日差しの強くなってくる

春から夏の終わりにかけて

日焼けした体に

湿疹ができることがあります。

 

日焼けした皮膚に

ぶつぶつとした発疹が出て

肌荒れを起こし

赤くはれ上がって

かゆくなったり

痛みを伴うこともあります。

 

この湿疹は何でしょうか。

 

そして、どうしたら

治まるのでしょう

 

今回は、日焼けのときに出来る

湿疹の原因とその治療法

湿疹に関連する情報について

お伝えしましょう。

Sponsored Links

 

日焼けで湿疹ができる原因は?


出典:https://pixabay.com/

日に当たった皮膚に

湿疹が生じる症状

日光アレルギーと呼んでいます。

 

これは、日焼けした体に

発疹が出ることを

ひとまとめにした

一般的な呼び名であって

正式な病名ではありません。

 

この日光アレルギーには

いくつかの医学的な区分が

されていて

それぞれに異なる原因や

治療法、対策が当てられています

 

では、

この日焼けの湿疹の原因

詳しく見てみることにします。

 

日光性皮膚炎

日焼けした体は表面の皮膚が

太陽の紫外線によって

炎症を起こしています。

 

皮膚の表面は破れて

一部は死んでしまい

皮膚の下の組織が

露出して外界に直接

触れている状態です。

 

このようになった皮膚を

更に続けて太陽光線に

さらし続ける

皮膚は紫外線によって

重度のやけどを負った状態になります。

 

組織中に生じた

さまざまな化学物質が

太陽の紫外線で変質

裸になった皮下組織が

アレルギー反応を起こして

湿疹を生じる

と考えられています。

 

これはいわば

体を焼きすぎて

皮膚が体を守れなくなった

状態です。

 

日焼けした体がかゆくなったり

晴れ上がったりする期間を

過ぎてから、

焼けた皮膚の上に湿疹が出て

その部分が腫れ上がったり

水膨れになって

うろこのようなひび割れができます。

 

体を長く焼き続ければ

誰でも起こる可能性が

ありますが、

特に6歳以下の子ども

60歳以上の高齢者

この反応を起こしやすいことが

知られています。

 

また、日焼けに対する

抵抗力の弱い方

特に気をつけましょう。

 

一般的に肌が弱い人、

肌の色が白い人

紫外線が皮膚を焼いたときに、

皮膚が生成するメラニン

生成する能力が低いことが

多いのです。

 

メラニン肌を紫外線から

守るために体が作り出す

物質なので、

肌が白い人は

紫外線に対する抵抗力が弱く

普通の人以上に紫外線による

影響を強く受けます。

 

 

光アレルギー疹

体を焼きすぎて

皮膚が壊れていれば、

ふだんはなんでもない化学物質が

体に毒性を持つことがあります。

 

特に紫外線を浴びて

皮膚の上の物質が化学変化を起こし、

未知の物質になって

破れた皮の間から下の組織に

しみこんだ場合、

この物質に対して

アレルギー反応を

起こすことが考えられます。

 

これはどんな物質に対しても

起こりうる反応で

肌に塗ったサンスクリーン

香水化粧品乳液

市販の痛み止め

かゆみ止めなどのクリーム剤、

も原因になります。

 

体質によっては

内服薬薬草の抽出物も

服用したことによって

太陽光線に敏感に反応する

ようになることが

知られています。

 

エリテマトーデスのような

免疫系の疾患

ポルフィリン症のような

代謝系の症状をお持ちの方は

太陽光線への感度が高くなる

ことがありますので

十分にご注意ください。

 

 

多型太陽疹

あまり長時間日に当たっていないのに

湿疹が出る場合は、

多型太陽疹(PMLE)

可能性があります。

 

日に当たって30分から

2時間くらいの間に

湿疹が出てきます。

 

腕や胸のVライン、

下肢の光に当たった部分

に生じることが多く、

小さいピンク色のぶつぶつ

光の当たった所だけに発生し、

その周辺が荒れたような

じんま疹になります。

 

ひどい場合には

水膨れになったり

かさかさした疥癬のように

なったりします。

 

PMLEは特に

20代から40代の女性

多く見られますが

子どもや、時には男性にも

発症します。

 

焼け付くような痛みや

痛がゆい感覚が数日間続きます。

 

