*

シルバーウィークって2018年はいつ?大型連休なのか次回はいつか?

シルバーウィークが毎年必ずあるわけではない

ということはみなさんご存知かと思いますが、

2018年はどうなのか気になるところですよね。

 

そこで今回は、2018年のシルバーウィークはいつなのか?

大型連休なのか次回はいつか?などについてご説明してきます。

Sponsored Links

 

2018年のシルバーウィークはいつ?ある?


参照元:https://illustimage.com/

調べてみたところ、2018年の9月には

シルバーウィークと呼ばれる大型連休はなく、

以下のような3連休しかありませんでした。

●9月15日(土)16日(日)17日(月・敬老の日)

●9月22日(土)23日(日・秋分の日)24日(月・振替休日)

 
以上のように、2週にわたって3連休が続く

計6日間の休日が設けられています。

 

シルバーウィークがないのはとても残念ではありますが、

3連休が続くのは嬉しいですよね。

 

 

2018年にシルバーウィークはなぜない?そもそも何?

今年の9月の連休がわかったところで、

なぜ2018年にシルバーウィークはないのでしょうか?

 

そもそも、シルバーウィークとはなんなのかを

紹介していきたいと思います。

 

シルバーウィークと聞くと、

4月末から5月頭にかけて大型連休になる

ゴールデンウィークと同じような印象がある方も

少なくないのではないでしょうか。

 

実際、シルバーウィークという名前は

ゴールデンウィークに関連付けられて付けられました。

 

シルバーウィークが一般的に認知されたのは、

2015年の9月に大型連休と呼べる

5連休ができたことがきっかけです。

 

しかし、残念ながらそのシルバーウィークは

翌年2016年にはいきなり3連休まで短くなってしまいましたね。

 

当時、毎年あるとは限らないことに

がっかりした方もいたでしょう。

 

では、なぜ年によって休日の数に差が出てしまうのでしょうか?

そして、今年2018年にはなぜないのでしょうか?

 

その秘密は、政府が新たに作った

『制度』祝日の日付』にあります。

 

具体的な要因をあげると、

●ハッピーマンデー制度

●秋分の日の日付設定

●祝日法

上記の3つがあります。

 

ここからはそれぞれを詳しく説明していきますね。

 

シルバーウィーク1:ハッピーマンデー制度


参照元:https://www.pakutaso.com/

まず、ハッピーマンデー制度について説明します。

 

ハッピーマンデー制度とは簡単にいうと、

固定日となっている「国民の祝日」の一部を

特定秋の月曜日に移動させることをいいます。

 

これは公務員や中規模以上の企業が

週休2日制を取り入れだしたことに起因します。

 

一部の祝日を土日休みに連なる月曜日に移動されること

年間の3連休を増やし、十分な余暇をとることが目的とのこと。

 

これにより、連休が発生しやすくなりました!

 

現在は「成人の日」・「体育の日」・「敬老の日」が

それぞれ特定週の月曜日に移動になり、

そして新たに「山の日」が設定されたこと

記憶に新しいのではないでしょうか。

 

 

シルバーウィーク2:秋分の日


参照元:https://www.pakutaso.com/

2つ目の要因にあげられる「秋分の日」ですが

本来「敬老の日」のすぐ後にくる祝日です。

 

ちなみにみなさんは「秋分の日」が、

なんのために設定されている祝日かをご存知でしょうか?

 

「秋分」とは、二十四節気の中の16番目の節気です。

 

節気とは季節の変わり目のことをいい、

たとえば夏至や冬至、春分など、

日本には二十四の季節の変わり目があり、

「秋分」もそのひとつです。

 

二十四節気は、円形状にそれぞれが設定されており

太陽の位置が二十四節気のどこを通過するかで

季節の変わり目をみます。

 

ということは、「秋分」の節気を太陽が通り過ぎる日を

「秋分の日」とするわけです。

 

ここまで話せばお気付きの方もいるかもしれませんが、

秋分の日」とは固定日ではなく、この二十四節気によって

毎年だいたい9月23日から28日までの間で設定されるので、

毎年同じ日が「秋分の日」にはならないのです。

 

シルバーウィークを大型連休にするには、

この「秋分の日」がハッピーマンデーに設定されている

「敬老の日」と連なることがひとつの条件となるんですね!

