*

Googleのエイプリルフールの歴代のネタや2018年の予想をご紹介!

4月1日といえば、

みなさんご存じのエイプリルフール

 

この日だけは嘘をついても良い日とされ、

一般人だけではなく、

世界中のメディアや企業も「一大イベント」にして

私たちを笑わせてくれたり、

ときには驚かせてくれますよね。

 

中には、報道したメディアに問い合わせが殺到したり、

別のメディアが真に受けて、

ニュースとして報道するなど、

クォリティの相当高いエイプリルフールのネタもあります。

 

日本でも2008年からほぼ毎年エイプリルフールには、

Google社がIT企業ならではの技術力を駆使した

楽しい嘘イベントや嘘記事で、

私たちを楽しませてくれています。

 

そこで今回は、

そんなGoogle社の歴代のエイプリルフールのネタを

振り返るとともに、

2018年のネタを予想してみましょう。

 

あくまで2018年のネタは予想なので、

期待はしないでくださいね。

Sponsored Links

 


2008年のエイプリルフールのGoogleのネタは?

●Google ダジャレサーチ β サービス開始のお知らせ


参照元URL:http://www.schaft.net/

2008年のエイプリルフールのGoogleのネタは、

Googleの検索窓にキーワードを入れると

それにちなんだダジャレが表示されるようになったというもの。

 

「ダジャレ専用超高性能クローラー OyajiBot により

全世界から収集されたダジャレの中から KudaRank が

厳選した選りすぐりのダジャレを検索することができます。

また万が一、適切なダジャレが見つからなった場合でも

人工知能 BakaUke が、

あなたのハートを鷲掴みにするダジャレを自動的に生成し、

ユーザーに表示します。」( Google Japan Blog より引用)

 

なんだかそれらしいことが書いてありますが、

よく見れば、OyajiBot(オヤジボット)、

KudaRank(クダランク)、BakaUke(バカウケ)…..。

 

「面白いけどシツコクナイセン」に負けない、

良い意味でベタなネーミングですよね。

 

例えば、

着物・・・ほとんどは続けていくベキモノ

日光・・・ニッコウケいきどうしゃ

年賀状・・・ネンガジョウガ深すぎる流されろ

 

これはダジャレですか?というものも多々ありますが、

コンピュータが生成したものだそうなので、

その点は多めに見てあげましょう。

 

 


2009年のエイプリルフールのGoogleのネタは?

●ガチャピン、Googleマップのアドバイザーに就任+Google川柳


参照元URL:https://japan.googleblog.com/

ガチャピンがGoogleマップの

アドバイザーに就任するというネタ。

 

Googleストリートビューの人型アイコン(ペグマン)も

ガチャピン型のアイコンに変更されるというものでした。

 

ガチャピンアドバイザーの初仕事は

Googleマップを紹介する使い方講座に出演ということで、

Googleのオフィスで辻野社長さんとの

記念写真が掲載されていました。

 

なかなか手が込んでますよね。

 


参照元URL:https://japan.googleblog.com/

 

さらに、2009年のエイプリルフールには

もう一つネタがありました。

 


参照元URL:https://japan.googleblog.com/

こちらも前年のダジャレサーチと同じで、

検索窓にキーワードを入れると

そのキーワードを用いた川柳が表示されるというもの。

 

「Google が人工知能 CADIE を開発し、

その CADIE が世界中で面白いサービスを提供するという設定で

Google 川柳を提供しました。人工知能 CADIE は架空のものですが、

コンピューターによる川柳の自動生成を行ったのは、

ウソではありません」( Google Japan Blog より引用)

 

こちらもコンピュータによる自動生成だったのですね。

 

とはいえ、ユーザに見せられないものは人手で省いたり、

偶然見つけたときに喜べるように

表示される川柳を400種弱に制限するといった工夫もなされ、

すべてをコンピュータ任せにはしない

Googleスタッフのみなさんの熱い思いを感じます。

 

 


2010年のエイプリルフールのGoogleのネタは?