 

日光性じんま疹

これは、主に

若い女性に見られる症状で

日に当たって数分で

日に当たった所に

じんま疹が出る症状です。

 

体質的なものが大きく、

最初は大丈夫でも

大きな病気をした後など、

急にこの症状を発症したり

する人もいます。

 

通常は日に当たることがない部分が

太陽光に当たった場合

その部分だけに

発疹を生じるものですが、

肌の弱い方の場合は

日が当たったところに生じた湿疹

日が当たっていないところまで広がって、

ひどい場合には

全身に発疹が生ずることがあります。

 

比較的まれな症状です。

 

 

日焼けで湿疹ができる時にやってはダメなことは?


出典:https://pixabay.com/

日焼けが原因で

湿疹が発生していますので

それ以上日に焼くのは

避けてください

 

焼きすぎて肌が傷つくような

強い日差しの下には

出来るだけ出ないようにしましょう。

 

太陽の紫外線は特に

午前10時から午後2時

間に強くなりますので、

外出する場合は

この時間を避けてください。

 

Sponsored Links

 

日焼けで湿疹ができる時は病院へ行くべき?


出典:https://pixabay.com/

日光アレルギーの湿疹

多くの場合、原因になっている

状況が改善されれば

数日で治まります。

 

痛みやかゆみは

家庭の治療で対処できますので

病院へ行く必要はありません

 

但し、

特に痛みが激しい場合や

水膨れがひどい場合、

頭痛、悪寒がする

めまい、吐き気がある

などの症状がある場合は

別の症状を発症している

可能性があります。

 

このような場合は

すぐに医師に相談してください。

 

 

日焼けで湿疹がおさまる期間は?


出典:https://www.photo-ac.com/

肌の焼きすぎによる

日光性皮膚炎、及び

アレルギー疹の場合

肌の炎症が治まり

皮膚が再生してくれば

変質した化学物質に対する

抵抗力が回復して

湿疹は治まります

 

肌の状況によりますが

通常4~5日で元に戻ります。

 

PMLE

日に当たらないでいれば

発疹してから2~3日

治まりますが

その後、

日光を浴びるごとに発生し、

次第に症状を軽くして

やがて消えてしまいます

 

春から夏にかけての季節の

早いうちに最初の湿疹があり

季節が終わるまでには

なくなってしまうことが

多いようです。

 

一度、治まってしまえば

その夏が終わるまで

湿疹は出なくなります

翌年の春になると

また、出てくることがあります。

 

日光性じんま疹

日の当たらないところへ

移動すれば

2時間ほどで治まります

日の当たるところで

発疹部分をさらすと

また湿疹が出てくることになります。

 

Sponsored Links

 

日焼けで湿疹ができる時は?


出典:https://pixabay.com/

日光性皮膚炎による湿疹の場合は

何よりも焼けた皮膚を直すこと

重要です。

 

肌の再生を促進するように

栄養のある食事をバランスよくとり、

水分を多めに摂って肌を休めます。

 

かゆみの原因は紫外線ではなく

体が何かの化学物質

反応しているので

アレルギーを抑える経口薬をとると

かゆみを抑えられます。

 

PMLEの場合は

体の日光に対する

馴化反応と考えられるので、

治療は必要ありませんが

肌の弱い方の場合

痛みを感じたり、

なかなか湿疹が引かない

ことがあります。

 

医師に相談して

経口ステロイド

処方してもらうと楽になります。

 

日光性じんま疹は

遺伝、又は体質によるものが多く、

深刻な場合には

専門的な投薬による治療が必要です。

 

強い香水や

酸化剤による脱色など、

肌を直接染色する化学処理

継続的にしていたりする場合は、

太陽光線に対する

肌の抵抗力が低くなりやすいので、

日光性じんま疹を発症することがあります。

 

Sponsored Links

 

日焼けで湿疹ができる時の対処方法は?

日焼けで湿疹ができる場合の

原因について説明しながら

症状の内容を説明しました。

 

このような湿疹が生じてしまった場合

基本的な対策

日焼けによる肌の異常を

抑えることになります。

 

日焼けはやけどの一種

太陽光線の紫外線によって

皮膚がやけどをして

弱っている、または

皮膚が死んでしまった状態です。

 

体を冷やし、

水分を取るのが

基本的な対処法になります。

 

日焼けで湿疹ができる時は日の下から出る!


