*

ワカサギ釣りは群馬県へ!おすすめや氷上でできるスポット、時期や持ち物とは?

群馬県でのワカサギ釣りは愛好家の間では有名です。

 

それは初冬になれば氷上ワカサギ釣りが楽しめるスポットが出てくるため!

 

今回は氷上ワカサギ釣りも含め、

群馬県で訪れるべきワカサギ釣り場をご紹介致しましょう。

Sponsored Links

 

群馬県でワカサギ釣りができる時期は?

群馬県のワカサギ釣りスポットでは、

早いところでは9月から解禁になるところもあります。

 

ただワカサギは気温が5度以下で最も活動しますし

身もしまって味が凝縮するので、

ワカサギ釣り好きは晩秋からスタートを始めることが多いものです。

 

さらに群馬県は氷上でのワカサギ釣りが楽しめるところもあるため、

1月の氷上釣り場解禁を待つのがベストでしょう。

 

 

群馬県でおすすめなワカサギ釣りができるスポットは?

群馬県は山あいの地域で赤城おろしという

有名な寒風が一気に秋から気温を下げます。

 

どこのワカサギ釣りスポットでも晩秋の頃に行けば

美しい紅葉もともに楽しむことが可能なので、

紅葉も楽しみたい方は事前に調べていくのがおすすめです。

 

もっと寒さが進む1月以降には氷上ワカサギ釣りが解禁になりますので、

その頃のおすすめは憧れの氷上ワカサギ釣りと

壮麗な山ふもとの雪景色を楽しみながらの風雅な釣りとなります。

 

四季折々の風景を楽しめるので、好みの環境を自由に選べますよね!

 

群馬県のワカサギ釣りでは鳴沢湖がおすすめ!

住所:群馬県高崎市箕郷町富岡 ‎

 

最初に群馬県のおすすめワカサギ釣りスポットとして

ご紹介するのは鳴沢湖です。

 

昭和25年にできた人造湖でゆったりした山景色は

群馬県民の憩いスポットとして年中愛されています。

 

ワカサギ釣りはボート釣りか桟橋釣りの2スタイルで

入漁料の500円にこれらの使用量がプラスされますよ。

 

ワカサギの孵卵と育成を研究レベルで行なっており、

定期的に放射性物質の検出テストもするので

は高く味わいに差があるワカサギが楽しめると評判になっています。

 

毎年10月から翌年2月までワカサギ釣りができますが、

火曜日は定休日なのでお出かけの際に注意してくださいね。

 

群馬県民の日10月28日は桟橋だけオープンですが

無料開放なので秋は群馬にワカサギ釣りレジャーで決まりですね!

 

※料金・解禁日は年度によって変更もあるため、

下記公式サイトで詳細をご確認下さい。

『高崎市の公式ホームページについて』

 

 

群馬県のワカサギ釣りでは榛名湖がおすすめ!

住所:群馬県高崎市榛名湖町

 

次に群馬県のおすすめワカサギ釣りスポットとして

ご紹介するのは、榛名湖です。

 

カルデラ湖から絶景の榛名富士を望み、

かの有名画家・竹久夢二が愛した土地とはご存知でしたか?

 

入漁料はわずか700円ながら1日ワカサギ釣りを楽しめる環境として

群馬県でも有名なスポットというのも頷けます。

 

エレキ式ドーム船も完備されているので

湖に揺られながら釣りを楽しめますし、

何より1月末からは氷上ワカサギ釣りが楽しめるんです!

 

氷上穴釣りに必要な道具はドリルから火鉢にいたるまで

レンタルされるので心配はご無用。

 

きれいで形のよいワカサギが釣れると評判の

群馬県の一押しスポットですよ。

 

※料金・解禁日は年度によって変更もあるため、

以下の公式サイトで詳細をご確認下さい。

榛名観光協会の公式ホームページについて

 

 

群馬県のワカサギ釣りでは赤城大沼がおすすめ!

