍スターダムを駆け上った5SOSのヒットナンバー”She’s kinda hot”です。

 

とってもノリのいい曲なので、

仲の良いお友達と大勢で行くドライブにもおすすめの洋楽のナンバーです

 

「愚痴ばっかりだけど、俺の彼女はかなりイケてる

俺らは負け犬だって言われても、そんなの関係ない

この壊れた世界のキングとクイーンだから

それで、全然、オッケー、きっと大丈夫…」

 

と、世間を斜めに見ている感じが、

ちょっとワルそうで何ともカッコいいんですよね

 

ナナナナーナナナと思わず一緒に口ずさみたくなる

キャッチーなメロディ楽しい気分にさせてくれ、

とてもおすすめの洋楽となております。

 

 

ドライブでおすすめな洋楽ランキング『第16位』

●Fetty Wap ― Trap Queen



参照元URL:https://youtu.be/i_kF4zLNKio

今年、2018年アメリカを中心にブレイク中のラッパー

フェティ・ワップの出世作 “Trap Queen”は、

軽快なリズムが心地よいドライブのBGMには、

おすすめの洋楽でランキング第16位にランクインです。

 

親密な関係の女性とのことを歌った内容ですが、

ハイになる薬について色々言及していますので、

歌詞の意味はひとまずスルーで、音楽をお楽しみ頂ければと思います。

 

因みに、MVでお気づきかと思いますが、

彼の不自由な左目、緑内障が原因なのだそうですが、

それがセクシーだと話題にもなっているのだそうです。

 

ハンデキャップを乗り越えて、

才能を開花させた彼のポップなDMの洋楽はドライブ中、

思わずアクセルを踏み込みたくなるかもしれませんが、

安全運転を心がけてくださいね。

 

 

ドライブでおすすめな洋楽ランキング『第15位』

●Lost Frequencies ― Are You With Me



参照元URL:https://youtu.be/VjHMDlAPMUw

“Are You With Me”のオリジナルは、

Easton Corbinのカントリーナンバーですが、

Lost Frequencies によるリミックス版が、

とってもスリリングでかっこよく、ドライブにもぴったりの洋楽なんです。

 

「メキシコの空の下、水辺で踊りたい

ブルーの電飾の傍で、マルガリータを飲み、

マリアッチの曲を真夜中にかける…

俺の言ってる意味、わかる?わかってる?」

 

と、繰り返されるメロディアスなサビの部分

凄く絵画的で美しい洋楽のナンバーなので、

とりわけ、夜の海沿いをドライブされる時などには、

とってもハマる洋楽でおすすめです。

 

2018年、ヨーロッパを中心に大人気となっている

こちらの洋楽は、ぜひ、ドライブの際のBGMに、

加えて頂きたいおすすめのヒットソングです。

 

 

ドライブでおすすめな洋楽ランキング『第14位』

●WALK THE MOON ― Shut up and Dance



参照元URL:https://youtu.be/6JCLY0Rlx6Q

80年代っぽいキャッチーさが魅力のアメリカンバンド、

Walk The Moonのナンバーは、

とことんノリが良くて聴いていると、自然にハッピーな気分になれる洋楽ですよね。

 

「後ろなんて振り向かないで ずっと私を見てて」

「何か言いたげだね」って僕が言ったら

「ほら、口を閉じて?一緒に踊ろう?」って彼女は言った

この人が俺の運命の相手…

「ほら口を閉じて?私と一緒に踊ろう?」

って彼女は言ったんだ…

 

初めて聞く曲なのにどことなく懐かしいメロディ

底抜けに明るい歌詞昂揚感に溢れていて、

元気になれる洋楽のナンバーがランキング第14位です。

 

お友達や恋人同士での楽しいお出かけに聴けば、

ドライブの時間を満喫して頂けること間違いなしの

おすすめな洋楽となっております。

 

 

ドライブでおすすめな洋楽ランキング『第13位』

●Major Lazer &DJ Snake Feat. MØ ― Lean on



参照元URL:https://youtu.be/YqeW9_5kURI

最近、色んなアーティストとのフィーチャーリング

脚光を浴びているですが、

彼女の独特の歌声が、とても印象的な ”Lean on”が、

堂々のランキング第13位です。

 

