秋も終わりに近づくと

今年の冬の支度が気になりますね。

 

ウィンターファッションのポイント

なんといってもコートです。

 

中でもダウンジャケット

軽くて着心地がいい上に

ファッションとしても

バラエティが豊富で選ぶのが

楽しいウェアです。

 

ところでダウンジャケットを着るのが

おかしくないのは

いつからいつまででしょうか。

 

今回は冬のファッション、

ダウンジャケットを取り上げて

ダウンジャケットをいつからいつまで着るかの

目安になる気温や時期についての

情報をお届けします。

Sponsored Links

 

ダウンジャケットを着るのはいつからいつまでの時期?

コートを着るほどではないけれど

寒さが身にしみるようになって来る前に

カジュアルに着たいアウターの定番

ダウンジャケット

 

コートよりも活動的で

着こなしが簡単なダウンジャケットは

冬の初めから着ることのできる

ファッションアイテムです。

 

このダウンジャケットを着てもおかしくないのは

いつからいつまででしょうか。

 

ダウンジャケットは何月から何月まで?


出典:https://voi.0101.co.jp/

ダウンジャケットはいつからいつまで

着ることができるのでしょうか。

 

その年の気候にも寄りますが

代替の目安としては

11月から3月までというのが

ダウンジャケットの時期といってよいでしょう。

 

冬がやってきて寒い日が続くようになったら

気軽に袖を通して

ブルゾンを着替えるような感覚で

カジュアルに着る事ができるのが

ダウンジャケットのよいところでしょう。

 

ダウンジャケットの時期としては

冬が始まるころから

春の気配が感じられるまで

11月から3月中旬というのが

適当だと思われます。

 

ダウンは水鳥の胸の羽毛を使って

作ったアウターのことです。

 

ダウンは普通の羽根(フェザー)に比べて

保温性が高く、重さは1/10程度なので

ダウンジャケットは暖かくて軽いという

理想的な冬のアウターウェアになります。

 

ダウンだけでは柔かすぎて

形になりにくいので

フェザーを少量混ぜて

ウェアとしてしっかりした作りにしています。

 

ダウンとフェザーの配合によって

暖かさと軽さが変わってきますが

ダウンジャケットとして使われるのは

通常ダウン70%以上のもの。

 

ちなみにダウンジャケットと呼ばれるのは

アウターの丈が腰までのものを指し、

裾がお尻まで覆う

長いアウターウェアをコートと言います。

 

ダウンジャケットと言う場合

保温材にダウンを50%以上使った

腰までの丈のコートの事を言う

と考えてください。

 

ダウンジャケットのタグを見ていただくと

ダウンとフェザーの比率が記載されています。

 

特に最低気温が低い地域では

ダウンの配合比率を考えて

いつからいつまで着るのかを考えてください。

 

 

ダウンジャケットは何度から何度まで?


出典:https://rr.img.naver.jp/

ダウンジャケットをいつからいつまで

着るのかと言うことを、

気温の方から考えて見ましょう。

 

ダウンジャケットを着ても

暑くなりすぎないのは

気温が10度以下であることが

目安です。

 

いつからいつまで

ダウンを着るかと言う判断は

その日の最低気温が10度を

下回るかどうかで

判断するのがよいでしょう。

 

お住まいの土地によって

11月前に10度以下になるような場合には、

少し早めに

ダウンジャケットを着てもよいでしょう。

 

寒さの厳しい地域では

春先でも気温がなかなか上がってこない

ところもありますね。

 

いつからいつまで

ダウンジャケットを着るのかは

気温の変化に応じて

ある程度柔軟に考えたほうがよいでしょう。

 

Sponsored Links

 

地域別でダウンジャケットの時期をいつからいつまでか紹介!

地域ごとに季節の気温は異なりますから

ダウンジャケットをいつからいつまで

着ることができるかと言う時期も

地域によって違います。

 

特にダウンジャケットの場合、

腰から下がカバーされていないので

あまり寒い日にはもっと

丈の長いアウターが欲しくなります

 

一方で、寒い日には

薄手のダウンジャケットに合わせて

もう一枚ウィンターウェアを

コーディネートすることで

低い気温にも対応することが出来ます。

 

ここでは地域ごとに

気温の変化を考慮した上で

いつからいつまで

ダウンジャケットを着ることができるかについて

見てみましょう。

 

沖縄地方:12月から2月(15度から20度)


出典:https://gd.image-qoo10.jp/

沖縄でダウンジャケットを着るなら

いつからいつまででしょう。

 

沖縄は年間を通じて

平均気温は15度を下回りません

 

但し、12月から2月にかけては

月の平均気温が16度から18度と

当地としてはかなり低くなります。

 

海が近いので

風が強くなることがあり

気候が変わりやすいので

気温がやや高くても

軽くて暖かい

ダウンジャケットが便利です。

 

沖縄のような気候の地域では

いつからいつまでダウンを着るかは

全体的な気候の不順さを考えて

決めるほうがよいでしょう。

 

