フワフワの泡で満ちたバスタブから

綺麗な女性がすらりとした脚を伸ばして、

リラックスタイムを楽しんでいる・・・、

 

女性なら小さい頃に、このイメージに

憧れたことが一度はあるでしょう。

 

しかし大人になってみると泡風呂作りは

結構面倒くさい、コストがかかる、

さらに掃除も大変!という事実に気づいて

割と二の足を踏んでしまいますよね。

 

しかし家庭にあるもので簡単に、

そしてリーズナブルに泡風呂の作り方

助けてくれるものがあるんです!

 

今回は泡風呂の作り方で、

家庭にあるもので細かい泡を作る方法や

貯めたお湯から作る裏技などを

ご紹介して参りましょう!

Sponsored Links

 

泡風呂の作り方のコツって?

泡風呂の作り方にコツがあるとは

意外に知られていない事実です。

 

きれいにフワフワの泡が満ちた

泡風呂を作るためのコツを、

以下にいくつかご紹介してみますね。

 

泡風呂の作り方のコツ1:液体を使用する時は蛇口の真下に


参照元:https://jenychooz.com/

最初にご紹介する泡風呂の作り方で

コツとなるポイントは、

液体を使用する時は蛇口の真下に

流し入れることです。

 

泡を立てるためには強い水圧を

リキッドソープに当てることが必要。

 

したがってお湯を張る時に

蛇口の真下あたりの位置に、

リキッドソープを流し入れます。

 

勢いよくお湯を出しながら

数滴ずつ垂らしていくのも、

泡立てやすいやり方ですよ。

 

 

泡風呂の作り方のコツ2:ぬるま湯を使用すること


参照元:https://publicdomainq.net/

次にご紹介する泡風呂の作り方で

コツとなるポイントは、

ぬるま湯を使用することです。

 

熱すぎるお湯や冷たすぎるお湯では、

泡立ちが悪いとも言われています。

 

さらに泡立ったとしても

ぬるま湯でないとせっかく立った泡が

消えやすいのも特徴。

 

泡風呂は長くバスタブに使って

楽しむものですから、

ぬるま湯くらいが丁度いいですよね。

 

 

泡風呂の作り方のコツ3:バスソルトと合わせて使うこと


参照元:https://www.cadeau-maestro.com/

次にご紹介する泡風呂の作り方で

コツとなるポイントは、

バスソルトと合わせて使うことです。

 

せっかくモコモコに泡立てても

時間経過とともに泡が消えてしまう、

そんな話をよく聞きます。

 

バスソルトと合わせると、

石けんのイオン性界面活性剤が

塩分に反応して、

泡が安定して消えにくくなりますよ。

 

 

泡風呂の作り方のコツ4:2回に分けてお風呂を張ること


参照元:https://www.beaute.fr/

最後にご紹介する泡風呂の作り方で

コツとなるポイントは、

2回に分けてお風呂を張ることです。

 

よくやってしまいがちなのが、

リキッドソープを流し込んだら

一遍にお湯を張ってしまうこと。

 

これでは泡が立ちにくいのです。

 

まずはバスタブに半分くらい、

浸かるためのお湯を張ります。

 

そのあとで泡立て用に

リキッドソープを流し込み、

水圧を強く出したお湯を張りましょう。

 

最後に仕上げとして手で泡に

空気を含ませるようにして

かきまぜを行なったらOKです。

 

Sponsored Links

 

泡風呂の作り方1:ボディーソープを使う!



参照元:https://www.youtube.com/

上記にご紹介している動画では

ボディソープを使用した泡風呂の

作り方が説明されています。

 

詰め替え用のパウチで

4個分も使った贅沢風呂ですが、

1個でも十分に泡立つでしょう。

 

まず最初にボディソープを流し込んで

少量のお湯を張ったら、

手でかき混ぜて細かく泡立てていきます。

 

ある程度泡が立ったら

お湯を身体がつかる程度まで張りながら、

さらに泡立てていけば完成です。

 

 

泡風呂におすすめなボディーソープは?


上記にご紹介するバウンシア ボディソープ

清楚なホワイトソープの香り 詰替用(1240mL)は、

泡風呂の作り方に最適なボディーソープ。

 

マシュマロのようにきめ細かな

もっちり泡が簡単に作れて、

身体の汚れを剥がしとると評判の

ボディソープがこちら。

 

泡風呂を作って入れば

肌への感触が最高に心地よく、

贅沢なクッションに埋もれているかのよう

 

こちらは詰め替え用の1.2リットルですから

たっぷり泡風呂作り用に使えます。

 

 

ボディーソープを使って泡風呂を作る時のメリットは?


参照元:https://www.dove.com/

ボディソープを使った

泡風呂の作り方のメリットは、

身体もしっかり湯船で洗えることです。

 

しかも浴槽いっぱいに泡が作れることが、

表面上に泡が浮くだけの

泡風呂専用ソープとの違い。

 

ふわふわの泡に体中を浸したい!という時は、

是非試してみて下さいね。

 

 

ボディーソープを使って泡風呂を作る時のデメリットは?


参照元:http://www.thisisglamorous.com/

ボディーソープを使っての

泡風呂の作り方を行なう場合、

デメリットは泡が掃除しにくいことです。

 

やはり泡風呂専用でないために

かなりの量のボディーソープを

使用しますから、

いつまでたっても泡が残りがち。

 

掃除に時間がかかるほか、

何本ものボディーソープを使うので

コストも結構かかってしまいます。

 

Sponsored Links

 

泡風呂の作り方2:シャンプーを使う!