ミディアムテンポの洋楽のダンスナンバーで、

すっと耳に入ってくる感じが、

ドライブのBGMとしても、とってもおすすめです。

 

「投げキッスを送り、銃を撃って

私たちには、誰か寄りかかれる人が必要なの…

でも夜は長くて、

あなたが帰ってきてくれるのを切望してる風が吹いている

結局、徒労だとしても

私たちは、踏みとどまろうとする…」

 

聴く人によって、色んな受け取り方ができる歌詞の内容ですが、

お洒落な仕上がりでドライブでかけると、

とてもかっこいい洋楽となっております。

 

 

ドライブでおすすめな洋楽ランキング『第12位』

●Avicii ― Waiting for Love



参照元URL:https://youtu.be/cHHLHGNpCSA

いきなり始まるドラマチックなピアノの旋律が、

深く心に残る“Waiting for Love”は洋楽シーンで、

2018年は勢いの止まらないAviciiのヒットナンバーです。

 

「月曜、ボロボロのままで、

火曜、俺は望みもなく

水曜、俺は空っぽの両腕を広げた

木曜、ただ、俺は愛を待ってる

星に感謝する金曜

土曜、俺は燃え盛る炎のようで、

日曜日にも教会なんていかねえ

生き返るため、俺はずっと愛を待ち続ける…」

 

結構、深い内容ですが、

洋楽の歌詞独特の韻を踏んだ言葉遊びも併せて、

お楽しみ頂くのがおすすめです。

 

ポップで力強いメロディラインで、

体の内側から活力がわいてくるような、

ドライブにもイチオシの2018年の洋楽のヒットナンバーです。

 

Sponsored Links

 

ドライブでおすすめな洋楽ランキング『第11位』

●Taylor Swift ― Shake it off



参照元URL:https://youtu.be/nfWlot6h_JM

2018年の夏に日本のビーチを席巻した感のある

”Shake it off”は、明るいノリノリの曲で、

楽しいドライブのお供に、是非おすすめしたい洋楽です。

 

「だって、気の多い人たちは遊び続けるし

それを嫌う人たちはとことん嫌がるけど

私はそんなことは、気にしない 全部振り払ってやる

失恋した人も、自分をごまかす人も、人それぞれ

私は気にしない、そんなこと関係ない」

 

一説では、この曲は彼女の元彼、

1Dのハリーとのことを歌っているとも言われていますが、

とにかく自分は自分という潔さがカッコいい洋楽

ランキング第11位にランクインです。

 

 

ドライブでおすすめな洋楽ランキング『第10位』

●The Weeknd ― Can’t feel My Face



参照元URL:https://youtu.be/KEI4qSrkPAs

新曲をリリースすれば洋楽のチャート上位入りの

確実にヒットメーカーとなりつつある

Weeknd“Can’t feel My Face”は、

彼のセクシーな歌声が際立つ

2018年のドライブにはマストのナンバーです。

 

「心配しないでって彼女は言う。

もうこれ以上、心配しないでって。

俺たちは二人とも、それなしじゃいられないって

分かってた…きっとあなたは恋に落ちないって、

彼女は言ったんだ」

 

因みに、ここでいう彼女=麻薬と取れるとも言われてますが、

そんな細かいバックグラウンドより

純粋にWeekndが紡ぎだす官能的なサウンド

楽しんで頂きたいおすすめのナンバーです。

 

 

ドライブでおすすめな洋楽ランキング『第9位』

●One Direction ― Drag me Down



参照元URL:https://youtu.be/Jwgf3wmiA04

ゼイン脱退後初のリリースということで、

洋楽ファンのみならず、世界の注目を集める1Dの新曲は、

どことなく風格さえ漂うドラマチックな仕上がりで、

ドライブにもとてもおすすめの洋楽なんです。

 

「これまでの俺の人生で、君がいつもそばにいた

誰も味方がいなかった時でさえ…

どんな(多くの)光も俺の目をくらませることはできない

君の愛があれば、誰も俺の足を引っ張れやしない」

 