●ドラム型キーボード+しりとりβ+動物音声検索


参照元URL:https://japan.googleblog.com/

JIS第一水準文字がすべて揃った

ドラム型のキーボードが開発されたというネタです。

 

完成された顔文字のキーもあり、

(^_^)や(;_;)などの

さまざまな表情の顔文字がたったの1ストロークで打てます。

 

ドラム型になっているので

楽しく作業はできそうですが、

キーが1000個以上あるため配列を覚えるのが大変そう。

 


参照元URL:http://raptor03.seesaa.net/

Googleの検索窓にキーワードを入れると

突然、しりとりが始まるというエイプリルフールのネタ。

 

当時、急上昇キーワードが

「アメリカ」になっていたそうですが、

やや企画倒れ感も・・。

 

3つめのエイプリールフールのネタは、動物音声検索です。



参照元URL:https://www.youtube.com/watch?time_continue=6&v=irlqbh_pnNQ

動物の鳴き声をGoogle音声検索すると

動物の感情を読み取り、

それに合わせた検索結果を表示させることに成功し、

音声検索機能に追加されたというネタです。

 

もちろん、エイプリルフールのネタですが、

ペットの飼い主さんたちは、

こんな機能が本当に追加されれば嬉しいでしょうね。

 

Sponsored Links

 


2011年のエイプリルフールのGoogleのネタは?

●東日本大震災のために自粛


参照元URL:https://www.google.co.jp/

この年は3月11日に東北地方に大震災があり、

Googleもエイプリルフールのネタは自粛。

 

Google のトップページには、

2009年に行われた Doodle 4 Google のコンテストで全国の

小中学生が描いたロゴが掲載されました。

 

テーマは「私の好きな日本」。

 

本来は、優勝作品のみが掲載されるコンテストでしたが、

他の子どもたちの作品も掲載することにしたそうです。

 

2011年3月11日の大震災は日本国民にとって

本当に辛い出来事でしたが、

ロゴが採用された子どもたちには嬉しいサプライズでしたね。

 

心温まるいい話でした。

 

 


2012年のエイプリルフールのGoogleのネタは?

●ファミコン版Googleマップ8bit+モールス版キーボード



参照元URL:https://www.youtube.com/watch?v=rznYifPHxDg

世界で6,000万以上の販売台数を誇る

1980年代に一世を風靡したファミコンが、

Google マップ 8 ビット」を

発表するというエイプリールフールのネタ。

 

18年ぶり、1,054 本目のソフトだとか….。

 

「普段の Google マップ と同じように検索ができます。

8ビットストリートビューで、冒険にでかけることもできます。

さらにルート案内を使って、モンスターが潜む危険な場所を避けながら、

目的地までの経路を検索することも可能」

( Google Japan Blog より引用)

 

ファミコン世代は心躍るネタですが、

はたして、ファミコンのゲーム機本体を、

いまだに持っている人がどのくらいいるのかが疑問ですよね。



参照元URL:https://www.youtube.com/watch?v=u5AYb778pwA

ドラムをたたく要領でキーボードを打つ

2010年の「ドラム入力」の改良版?で、

モールス信号を利用した入力方法

 

確かに、1000個以上ものキーのあるドラム型よりは

スペースも取りませんし、

片手でも「ツートンツートン」入力が可能なのですが、

難点は、モールス符号を覚えなければならないことです。

 

最後に、

Q. カラーバリエーションはありますか?

A. ツートンカラーで考えています。

( Google Japan Blog より引用)

 

洒落がきいてますね。

 

Sponsored Links

 


2013年のエイプリルフールのGoogleのネタは?

●日本語入力パタパタバージョン+Googleマップ宝探し<



参照元URL:https://www.youtube.com/watch?v=HzUDAaYMNsA

2010年のドラム、

2012年のモールス信号に続く第3弾。

 

Googleのスタッフが、

駅で発着時刻の掲示板が「パタパタ」とかわるのを見て、

インスパイアされたという「日本語入力パタパタバージョン」。

 

1000以上ものキー配列やモールス符号を覚える必要もなく、

指一本で使える画期的なデバイスですね。

 

使い方は打ちたい文字のところで、

押さえていたボタンから指を離すようです。

 

いわば、逆スロットマシーン方式。

 

ただし使いこなすにはかなりの熟練した技術が必要ですね。



参照元URL:https://www.youtube.com/watch?v=_qFFHC0eIUc

もう一つはGoogleマップのストリートビューチームが、

海底から315年前に海賊キャプテンキッドが残した

宝の地図を発見したので、

それを元にみんなで力をあわせて

宝探しをしようというエイプリールフールのネタでした。

 

地図はスタッフがインド洋で水中撮影を行なっている時に

サンゴ礁の影にあった箱の中から見つけたということですので、

壮大なエイプリールフールのネタですね。

 

とにかくストーリーがこっていて動画も本格的です。

 

 


2014年のエイプリルフールのGoogleのネタは?

