*

ジャグアタトゥーとは?デザインやセルフのやり方、通販のおすすめは?

最近はファッションとして人気が高まるタトゥーですが、

半月ほどの期間限定でより手軽に楽しむ事ができる

ジャグアタトゥーとはどんな種類のタトゥーかご存知でしょうか。

 

消えるタトゥーというとヘナタトゥーがよく知られていますが

知名度はまだまだヘナタトゥーには及ばないものの

ジャグアタトゥーはポストヘナとも言うべき要チェックの

手軽に楽しめるボディーペイントのひとつなんです。

 

そこで今回は、ジャグアタトゥーとはどんなタトゥーかについてや

ジャグアタトゥーの人気のデザインやセルフのやり方の事など

詳しくご紹介しますのでぜひ参考にしてみて下さいね。

Sponsored Links

 


ジャグアタトゥーとは?

まだそれ程、知名度の高くないジャグアタトゥーなので

先ずはジャグアタトゥーとはどんな種類のボディーアートなのかを

詳しくご紹介していく事から始めて参りましょう。

 

ジャグアタトゥーとは植物由来の消えるタトゥー!


参照元URL:https://item.rakuten.co.jp/

ジャグアタトゥーとはヘナタトゥーと同様、

植物由来の染料を使って皮膚の表面を着色するという物で

2週間程で消えるので手軽に楽しめるボディーペイントなんです。

 

因みに、ジャグアタトゥーのやり方はヘナタトゥーとほぼ同じで

染料で肌にデザインを描いて定着させるため放置した後洗い流し

2~3日後に発色のピークとなりその後徐々に薄くなっていく

という期間限定のフェイクタトゥーの一種です。

 

 

ジャグアタトゥーは本物のタトゥーに近いのが特徴!


参照元URL:https://item.rakuten.co.jp/

基本的なやり方はヘナタトゥーとほぼ同じなジャグアタトゥーですが

両者の最大の違いは発色する時の色合いが異なるという点で、

茶系のヘナと違いジャグアタトゥーは濃紺に近い色調になります。

 

という事で、ジャグアタトゥーで着色するとヘナと比べて

本物のタトゥーにより近い色合いのデザインに仕上げられるため

消えるタトゥーでもリアルさが欲しい方には特におすすめですよ。

 

 

但し、アレルギー反応が出る事もあるため注意が必要!


参照元URL:https://item.rakuten.co.jp/

さて紺色っぽいよりリアルな仕上がりになるジャグアタトゥーですが

ゲニパアメリカーナ(ジェニパアメリカーナ)という

熱帯が原産の果物の液で作られた天然由来の染料なんです。

 

但し、ジャグアタトゥーに使うゲニパアメリカーナの抽出液は

ヘナよりもアレルギー反応が出やすいと言われていて、

イチゴやピーナッツなどの種子にアレルギーがあるという人は

痒みやかぶれの危険があるので気を付ける必要があります。

 

また、ジャグアタトゥーのインクに含まれる酸性物質が原因で

痒みなどの反応を起こす場合もあるので、より安全に使いたいなら

パッチテストを行ってからトライするのがおすすめですよ。

 

Sponsored Links

 


ジャグアタトゥーで人気のデザインとは?

という事で、ジャグアタトゥーとはどんなボディーアートなのか

ご紹介したところで、続いてジャグアタトゥーで人気のデザイン

具体的に見ていきますので、お好みのデザインを探してみて下さいね。

 

ジャグアタトゥーの人気のデザイン1

●花

本物やヘナでも定番デザイン一つである花のモチーフは

ジャグアタトゥーでも人気のデザインで、特に女性には人気があります。

 

花のモチーフは他のデザインとアレンジがしやすいのも魅力で

上の画像のようにハートや太陽、月、星などのモチーフを盛り込み

エキゾチックな雰囲気で可愛く仕上げるのも素敵ですね。

 

 

ジャグアタトゥーの人気のデザイン2

●レタリング

本物のタトゥー同様にジャグアタトゥーでもレタリング

人気のデザインの一つで、書体によっても雰囲気が多彩に変わるので

お気に入りのフレーズや言葉のレタリングするのもおすすめですよ。

 

レタリングのデザインは、やはり英語が最もポピュラーですが

上の画像のようにフランス語の長文にしてもとてもおしゃれですし

アート性の高い梵字もジャグアタトゥーの人気モチーフのひとつで

性別に関係なくおすすめの定番の選択肢となっています。

 

 

ジャグアタトゥーの人気のデザイン3

●トライバル柄

幾何学模様やライン等、ダイナミックなデザインのトライバル柄

ジャグアタトゥーでも人気で、特に男性向けのモチーフでは

多用されることが多いスタイリッシュでクールなデザインですね。

 