参照元:https://www.youtube.com/

上記にご紹介している動画では

シャンプーを使用した泡風呂の

作り方が説明されています。

 

こちらはやはり詰め替え用のパウチで

2個分を使用しています。

 

手順もボディーソープと同様に、

まず最初にシャンプーを流し込んで

少量のお湯を張ったら、

手や湯かき棒でかき混ぜて泡立てていきます。

 

ある程度泡が立ったら

お湯を身体がつかる程度まで張りながら、

さらに泡立てていけば完成です。

 

 

泡風呂におすすめなシャンプーは?


上記にご紹介するarau.(アラウ)

泡せっけんシャンプー 詰替用(450mL)は、

泡風呂の作り方に最適なシャンプー 。

 

泡で洗う、という発想だけあって

通常のシャンプーより

きめ細かく盛り立った泡ができます。

 

ラベンダーとライムの精油配合ですから

天然アロマ効果も狙えて、

リラックス目的の泡風呂にはうってつけですね。

 

 

シャンプーを使って泡風呂を作る時のメリットは?


参照元:http://www.letribunaldunet.fr/

ボディソープを使った

泡風呂の作り方のメリットは、

髪の毛も一緒に湯船で洗えることです。

 

髪の長い方は普段なかなか

シャワーでは奥まで浸透しづらく、

しっかり頭皮を洗うのに苦労するところ。

 

シャンプーの泡風呂ならば

頭ごとつけ洗いできますから、

すっきりと洗い上げられますよ。

 

 

シャンプーを使って泡風呂を作る時のデメリットは?


参照元:https://www.masculin.com/

シャンプーを使っての

泡風呂の作り方を行なう場合、

デメリットはボディーソープ同様に

泡が掃除しにくいことです。

 

泡風呂専用でないために

必然的に大量のシャンプーを

使用せざるを得ないので、

ヌルヌルを取り切るのに一苦労です。

 

また、頭皮専用に作られたものですから

身体全体に長時間触れた時に、

場合によっては軽い皮膚トラブル

引き起こす方もいるかもしれません。

 

Sponsored Links

 

泡風呂の作り方3:重曹とクエン酸を使う!



参照元:https://www.youtube.com/

上記にご紹介している動画では

重曹とクエン酸を使用した泡風呂の

作り方が説明されています。

 

動画は㎏単位で混ぜたものなので

バスルームから溢れてしまっていますが、

泡風呂用にはコップ一杯ずつから

様子を見て作れば大丈夫です。

 

少しお湯を張って重曹とクエン酸を

混ぜたものを入れ、

泡の様子を見ながらお湯を張っていきましょう。

 

 

泡風呂におすすめな重曹とクエン酸は?


上記にご紹介する重曹クエン酸

(各850g)セットは、

泡風呂の作り方に最適な2種セット。

 

二つを混合したものは

万能汚れ落としとして使えますし、

単体でも料理に活躍するものです。

 

環境に優しい掃除グッズ、

さらに炭酸泡風呂としての

健康効果も見込めるため、

沢山あって困るものではないので是非!

 

 

重曹とクエン酸を使って泡風呂を作る時のメリットは?


参照元:https://www.photo-ac.com/

重曹とクエン酸を使った

泡風呂の作り方のメリットは、

浴槽掃除とヘルスケアが一緒にできることです。

 

重曹とクエン酸の泡風呂は

皮膚科医も推奨するくらい、

血行促進と角質ケアや体臭予防に

効果的なんですよ。

 

さらにこの2つを使った湯垢落としや

カビ落としは良く知られるところ。

 

楽しみと実用を兼ねられる

一石二鳥の泡風呂です。

 

 

重曹とクエン酸を使って泡風呂を作る時のデメリットは?


参照元:https://fr.freepik.com/

重曹とクエン酸を使った

泡風呂の作り方のデメリットは、

沢山入れ過ぎると止まらないくらいに

泡があふれ出すことです。

 

ご紹介した動画でその様子が

紹介されていましたね。

 

コップ一杯ずつから始めて

調整して泡を作り、

お湯を張っていくようにしましょう。

 

Sponsored Links

 

お湯を溜めた状態から泡風呂を作る方法!



参照元:https://www.youtube.com/

上記にご紹介している動画では

お湯を溜めた状態での泡風呂の

作り方が説明されています。

 

お湯を張った浴槽に浸かり、

バスボムにシャワーを当てるだけで

適度な泡が既にできています。

 

さらにきめ細かく沢山の

溢れんばかりの泡を作りたいなら、

手を高速で回してお湯をかき回す

見事な泡風呂が出来上がります!

 

 

お湯を溜めた状態から作るにはラッシュのバブルバーがおすすめ!


上記にご紹介するLUSH/ラッシュ

ゴールドフィーバー バブルバー150gは、

泡風呂の作り方に最適な2種セット。

 

泡風呂といえばラッシュ、と

すぐに思い浮かぶくらい

超人気のバスボムシリーズ。

 

こちらのゴールドラッシュは

お湯で溶かすと金ラメが弾けだし、

キラキラしたゴージャスな泡が!

 

嬉しいことがあった日の

特別なバスタイムに、

弾けて輝く泡風呂をどうぞ。

 

Sponsored Links

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

いかがでしたでしょうか?

 

本記事では泡風呂の作り方で、

家庭にあるもので細かい泡を作る方法や

溜めたお湯から作る裏技などを

ご紹介して参りました。

 

憧れの泡風呂が自宅にあるもので

気軽に作れるなんて夢のよう!

 

ご紹介したものの中にヘルスケアに

効果的なものもありましたから、

こちらも試してみたいところ。

 

是非、リラックスタイムに

簡単泡風呂の習慣を、

根付かせてみて下さいね。

 

以上、『泡風呂の作り方!家庭にあるもので細かい泡を作る方法や溜めたお湯から作るには?』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事