*

スノボで必要なものって?必須な持ち物やあったら便利なアイテムって?

ゲレンデで白銀をバックに滑っている姿はスマートで、

フリーハンズの果てしない自由感がたまらないスノボ

 

しかし、雪・道具を使うスポーツ、という条件のもとなので

いざプレイするまでは小山のように、

必要なもの一式を荷物として背負わされる運命であることを

忘れてはならないでしょう。

 

あの開放感を忘れもので煩わされず満喫するために、

今回はスノボで絶対に必要なものと、あると便利なもの

しっかりご紹介していきますね。

Sponsored Links

 

スノボで絶対に必要なものって?

まずスノボでこれがないと滑れない、

という大物グッズで必要なもの

基本的に現地ゲレンデやツアー参加ならば、

そちらでレンタルしています。

 

しかし数に限りがあることと、

必ずしも身体に合わないものであることは事実です。

 

マイグッズとして準備したほうが

気合いの入り方が違いますし、

上達度が違うということは

プロプレーヤーの方もよく話されていることです。

 

今後に繋がるスノボライフを長く楽しむつもりなら、

やはり絶対に必要なものとして購入しておきましょう。

 

スノボで絶対に必要なもの1:スノーボード

何はなくともこれがないと、という必要なものが

スノーボードです。

 

初めてのボードでどれを選ぶかは悩ましいですが、

やはり老舗でプロの方も大会で愛用する

ブランドのバートンがよいでしょう。

 

それだけ幅広い対応がされているということだからです。

 

上記のバートン FEATHER 140

スノーボード フラットトップ ビギナーチャネルならば

レトロポップなデザインがリラックスを呼び、

さらにビギナーのためにボードの薄さや長さも

乗りやすい設計が取られているんです。

 

さらにどんなビンディングもボードに取り付け可能のマルチさなので、

初心者の必要なもの選びの

「しまった!」を解消してくれる

寛容さがおすすめですよ。

 

 

スノボで絶対に必要なもの2:リーシュコード

ゲレンデのエチケット上、

絶対に必要なものとして準備しておきたいのが

上記のDESIVELL クィックコイルリーシュコードです。

 

これは万一ボードからシューズが外れた場合、

ボードが流れて他の人の滑走を邪魔しないためのもの。

 

流れていったボードが大事故にも繋がるので、

リーシュコードがないと滑走禁止ゲレンデまであるほどなんです。

 

ご紹介しているリーシュコードは

コイルが短いので邪魔になりませんし、

シーズン以外はキーホルダーとして

活躍させてもよさそうですね。

 

 

スノボで絶対に必要なもの3:ビンディング

ビギナーには耳にしてもイメージが湧きづらい

ビンディングというグッズ名ですよね。

 

別呼称・バインディングとも言いますが、

スノーブーツをボードに固定する型として必要なもの

といえば「見たことがあるかも」と思われませんか?

 

上記のエピック スノーボード ビンディングが典型的なものですが

非対称なデザインにわざとすることで

初心者のおぼつかない滑りでも足負担を軽減し、

楽に滑れるようになっているんです。

 

超軽量なので、初めてスノボグッズ一式を身につけたビギナーでも

慣れないグッズの存在感にまごまごすることなく、

自然に馴染んでくれて使いやすいでしょう。

 

Sponsored Links

 

スノボで絶対に必要なもの4:スノボウェア

自分はスキーウェアがあるから

スノボウェアは別に必要なものじゃない、と

思ってはいけません。

 

スノボウェアとスキーウェアは

設計が実は全く違うんです。

 

上記のActiversion スノボウェア上下セットに代表されるように、

プロテクタ―やインナーを仕込むため生地は薄め、

そしてゆとりある設計なのが特徴。

 

スノボはスキーより全身をくまなく使うので、

1日当たり5リットルの汗を放出する透湿性が高い

このウェアはおすすめですよ。

 

<関連記事>

 

 

スノボで絶対に必要なもの5:ヒッププロテクター

スノボ初心者であれば

転倒は上達のために避けられません

 

何度もお尻を打っていると

なかなか治らない打撲となって

痣も消えませんよね。

 

最悪は尾てい骨骨折も起こりうるということ!

 

そこでマストで必要なものになるのが上記の、

CORALREEF ヒッププロテクターなんです。

 

スノボ慣れしていてもブランクがあって念のため、

という人の支持も高く、

お尻と腰両脇にパッドが入っているので

転倒も怖くありませんよ。

 

ウェアに響かない薄手

しっかりフィットしてパッドずれも起こらないので、

持っておくべきグッズですね。

 

Sponsored Links

 

スノボで絶対に必要なもの6:スノ―ブーツ

スノーブーツはレンタルよりも、

やはりきちんとマイシューズを履くべきでしょう!

 

なぜなら、どんなにサイズが合っていても、

沢山の人の足を経たシューズは歪みがあって

長時間のプレー中には足疲れや

浮きといったトラブルが出てきます。

 

そこで1足選ぶならば上記の、

サロモン SYNAPSE シナプス メンズ スノーボードブ―ツです。

 

スノボグッズメーカーでは

信頼が大きいブランドのサロモンなので、

足へのフィット感は抜群ですよ。

 

ホールド力が全然違い、

まるでボードと一体化しているかのように軽やか

ストレスがないと評判の商品です。

 

 

スノボで絶対に必要なもの7:スノボ用グローブ

スノボに持っていく手袋は普通の手袋ではいけません

 

選ぶポイントはビンディング装着のしやすさ、

そして気温変化によって厚みを調整できるものがおすすめ!