因みに、トライバルとは部族を意味する英語で、

トライバルタトゥーは約2000年も前から世界各地に存在している

伝統的なボディーアートのデザインなんです。

 

ユニセックスで用いられるトライバルのデザインは

大胆で迫力のあるデザインがジャグアタトゥーでも人気で

可愛い系よりカッコいい系がお好みならイチオシですよ。

 

 

ジャグアタトゥーの人気のデザイン4

●バラ

通常のタトゥーでも人気のモチーフであるバラのデザイン

ジャグアタトゥーでもポピュラーなモチーフの一つで

満開のバラの花ならとても華やかなデザインになり素敵ですが

上の画像の様なつぼみもエレガントでおしゃれですよね。

 

また消えるとはいえ大きなジャグアタトゥーのデザインには

少し抵抗があるという方なら、ワンポイントのバラのモチーフ等も

ファッション性の高いデザインで女性には特におすすめですよ。

 

 

ジャグアタトゥーの人気のデザイン5

●蝶

様々な生物もジャグアタトゥーでは多用される人気デザインですが

中でもは、男女を問わず好まれる人気モチーフの一つで

トライバル風やワンポイントなど幅広いアレンジで楽しめますよ。

 

一口の蝶のデザインといってもサイズやデザインは多種多様ですが

古来より人間の魂のシンボルともされてきた神秘的なモチーフなので

ジャグアタトゥーでも印象的なデザインでおすすめです。

 

 

ジャグアタトゥーの人気のデザイン6

●太陽・月

太陽や月も男女を問わず人気の高いジャグアタトゥーのモチーフで

上の画像のような細部まで描きこむデコラティブなデザインも素敵ですし

小さなサイズのワンポイントとしても多用されていますよね。

 

尚、太陽や月のデザインはペアや他のデザインと組み合わせたり

それぞれを違う部分に施す事でストーリー性が出せるので

ジャグアタトゥーでも色々なアレンジで楽しめる人気デザインですよ。

 

 

ジャグアタトゥーの人気のデザイン7

●トカゲ

ジャグア発色良し❤️ #ヘナタトゥー#ジャグアタトゥー#タトゥー#tattoo

T.koketsuさん(@george.koketsu)がシェアした投稿 –

実際の生物としては好き嫌いが結構別れてしまうトカゲですが

ジャグアタトゥーを含むタトゥーのデザインでは男女共に人気で

神秘的でセクシーな雰囲気が魅力の素敵なモチーフでもあります。

 

上の画像のように本物のように見えるデザインや

シルエットだけのワンポイント、花やレタリングとのアレンジ等々

様々なデザインで楽しめるおしゃれなデザインですね。

 

 

ジャグアタトゥーの人気のデザイン8

●ハート

本物のタトゥーでも定番のハートはジャグアタトゥーでもおすすめで

特にシンプルなワンポイントは気軽にトライでき女性には人気ですよ。

 

尚、様々なデザインにアレンジが効くハートのモチーフなので

上の画像の様にパルス風のデザインにレタリングを組み合わせても

スタイリッシュでアート感たっぷりの仕上がりになり素敵ですね。

 

Sponsored Links

 


ジャグアタトゥーのセルフのやり方とは?

ここまでジャグアタトゥーとは何かという事や人気のデザインを

ご紹介しましたが、ヘナタトゥーやボディーペイントと同様に

ジャグアタトゥーはセルフでもトライする事ができるんです。

 

という事で続いては、ジャグアタトゥーのセルフのやり方を

分かりやすくご案内致しますので、参考にしてみて下さいね。

 

ジャグアタトゥーのセルフのやり方の作業手順とは?



参照元URL:https://youtu.be/vmGiZihsR3k

先ず、ジャグアタトゥーをセルフでするやり方の作業の流れですが

以下の通り、手順自体はとてもシンプルなプロセスになります。

①ジャグアインクのボトルにニードルを付け好みのデザインを描く

②インクが乾くとシール状に肌に貼り付くのでそのまま4~5時間放置

③色が定着した後、シャワーなどでインクを洗い流す

③皮膚のアンモニアに反応し24~48時間で徐々にジャグアタトゥーが発色する

放置時間を入れると半日くらいは見ておく必要がありますが

実質的な拘束時間は基本的にはデザインを皮膚に描く手間と

インクを洗い流す作業だけなのでとても手軽ですよね。

 

絵心がある方なら上の画像のようにフリーハンドで手軽に描け

お好みのデザインを約2週間楽しむ事ができますよ。

 

絵心の無い方はシールを利用するのもおすすめ!



