*

湯西川温泉かまくら祭!2018年の日程や見所、アクセスや周辺施設は?

最近は、冬ならではのイベントが全国各地で人気を集めていますが、

中でも栃木県の湯川西温泉で開催される湯西川温泉かまくら祭り

関東を中心に大変注目度の高い冬のイベントなんです。

 

2018年で25回目を迎える湯西川温泉かまくら祭りは

幻想的なかまくらのライトアップ雪と触れ合える様々な体験など

見所が満載のイベントで、カップルやご家族、

または友達同士での冬のレジャーにもピッタリですよ。

 

という事でこちらでは、

2018年の湯西川温泉かまくら祭りについて

開催の日程や見所、アクセス方法から周辺の施設などを

まとめてご案内致しますので、ぜひ参考になさって下さいね。

Sponsored Links

 


湯西川温泉かまくら祭の2018年の日程は?

%e6%b9%af%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89%e3%81%8b%e3%81%be%e3%81%8f%e3%82%89%e7%a5%ad%e3%80%802017%e5%b9%b4%e3%80%80%e6%97%a5%e7%a8%8b%e3%80%80%e8%a6%8b%e6%89%80
参照元URL:http://koyoinoneta.com/

栃木県を代表する秘湯、湯西川温泉の冬の風物詩として名高い

かまくら祭りの2018年の日程は、下記の通り決定しております。

 

2017年1月27日(土)~3月4日(日)

湯西川温泉かまくら祭りは、

例年、一か月余りに渡って開催される長期のイベントとなっているので、

忙しい方にも予定が組みやすく

それぞれの都合に合わせて足が運べるのも魅力の一つなんです。

 

尚、湯西川かまくら祭りの各会場はそれぞれ

 

平家の里メイン会場が9:00~21:00(16時から1時間一時閉園)

湯西川水の郷パークが10:00~15:00、

沢口河川敷ミニかまくら会場が17:30~21:00(木曜は休み)

 

という開場時間ですので、

2018年に湯西川温泉かまくら祭りの見物の計画を立てる際は、

ぜひ参考になさって下さいね。

 

 


湯西川温泉かまくら祭の2018年の見所は?

%e6%b9%af%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89%e3%81%8b%e3%81%be%e3%81%8f%e3%82%89%e7%a5%ad%e3%80%802017%e5%b9%b4%e3%80%80%e6%97%a5%e7%a8%8b%e3%80%80%e8%a6%8b%e6%89%80%e3%80%80
参照元URL:https://nohanaco.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

1か月余りに渡り、

冬の湯西川温泉で行われるかまくら祭りは見所満載のイベントですが、

中でも、日本夜景遺産に認定されている

沢口河川敷のミニかまくらのライトアップは大変幻想的で美しく

湯西川かまくら祭りを代表する一番の見所となっております。

 

その他、メイン会場である平家の里では、

事前予約で、かまくらでバーベキューというレアな体験ができるイベントや

2月12日のバレンタイン企画のカクテルバーといった

スペシャルなプログラムが目白押しなんです。

 

%e3%80%80%e3%80%80%e6%b9%af%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89%e3%81%8b%e3%81%be%e3%81%8f%e3%82%89%e7%a5%ad%e3%80%802017%e5%b9%b4%e3%80%80%e6%97%a5%e7%a8%8b%e3%80%80%e8%a6%8b%e6%89%80
参照元URL:http://www.nature-planet.com/

また、湯西川水の郷及び沢口のアウトドア会場では、

上の画像のようなスノーラフティングの体験を始め

お子様向きの雪の滑り台ソリ滑りスノーシュー体験など

バラエティ豊かな雪国ならではの体験メニューが揃っていて、

2018年も大人から子供まで楽しめるイベントとなっております。

 

尚、湯西川温泉かまくら祭りの会場周辺では路面にも雪があるため

ご来場の際は、撥水、防水性のある滑りにくいスノーブーツ等をはき、

くれぐれも安全にイベントをお楽しみくださいね。

 

Sponsored Links

 


湯西川温泉かまくら祭のアクセスは?

