*

札幌雪まつり!2017年の日程や雪像の会場、マッピングはいつ?

札幌雪まつりといえば、

冬の北海道を代表する雪と氷のイベントで

一度は訪れてみたい雪国ならではの季節の風物詩ですよね。

 

2017年で第68回目となる歴史ある札幌雪まつりは

例年、観客数が右肩上がりという高い人気を誇る冬の祭典なので

2017年も昨年の260万人を超える多くの観客で賑わう事が予想される

期待度、注目度共に大の冬のイベントとなっております。

 

そこで今回は、雪と氷が華麗に北の大地を彩る札幌雪まつりについて

2017年の日程や雪まつりの会場と見所

そしてプロジェクトマッピング

様々な情報を詳しくご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

 


2017年の札幌雪まつりの日程は?

%e6%9c%ad%e5%b9%8c%e9%9b%aa%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%80%802017%e5%b9%b4%e3%80%80%e6%97%a5%e7%a8%8b%e3%80%80%e9%9b%aa%e5%83%8f%e3%80%80%e4%bc%9a%e5%a0%b4
参照元URL:http://mnky.jp/

2017年も市内の3つの会場で盛大に開催される札幌雪まつりは、

それぞれの会場で以下の日程が開催期間として公式に発表されています。

 

大通会場    2017年2月6日(月)~2月12日(日)

つどーむ会場  2017年2月1日(水)~2月12日(日)

すすきの会場  2017年2月6日(月)~2月12日(日)

 

大通り会場、すすきの会場の両スポットが7日間

つどーむ会場は他の会場よりも長い12日間の日程で行われる

2017年の札幌雪まつりですが、

今年は期間の終わりが週末と重なるため

例年以上の盛り上がりとなりそうな予感ですよね。

 

また、他の会場より開催の日程が長期のつどーむ会場では、

大人から子供まで楽しめる体験型メニューが2017年も揃っており

雪と氷の芸術の見物だけでなく雪と身近に触れ合う絶好の機会になりますよ。

 

 


2017年の札幌雪まつりの雪像の会場や他の会場は?

先に触れた通り、2017年の札幌雪まつりは市内3つの会場において

以下のようにそれぞれ違ったコンセプトでイベントが開催されますので、

どの会場に何があるのかをお出でになる前にぜひチェックなさって下さいね。

 

●大通会場

%e6%9c%ad%e5%b9%8c%e9%9b%aa%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%80%802017%e5%b9%b4%e3%80%80%e6%97%a5%e7%a8%8b%e3%80%80%e9%9b%aa%e5%83%8f%e3%80%80%e4%bc%9a%e5%a0%b4%e3%80%80
参照元URL:http://tomavel.com/

2017年も札幌雪まつりのメイン会場となる市内中心部の大通会場

大通公園1~12丁目の東西約1.5㎞に大小の雪像が並ぶお馴染みの会場で

1週間の日程の間は、夜22時までの幻想的なライトアップも行われる

札幌雪まつりの象徴的な会場となっております。

 

尚、圧巻の大雪像が並ぶエリアは、

例年、大通公園4~10丁目となっており

1~3丁目はスケート場やスノーボードジャンプ台等がメインのエリア、

そして、11丁目が国際雪像コンクールの会場が設けられていますので

札幌雪まつりの大通会場を散策の際の参考になさって下さいね。

 

 

●つどーむ会場

%e6%9c%ad%e5%b9%8c%e9%9b%aa%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%80%802017%e5%b9%b4%e3%80%80%e6%97%a5%e7%a8%8b%e3%80%80%e9%9b%aa%e5%83%8f%e3%80%80%e4%bc%9a%e5%a0%b4%e3%80%80%ef%bd%91
参照元URL:http://www.jasmacplazahotel.co.jp/

他の2会場より5日間長い日程での開催となるつどーむ会場

東区の札幌市スポーツ交流施設コミュニティードームの愛称が

会場名となっており、雪と身近に触れ合えるイベントが揃っています。

 

広大な会場内では、連日朝9時から夕方5時まで、

子供から大人までお楽しみになれる参加型のアクティビティが揃い

ご家族やお友達、カップルで楽しく雪遊びができるスポットですよ。

 

 

