屋台のフランクフルト

スティック状で食べやすい上に、

いかにも腹持ちが良く食べ応えがあるので

人気のスナック。

 

香ばしい焼き色にスパイスと

肉の入り混じった匂いが、

お祭り屋台から漂うと

引き寄せられてしまいますよね。

 

そんな屋台のフランクフルトも、

実を言うと危険な側面が

潜んでいるとご存知でしたか?

 

今回はフランクフルトは屋台で

食べてはいけない理由、

それらの口コミは本当かなどを

ご紹介していきます!

Sponsored Links

 

屋台のフランクフルトを食べてはいけない理由!

つやつやと脂で光り、

スパイスと肉の焼ける匂いが食欲をそそる

屋台のフランクフルトですが、

「食べてはいけない!」と

眉をひそめられることも。

 

その理由とはいったい何なのか、

以下にご紹介してみましょう。

 

屋台のフランクフルトは虫が張り付いているかもしれない!


参照元:https://mikakukyokai.net/

最初にご紹介する屋台のフランクフルトを

食べてはいけないと言われる理由は、

虫が張り付いているかもしれないからです。

 

夏場は昼でも蚊は飛び交っていますし、

夜ともなれば白熱灯に誘われる

小虫が張り付いているのは

言うまでもありません。

 

落下した無数の小虫が

鉄板いっぱいに隙間なく並んだ

フランクフルトでプレスされて

張り付いているのは、

想像に難くないですよね。

 

 

屋台のフランクフルトは汗が流れ落ちているから!


参照元:https://www.youtube.com/

次にご紹介する屋台のフランクフルトを

食べてはいけないと言われる理由は、

汗が流れ落ちているからです。

 

火を使わない屋台でも

露天商の方は働き動いているので、

汗をかいているものです。

 

フランクフルトならもちろん、

高熱の焼き台を使いますよね。

 

調理の動きも手伝って、

汗がグリルされているフランクフルトの上に

流れ落ちています。

 

 

屋台のフランクフルトは中国産の粗悪な肉だから!


参照元:https://www.youtube.com/

次にご紹介する屋台のフランクフルトを

食べてはいけないと言われる理由は、

中国産の粗悪な肉だからです。

 

屋台のフランクフルトに使うために、

高価な国内産ブランド豚を

使用するとは考えられません。

 

食材は大量に安く仕入れることが

屋台販売の基本ですから、

中国産の化学飼料で育った

粗悪な豚肉を使用しています。

 

 

屋台のフランクフルトは調理用具の衛生面が気になるから!


参照元:https://www.youtube.com/

次にご紹介する屋台のフランクフルトを

食べてはいけないと言われる理由は、

調理用具の衛生面が気になるからです。

 

午前から夜まで出している屋台は

通し営業が基本でしょう。

 

流し水を露店内では

使えないということもあるので、

当然調理器具や時間が経って

臭いやぬめりが出てきたフランクフルトを、

わざわざ洗い直すことはないでしょう。

 

肉加工品は既に加工工程から

空気に触れて腐敗が始まっています。

 

食材に長時間触れ続けた調理器具は、

細菌が大発生している可能性が

高いのです。

 

Sponsored Links

 

屋台のフランクフルトは冷凍ものを使用しているから!


参照元:https://www.pakutaso.com/

次にご紹介する屋台のフランクフルトを

食べてはいけないと言われる理由は、

冷凍ものを解凍して使っているからです。

 

火を通していない生ものの扱いは

保健所で禁止されていますので、

冷凍ものを解凍して使います。

 

そうはいっても冷凍は

すぐに焼くことはできませんので、

解凍するのに水を使用します。

 

使用する水はと言うと

大抵が露店場所に最も近い

公衆トイレのものが一般的です

 

 

屋台のフランクフルトは販売者の衛生状態がわからないから!


参照元:https://www.pakutaso.com/

次にご紹介する屋台のフランクフルトを

食べてはいけないと言われる理由は、

販売者の衛生状態がわからないからです。

 

屋台では保健所の定めるところにより、

露店内で水の大量使用は禁止です。

 

つまり手を汚れたからといって

すぐに手を洗うことは難しい

環境下なんですね。

 

お金を触った手や用を足した後、

手を洗わずにそのまま食材を触ったりも、

よくある話のようです。

 

 

屋台のフランクフルトは中に虫が湧いているかもしれないから!


参照元:https://www.mogiten-rentaru.com/

次にご紹介する屋台のフランクフルトを

食べてはいけないと言われる理由は、

中に虫が湧いているかもしれないからです。

 

一般的に冷凍食品を解凍すると、

傷みが一層早くなるものです。

 

さらに肉加工品であるフランクフルトを

戸外に長時間そのままにすれば、

当然虫は湧きやすくなっています。

 

これは他の肉・魚類や野菜を使う屋台でも、

容易に起こりうる危険な状態です。

 

 

屋台のフランクフルトは残り物の温め直しかもしれないから!


参照元:https://www.teppanyakiki.com/

最後にご紹介する屋台のフランクフルトを

食べてはいけないと言われる理由は、

残り物の温め直しかもしれないからです。

 

お祭りの食べものでは

初日以降の食べ物は

気を付けた方がいい、と

言われるゆえんがこちら。

 

その露店で前日作ってしまって

売り切れなかったものが大量にある場合、

それを焼き直して出すことも。

 

たとえ1度焼いてあったとしても、

保存していた環境が安全である可能性は

低いものと考えられます。

 

特に暑い季節は傷みが

進んでいるはずですし、

ネズミやゴキブリが触れた怖れも。

 

Sponsored Links

 

屋台でフランクフルトを食べて食中毒になった事例はある?