出典:https://pixabay.com/

何よりもまず

それ以上日焼けしないように

日陰に移動します。

 

太陽の光は

曇りの日でも

その紫外線の80%は

地表に到達しています。

 

少し空が翳ったからといって

安心せずに

物理的に光があたらないところに

移動してください

 

 

日焼けで湿疹ができる時は水風呂!


出典:https://pixabay.com/

日差しをさけたら、

体を冷やしましょう

 

焼け焦げてしまった肌を冷やし、

炎症を抑えて

皮膚組織の再生を待ちます。

 

水でぬらしたタオル

患部を覆ったり

アイスパック

ガーゼでつつんで

患部にあてるのも有効です。

 

全身がかゆい、痛い場合には

冷たい水をお風呂に張って

ざぶりと入ってしまいましょう。

 

このとき、

体をこすって洗わないように

して下さい。

 

日焼けの皮膚はぼろぼろになって

まだ体の表面に残っていますので

こすり落としてしまうと

敏感な組織の部分が

露出してしまいます。

 

化学物質との反応

進んでしまったり

別の感染症を起こしてしまったり

しますので

お風呂から上がったら

水分を拭取る程度にして

ゆっくり休んでください。

 

 

日焼けで湿疹ができる時は痛み止めを飲む!


出典:https://pixabay.com/

市販薬の痛み止め

アスピリンやイブプロフェンが

主成分です。

 

こういった薬は

坑炎症剤で傷ついた肌や

組織の炎症を抑えることが

できますので

日焼けの湿疹にも有効です。

 


バファリンはイブプロフェンと

アセトアミノフェンを配合した

鎮痛解熱剤です。

 

痛みをおさえて、

炎症部分を治療してくれます。

 

 

日焼けで湿疹ができる時は保湿剤を塗る!


出典:https://pixabay.com/

傷ついた肌を保護し

表面の水分を保持するためにも、

痛んだ皮膚に

クリームやジェルなどの

保湿剤を塗っておきましょう。

 

肌が傷ついて

化学物質に反応しやすくなっています。

 

自然な原料をベースにした

シンプルなものを選んでください。

 


こちらはアロエベラ100%の保湿剤。

 

アロエジェルをベースとした

スキンケアにスージング効果のある

成分を配合し、しっとりした肌に

爽やかな潤いを与えてくれます。

 

日焼けで湿疹ができる時は水を飲む!


出典:https://pixabay.com/

体の表面の保湿と同時に

体の内部からも水分を補給します。

 

皮膚の再生のために

体は水分を必要とします。

 

脱水症状を起こさないように

スポーツドリンク

大目に飲んでください。

 

 

日焼けで湿疹ができる時はかゆみ止め!


出典:https://pixabay.com/

湿疹のかゆみは

化学物質に対するアレルギー

起因しています。

 

アレルギー反応を抑える市販薬

かゆみ止めとして有効です。

 

また、二次感染を防ぐために

抗生物質を飲んでおくと

よいでしょう。

 

Sponsored Links

 

日焼けで湿疹ができる前の予防方法は?

日焼けの湿疹が

できないようにするためには

日焼けしないようにすることが

最善の予防策です。

 

日差しの強い時間を避け、

紫外線の少ない時間を選んで

外出しましょう。

 

日焼けで湿疹ができる前に外出の時間を選ぶ!


出典:https://pixabay.com/

一日の中で最も日差しが強いのは

午前10時から午後2時

 

昼日中は家の中にいるようにすれば

日焼けするのを避けることが出来、

湿疹になるのを心配することも

不要になります。

 

一般に太陽に当たってできる

あなたの影が

実際のあなたよりも長いときは、

太陽の紫外線は弱くなっています

 

自分の背よりも

影のほうが短い間には

できるだけ外出を避け、

どうしても出なければ

いけない場合は

日差しを受ける時間を

出来るだけ短くしましょう。

 

 

日焼けで湿疹ができる前につばの広い帽子!