●すすきの会場

%e6%9c%ad%e5%b9%8c%e9%9b%aa%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%80%802017%e5%b9%b4%e3%80%80%e6%97%a5%e7%a8%8b%e3%80%80%e9%9b%aa%e5%83%8f%e3%80%80%e4%bc%9a%e5%a0%b4%e3%80%80%ef%bd%92
参照元URL:http://blogs.c.yimg.jp/

2017年の札幌雪まつりの第3の会場であるすすきの会場では

『氷を楽しむ』をコンセプトに、

氷の彫刻や氷像が目を楽しませてくれ

日程の最終日は22時、それ以外は23時までライトアップも行われ

幻想的な氷のオブジェがご覧になれる会場です。

 

という事で、

2017年の札幌雪まつりは以上、3会場で開催されますが

大通会場=雪像、つどーむ会場=雪遊び、すすきの会場=氷の彫刻

という風にそれぞれの雪まつりの会場の特徴を覚えておいてくださいね。

 

Sponsored Link

 


2017年の札幌雪まつりの見所は?

%e6%9c%ad%e5%b9%8c%e9%9b%aa%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%80%802017%e5%b9%b4%e3%80%80%e6%97%a5%e7%a8%8b%e3%80%80%e9%9b%aa%e5%83%8f%e3%80%80%e4%bc%9a%e5%a0%b4%e3%80%801
参照元URL:http://お祭り大好きニッポン人.com/

札幌雪まつりといえば、大通会場でご覧になれる大規模な雪像

何といっても雪まつりを代表する一番の見所となっていて

2017年も更にレベルアップした雪の芸術が楽しめることでしょう。

 

下の動画は一昨年度の札幌雪まつり、大通会場の様子ですが

フードコートやお土産物が買えるブース等もありますので

2017年もゆっくり時間をかけ散策したい見所満載のエリアですよ。

 

また、自衛隊や市民の手による圧巻の雪像の展示は

昼間は勿論、夜のライトアップでは一段と幻想的な光景がたのしめ

札幌雪まつりの大きな魅力の一つなので、ぜひお見逃しなく!

 



参照元URL:https://youtu.be/JSBJ7vBaFdE

また、札幌雪まつりの第2会場、つどーむ会場では、

スノーラフティングや雪だるま作りといった参加型のイベントが楽しめ

特にお子様連れで札幌雪まつりの見物をされるという方なら

時間を割いて足を運ぶ価値のあるおすすめスポットですよ。

 

更に、第3の会場であるすすきの会場は、規模こそ小さいものの

美しい氷像や氷の彫刻等のディスプレイが見所となるエリアで

イルミネーションに映える華麗な氷のオブジェは

カップルでの夜の散策にもぴったりのスポットとなっております。

 

 


2017年の札幌雪まつりにプロジェクションマッピングはある?



参照元URL:https://youtu.be/900BWFGgb0Q

2013年度から始まり、

札幌雪まつりの新しい見所となっているプロジェクションマッピングは、

詳細は今現在未発表ではありますが

今年2017年も大通会場の大雪像をスクリーンに開催される模様です。

 

昨年度は大通公園の2丁目、7丁目、8丁目の3か所でのマッピングに加え

4丁目の大雪像ではスペシャルライトショーが行われ大変好評でしたので

2017年も昨年以上の規模で盛り上がる可能性が大なんです。

 

尚、プロジェクションマッピングの時間帯については

昨年度のスケジュールを参照すると凡そ18時~21時頃の時間帯で

各会場で10分~30分毎位の間隔で、それぞれの会場において

趣向をこらした投影が行われると予想され、大変期待が高まります。

 

Sponsored Link

 


2017年の札幌雪まつりにおすすめな持ち物は?

2017年の札幌雪まつりについて、

ここまで開催の日程や見所などを詳しくご案内してきましたが、

寒さの厳しい札幌雪まつりを快適に楽しむには

持ち物等にも留意して防寒に努める事も重要なポイントです。

 

という事で、引き続き、札幌雪まつりの見物にお出でになる際に

持っていくと役立つアイテムもいくつかご紹介しておきましょう。

 

2017年の札幌雪まつりにはスマホ手袋がおすすめ!