参照元:https://www.youtube.com/

屋台のフランクフルトの提供で

食中毒が出たという事例は、

今のところあがっていません。

 

しかし厚生省が定めるところの、

食中毒を起こしやすい食品ランクで

上位に入ってはいます。

 

豚肉加工品の加熱が十分でないものは、

サルモネラ菌やO157発生の危険を

はらんでいるので当然と言えますね。

 

 

屋台のフランクフルトを食べてハズレを引いた人の口コミは?


参照元:https://www.teppanyakiki.com/

それでは屋台のフランクフルトを食べて、

あるいは作る過程を

実際に見て疑問を感じた人の

意見を見ていきましょう。

 

屋台でフランクを焼いている

オヤジさんの汗がボトボト落ちていた。

見ている分には笑い話だが、買うのはためらった。

忙しくなってくると

顔の汗を拭いている暇もなくなります。

 

そんな様子を見てしまうと

やはり購入はしづらいですね。

 

立ちションをして手を洗わないまま

食べ物を作っている屋台を

何度か見かけたことがあります。

 

お会計をした手でそのまま調理しているだけでわたしはダメです。

屋台という忙しい環境上、

会計と調理を一人で担当するのも

よくある話のようです。

 

余ったものを翌日お湯で再加熱して出しちゃう屋台あり。
もし気付けたとしても腹が痛くなった後。
ソーセージ通だと噛みごたえで判別可能。気づくのは買った後。

 

テキ屋でバイトしたことあるけど、

フランクフルトとかは前の日余ったヤツは

次の日お湯で温めて出してたよ。

二日目とかの最初のとかは買わない方がいいよ

消費者が見えにくい裏事情ですから、

対処の仕方といえば

食べないことを選ぶしかありません。

 

保健所がチェックしているのは

営業前の状態ですよね。

 

営業を開始すると戦場になることもあって、

食材をかなりラフで危険な扱いを

しているところが多いことは

頭に入れておいていいでしょう。

 

Sponsored Links

 

屋台のフランクフルトって保健所の許可はとってるの?


参照元:http://www.imr-rental.co.jp/

屋台のフランクフルトだけに関わらず、

お祭りやバザーなどのイベントで

屋台を出す場合には、

保健所の許可がないと店は出せません

 

屋台販売は臨時営業なので、

食のプロでなくとも

誰もが許可を得ることができます。

 

手順ですが、まず出店希望者が保健所に

申請用紙を提出した後、

その内容との照合のために

保健所立ち合いのもとで検査が行われます。

 

各自治体によって定められるところに

多少の違いはありますが、

基本的に材料を細かく切るなどの、

仕込みを屋台で行うのは禁止

 

さらに屋台での調理の際に

大量の水を使用するものや、

提供直前に加熱処理ができないものも

禁止とされています。

 

 

しっかりとしたフランクフルトを出している屋台ってあるの?


参照元:https://nishinomiya.keizai.biz/

屋台のフランクフルトの衛生面が本当に

しっかりとしたものであるかどうか、

これは現場で働いてみないと

判断は難しいでしょう。

 

絶対に安全の保障基準とは言えませんが、

消毒薬が目にみえるところにある、

水道が近くにある、

クーラーボックスを複数個持っている、

などに注意してみましょう

 

また、売れ行きが良さそうな

露店でのフランクフルトを選んだ方が

食材回転率から考えて安心かもしれません。

 

Sponsored Links

 

フランクフルトを食べてもOKな屋台はどんなところ?


参照元:https://www.teppanyakiki.com/

大きなイベントの屋台では、

食材の状態や販売者の顔が

見えにくいものです。

 

したがってこれなら、という

安心が自分判断で得られる

お祭り屋台のものを選ぶべき。

 

それは地元の小規模なイベントや

近隣モールの屋台で出されている

フランクフルトす

 

前者は作っている人が顔見知りですから

食材の出どころを聞きやすく、

衛生面での安心がありますよね。

 

後者は水道や保存に関する

衛生施設がきちんとした場所ですから、

安全性が高いと言えます。

 

Sponsored Links

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

<関連記事>

イカ焼きは屋台で食べてはいけない理由!汚いし虫や汗入り、ほぼ腐ってるって本当?

お好み焼きは屋台で食べてはいけない理由!汚いし虫や汗入り、ほぼ腐ってるって本当?

屋台の焼きそばを食べてはいけない理由!汚いし虫や汗入り、ほぼ腐ってるって本当?

夏祭りの服装!高校の女子、男子別に浴衣以外の人気コーデをご紹介!

花火大会の持ち物リスト!デートや子供連れにおすすめなグッズとは?

浴衣でメンズから人気のブランドや2019年の通販でおすすめは?

浴衣でレディースから人気のブランドや2019年の通販でおすすめは?

夏のイベント、行事や記念日って?それぞれの意味や楽しみ方とは?

夏休みはいつからいつまで?2019年の幼稚園、小中高、専門学校、大学、社会人では?

夏の旬の食材とは?魚や野菜、果物、フルーツの食べ物ランキング!

いかがでしたでしょうか?

 

本記事ではフランクフルトは屋台で

食べてはいけない理由、

それらの口コミは本当かなどを

ご紹介して参りました。

 

子供も大人も大好きな食べ物である

フランクフルトですが、

屋台の混沌で食べるのは

少し危うさを持っているようです。

 

お祭りで香りの誘惑は強いですが、

そこは我慢して家で安全に

調理したものを食べるのが賢明でしょう。

 

以上、『フランクフルトは屋台で食べてはいけない理由!汚いし虫や汗入り、ほぼ腐ってるって本当?』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事