*

キスマークの付け方のコツ!つける動画やいたくない簡単な方法とは?

恋人にキスマークを付けたり

もしくは付けられたりしたりしたことはありますか?

 

キスマークは愛情表現だったり、

「自分のものだ」と浮気防止のためなどにつける人もいますよね。

 

そんなキスマークですが、

いざつけようとした時は緊張してしまい、

キスマークの付け方が分からなくなった

という経験をした方も少なくないと思います。

 

ということで今回は、キスマークの付け方のコツ

いたくない簡単な方法から消し方まで紹介していきますので、

キスマークをつけたことがない方も

これからのために参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

 

キスマークの付け方のコツは?

キスマークをつけたいと不意に思ったことはありませんか?

 

せっかく相手にキスマークをつけるなら

できるだけ綺麗に付けたいですよね。

 

しかもいたくなくて自然でスマートな付け方で

キスマークをつけるのが理想ですが、

「どうすれば綺麗にキスマークをつけれるの?」と

疑問に思っている方もいると思います。

 

ではそんな悩みを解決するために、

キスマークの付け方のコツをいくつかご紹介していきましょう。

 

キスマークの付け方は事前に肌を舐めて濡らすのがコツ!


参照元URL:https://pixabay.com/

事前に肌を舐めて濡らすことで唇と肌の密着度が高まり、

キスマークがつきやすくなります。

 

特に女性は男性よりも肺活量が少ないので、

事前にキスマークをつけたいところを舐めて濡らすのがコツですよ。

 

相手の肌を舐めるのが恥ずかしいという方は

事前に自分の唇を舐めたり、リップクリームを塗っておくのも

付け方のコツとしてアリでしょう。

 

いい雰囲気の時は気持ちも高ぶっているはずなので、

この方法は比較的簡単な付け方のコツと言えますね。

 

 

キスマークの付け方は口を小さく開けるのがコツ!


参照元URL:https://pixabay.com/

大きく口を開けすぎると力が分散され、

キスマークがつきづらくなってしまうので

なるべく口を小さく開けるのが付け方のコツです。

 

理想は口元をキュッとすぼませて、

唇をひらがなの「う」の形にすると

綺麗なキスマークをつけることができますよ。

 

タコの口をイメージするとわかりやすいと思うので、

キスマークの付け方のコツとして覚えておいてくださいね。

 

 

キスマークの付け方は肌に密着させて吸うのがコツ!


参照元URL:https://pixabay.com/

このキスマークの付け方のコツは、先ほどお話した

事前に肌を舐めて濡らす方法と繋がるのですが、

唇と肌をぴったりと密着させて真空状態にしながら

肌を吸うことで、キスマークがつきやすくなります。

 

綺麗なキスマークの付け方のコツとしては、

すき間をつくらずに歯を肌に密着させて

掃除機のように吸引することで、

よりキスマークがつきやすくなりますよ。

 

また、キスマークを上手につけれない人ほど

どうすればいいのか分からずに弱く吸ってしまう傾向にあるので、

意外と「強すぎるかな?」と思うぐらいの力で吸っても大丈夫です。

 

Sponsored Links

 

キスマークの付け方は何度も吸うのがコツ!


参照元URL:https://pixabay.com/

キスマークをつけることに慣れていない方の場合は

何度も同じ場所を吸うことがキスマークの付け方のコツです。

 

一度で綺麗につけなきゃ!と慌てずに

ゆっくり時間をかけてキスマークをつけましょう。

 

一気に吸ってしまうと酸欠で息が苦しくなるので

数回に分けるのが付け方のポイント。

 

また、数回に分けて「チュッチュッ」と

キスをしたほうが色気もありますし、

ロマンチックな雰囲気にもなりますよ。

 

 

キスマークの付け方は軽く噛むのがコツ!


参照元URL:https://pixabay.com/

吸ってもなかなかキスマークがつけれない人は

軽く噛んでみるのも付け方のコツとしてアリでしょう。

 

唇を離す時に軽く噛むことがポイントですが、

あまり強く噛んでしまうと相手はいたいので注意してくださいね。

 

特に女性は軽く噛むというイメージで

キスマークをつける人が多いみたいなので、

付け方のコツとして覚えておくといいと思いますよ。

 

 

キスマークの付け方は皮膚が薄いところを吸うのがコツ!