札幌雪まつりが開催される2月の札幌

ひと月の平均気温が氷点下という極寒の気候であるため

2017年も雪まつりの見物では防寒対策は欠かせませんが

温暖な地域では忘れがちな手袋等の小物類も必需品ですよ。

 

楽天ランキング1位獲得上記の男女兼用のスマホ手袋は、

冬らしいノルディック柄がおしゃれな日本製のスマホ対応の手袋で

親指、人差し指、中指の先端に電導糸を織り込んでいるので

タッチパネル操作が手袋をしたままできる人気アイテムなんです。

 

因みに、手袋越しのタッチパネル操作の性能の良し悪しは

手袋に使われている糸の質で左右されるとのことですので、

高品質の日本製の手袋なら性能が悪くイライラする心配もありませんよ。

 

また、メンズ、レディースの2サイズ展開の人気のスマホ手袋は

縫製箇所のないホールガーメントニットを採用していますので

ごわつきがなくフィット感も抜群のおすすめの手袋となっております。

<関連記事>

スマホが使えるレディースの手袋の人気ブランドやおすすめは?

スマホが使えるメンズの手袋の人気ブランドやおすすめは?

 

 

2017年の札幌雪まつりにはレインブーツがおすすめ!

除雪が行き届いている札幌雪まつりですが、

見物の際にはやはり足元の防水対策もしておかないと、

溶けた雪が靴の中まで浸透して靴内部が湿ってしまい

快適なレジャーが楽しめなくなりますので、要注意なんです。

 

その点、上記の男女兼用の軽量ショートレインブーツなら

柔らかいラバータイプのレインブーツなので動きやすさも抜群で

吸汗インソール付きなので靴内部も蒸れることなく快適な履き心地の

人気のレインブーツなんです。

 

好評の滑りにくい靴底パターンを採用したレインブーツは

オレンジ、モスグリーン、ブラックの3色展開のしゃれたデザインで

雪で滑りやすい箇所もある札幌雪まつりの会場では大活躍間違いなしの

おすすめのアイテムとなっております。

<関連記事>

レインブーツはおしゃれに!キッズの人気なレインブーツは?

エーグルのレインブーツ!レディースに人気なショートとロングをご紹介!

レインブーツのおすすめは?メンズに人気なショートをご紹介!

 

 

2017年の札幌雪まつりにはカイロがおすすめ!

2017年も札幌雪まつりは、子供から大人まで楽しめる見所満載ですが

氷点下の寒さの中、屋外で散策や雪遊びを楽しまれるなら

使い捨てカイロ等を携帯するのも有効な防寒の手段ですよね。

 

使い捨てカイロはメーカーや種類も多種多様な人気の防寒グッズですが

札幌雪まつりをご家族で楽しまれるなら、

お子様用には可愛いカイロを用意しておくときっと喜ばれますよ

 

上記の桐灰の貼るタイプのカイロ妖怪ウォッチとのコラボ品

可愛い妖怪たちのプリントの柄が子供にも大人気のカイロなんです。

 

デザインだけでなく、24時間40℃以上が持続する高性能のカイロは

2017年の札幌雪まつりにご家族でお出でになる際に持参すれば

子供さんのテンションもさらに上がるおすすめアイテムですよ。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

1月は北海道へ旅行!イベントや気温、観光でおすすめなスポットは?

12月は北海道へ旅行!気温や服装、観光におすすめなスポットは?

冬のイベント、行事や記念日って?それぞれの意味や楽しみ方とは?

冬の旅行でおすすめな国内のスポット!カップルや家族からの人気は?

2016~2017年の秋冬のトレンドファッションは?メンズ編!

2016〜2017年の秋冬のトレンドファッションは?レディース編

冬のデート!カップルから人気のスポットをランキングでご紹介!

 

という事で、2017年の札幌雪まつりについて日程や見所、

各会場の特徴や役立つ持ち物などの情報をまとめてご案内しましたが

いかがだったでしょうか。

 

2017年が初参戦という方も、毎年恒例の冬のイベントとなっている方も

昨年よりさらに壮大なスケールでの開催が期待される札幌雪まつりに

2017年はぜひ足を運んでみて下さいね。

 

以上『札幌雪まつり!2017年の日程や雪像の会場、マッピングはいつ?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