一応、男女の恋愛とも取れる内容の歌詞ですが、

時期が時期だけにバンドとしての絆や彼らの周囲に渦巻いているあれこれを

勝手に想像してしまいそうになる一曲ですよね。

 

解散の噂などもちらほら聞こえてくる1Dですが、

4人になっても、これからも変わらぬ活躍に期待を込め、

堂々のランキング第9位にランクインです。

 

Sponsored Links

 

ドライブでおすすめな洋楽ランキング『第8位』

●OMI ― Cheerleader



参照元URK:https://youtu.be/i1Jp-V4jalI

そして堂々のランキング第8位は、

2018年の洋楽の大ヒットナンバーである

OMI“Cheerleader”をおいて他にはないですよね。

 

リラックスしたジャマイカンテイストがなんとも

心地よく、ゆったりとドライブの一時を楽しみたい時におすすめの洋楽です。

 

「私が欲しいの?私ってかわいい?

私といると彼女に悪いかしら?

でも俺は、いやそんなことないよって答える

だって、俺、俺だけのチアリーダみつけたし?

必要なとき、彼女はいつもそこにいてくれるから…」

 

と、他の女の子からの誘惑をものともしない

一途な彼のちょっとゆるいラブソング。

 

肩ひじ張ってない自然体な感じがとっても素敵な、

洋楽のナンバーですので、

恋人とのドライブデートの時にもおすすめな一曲となっております。

 

 

ドライブでおすすめな洋楽ランキング『第7位』

●The Chainsmokers ft. Halsey-Closer



参照元URL:https://youtu.be/PT2_F-1esPk

今年も人気継続中のChainsmokersのアンドリュー・ダカート

カナダ人シンガーソングライターHalsayのコラボ『closer』

変動激しいチャートの中で息の長いヒットを続ける人気ナンバーで

2018年のドライブにも選曲しておいて間違いない洋楽です。

 

昔の恋人と偶然、バーで出会って焼け木杭に火がついてしまうという

ありがちといえばありがちな設定のラブソングですが

甘すぎず切なすぎず程よく淡々としたクールな感じが逆にリアルで

カッコいい仕上がりになっている洋楽のナンバー。

 

「ベイビーもっと近くに行かせてよ ローバーのバックシートで

こんな高い車、君に買えるわけがない 君の肩のタトゥーを嚙んで

シーツの端っこをめくってみる マットレスはボルダ―にいた頃

君がクラスメイトから盗んだもの 俺たち全然変わってないね…」

 

という一見肯定的にも取れる内容ですが、

製作者曰く、お互い全然成長してない相変わらずな二人という

ニュアンスもこの洋楽の歌詞の中には込められているのだそうですよ。

 

いずれにせよ、スローテンポのキャッチーなメロディは耳に残りやすく

2018年のドライブにも引き続きおすすめの洋楽となっております。

 

 

ドライブでおすすめな洋楽ランキング『第6位』

●DJ Snake ft. Justin Bieber-Let me love you



参照元URL:https://youtu.be/euCqAq6BRa4

最近、ヒット曲を連発し2018年も絶好調のDJ Snakeは

EDM界を代表する人気アーティスト兼プロデューサーですが

そんな彼とジャスティンビーバーがコラボした洋楽となれば

『Let me love you』がヒットしない訳はありません。

 

EDMのリズム感のある洋楽はドライブにもぴったりですが

ミディアムテンポのどことなく気怠く陰りのある曲調

ジャスティンの伸びのある澄んだ声のコントラストが絶妙で

上手くいかない恋愛模様を美しく歌いあげていますよね。

 

「これまでだって最低な道のりで

まるでナイフの先を綱渡りしてるみたいだったけど

二度と君を離さないから 僕を失望させないで

どうか諦めないで 僕も諦めたりしないから

僕に君を愛させて 僕に君を愛させて…」

 

と、離れて行こうとする恋人を引き留める心情を歌った

どことなく陰りのある曲調がそこはかとなくムーディー

夜のドライブにもぴったりの2018年にもおすすめの洋楽ですよ。

 

 