●日本語入力マジックハンド+ポケモンチャレンジ



参照元URL:https://www.youtube.com/watch?v=0u1zoaJYAmw

フリック入力の操作性を改善したデバイス

Google日本語入力マジックハンドバージョン。

 

ネイルがじゃまだったり、

手袋をしていて使えないときに

威力を発揮するマジックハンド

 

キーボードを繋げることもできるそうですが、

マジックハンドがもう少し小さければいいですよね。



参照元URL:https://www.youtube.com/watch?v=4YMD6xELI_k

スマホ版のGoogleマップで

ポケモンを探すエイプリルフールのネタ。

 

これはもう2016年に大ヒットした「Pokemon GO

そのものですよね。

 

エイプリルフールのネタは実現しないというジンクスが

あるという説もありますが、

たまには現実化することもあるのですね。

 

Sponsored Links

 


2015年のエイプリルフールのGoogleのネタは?

●Google 日本語入力ピロピロバージョン+Google パックマップ+GooglePanda



参照元URL:https://www.youtube.com/watch?v=gAgOnQqyDz0

小型のモジュールをピロピロ笛に装着。

 

吹いて伸ばしたピロピロの部分の長さを

赤外線センサーで計測して

文字に変換するデバイスが開発されたというエイプリルフールのネタ。

 

つり革や手すりにつかまっていても、

赤ちゃんを抱っこしていても、

逆立ちをしていても使えるのが魅力。

 

ただし、これもかなりの技術がいりそうです。

 

最後に

Q. 息を呑むようなデバイスですね。

A. 正しくお使いいただくためには、息は吐いていただく必要があります。

( Google Japan Blog より引用)

 

やはり、洒落がうまい!

パックマップ
参照元URL:https://japan.googleblog.com/

お次はこわーいモンスター、

オイカケ、マチブセ、キマグレ、オトボケの

現在地を表示してくれるパックマップ

Google マップの機能に追加されたというエイプリルフールのネタです。

 

パックマップは行く手を阻むモンスターを表示して、

ユーザーの身を守ってくれるというから、

エイプリルフールのネタだけではなく、実用化が待たれますね。



参照元URL:https://www.youtube.com/watch?v=lI9Qb4PuiOU

 

上の動画は、

見覚えがあるようなシーンですね。

 

ここでリリースされたGoogle Pandaは、

検索のインターフェイスを大胆に変更。

 

パンダのぬいぐるみ向かって質問するだけで、

パンダがなんでも答えてくれますので、

小さな子どもたちからおじいちゃん、おばあちゃんまで、

どなたにでも親しんでもらえそう。


参照元URL:http://logmi.jp/

可愛くて夢のあるエイプリルフールのネタですよね。

 

これもいずれ実用化しそうです。

 

Sponsored Links

 


2016年のエイプリルフールのGoogleのネタは?

●Google日本語入力物理フリックバージョン+「Mic Drop」(マイクを落とす)ボタン



参照元ULR:https://www.youtube.com/watch?v=5LI1PysAlkU

2016年のエイプリルフールのGoogleのネタは、

スマートフォンの入力方式である「フリック入力」に

「ふれるよろこび」をプラスした

Google 日本語入力物理フリックバージョンの発表です。

 

スマートフォンとパソコンの中間のような使い心地ですね。

 

フリックと違って、

キーを「打つ」楽しみを味わえそうです。

 

実用性の追及だけでなく、

Google自慢の遊び心やゆとりを感じさせる

日本語入力バージョンですね。

Mic Drop
参照元URL:https://wired.jp/

こちらは、米Googleの「Gmail」でのエイプリルフールネタ。

そしてこれは大変なトラブルに発展しました。

 

通常「Gmail」メールを書き終わったあとに押す

「Send & Archive」(送信してアーカイヴする)ボタンを、

「Send & Mic Drop」(送信してマイクを落とす)に置き換えた面白機能。

 

Send & Mic Drop」のボタンをクリックすると、

王様に扮したミニオン(映画「怪盗グルー」シリーズに登場する黄色い生物)

マイクを落とす(こちらからは何も言うことはない、という意思表示)。

 

すると、上の写真のようなGIFが

添付された状態でメールが相手に届きます。

 

drop the micとは、

スピーチやトークを終えた人が、その出来が最高に良かったので、

もはや誰もマイクを取って話をする必要がないという意味で、

わざとマイクを床に落とすことだそうです。

 

日本人には少しわかりにくいのですが、

自分のメールが素晴らしいので、

もうあなたからの「返信は不要」という意味にもとれますね。

 

それが、そのボタンの位置が使い慣れた

普通の送信ボタンの近くにあったため、

重要なビジネスメールで誤って

このボタンをクリックしてしまうというトラブルが多発し、

Googleも二度に渡って謝罪したそうです。

 

エイプリルフールのネタも、

限度が過ぎるとトラブルに発展してしまうといういい例でした。

 

 


2017年のエイプリルフールのGoogleのネタは?

