*

秋にぴったりな洋楽は?2017年のおすすめな洋楽をご紹介!

長く暑かった夏も、ようやく終わりをつげ、

吹く風に秋の到来を感じる頃になると、

訳もなくセンチメンタルな気分になったりします。

 

秋の夜長にはしっとりしたバラードも洋楽もおすすめですが

逆に、もの悲しい気分を吹き飛ばす

ノリのいい洋楽も捨てがたいですよね。

 

今回は、2017年の秋にぴったりな洋楽を、

歌詞の意味も含め色んなジャンルから、

ご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 


2017年の秋におすすめの洋楽はこれ!

秋を題材にした季節感のある洋楽から

秋にぴったりな洋楽などをとり集めて

早速、ご紹介していきましょう。

 

2017年の秋におすすめな洋楽1

●Autumn Leaves – Chris Brown ft. Kendrick Lamar



参照元URL:https://youtu.be/undkbBJLa-Y

最近、私生活ではゴタゴタ続きでぱっとしなかった

クリス・ブラウンですが、

昨年発売のアルバムからシングルカットされた

『Autumn Leaves』秋の葉)は、

今年、2017年の秋にぜひ聞いて頂きたい洋楽。

 

自分の元から立ち去ろうとしている恋人を、

無駄だと知りつつ必死に繋ぎとめようとする徒労を、

今まさに散りゆく残り少ない秋の葉に例えた

切ない内容の歌詞が秋にはぴったりなんです。

 

ケンドリック・ラマーラップのパートの

タイタニックに例えた混沌とした歌詞もまた、

救いようのない恋を、より一層、強調していますよね。

 

因みに、復縁した恋人との共演も話題になった

こちらのMVで、サムライ?に扮したクリス・ブラウン

訪れるのは、なんと、宇治の平等院鳳凰堂

 

アジアンテイストとはいえ、

かなり国籍不明な演出で日本人としては微妙ですが、

細かいことは気にせず音楽をお楽しみ頂きたい洋楽となっております。

 

 

2017年の秋におすすめな洋楽2

●Littlest Things – Lily Allen



参照元URL:https://youtu.be/gw9wE1nutc4

モノクロのMVリリー・アレン物憂げなヴォーカルが、

何とも、センチメンタルな雰囲気の『Littlest Things』

2017年の秋に、おすすめの洋楽です。

 

別れた恋人との思い出を、まるでその相手に囁くように

切々とつづるリリー・アレン独特の世界観

メランコリックなピアノの音色に、

引き込まれそうになる洋楽になっております。

 

『ほんの些細なこと(littlest things)が

彼との思い出を呼び覚ます

ただのフリでもいいから、せめて週末だけでも

あの頃に戻れたら…』

 

という、かなり切ない歌詞の内容ですが、

 

『あなたが隠してたオトナの雑誌を見つけた時、

あなたは私をショッピングにつれだしたけど、

結局、私たちが買ったのはスニーカーだけだった』

 

等々、とってもリアルな彼との思い出の描写

共感を覚えて、思わず聴き入ってしまう洋楽です。

 

 

2017年の秋におすすめの洋楽3

●Red – Taylor Swift



参照元URL:https://youtu.be/gQ0pP2z9niw

別れた彼の思い出という前曲と同じ題材を扱った

こちらの洋楽は、2017年も大人気のテイラー・スウィフトの一曲です。

 

『色のない冬に変わる直前の真っ赤に輝く秋の色、

彼を愛することは、間違いなく燃えるような赤だった』

 

燃えるような赤失った恋を例えているのが

たとえ破れても、その恋を肯定的にとらえていて

とてもカッコいいですよね。

 

一方で彼を失うのは今まで経験したことのない青

別れた彼の面影を独り探すのはダークグレイだと、

彼を愛することの赤と、色覚で対比させているのも、

すごくわかりやすくて共感できる気ができます。

 

別れてしまった事実よりも、

彼が大好きだった自分を大切にしている

そんな彼女の姿勢が伝わってくる

秋にぴったりな洋楽の失恋ソングです。

 

 

2017年の秋におすすめな洋楽4

●All of the Stars – Ed Sheeran



参照元URL:https://youtu.be/nkqVm5aiC28

エド・シーランが歌う『All of the Stars』は、

昨年度公開のアメリカ映画『The fault in our stars』

のエンディング曲として作られた切ないラブソング

 

夜空を見上げて遠く離れた恋人を思う恋心

エドの繊細な歌声にぴったりとマッチしていて、

聴いていると、思わずほろっときてしまう

切なくも美しい洋楽のバラードです。

 

『アメリカから見えているこの星たちは、

遠く離れた君にも見えているのかな…?』

 

映画の詳細は、ここではあえてご説明しませんが、

併せてお楽しみ頂くと切なさ倍増、間違いなしです。

 

2017年、秋、空気の澄んだ夜空を見上げつつ

遠恋中の方は勿論カップルの方々にも

じっくりと浸って頂きたい洋楽の名曲となっております。

 

Sponsored Link

 

2017年の秋におすすめの洋楽5

●Troublemaker – Olly Murs ft. Flo Rida



参照元URL:https://youtu.be/4aQDOUbErNg

日本での知名度は未だいまいちかもしれませんが、

本国イギリスでは司会などマルチなタレントで人気の

オリー・マースのナンバー『Troublemaker』は、

フロ・ライダとのコラボも話題になった洋楽なんです。

 

『一目見た瞬間から、こいつはトラブルメーカーだと

頭では分かっていても、どうしても気になる彼女…

そんな彼女に振り回されて、11月まで放心状態、

そして彼女は、次の夏にまた現れる…。』

 