2017%e5%b9%b4%e3%80%80%e6%98%a5%e8%b2%a1%e5%b8%83%e3%80%80%e4%bd%bf%e3%81%84%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%80%80%e8%b3%bc%e5%85%a5%e6%99%82%e6%9c%9f%e3%80%80%e8%89%b2%e3%80%80%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99
参照元URL:http://urabus.jp/

湯西川温泉かまくら祭りが行われる湯西川温泉郷へのアクセスは、

電車とバスを乗り継ぎ公共の交通機関を使っていく方法と

マイカーでお出でになる方法がございます。

 

ます、公共の交通機関でお出での場合は、

鬼怒川温泉駅から東部鬼怒川線で約27分、湯西川温泉駅下車、

日光交通バスに乗り換え約27分、本家萬久旅館前下車し、

徒歩約15分で平家の里メイン会場着というルートになります。

 

尚、かまくら祭りの期間中の土日祝日は、湯西川温泉駅から

湯西川温泉循環シャトルバスも出ているとの事ですので

タイミングの合う方を選んでご乗車になるといいですね。

 

また、マイカー東京方面からお出でになる場合は

東北自動車道宇都宮IC~日光宇都宮道路今市IC ~鬼怒川温泉(国道121号)

また、仙台方面からお出でになる場合は、東北自動車道郡山IC~

西那須塩原IC~上三依(国道400号)~五十里湖(国道121号)

というルートで、それぞれお出でになれますよ。

 

尚、マイカーでお出でになる場合は、積雪、路面凍結の恐れがあり

チェーンやスレッドタイヤ等の装備は必須になりますが

雪道の運転ではくれぐれもご注意くださいね。

 

 


湯西川温泉かまくら祭の周辺施設は?

という事で、2018年の湯西川温泉かまくら祭りについて

日程や見所、アクセスなどをご案内してきましたが、

周辺にあるおすすめの施設もいくつかご案内しておきましょう。

 

かまくら祭りの際に、気軽にお立ち寄り頂けるスポットばかりなので

ぜひ、お祭りと併せて湯西川温泉の周辺施設もお楽しみくださいね。

 

●道の駅 湯西川

%e6%b9%af%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89%e3%81%8b%e3%81%be%e3%81%8f%e3%82%89%e7%a5%ad%e3%80%802017%e5%b9%b4%e3%80%80%e6%97%a5%e7%a8%8b%e3%80%80%e8%a6%8b%e6%89%80%e3%80%803
参照元URL:http://blog-imgs-53.fc2.com/

道の駅湯西川は国道121号線から湯西川温泉方面に少し入った所にある

道の駅で、湯西川温泉駅に直結した施設となっておりますので、

湯西川かまくら祭りにマイカーで来られる方は勿論、

鉄道でお出での方も立ち寄る事の出来るスポットなんです。

 

鹿肉を使ったコロッケや湯西川の特産である手打ちそばなど

地元のグルメがお楽しみいただけるお食事処や

地元の名産品がお求めになれるお土産コーナー等もあり、

気軽にお出でになれるおすすめの周辺施設となっております。

 

また、道の駅湯西川は天然温泉が楽しめる道の駅としても人気で、

源泉かけ流しの男女別の内湯や開放的ば眺望風呂、岩盤浴等もあり、

夜21時までご利用になれますので、

湯西川かまくら祭りで冷えた体を温め

ほっと一息つくには最適のスポットですよ。

 

 

●共同浴場 薬研の湯

%e6%b9%af%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89%e3%81%8b%e3%81%be%e3%81%8f%e3%82%89%e7%a5%ad%e3%80%802017%e5%b9%b4%e3%80%80%e6%97%a5%e7%a8%8b%e3%80%80%e8%a6%8b%e6%89%80%e3%80%809
参照元URL:http://maywind.sakura.ne.jp/

温泉のメインストリートから路地を少し入った川沿いにある

湯西川温泉の共同浴場、薬研の湯は、

風情ある昔ながらの浴場で500円の入浴料を払えば、

清掃時間を除き24時間いつでも温泉が楽しめる

おすすめの、かまくら祭りの周辺施設なんです。

 

因みに、こちらの施設は以前は男女混浴の施設だったのですが

今は建物も建て替えられて、

男女別と貸し切りの利用になったとの事で

2018年は、女性の方でも安心してご利用になれそうですよね。

 

因みに、橋を渡った対岸には川辺の露天風呂もありますが

こちらは金井旅館さんが管理している薬研の湯という無料温泉施設で

金井旅館さんで事前に許可を得れば、入浴が可能となっており、

共同浴場以上に解放感が溢れる絶景の温泉との事ですよ。

 

 

●平家の庄

湯西川温泉は平家の落人伝説が残る山間の温泉郷

湯西川温泉かまくら祭りのメイン会場である平家の里を始め、

歴史を感じる趣豊かな施設が周辺には点在していて要チェックなんです。

 

因みに、湯西川かまくら祭りを現地に宿泊して見物に行く計画の方は

まるでタイムスリップしたかのような平家の里の情緒を感じる宿だと

2018年は、より思い出深い訪問になりおすすめですよ。

 

上記の平家の庄は、テーマパークに滞在する気分で楽しめる

レトロモダンな雰囲気が漂う平家の落人縁の大変ユニークな宿で、

思い出に残る時間が過ごせること間違いなしのスポットとなっております。

 

歴史を感じさせる館内のインテリアの魅力は言うまでもありませんが

古民家風の囲炉裏ダイニングで召し上がる四季折々の日本料理や

宿にいながら湯めぐりが楽しめる10種類の天然温泉等、

盛り沢山な滞在が楽しめる大変おすすめのスポットですよ。

 

Sponsored Links

 


湯西川温泉かまくら祭でのおすすめ持ち物は?