 

上記にご紹介している、

スノーボード グローブ 5本指 ミトン インナー付きならば

インナーグローブが着脱自由なので、

状況によってすんなりと厚め薄めの調節がしやすいんです♪

 

手の甲部分にチャックが付いて

小さな収納スペースになっているので、

鍵や小銭など貴重品がしまえる実益性

オプションとして◎ですね。

 

〈関連記事〉

 

 

スノボで絶対に必要なもの8:ニット帽

購入したスノボウェアにフードが付いているから、と考えて

帽子なしでスノボにチャレンジすることはNG!

 

ゲレンデでのリフト待ちや滑走中

相当、寒風に晒されます。

 

そこで上記の全19色 スノーボード ショートビーニーが必要なんです☆

 

頭をぴったりくるみ込む薄手のニット素材は、

編みが太いものより気密性が高いので

寒さを完全にシャットアウトしますし、

ゴーグル浮きもありませんよ。

 

後頭部がしっかり隠れるところもポイント。

 

シンプルデザインでカラーで遊べるので、

冬ファッションのタウンユースとしても使えますよ。

 

〈関連記事〉

 

 

スノボで絶対に必要なもの9:スノーゴーグル

雪山の太陽光反射は強い紫外線を伴うので

普通のタウンユースのサングラスではなく、

スノーゴーグルを必要なものとして購入すべきでしょう。

 

上記のスノーボード ゴーグル UVカットミラー ダブル レンズは、

寒暖差による曇りを避けるダブルレンズで

ミラーコーティングによって

ほぼ100%の紫外線カットを実現しているんです。

 

大きめなので顔半分は紫外線からプロテクトできますし、

ミラーカラーとフレームの組み合わせを選べるので

オーダーメイドのような充足感もおすすめポイントですよ。

 

Sponsored Links

 

スノボであったら便利なアイテムは?

“あったら便利”アイテムは、

大体こまごましたグッズが多いものです。

 

そしてゲレンデのスノボで便利だったものが

「これ、普段もあると助かるよな」と気づきになることも。

 

それゆえスノボ用に準備しても

損はないものばかりのはずですよ。

 

スノボであったら便利なアイテム1:ゴーグル曇り止め

現地での寒暖差と滑走中の汗蒸気で、

ゴーグルは曇りがちなものです。

 

いちいち拭いているのも面倒ですし、

滑走中に視界が曇るのは事故原因にもなりますよね。

 

そこであると便利なのが上記の、

SMITH スミス ゴーグル 曇り止め スプレーです!

 

ムースタイプで伸びがよく、

一度塗布したら長時間クリアな視界をキープできますよ。

 

 

スノボであったら便利なアイテム2:リフト券入れ

スノボウェアにはジャケットの内側に、

リフト券入れはついているものも少なくありません。

 

しかしサイズが微妙だったりしますし、

何より寒い中グローブを都度外すのは億劫ですよね。

 

そこで上記にご紹介する、

eb’ エビスパスケース リフト券入れがあると助かります。

 

フックで外側につけられますし、

暗くなっても光るのでわかりやすいんですね。

 

デザイン性の高いスタイリッシュさは、

普段の定期入れとしても活躍してくれますよ。

 

 

スノボであったら便利なアイテム3:背中・腰用プロテクター

ビギナーはやはり転倒による怪我が一番怖いもの。

 

ヒップパッドだけでは怖いならば、

上記のスノーボード用ボディプロテクター

念のために持っていきましょう!

 

ダブルベルトでしっかり固定され、

派手に背面からの転倒が多いスノボでも

脊髄を痛めることがなく安心ですよ。

 

もちろんスキーにも使えますし、

ハードな山岳のトレッキングが好きな方も

持っていくと万一に重宝するでしょう。

 

Sponsored Links

 

スノボであったら便利なアイテム4:コインパース

ゲレンデでは最低限の小銭や2~3枚のお札

持ってプレイしたいもの。

 

いざ必要な時にグローブを外して

ウェアの内ポケットから取り出して・・・

という動作であたふたしたくないですよね。

 

上記のoran’ge スノーボード

コインケース ネオプレーン カラビナならば

ウェアの外側にカラビナでポンとつけておけますし、

コンパクトに見えてお札も数枚入る収納性が使いやすいんです。

 

ポップでカラフルなカラーデザイン

雪山でおしゃれに映えますし、

すぐに目に留まりやすいですよね!

 

タウンユースでもなるべく身軽に出かけたい時に、

洋服につけてアクセントにもなって使える優れものですよ。

 

 

スノボであったら便利なアイテム5:防水スプレー

やむを得ずスキーウェアを着なければならない、

もしくは結構長年愛用しているウェアなので

防水性が気になるということはありますよね。

 

そんな時は上記の

アウトドア ウェア防水スプレー300mlの一吹きがあれば、

1日スノボで遊び倒しても快適に水濡れ知らずで過ごせるんです。

 

スキーウェアはヒップの部分の防水性が

スノボウェアに比して薄いので、

これを一吹きすれば大丈夫!

 

悪天候の日のスーツやワンピース

傘などの防水性を高めるためにも使えるので

1本備えておくと便利ですよね。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

〈関連記事〉

いかがでしたか?

 

初めてスノボにトライするならば、

必要なもの準備にまごつくのは当然ですよね。

 

今回ご紹介した必要なものとあると便利なものを

りあえず一式揃えていけば、

まず初・スノボに困ることはないでしょう。

 

その次からはマイアレンジで、

持ちものを自然と足し引きしていくことが

できるようになりますよ!

 

以上、『スノボで必要なものって?必須な持ち物やあったら便利なアイテムって?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