参照元URL:https://pixabay.com/

キスマークの付け方のコツとして

つける場所も大切になってくるので、

皮膚が薄いところを狙ってつけるようにしましょう。

 

特に首や胸元、お腹などの皮膚が薄いところは

キスマークがつきやすい場所と言われています。

 

なかなかキスマークがつけれないという方は

皮膚が薄いところを意識することが付け方のコツですよ。

 

しかし首や胸元につける時はキスマークが他人に見えてしまい、

相手にとって仕事や人間関係で

マイナスになってしまう可能性もあるので注意してくださいね。

 

 

キスマークの付け方の動画は?



参照元URL:https://www.youtube.com/watch?v=O2KwnXdAhyQ

次にキスマークの付け方のコツを動画でご紹介します。

 

先ほどご紹介したキスマークの付け方のコツとだいたい同じですが、

詳しく知りたい人はこちらの動画も参考にしてみてくださいね。

 

キスマークの付け方のアンケート結果が

ランキング形式で発表されているので、

みんながどうやってキスマークをつけるのかが

分かりやすくまとめられています。

 

Sponsored Links

 

キスマークをつけた時に簡単に消すアイテムは?

キスマークはつけられて嬉しいという反面、

少し恥ずかしいという気持ちもありますよね。

 

しかもキスマークが付いているのがバレて

人に注目されるのは恥ずかしいですし、

特に社会人の場合は気をつけなければなりません。

 

もし商談や会議中に上司や取引先の相手に

キスマークがついているのがバレた場合、

悪い印象を与えてしまう可能性があります。

 

そんな状況にならないためにも

キスマークをつけた時に簡単に消すアイテムを紹介していくので、

「どうやったらキスマークって消せるの?」と

悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

キスマークをつけたときは歯ブラシがおすすめ!

キスマークとは内出血によってできたものなので

血行を良くする必要があるため、

歯ブラシや櫛でこするのがおすすめですよ。

 

●歯ブラシでキスマークを消す方法

①まず固めの歯ブラシを準備します。

②キスマークとその周りを優しく歯ブラシでこすります。

※強くこすりすぎると悪化してしまうので注意してください

こすり終わったら15分ほど待ちましょう。

 

最初はこすった部分が赤く広がってしまいますが、

徐々に消えていくので安心してくださいね。

 

 

キスマークをつけたときはレモンがおすすめ!

毛細血管を活動的にするビタミンCがレモンには多く含まれており、

ビタミンCにはキスマークを消す効果があると言われているので

キスマークを消す方法としてレモンがおすすめなんです。

 

レモンでキスマークを消す方法としては、

キスマークが付いている部分にレモンスライスでパックしたり、

レモン汁を肌に直接つけてあげましょう。

 

事前に首全体をシャワーなどで温めたりして

血行を良くした状態で行うと、より効果が発揮できますよ。

 

 

キスマークをつけたときは馬油がおすすめ!

馬油は血行を良くする効果があることは有名だと思いますが、

そのためか馬油がキスマークを消すのに効果的と話題になりました。

 

上記の商品は馬油100%でありながらにおいがないので、

馬油独特のにおいが嫌いな方でも使用することができますよ。

 

国産馬油100%の赤ちゃんにも使用できる商品のため、

敏感肌の方でも安心して使えるのも嬉しいポイントですね。

 

しかし馬油でキスマークが消えたという人もいれば

迷信だという人もいるので、効果は個人差があるようです。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

今回はキスマークの付け方のコツや

簡単に消すアイテムを紹介していきましたが

いかがだったでしょうか?

 

「愛の証」とも呼ばれるキスマーク。

 

キスマークをつける機会がきた時には

ぜひ今回ご紹介した付け方のコツを思い出してくださいね。

 

キスマークをつける時に一番大事なことは相手を思いやることです。

 

つけるときも「いたくないかな?」や

「ここにつけても良いかな?」と心配するのは

その人のことを愛している証拠です。

 

確かに綺麗なキスマークをつけることができるのは

テクニックかもしれませんが、

そういう気持ちを忘れないようにしましょう。

 

以上、『キスマークの付け方のコツ!つける動画やいたくない簡単な方法とは?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