ドライブでおすすめな洋楽ランキング『第5位』

●Rae Sremmurd ft. Gucci Mane-Black Beatles



参照元URL:https://youtu.be/b8m9zhNAgKs

ジャンル的にはヒップホップですが深い歌詞と陶酔感のある曲調

2018年のドライブにもぴったりな『Black Beatles』

かのビートルズと自分達のライフスタイルを比較するという

異色のコンセプトの洋楽のヒットナンバー。

 

マネキンチャレンジという動画のBGMとして使われた事から

ブレークした洋楽のナンバーですが、昨年秋にリリースされて以来、

2018年もヒットチャート上位に食い込んでいるおすすめのヒット曲です。

 

「あの子は男たちを喜ばせる人気者 狭い世界だから

彼女のダチは皆俺の事を知ってる

若い俺たちも 金持ちのジジイみたいに暮らしてる

金をばらまいて それがゆっくりと落ちるのを見てる…」

 

という、一見、お金がテーマともとれるヒップホップのナンバーですが

曲の端々に見え隠れする虚無感やビートルズにまつわるフレーズ等

深く考えれば考えるほど味わいが出てくる洋楽のナンバーで

独特の陶酔感が癖になるドライブのBGMにもおすすめの一曲ですよ。

 

 

ドライブでおすすめな洋楽ランキング『第4位』

●Machine Gun Kelly×Camelia Cabello-Bad Things



参照元URL:https://youtu.be/QpbQ4I3Eidg

2018年のドライブにおすすめな洋楽、続いてご紹介するのは

米の人気ラッパー、マシンガンケリー5th Harmonyのカミラによる

キャッチーなメロディが印象的な『Bad things』です。

 

ちょっとハスキーなカミラの歌声が甘いメロディにのって始まる

Bad things(悪い事)というタイトルのこちらの洋楽は、

夕暮れ時のドライブにはぴったりのロマンティックなナンバー

 

「私、おかしいのかな? 私ってどうかしてるの?

私が好きな悪い事をあなたが知ってさえいたら

私が説明できるなんて思わないで なんて言うか複雑なのよ

あなたが何を言っても 何をしても関係ない

私はあなたに悪い事をしたいだけなの…」

 

というかなり熱烈な内容の歌詞の「いけない二人」のラブソング

PVの二人の運命やいかにという幕切れが気になる所ですが…

それはさておき、耳に残る甘いメロディがカップルでのドライブにも

大変おすすめの雰囲気のある2018年の洋楽ですよ。

 

 

ドライブでおすすめな洋楽ランキング『第3位』

●Zayn,Taylor Swift-Don’t wanna live forever



参照元URL:https://youtu.be/AY9blLYMKnI

続いての洋楽『Don’t wanna live forever』

元1Dのゼインテイラースウィフトのコラボナンバーで

2018年公開の『Fifty Shades of Grey』の続編映画の主題歌に作られた

ちょっと陰のあるムーディーなナンバーです。

 

『永遠に生きてたくなんてない』という意味の切なめのラブソングは

大人な雰囲気が漂うおしゃれな洋楽で、雨の日や夜のドライブで

しっとりと耳を傾けるにはぴったりの一曲ですよ。

 

「永遠に生きていたくなんてないんだ

だって(君がいないと)無意味な人生だってわかってるから

どこの誰とも馴染みたくなんてないんだ

君の名前を呼び続けるよ 君が家に帰ってきてくれるまで…」

 

と、孤独にさいなまれる心情をうたった暗めなナンバーですが

ゼインのファルセットといい感じで抜けたテイラーの歌声が心地よい

カップルや一人のドライブには特におすすめの2018年の洋楽です。

 

蛇足ですが、テイラースウィフトの元カレは1Dのハリーな訳で

そのテイラーが今回コラボしたのが1Dを脱退したゼイン…

この二人のコラボに曲のコラボ以上の深い意味があるのか否か、

弥が上にも興味をそそられるところではありますよね。

 

 

ドライブでおすすめな洋楽ランキング『第2位』

●Bruno Mars-24k Magic



参照元URL:https://youtu.be/UqyT8IEBkvY

億万長者になりたいと浜辺で歌っていたのも今は昔、

最近はキングの風格さえ漂うブルーノマースのノリノリの洋楽、

『24k Magic』はみんなでドライブに行って盛り上がりたい

という時のBGMには最適の2018年のパーティーソングです。

 