 

ここまで理解した上でもう一度連休をみてみると・・・

 

●9月15日(土)

9月16日(日)

9月17日(月・敬老の日)

 

●9月22日(土)

9月23日(日・秋分の日)

9月24日(月・振替休日)

 

今年は「秋分の日」が9月23日(日)にかぶっています。

 

そのため、振替休日で月曜日が休みにはなるものの、

連休にならないことに納得がいきますね!

 

 

シルバーウィーク3:祝日法


参照元:https://www.pakutaso.com/

最後に「祝日法」の説明をします。

 

この「祝日法」はどんなものなのか?

ご存知の方もいるかもしれません。

 

ですが、我々国民からするとなんともありがたい法律であり

そしてシルバーウィークを大型連休にするための

大きな鍵を握っている要因といえますね。

 

「祝日法」をものすごく簡単にいうと

祝日と祝日に挟まった平日は、休日にしちゃうよ!

という法律なのです。

 

なんとも太っ腹な決まり事ですよね。

 

この法律は、1948年の7月に改訂・執行された法律で

この改訂のおかげで9月にシルバーウィークという

大型連休になる年ができました。

 

Sponsored Links

 

次のシルバーウィークは何年なの?


参照元:https://www.pakutaso.com/

さて、以上の理由からシルバーウィークがある年

ない年ができることは理解いただけたかと思います。

 

相当レアな大型連休だったんですね!

 

一番最近だと、3年前の2015年に大型連休となりましたが

気になるのはこんなレアな大型連休が

次はいつになるのか?」ですよね。

 

残念ながら今年の2018年にはありませんが

次に大型連休としてシルバーウィークが発生するのは

なんと、2026年なんだそうです。

 

いまが、2018年だから・・・8年後ですね!

 

ちょっとがっくりしてしまいますが、

では、2018年の9月以降の連休事情はどうなっているのでしょうか?

 

 

2018年9月以降の大型連休はいつ?


参照元:https://www.pakutaso.com/

2018年の9月以降のカレンダーを確認したところ、

残念ながらシルバーウィークと呼べるような

大型連休はありませんでした。

 

しかし、2017年と比べると

2018年は3連休が2回ほど多いようです。

 

そのシルバーウィークがある9月以降で

3連休がいつに来るかといいますと

下記のようになります。

●10月6日(土)7日(日)8日(月・体育の日)

●11月23日(土)24日(日)25日(月・勤労感謝の日)

●12月22日(土)23日(日・天皇誕生日)24日(月・振替休日)

 
以上が2018年9月以降の連休予定です!

 

ハッピーマンデー制度が大活躍していて

大型連休にはならずとも連休が多いことは

喜ばしいことですね。

 

3連休ならどこか旅行へ出掛けることもできますし

いろいろな予定が立てやすいといえるでしょう。

 

Sponsored Links

 

2018年の9月の3連休におすすめな旅行先は?

2018年はシルバーウィークと言われる

大型連休にはならなかったものの

3連休が2週連続で来る2018年の9月

 

これを機にどちらかの連休で、

旅行に出掛けてみるのもありですよね。

 

ここからはおすすめな旅行先をいくつか紹介するので、

ぜひ、参考にしてみてください。

 

2018年の9月には大阪府がおすすめ!