さて、2018年の湯西川温泉かまくら祭りの日程や見所、

そして周辺のおすすめ施設などを中心にここまでご紹介致しましたが

積雪もある湯西川温泉なので、快適なレジャーを楽しむためには

見物の際の持ち物の準備にも考慮が必要ですよね。

 

という事で、最後に湯西川温泉かまくら祭りにお出での際に

おすすめな持ち物もご案内しておきましょう。

 

湯西川温泉かまくら祭ではスノーブーツがおすすめ!

山深い湯西川温泉のかまくら祭りの見物では

積雪や凍結した路面でも安全かつ快適にレジャーを楽しむため

防水、防滑仕様のスノーブーツ等が必要不可欠ですよね。

 

とはいえ、お住まいが積雪の無い地域の場合は

一日のために新しく靴を購入するのは不経済に感じる方も

恐らく多いのではないでしょうか。

 

その点、上記の男女兼用のムートンブーツなら

防水、防滑仕様もばっちりで保温効果もあるアイテムの上、

カジュアル&シンプルなショート丈のブーツなので

普段から履いていただくこともでき大変おすすめなんです

 

23㎝~28cmの幅広いサイズ展開の防水防滑ブーツは

雪道や凍結した路面でも安全かつ快適なレジャーが楽しめますので

2018年のかまくら祭りの足元の装いにも最適ですよ。

 

 

湯西川温泉かまくら祭では耳付きキャップがおすすめ!

寒さが厳しい季節の屋外でのレジャーでは

頭部の防寒対策を怠ると頭痛などの原因にもなりかねませんので

2018年の湯西川温泉かまくら祭りでは、

暖かいキャップ等をかぶり、万全を期しておくと安心ですね。

 

上記の耳付きキャップは、

ソフトな手触りのフリース素材の防寒防止でシンプルなデザインなので、

どんなファッションにも合わせやすい

おすすめのユニセックスのキャップとなっております。

 

もこもこ感が見た目にもとても暖かそうな耳付きキャップは

キルティングの裏地を採用していて保温性にも優れていますので

積雪のある湯西川温泉かまくら祭りの会場に長時間いても

しっかりと頭部を寒さから守ることができますよ。

 

 

湯西川温泉かまくら祭では首&肩用ホッカイロがおすすめ!

湯西川温泉かまくら祭りのイベントの中でも特に人気の高い

ミニかまくらのライトアップは、冷え込みが厳しい夕方からなので

特に防寒対策には留意したいものですよね。

 

上記の首、肩用のホッカイロ3個入り

お馴染みの貼るタイプのカイロを

首と肩のラインにぴったり沿うよう改良した人気のアイテムで、

1枚で首と肩をしっかりカバーし、

寒さ知らずの屋外のレジャーが楽しめるおすすめの逸品なんです。

 

身体を動かすウインタースポーツの場合はそれ程でもありませんが、

ライトアップの見物などで長時間屋外を散策する場合は特に、

防寒を心がけていても首や肩に寒さを感じる事も少なくありませんので

寒がりの方には大変おすすめの持ち物となっております。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

冬のイベント、行事や記念日って?それぞれの意味や楽しみ方とは?

冬の旅行でおすすめな国内のスポット!カップルや家族からの人気は?

冬のデート!カップルから人気のスポットをランキングでご紹介!

パワースポットは関東の神社へ!恋愛運や金運などが上がる人気の神社は?

2月のデート!カップルから人気なデートをランキングでご紹介!

 

という事で、2018年の湯西川温泉かまくら祭りについて

開催の日程や見所、アクセス方法から周辺施設のご紹介まで

まとめてみてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

寒い季節は、ともすれば出不精になりがちですが

2018年の冬は、湯西川温泉の魅力あふれる、かまくら祭りに足を運び

ぜひ冬ならではのレジャーをお楽しみ下さいね。

 

以上『湯西川温泉かまくら祭!2018年の日程や見所、アクセスや周辺施設は?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