参照元URL:https://youtu.be/9azdKDrUx1w

セルフでも比較的簡単にトライできるジャグアタトゥーですが

皮膚にニードルで描いていく上、やり直しがきかないという事もあり

余り絵が得意でない方だとフリーハンドで描くのはリスキーですよね。

 

そんな場合は上の動画の様なジャグアタトゥーに使えるシートを利用し

お好みの柄を皮膚に描けば、セルフでも質の高いデザインが施せて

おしゃれなジャグアタトゥーがより手軽にできておすすめです。

 

また動画の投稿者の方が言っているようにジャグアタトゥーは

薄くなり始めるタイミングで塗りなおしも可能なので

分部的に色を入れて二種類のトーンで楽しむ事もできますよ。

 

 


セルフのジャグアタトゥーの通販の人気とは?

という事で、最近話題のジャグアタトゥーについて人気デザインや

セルフでのやり方の流れを詳しくご紹介してきましたが

最後にセルフでおすすめの道具もご提案しておきますのでお役立てください。

 

セルフのジャグアタトゥーでおすすめの道具1


セルフでジャグアタトゥーにトライする場合は必需品となる

ジャグアインクは先に触れた通りゲニパアメリカーナの抽出液で

通販でも高品質のものをお求めになる事ができますよ。

 

上記のジャグアインク33mlは、日本の化粧品の安全基準で作られた

国内初のジャグアタトゥー用インクで、輸入、製造、販売まで

徹底した品質管理を行っているので、生産者が不明の外国製品と比べ

より安心して使うことができ大変おすすめなんです。

 

専用ニードル付で使いやすいジャグアインク!


参照元URL:https://item.rakuten.co.jp/

3種類の太さの専用ニードル付きのジャグアタトゥーのインクは

ボトルにそのまま接続して使うことができる手軽な仕様で

細い線でも綺麗に描けるおすすめのセルフの道具となっています。

 

ジャグアタトゥーのセルフの描き方は先の動画でご紹介した通り

直接皮膚に模様を描いていくのである程度コツが要りますが

絵心のある方ならアート感覚で自由にデザインを創作し

オリジナルのタトゥーが楽しめ大変おすすめですよ。

 

 

セルフのジャグアタトゥーでおすすめの道具2


セルフでジャグアタトゥーにトライする場合の一番のネックというと

やはりきれいなデザインをフリーハンドで描く画力があるかどうかですが

シートを使えば絵心がなくてもジャグアタトゥーを楽しめますよ。

 

上記の絵柄シール付きのジャグアタトゥーセット

ジャグアインク15㎜ボトル一本とお好みの絵柄シール3枚の他、

簡易ニードルキャップ、シリコーン等必要なアイテムが全て揃った逸品で

スターターセットとしても大変おすすめの道具となっています。

 

シールの上から描くだけのセルフタトゥーセット!


参照元URL:https://item.rakuten.co.jp/

セルフのシールの使い方は上の動画のように絵柄が隠れるように

シート上からジャグアインクで絵柄に色を載せる簡単なやり方で

手軽におしゃれなデザインのジャグアタトゥーが楽しめますよ。

 

シールを使って絵柄を描いた後は2時間放置して水で洗い流せば

皮膚のアンモニアに反応して徐々に絵柄が鮮明に表れ

約2週間のフェイクタトゥーが手軽に楽しめ大変おすすめです。

 

 

セルフのジャグアタトゥーでおすすめの道具3


セルフのジャグアタトゥーを定期的に楽しむ場合には

専用のデザインボトルと太さの違うニードルが数種類あると

より多彩なデザインを施すことができて大変おすすめです。

 

上記のデザインボトル15ml+デザインニードル5本セット

ジャグアタトゥー専用のペイントボトルとニードルのセットで

太さを変えてよりきれいなデザインが描けとても重宝しますよ。

 

部分的な塗り直しにも最適のデザインニードル!


参照元URL:https://item.rakuten.co.jp/

フリーハンドで描くセルフのジャグアタトゥーには勿論ですが

色が薄まってきたら部分的に色の塗り直しにも使うことができ

より多彩なタトゥーのデザインを楽しむ事もできるんです。

 

細かいデザインから大胆な柄まで幅広いデザインに最適な

5種類の太さのニードルセットと専用のペイントボトルは

繰り返し使える大変便利なセルフの道具となっています。

 

この記事を読まれた方からは

こちらの記事も人気です。

 

<関連記事>

 

という事で、ジャグアタトゥーとはどんな種類のタトゥーかという事や

人気のデザイン、セルフのやり方やおすすめの道具をまとめて

詳しくご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

 

ヘナタトゥーとは違った魅力のあるジャグアタトゥーは

よりリアルなタトゥーのデザインを期間限定で楽しみたい場合は

特におすすめの要チェックのボディーアートですよ。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