ということで、ここでいうトラブルメーカーの彼女

もしかすると個人ではなく、

儚く終わるひと夏の恋なのかもしれませんよね。

 

キャッチーな曲調で、軽快につづる心情が

ユーモアたっぷりのオリーのキャラにぴったりで、

2017年の秋には是非おすすめしたい洋楽です。

 

 

2017年の秋におすすめの洋楽6

●Stay – Rihanna ft. Mikky Ekko



参照元URL:https://youtu.be/JF8BRvqGCNs

和訳すると『傍にいて』というタイトル通り、

いくら堂々巡りを繰り返しても離れられない

男女の関係がテーマのこちらの洋楽。

 

ノリの良い曲もカッコいいリアーナですが、

こういった聴かせる曲も彼女の歌唱力

力強いヴォーカルが際立って素敵ですよね。

 

『自分でもよくわからないけれど、

あなたの仕草の中にある何かが、

やっぱりあなたから離れられないって思わせる』

 

それが強い愛情か、依存かは定かではありませんが、

曲全体に漂う諦め感が、

その関係が健全ではないことを示唆しているようにも取れます。

 

ダメダメな二人の救いのない関係をつづったこの洋楽に

全否定ではなく、なんとなく魅力を感じてしまうのは、

誰もがそんな部分を多かれ少なかれ持っているから

かもしれませんよね。

 

人恋しい秋の季節には思わず聴き入ってしまう

しっとりとしたリアーナの名曲

2017年の秋にも引続き、おすすめな洋楽です。

 

 

2017年の秋におすすめの洋楽7

●Robbie Williams – You know me



参照元URL:https://youtu.be/tyg3RtALnwg

ウサギの被り物をしたロビーが、

晩秋の森の中で未練たらたらで歌うのは、

本当の自分をわかってくれた別れた恋人への慕情です。

 

日本ではいまいちブレイクできない感のある彼ですが、

この手のダメ男の歌を歌わせれば右に出る者はいません

 

『君が僕の元からいなくなって以来、

毎日僕は傷心だけど、ここにいない君は

そのことを知らないね。』

 

コミカルなウサギの被り物が、

一層、哀愁を掻き立てるスローテンポのナンバーは、

2017年の秋の夕暮れ時に、

じっくりと聴きたいおすすめの洋楽となっております。

 

 

2017年の秋におすすめの洋楽8

●Green Day – Wake me up when September ends



参照元URL:https://youtu.be/NU9JoFKlaZ0

秋の洋楽というとこの曲を思い浮かべる方も

多いのではないかと思いますが、

歌詞的にはラブソングではなく、

亡き父を想い、人生の儚さを歌った曲になっています。

 

MVでは反戦カラーが濃くなっている感が否めませんが

秋には、9.11の同時多発テロを思い出される方も多く、

それもまた一つの捉え方ということでしょう。

 

『夏が来ては、過ぎ去っていき

誰も清廉潔白のままで、いられはしない

9月が終わるころに、僕を起してほしい』

 

西欧諸国では、9月は新学年がスタートする

新しい始まりの時期でもあり、

『9月が終わるころ、起してくれ』という歌詞には

色んな意味が込められているのかもしれませんね。

 

10年以上前のナンバーですが、

古さを感じさせない2017年もおすすめな秋の洋楽の名曲です

 

 

秋の洋楽を流す音楽機材は?

こちらは、

秋の洋楽を流すのにぴったりな音楽機材

 

秋は月見などが楽しむことができ、

屋外で、まったりと洋楽を聴くことも多くなる季節。

 

こちらは、

重低音を重視した設計になっており、

とても臨場感あふれる音楽が聴けると人気なんです。

 

電源は電池からも取る事もできますので、

秋はの月見の際などにはもってこいですよね。

 

iPhoneやiPadと繋いで、

音楽を流す事もできますので、

無駄にCDがかさばる事もないので、

2017年の秋には是非、チェックしていただきたい一品となっております。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

夏の海には洋楽を!2017年におすすめな洋楽をご紹介!

ペアルックの秋の着こなし!カップルから人気のペアルックをご紹介!

秋の食べ物!旬な食べ物をランキングでご紹介!

 

というわけで、2017年の秋におすすめな洋楽

新旧取り混ぜて集めてみましたが、

お気に召した洋楽を

見つけて頂くことが出来たでしょうか

 

2017年の秋のお出かけの際のBGMや、

自宅でまったりと音楽を楽しまれる際

参考にしていただければと思います。

 

以上今回は『秋にぴったりな洋楽は?2017年のおすすめな洋楽をご紹介!』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

4月の国内旅行におすすめなスポットや周辺施設、特産品や持ち物は?

桜前線が日本列島を北上し本格的な観光シーズンとなる4月は 柔らか

大学生の通学のカバンは?人気ブランドやおすすめを男女別にご紹介!

コーディネートの良しあしを決めるポイントは 小物遣いだとよく言わ

高校生の卒業式の髪型!男の子の人気やおすすめなアイテムは?

一生に一度の高校生の卒業式 小学校や中学校までの卒業式は記憶が薄

4月の海外旅行におすすめな国や観光スポット、物価や気温、治安は?

学校や会社では年度初めとなる4月はイベントの多い月ですが 月末の

3月の国内旅行におすすめなスポットや周辺施設、特産品や持ち物は?

寒さが和らぎ、春の訪れが実感できるようになる3月は 日脚も長くな

→もっと見る

PAGE TOP ↑