沖縄でダウンジャケットを着る時期は

12月から2月までになります。

 

 

九州地方:10月から3月(7度から15度)


出典:https://c.imgz.jp/

九州でダウンジャケットを着るのは

いつからいつまででしょうか。

 

九州は暖かいというイメージがありますが

実際は冬は底冷えする地域があり

気温以上に寒く感じることがあります。

 

九州地方の平均気温は

10月に20度を切り

11月には12度~13度まで下がります。

 

10度を下回るのは12月から、

そして3月までに11度くらいまで戻した後

4月になってようやく

15度を超えてきます。

 

いつからいつまでダウンを着るかは

足元から忍び寄ってくるような

寒さの度合いによります

 

九州でダウンジャケットを着るのは

10月末から3月までとなります。

 

 

中国地方:11月から4月(3度から15度)


出典:https://arine.akamaized.net/

中国・四国でダウンジャケットを着るのは

いつからいつまででしょうか。

 

中国地方の気温の変化のパターンは

九州に近く、しかも

気温自体は九州地方よりも

低くなる傾向があります

 

11月には15度以下となり

12月には10度以下になります。

 

1月、2月は

地域によっては5度以下に下がり

4月になっても平均気温は

15度まで上がらないところが

ほとんどです。

 

中国・四国地方で

ダウンジャケットを着るのは

11月から4月中旬までになります。

 

Sponsored Links

 

近畿地方:11月から3月(3度から15度)


出典:https://shopping.c.yimg.jp/

近畿地方でダウンを着ることができるのは

いつからいつまででしょうか。

 

近畿は中国地方よりもやや暖かく、

10月には17度から18度

11月に15度を下回って

12月には5度から8度に下がります。

 

年を越して1, 2月には

滋賀や京都で3度まで下がりますが

大阪や黒潮に面する和歌山では

4月には平均気温が15度になります。

 

近畿地方の場合、

いつからいつまでダウンを着るか

温暖な海側と寒さが厳しい内陸で

異なります

 

近畿地方でダウンジャケットを着るのは

11月から3月まで、

京都や滋賀では4月まで

となります。

 

 

中部地方:10月から4月(マイナス2度から13度)


出典:https://c.imgz.jp/

中部地方でダウンジャケットを着るのは

いつからいつまででしょうか。

 

長野を除いて、中部地方の気温は

10月に16度から18度、

11月に10度台の前半になって

12, 1, 2月と3度から7度の月が続きます。

 

4月には平均気温が

13度から14度に戻り

日によっては15度を超えることもあります。

 

長野県は積雪が多いため

11月に7度、12月に2度まで下がり

1月、2月と氷点下に下がったあと、

3月に3度、4月に10度と上がり

平均気温が15度になるのは5月です。

 

寒さの厳しくなる長野県では

いつからいつまでダウンを着るかが

変わってきますね。

 

中部地方でダウンジャケットを着るのは

11月から4月初め

長野県では10月中旬から4月まで

となります。

 

 

関東地方:10月から3月(5度から10度)


出典:http://c.imgz.jp/

関東地方でダウンジャケットを着るのは

いつからいつまででしょうか。

 

関東地方の平均気温は10月に

15度近辺まで下がり

11月に10度台、

12月には4度から7度になります。

 

1月、2月もほぼ5度前後のままで

3月には平均気温8度、

4月には11度から14度に上がります。

 

東京、神奈川では年平均気温が

15度を上回り

特に東京都心部と横浜の両地域は同じような

気温の変化になっています。

 

関東地方でダウンジャケットを着るのは

10月末から3月中旬となります。

 

特に都心部では

真冬でも寒さがさほどでもない日がありますので

いつからいつまでダウンジャケットを着るかは

ファッションコーディネート

仕方の問題として考えることも出来ます。

 

Sponsored Links

 

東北地方:10月から4月(マイナス2度から10度)


出典:https://ic3-a.wowma.net/

東北地方でダウンジャケットを着るのは

いつからいつまででしょうか。

 

東北では10月には

平均気温が15度を下回り、

11月に5度から9度

12月には零度から3度となります。

 

1月、2月は積雪期

地域によっては豪雪となり

3月に3度、4月に8度辺りまで戻って

5月になって平均気温が

15度となります

 

仙台だけはやや温かく

11月まで平均10度の気温となります。

 

東北地方でダウンジャケットを着るのは

10月中旬から4月

仙台では11月から4月となります。

 

 

北海道地方:10月から5月(マイナス8度から12度)


出典:https://cdn.thumb.shop-list.com/

北海道でダウンジャケットを着るのは

いつからいつまででしょうか。

 

北海道の平均気温は

10月には約10度となり、

11月に3度から5度、

12月には氷点下となって3月まで続きます。

 

4月に3度から5度、

5月に7度から12度、

6月になって

札幌、函館では15度を超えます

その他の地域では10度台の前半です。

 

北海道全域が平均気温15度を超えるのは

7月になってからです。

 

北海道でダウンジャケットを着るのは

10月から5月まで

ということになりますね。

 

Sponsored Links

 

人気のあるダウンジャケットのブランドって?

