結婚を控えた方が意外に悩むのが

結婚指輪をいつからつけるのか、という

問題であるのはご存知でしたか?

 

結婚指輪をいつからつけるのかは

昔ならシンプルに、

結婚式を終えてからという

暗黙の了解だったでしょう。

 

しかし結婚スタイルが多様化した

現代においては、

結婚指輪をいつからつけるのかというのは

結構タイミングが掴みづらいものなんです。

 

今回は悩める皆さんのために

結婚指輪はいつからつけるのか、

そのタイミングや失敗例を含めて

婚約指輪との切り替え時期も

ご紹介していきましょう。

Sponsored Links

 

結婚指輪っていつからつければいいの?


参照元:https://pixabay.com/

結婚指輪はいつからつけるのか、

という問題ですが、

これは結婚式の後からというのが

今でも一般的な捉え方です。

 

古くは11世紀のヨーロッパから

始まった慣習が、

結婚式の時からというものですので

正統に倣うならばそうした方がよいでしょう。

 

地方ですと尚更、まだまだ年配の方は

結婚してから結婚指輪を、という

考え方が主流です。

 

周囲に心配されたくなければ

素直にこれに従った方がベスト。

 

 

結婚指輪はいつからつける人が多いの?


参照元:https://pixabay.com/

次は実際問題として結婚指輪は

いつからつける人が多いのか、に

迫ってみましょう。

 

こちらは挙式後という

オーソドックスなケースと、

式に先駆けての入籍日からというのが

現代では半々になっています。

 

入籍日も記念日、挙式日も記念日

という考え方が増えていますので、

どちらでも問題はなさそうです。

 

Sponsored Links

 

結婚指輪をつけるタイミングを誤った方の失敗例は?

なかには結婚指輪はいつからつけるのか

迷った挙句に思いきって

自己判断でタイミングを誤った方も。

 

必ずしもすべての方のケースに

これから紹介していく、

結婚指輪をいつからつけるのかを

誤ったことが

当てはまるわけではありません。

 

ご参考までに以下の結婚指輪を

いつからつけるのか、

タイミングを外した!の

に目を通してみて下さいね。

 

結婚後しばらくしてからつけたのはタイミングを誤った!


参照元:https://pixabay.com/

最初にご紹介する結婚指輪は

いつからつけるのかで

タイミングを誤った例は、

結婚後しばらくしてからつけたというものです。

 

挙式でとりあえずつけたものの

高価なものですし、

日常生活の動作で邪魔になるからと

しばらくつけなかったことによる失敗。

 

これは周囲が何となく

「結婚したのになぜ?結婚指輪を

いつからつけるのかな?」

気にすることが嫌だった、というもの。

 

挙式後は一応お知らせ的に

暫くの間はつけっぱなしでいたほうが、

周囲の余計な詮索がなくて済みますね。

 

 

注文のタイミングを誤ってしまった!


参照元:https://pixabay.com/

次にご紹介する結婚指輪は

いつからつけるのかで

タイミングを誤った例は、

注文のタイミングを誤ったというものです。

 

まず結婚指輪を探し始める時期は

大体挙式のほぼ一年前からです。

 

お直しのことなども考えると

挙式の半年前には準備できているのが

ベストと言えます。

 

それを知らずしてギリギリ注文となり、

結局挙式に間に合わなかった、という

悲しい失敗例も少なからず起こっています!

 

 

入籍日につけてしまったのは気まずかった!


参照元:https://pixabay.com/

次にご紹介する結婚指輪は

いつからつけるのかで

タイミングを誤った例は、

入籍日につけてしまったというものです。

 

結婚式より先に入籍する方も多いため、

意外に結婚指輪をいつからつけるのかで

失敗例として多いのもこちら。

 

入籍イコール夫婦、という

考え方が主流ですので、

式前につけてしまうと

式への盛り上がりが半減するとか。

 

指輪交換の感動が薄まったのは

やはり残念だと思うようです。

 

 

婚約指輪とセットで先につけたのは失敗だった!


参照元:https://pixabay.com/

最後にご紹介する結婚指輪は

いつからつけるのかで

タイミングを誤った例は、

婚約指輪とセットで先につけたというものです。

 

ハイブランドですとシリーズで

婚約指輪と結婚指輪が、

合わせて一つのデザインになるものも

多くなっています。

 

婚約時にこのようなデザインを買うと

やはり先につけてみたくなるもの。

 

それを見た人から

「あれ、もう結婚したの?」

問われるのが面倒臭かったという意見です。

 

また本人たちも新鮮味が失われて

我慢すればよかった・・・と思うよう。

 

 

結婚指輪はいつからつけるのがおすすめ?


参照元:https://pixabay.com/

結婚指輪はいつからつけるのが

おすすめかは一概に言うことは

難しいですよね。

 

ただ挙式が新しい2人の

スタートと考えるなら、

結婚式後からがおすすめです。

 

ふたりだけでする入籍手続き

やはり区切りとするなら、

挙式前がふさわしいものとなりますよね。

 

2人の意見をすり合わせて、

お互いがいいと思う日にすることが

大切な事でしょう。

 

結婚指輪はふたりだけのものですし、

一生ふたりですべてを

決めていくことだからです。

 

Sponsored Links

 

結婚指輪は毎日つけてもいい?


参照元:https://pixabay.com/

結婚指輪は毎日つけるのが

当たり前、と思いますよね。

 

確かにシンボリックな意味では

間違っていませんが、

貴金属はデリケートなものという

現実も忘れてはいけません。

 

純度が高いプラチナや金は

柔らかいので傷つきやすいものです。

 

またパールなどの貴石も

損なわれやすいのでご注意を。

 

綺麗に保ちたいならば

シーンや状況に応じての、

こまめな付け外しがおすすめですよ。

Sponsored Links

 

婚約指輪から結婚指輪に切り替えるタイミングは?