出典:https://pixabay.com/

日差しの中を外出する場合には

出来るだけ体の広い部分を覆う服装で、

帽子はつばの広いものを使います。

 

ロングスリーブの

シャツとパンツを着て、

しっかりした材質の

ルースフィットのものを

選びましょう。

 

色調は明るいものよりも

暗い色の服のほうが

より多くの太陽光線を

遮ってくれます。

 

フェヌア ハット ASABURE レディース 日本製 麦わら 帽子 UV 紫外線対策 春 夏 麻 つば広 FENUA 全4色 Mサイズ FENUA || レディース帽子 春夏 夏帽子 ガーデニング 日除け 日よけ帽子 紫外線 uvハット おしゃれ uvカット

こちらはFenuaの麦藁帽子

 

つば広の大き目のサイズ

UVカットのおしゃれなホットです。

サングラスをかけたりするのも

効果があります。

 

 

日焼けで湿疹ができる前にサンスクリーン!


出典:https://pixabay.com/

日焼けは太陽の

紫外線の作用で起こります。

 

紫外線には三種類あることが

知られていますが、このうち

皮膚を破壊する紫外線

UVBと言われるタイプの光線で

肌の老化を促進するのがUVAです。。

 

SPFは太陽光線防護係数

(Sun Protection Factor)の略で、

塗布した場合に皮膚が受ける

ダメージをどのくらい軽減できるか

を数値で示しています。

 

例えばSPF値30の日焼け止めであれば

何もつけない状態で15分

日に当たったのと同じ日焼けを

30倍の時間、450分かかるように

保護してくれます。

 

PAはUVAに対する効果をはかるもの、

日焼け止めの効果を高めるには

SPFとPAの双方の効果がある、

ブロード・スペクトラムの

日焼け止めを選ぶとよいでしょう。

 

紫外線の肌への悪影響を防ぐためには

SPFの方が重要です。

 

短時間だけ日差しの下を

外出する場合にはSPF15程度で

大丈夫ですが、

長時間ないし、明るい間ずっと

外に出ているような場合は

SPF値30以上のものを、

肌が白くて直ぐに焼けてしまう方は

SPF値50以上のものを

お使いいただくことをおすすめします。

 


こちらはアメリカ製、

ニュートロジーナのサンブロック

 

水、汗に強いウォータープルーフタイプ

SPF100の日焼け止めです。

日焼けで湿疹ができる前に保湿する!


出典:https://pixabay.com/

日焼けによる肌の損傷を

最も効果的に防ぐ方法が

水分の補給です。

 

日焼けは肌の水分を奪って

皮膚を乾燥させるので、

肌に湿り気を与えてやることが

肌を正常な状態に戻す上で

重要なことになります。

 

日焼けした直後に

ぬれたタオルで焼けた皮膚に

湿り気を与えましょう。

 

全身が広い範囲に亙って

日焼けしている場合は

ぬるいシャワーを浴びるか

お風呂に入るとよいでしょう。

 

Sponsored Links

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

<関連記事>

日焼けで腫れる原因や痛み、腫れをやわらげる方法、おさまる期間やおすすめの薬は?

日焼け止めのランキング2019!女性に人気の肌に優しい商品は?

髪の日焼け止めランキング!スプレーやトリートメントのおすすめ!

日焼けで水ぶくれになった時の対処方法や薬、破れた時には?

サングラスの流行は?メンズの2019年の人気の形やデザインとは?

サングラスの流行は?レディースの2019年の人気の形やデザインとは?

海やプールのメイク!おすすめや落ちない眉毛、つけまのやり方は?

サーフィンのウェットスーツ!メンズとレディースのおすすめとは?

水着の流行り!2019年のレディースのトレンドのブランドや形、色や柄別にご紹介!

いかがでしたか。

 

日焼けで湿疹が出たときには

痛んだ皮膚から入り込んだ

化学物質にアレルギー反応を

起こしていることが多いのです。

 

日焼けしすぎて

皮膚が壊れてしまうと

体の保護が出来なくなって

しまうのですね。

 

肌の弱い方は特に

紫外線で皮膚が反応しやすくなったり

普段光に当たらないところの

皮膚が紫外線で刺激されたり

することがもあります。

 

健康な皮膚の状態を維持して

楽しいアウトドアライフを

過ごしてください。

 

以上、『日焼けで湿疹ができる原因やかゆみをやわらげる方法、おさまる期間やおすすめの薬は?』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事