●もふもふのわんことにゃんこ向け検索+Google日本語入力プチプチ入力


参照元URL:https://japan.googleblog.com/

四本足のお友だち(わんこやにゃんこ)を対象に、

新しい検索サービスの提供を開始するという

エイプリルフールのネタ。

 

ぷにぷにの肉球でタッチするだけで、

犬や猫たちにとって気になる情報に

アクセスすることができるということです。



参照元URL:https://www.youtube.com/watch?time_continue=94&v=RkJZDvHMyTA

こちらも入力に「ぬくもり」や「てざわり」を求めた

Google日本語入力、プチプチバージョン。

 

方法はマークシートのように、

入力したい文字に対応するプチプチを潰して、

デバイスに読み込ませるというものですが、

潰すことでストレス解消になりますし、

潰した時にアロマの香りがするそうです。

 

Sponsored Links

 


2018年のエイプリルフールのGoogleのネタの予想!

●過去1年間のGoogle検索でお見合い大作戦!


参照元URL:https://icons8.com/

続いて2018年の

Googleエイプリルフールネタの予想というより、

Google風のITを利用した

エイプリルフールのネタを考えてみました。

 

2017年4月2日から2018年3月31日の期間を対象に、

あなたがGoogleで検索したすべてのキーワードをAIが分析

 

その分析結果から、

参加料たったの5ドル世界40か国のGoogleユーザーから

AIがあなたにぴったりのお相手を見つけてれます。

 

40カ国語に対応したリアルタイム翻訳機能

「Google Translate on Pixel」を搭載。

 

上の機能を使いますので言葉の心配は必要ありません

 

参加ご希望の方は、

2018年4月1日の午前11時59分までにお申し込みください。

 

先入観が入ると正しい判断ができませんので、

相手の国籍や、年齢、ルックスはお知らせいたしません。

 

みなさん、同じ男女のアイコンを使います。

 

インターネット上の

Google特設チャットページで十分会話し、

お互いに交際をスタートする意思が固まりましたら、

「交際承諾」ボタンを押してください。

 

そこでAIが、お二人がダイレクトに連絡を取りあう

お手伝いをさせていただきます。

 

なお、残念ながら、2019年3月31日24:00まで

交際まで発展することがない場合は、

お預かりした参加料の5ドルを全額返却するとともに、

パートナーを見つけることができた

ラッキーな方々の参加料の総合計を、

みなさんで山分けしてもらいます。

 

もちろん素敵なパートナーを見つけていただくに

越したことはありませんが、

交際にまで発展しなかった方々にも損はありません。

 

あなた以外のほとんどの方が無事カップルになれば、

あなたは巨額のお金を手にすることができるでしょう。

 

なお、過去の検索キーワードによる分析や

お見合い相手のご紹介は、

すべてAIが行いますので、

あなたのプライバシーはしっかりと保護されます。

 

以上、2018年のエイプリルフールの

Googleのネタを考えてみました。

 

いくらAIとはいえ、

自分が過去に検索したキーワードを分析されるのは、

複雑な気分ですよね。

 

でも、「本音と建前」の「建前」の部分さえ無くせば、

最高に相性の良い理想のパートナーを

見つけることができるのかもしれませんね。

 

相手のルックスや年齢がわからないのも、

余計な先入観が入らないので良いかもしれません。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

エイプリルフールの嘘のネタの例30選!時間帯や叶わないジンクスとは?

春のイベント、行事や記念日って?それぞれの意味や楽しみ方とは?

4月のイベント、行事や記念日って?それぞれの意味や楽しみ方とは?

 

いかがでしたでしょうか?

 

以上、2008年から続いている

歴代のGoogleのエイプリールネタをご紹介しました。

 

4月1日はみなさんご存じのエイプリルフール

 

人を悲しませたり怒らせたりする嘘はいけませんが、

みんなを明るくハッピーにする楽しい嘘なら、

年に一度のイベントとして許されるでしょう。

 

Google社のようにお金をかけて

動画やモノを作ったりすることは

個人ではなかなか難しいのですが、

どうせなら多少は信じてもらえるような

クオリティの高いエイプリルフールのネタを考えて、

みんなで思いっきり盛り上がってみたいですね。

 

以下、『Googleのエイプリールの歴代のネタや2018年の予想をご紹介!』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