因みに、24kはいうまでもなく24金、すなわち純金の事で

直訳すれば『金の魔法』という邦題になる訳ですが

つまりは、金の魔力、又はお金の魔力といったところでしょうか。

 

『今夜、皆をもっとハイにしたいんだ』

としょっぱなからエンジン全開で始まるノリの良い洋楽は、

 

『プレーヤー達、さあピンキーリンクを月にかざして

ガールズは何をしたい?24kの魔法が空に漂ってる

かなりのプレーヤーだぜ カモン!』

 

と、始終ぶれない気分が最高にアガる楽しいナンバー

ブルーノのゴージャス路線は2018年も更に磨きがかりそうですが

最近ご無沙汰のロマンティック路線の復活も待たれるところ。

 

それはさておき、底抜けにノリの良い楽しい洋楽のナンバーは

ドライブで快調に飛ばしている時は勿論、

渋滞にハマった時も楽しくいこうぜ、

と肩の力を抜いて気分転換できるおすすめの一曲ですよ。

 

 

ドライブでおすすめな洋楽ランキング『第1位』

●Ed Sheeran-Castle on the hill



参照元URL:https://youtu.be/K0ibBPhiaG0

長い充電期間を経て待望のニューアルバムをひっさげ帰ってきた

エドシーランは2018年の洋楽シーンでも大注目のアーティストで、

新アルバムにも収録されている『Castle on the hill』

スピード感のある爽やかなナンバーでドライブにもぴったりです。

 

同アルバム収録の『Shape of you』が米英両国のチャートで1位を獲得し

Castle~以上にヒットしていますが、2018年のドライブのBGMとしてなら

スカッとする軽快な曲調のこちらが個人的にはよりおすすめのナンバー。

 

「僕は今、故郷に帰る途中 90マイルでこの田舎道を飛ばしてる

‘Tiny Dancer’を曲に合わせて歌いながら

みんな一緒の時のあの感覚が恋しい これは現実だ

僕たちはあのお城のある丘に沈む夕日を一緒に見たよね…」

 

と、生まれ育った街に帰郷するわくわくした気持ちを歌った曲は

非常に爽快感の溢れる曲調で、

初夏から夏にかけてのドライブ等にももってこいの洋楽の選曲ですよね。

 

因みに、PVの撮影はエドが生まれ育ったイングランド南部にある

サフォーク州で行われたとの事で、正直、寒そう…の一言に尽きます。

 

蛇足ですが、歌詞に登場する時速90マイルは

キロに直すと凡そ140㎞超ということになるのですが、

皆さん、お気に入りの洋楽を聞きながらドライブを楽しまれる際も

どうか、くれぐれもスピードの出し過ぎにはご注意下さいね。

 

 

ドライブにおすすめな音楽機器は?

こちらは携帯端末と繋ぐことで、

音楽を再生できるBluetooth機器

 

車の音楽デッキにBluetoothの機能が付いていない時に、

とてもおすすめの音楽機器となっており、

音楽デッキのAUX端子に繋ぐ事で、

Bluetoothが受信できるようなるんです

 

この音楽機器を使うことにより、

携帯端末内の様々な音楽が再生できますので、

ドライブ最中の気分が乗ること間違いなしです

 

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

秋にぴったりな洋楽は?2018年のおすすめな洋楽をご紹介!

夏の海には洋楽を!2018年におすすめな洋楽をご紹介!

渋滞はグッズで快適に!GWやお盆に大活躍の車内グッズのご紹介!

ドライブの時の遊びは?雨や渋滞の時でも盛り上がるゲームのご紹介!

告白されたい場所のランキング!夜景スポットや浜辺が人気?

 

ということでドライブの時におすすめの洋楽

2018年のUSヒットチャート&UKヒットチャート

もとに、ランキングでご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

ドライブのBGMという事で軽快なリズムの洋楽

多くランクインしていましたが、

ぜひ、BGM選びの参考になさってくださいね

 

以上今回は『ドライブでは洋楽を!2018年におすすめな洋楽をランキングでご紹介!』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