暖かいだけでなく、

軽くてデザインも鮮やかなものが多い

ダウンジャケットは

着るのが楽しみな冬のファッションアイテム。

 

ここでは人気のあるダウンジャケットの

ブランドを紹介しましょう。

 

ダウンジャケットではウールリッチのブランドが人気!


アメリカ生まれのダウンの定番、

ウールリッチのダウンジャケットは

都会的な洗練されたデザインと

結合した機能性で人気のブランドです。

 

パーカースタイルのダウンジャケットに加え

ファーと合わせたブリッジコート

そしてお尻まで隠れるロングタイプ

ダウンジャケットが出ています。

 

デザインはシンプルでありながら女性的で

シルエットのきれいな

暖かく、着易く、可愛らしい

ダウンジャケットです。

 

 

ダウンジャケットではカナダグースのブランドが人気!


極北の地、カナダの

カナダグースのダウンジャケットは

プロの山岳登山家が愛用するほどの

高い保温性を誇る機能性ジャケット。

 

ヘビーデューティなカナダグースの

ダウンジャケットを

日本向けのアーバンスタイルに

デザインしなおしたモデルです。

 

やや丈の長い

スキニーなシルエットが魅力的、

腰の下までカバーされるので

普通のダウンジャケットよりも

寒い日でも快適に過ごせます。

 

 

ダウンジャケットではデュベティカのブランドが人気!


元モンクレールからの寸ピンアウトとして生まれた

フランスのデュペティカ

 

フランス産ダウン100%

高品質を保証し

縫製まですべてヨーロッパで仕上げる

高級ダウンブランドとして人気です。

 

光沢のある表地と

柔かい色調のファー

完成度の高い女性的なデザインの

ダウンジャケットを生み出します。

 

Aラインの伸びやかな形

計算し尽くされたスティッチの幅

フロントを閉めても

完成されたデザインはゆるぎません。

 

 

ダウンジャケットではピレネックスのブランドが人気!


ピレネー山脈の麓の村から始まった

160年の歴史を持つ

フランスの老舗ブランドです。

 

ピレネー山脈で育った鳥のダウンを使い、

羽毛の採取から製品化まで

全ての工程を自社で行う

ピレネックスのダウンは

世界的に高い評価を受けています。

 

ダウンジャケットの

デザインの幅も広く

都会を歩くカジュアルダウンから

アルピニスト用の本格的冬登山ギア

まで揃っています。

 

コンパクトなデザインと

ストレッチ製のある素材が特徴で

非常に着易く、

コーデも自由に楽しめる

ファッションになっています。

 

 

ダウンジャケットではタトラスのブランドが人気!


高品質なダウンジャケット、

ダウンコートの代名詞となっている

イタリアのタトラ

 

ダウンの原料はポーランドの

ダウンボールという水鳥の綿毛を使い

ダウンとフェザーの混合比率は

ダウン95%以上

 

ダウンジャケット、

ダウンベストも発売されており、

コート同様に質の高い

アウターウェアとして知られています。

 

Sponsored Links

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

 

<関連記事>

ダウンコートはいつからいつまで着る?目安になる気温や時期を地域別に紹介!

ピレネックスの偽物の見分け方!コピー品の特徴や本物との違い、気をつけるサイトは?

タトラスの偽物の見分け方!コピー品の特徴や本物との違い、気をつける販売サイトは?

モンクレールの偽物の見分け方は?おすすめなダウンジャケットもご紹介!

ダウンはモンクレールを!レディースに人気なダウンをご紹介!

カナダグースの偽物の見分け方!コピー品の特徴や本物との違い、気をつけるサイトは?

部屋着レディースの冬のおすすめ!おしゃれなルームウェアとは?

2019年〜2020年の秋冬のトレンドカラーは?レディースの流行りやおすすめは?

2019年〜2020年の秋冬のトレンドファッション!レディースの流行りカラーや柄とは?

冬の帽子のトレンド!2019年のレディースの人気ブランドやおすすめは?

いかがでしたか。

 

冬の防寒ウェアとして人気の

ダウンジャケット

 

つからいつまで着るのかは

気温が10度前後になるころ

を目安に決めるのがいいようです。

 

冬のアウターウェアとして

ダウンジャケットは界中で人気のある

ウィンターファッションです。

 

ヨーロッパ、アメリカの

都市におけるファッションとしてのダウン

山岳用としてハードな環境での

人の活動を可能にする防寒具としてのダウン

 

この二つの姿が、

鳥の羽毛というシンプルな素材で

結びついて生み出された

ダウンジャケットは、

今年も世界中の人々の

冬の世界を暖かく包んでくれます。

 

以上、『ダウンジャケットはいつからいつまで着る?目安になる気温や時期を地域別に紹介!』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事