参照元:https://www.pakutaso.com/

まずはじめにおすすめしたいのが

のんびり食い道楽の旅「大阪府」です。

 

大阪といえば、お好み焼きやたこ焼きをはじめ、

串カツ、明石焼き、点心などのグルメが豊富ですよね。

 

また、近年では個性豊かなカフェやスイーツ店も

たくさんオープンしているので、

SNS映えを狙って女子旅に出掛けるのも楽しいと思いますよ。

 

または、ユニバーサルスタジオジャパンや

海遊館、ニフレルといった、

子供と一緒でも楽しめる観光スポットも目白押し。

 

今年、内観が公開となった太陽の塔がある

万博公園に出向くのもおすすめですね。

 

 

2018年の9月には石川県がおすすめ!

Journal du Japonさん(@journaldujapon)がシェアした投稿

日本海の海の幸を求めて石川県へいくのもおすすめですよ!

 

有名な観光地として人気を集める金沢には、

日本三大庭園のひとつに数えられる「兼六園」があります。

 

また「21世紀美術館」や

風情溢れる街並み「東茶屋街」とは

目と鼻の先と言っていいほど近いので

観光地が巡りやすいため

連休など限られた時間での旅行にぴったりの場所と言えるでしょう。

 

新鮮な魚介を使用しているにもかかわらず

とってもリーズナブルな回転寿司や、

特産物である金箔をかぶせた

大胆な見た目に思わず胸も弾む金箔ソフトクリーム

 

少し、足を伸ばして「近江町市場」で

ノドグロなど高級魚を楽しむのもいいかもしれないですね。

 

 

2018年の9月には長野県がおすすめ!

@yo.ko.hoがシェアした投稿

秋の味覚といえば・・・そう「りんご」であり

「りんご」といえば「長野県」です!

 

実は信州は毎年6月から寒くなるまでの一定期間、

りんごをはじめとしたいちごやブルーベリー、

マスカット、ぶどう、栗などのスイーツな味覚が

旬を迎えているのです!

 

また黒く輝く松本城や、安曇野の大王わさび農園

余裕がある方は軽井沢まで足を伸ばして、

日々の喧騒を忘れてしまうほどの静かな時間を、

大自然の中で満喫してみてはいかがでしょうか?

 

きっと、今年一番のリフレッシュになること間違いなし!

 

さらには長野には奈良時代に開湯し、

あの武田信玄の隠れ湯としても歴史が深い渋温泉があります。

 

一説では、あの人気ジブリ作品の湯屋に似ている宿もあり、

心も体もじっくりと癒すことができる

名スポットもたくさんありますよ。

 

 

2018年の9月には北海道がおすすめ!

Takita Kazuoさん(@kazuotakita)がシェアした投稿

車や電車でいける本州だけでなく、

3連休もあれば飛行機でビュっと飛んでいける

北海道へ弾丸トリップという手もあります。

 

実は北海道、9月上旬はまだ暑さが少し残っていますが

3連休が続く月半ばには日差しや緩み、

心地よい気候になるのです。

 

その代わり、天気の変化により

夏場より雨が多くなることもあるようですが、

大雨になることはまずなくとても過ごしやすいのだそう。

 

おすすめスポットとしては、

世界3大夕日に数えられる「釧路の夕日」や、

「大雪山の紅葉」、「能取湖のサンゴ草」と、

北海道の大自然が秋らしく真っ赤に染まった景色が楽しめますよ

 

また新鮮な魚介やジンギスカン、

ラーメン、スープカレーなどグルメも豊富です!

 

9月だからこそ見える

北海道の意外な顔に出会えそうですね。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

さて、2018年のシルバーウィークについて

さまざまな紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

残念なことに、8月のお盆をすぎると

今年はもう大きな連休はない、という結果でしたが

3連休は頻繁にあります。

 

どうせなら、有意義に過ごしたいですよね。

 

まずは手始めに、9月の3連休から

予定を立ててみてはどうでしょうか?

 

日々頑張る自分のご褒美としても、

ぜひ計画を立てて素敵な9月の3連休をお過ごしくださいね!

 

以上、『シルバーウィークって2018年はいつ?大型連休なのか次回はいつか?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