参照元:https://pixabay.com/

婚約指輪から結婚指輪に

切り替えるタイミングも、

中々悩みどころですよね。

 

別々なブランドで購入したなら

重ねづけが不調和な場合もあるので、

挙式のタイミングで切り替えがおすすめ。

 

先の項目で述べたように

同ブランドのシリーズでしたら、

重ねづけで一つのデザインになります。

 

その場合は婚約指輪を外さなくとも

そのままつけ続けて構いません

Sponsored Links

 

結婚指輪を綺麗に保つアイテムは?

年月を経て傷や汚れも

愛おしくなってくる結婚指輪。

 

しかし結婚したてのフレッシュな

気持ちや決意を忘れないためにも、

やはり綺麗に保つのがベストですよね。

 

以下に結婚指輪を綺麗に保てる

おすすめアイテムをご紹介します。

 

結婚指輪を綺麗に保つにはクリスタルジュエリーケースがおすすめ!


最初にご紹介する結婚指輪を

綺麗に保つためのおすすめアイテムは、

上記のクリスタルジュエリーケースです。

 

結婚指輪はやはりつけっぱなしだと

汚れがつく速度も速くなります。

 

傷がつく恐れがある作業や

夏場の皮脂が多い時期は、

こまめに外してしまうのが正解です。

 

大きなジュエリーボックスに

しまうよりも、

このような専用ケースで保管すると

わかりやすくなります。

 

こちらは透明なので

中身がすぐにわかる、

特別感もおすすめですよ。

 

 

結婚指輪を綺麗に保つにはジュエリークリーナーがおすすめ!


次にご紹介する結婚指輪を

綺麗に保つためのおすすめアイテムは、

上記の宝石貴金属類用

ジュエリークリーナー液

CONNOISSURSです。

 

中性洗剤と界面活性剤、

ポリマー入りなので

1本でクリーニングが済む

らくちんアイテムがこちらです。

 

しばらく浸け置きして専用ブラシで

軽くこすってから、

流水ですすぐだけでOK。

 

専用トレーもついているので

入れものを探す必要もありませんね。

 

 

結婚指輪を綺麗に保つにはジュエリークロスがおすすめ!


次にご紹介する結婚指輪を

綺麗に保つためのおすすめアイテムは、

上記のテイジン超極細繊維

ミクロスタージュエリー

クリーニングクロスです。

 

宝石・貴金属・真珠・時計・レンズ等、

マルチに使えるクロスがこちら。

 

ミクロン単位の微細構造を誇るので

指紋や油性汚れもサッと拭くだけで、

ピカピカの結婚指輪に戻ります。

 

何といってもこちらはシリコンや

研磨剤などが含まれていないので、

純度の高い金やプラチナにも

安心して使えます。

 

 

結婚指輪を綺麗に保つには極細歯ブラシがおすすめ!


次にご紹介する結婚指輪を

綺麗に保つためのおすすめアイテムは、

上記のmatsukiyo 極細ハブラシ

やわらかめです。

 

名前や年月日の彫りを

結婚指輪に入れていると、

そこに汚れがたまりやすくなります。

 

そんな時に役立つアイテムがこちら。

 

歯ブラシは極細のものなら

きちんと彫りのすみずみまで磨けますし、

柔らかめの毛質はプラチナなど

傷つきやすい金属でも傷めません!

 

 

結婚指輪を綺麗に保つには中性洗剤がおすすめ!


最後にご紹介する結婚指輪を

綺麗に保つためのおすすめアイテムは、

上記のライオン チャーミーグリーンです。

 

とりわけダイヤモンドは

皮脂汚れに弱くくすみやすいので、

洗剤で定期的に汚れを落とす必要があります。

 

デイリーにキッチンで

中性洗剤を使用していれば、

家事と結婚指輪クリーニングができて

一石二鳥なんですよ。

 

最近のチャーミーグリーンは

“野菜も洗える”をコンセプトに、

洗浄力はそのままに

手肌にも極めて優しいものになっているので、

指輪にも手にも安心ですね。

 

Sponsored Links

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

<関連記事>

結婚式の席札メッセージ!親戚や上司、友人や両親のおすすめ文例!

結婚式は両親にプレゼント!人気やおすすめな感動ギフトは?

花嫁の髪型!結婚式のウェディングドレスに合うショートやロングは?

結婚指輪はハワイアンジュエリーを!人気ブランドやおすすめは?

結婚式は洋楽のBGMを!おすすめな洋楽をランキングでご紹介!

結婚式では両親にプレゼントを!人気のある贈り物のご紹介!

結婚式の二次会の景品は?おすすめをランキングでご紹介!

結婚式ではアスコットタイを!結び方やおすすめをご紹介!

結婚式のドレス!夏におすすめな可愛い、綺麗なデザインをご紹介!

いかがでしたでしょうか?

 

本記事では結婚指輪はいつからつけるのか、

そのタイミングや失敗例、

婚約指輪との切り替え時期を

ご紹介して参りました。

 

婚姻のスタイルが多様化して

自由度も増している現代ですから、

結婚指輪はいつからつけるのか

迷う方は大勢いらっしゃいます。

 

しかしそれだけに結婚指輪は

いつからつけるのか、も

それほど神経質にならずともよいのです。

 

周囲の眼差しも柔らかいですし、

つけるのが遅い方に対して

結婚指輪はいつからつけるのか、

昔ほど咎める人も存在しなくなっています。

 

ふたりのライフスタイルと

リズムに合わせたタイミングで、

結婚指輪を指に輝かせて下さいね。

 

以上、『結婚指輪はいつからつけるの?タイミングや失敗例、婚約指輪との切り替え時期も紹介!』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事