住所:群馬県前橋市富士見町赤城山

 

次に群馬県のおすすめワカサギ釣りスポットとして

ご紹介するのは、赤城大沼です。

 

9月末からの解禁とスタートも早いですが、

やはり人気なのは群馬でも1月から氷上ワカサギ釣りが楽しめるからでしょう。

 

氷上穴あけドリルは50分からの貸し出しで

カタツムリ型テントも借りれば気分は一層盛り上がります。

 

カルデラ湖でぷっくり太ったワカサギに歓声を上げるのもいいですが、

もうひとつのご馳走は湖上から見上げる

ちょっと都会では見られないスカイブルーのパノラマ

 

360度の絶景は榛名山、妙義山とともに上毛三山の一つ

赤城山までワカサギ釣りに来ただけの甲斐があるものです

 

周辺旅館ではワカサギ釣りおすすめスポットを教えてくれるので

立ち寄って情報を得ることを忘れずに!

 

ググっとぐんまの公式ホームページについて

※料金・解禁日は年度によって変更もあるため、

上記の公式サイトで詳細をご確認下さい。

 

Sponsored Links

 

群馬県のワカサギ釣りでは鮎川湖がおすすめ!

住所:群馬県藤岡市金井

 

次に群馬県のおすすめワカサギ釣りスポットとして

ご紹介するのは、鮎川湖です。

 

人工湖ですが水質は非常によく、

毎年春に管理事務所が約8000万粒の卵を放流するので

シーズンには大漁間違いなしとして、

群馬でも知られるワカサギ釣り場なんです。

 

スタンダードな桟橋からの釣りに加えなかなか他県では禁止の

ボート釣りも群馬県のここではできるのでおすすめです。

 

桟橋料金は2200円、ボート釣りは2700円ですが

平日は65歳以上のシニアと女性・小中学生は500円の割引になるので、

冬休みのファミリーレジャーにぴったりでしょう。

 

事前に管理事務所へ注文すると昼食をボート釣りの船まで

届けてくれるというサービスも見逃せません!

 

 

 

群馬県のワカサギ釣りでは赤谷湖がおすすめ!

住所:群馬県利根郡みなかみ町猿ケ京温泉

 

次に群馬県のおすすめワカサギ釣りスポットとして

ご紹介するのは、赤谷湖です。

 

群馬でも古くからワカサギのみならず

ウグイやフナの釣り場として有名な場所なんです。

 

ワカサギ解禁は6月から翌3月までとかなり長いのが特徴。

 

2000円の貸しボート釣りでのんびりと

三国山をはじめとする群馬山系の景観を楽しみながら

ワカサギを釣ることができます。

 

景観保護のため釣具店などはないので、

釣り具一式・そしてライフジャケットは忘れずに

準備していく必要があることは注意しましょう。

 

釣果が期待できるのは水温が下がり始める8月後半からとのことなので、

家族で夏休み最後のレジャーとしての利用もおすすめですよ。

 

※料金・解禁日は年度によって変更もあるため、

下記公式サイトで詳細をご確認下さい。

みなかみ町観光協会の公式ホームページについて

 

 

群馬県のワカサギ釣りではバラギ湖がおすすめ!

住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣

 

次に群馬県のおすすめワカサギ釣りスポットとして

ご紹介するのは、バラギ湖です。

 

群馬で嬬恋といえば冬の葉もの野菜が有名な土地。

 

それだけ冷え込みが野菜を甘くするのですが

ワカサギ釣りでも氷上釣りが行える恩恵が!

 

無印良品が管理する氷上釣りは群馬県内のみならず

全国から釣り人が押し寄せる人気ぶりなんです。

 

釣り具一式や防寒セットもレンタルで借りられますし、

穴あけドリルに至っては無料で貸し出されています。

 

大人・子どもともに一律1300円格安料金も注目ポイント。

 

雪山と青空のハーモニーはアラスカでの氷上釣りのようだと、

雄大なレベルの景色も評判を呼んでいます。

 

休憩所には電子レンジやポットが完備なので

持ち込みのランチを温かく頂けるサービスも心憎いですよね。

 

ググっとぐんまの公式ホームページついて

※料金・解禁日は年度によって変更もあるため、

上記の公式サイトで詳細をご確認下さい。

 

Sponsored Links

 

群馬県のワカサギ釣りでは梅田湖がおすすめ!

住所:群馬県桐生市梅田町

 

次に群馬県のおすすめワカサギ釣りスポットとして

ご紹介するのは、梅田湖です。

 

群馬の清流・桐生川をせき止めた人造湖の梅田湖は、

例年10月の第一日曜日からのワカサギ釣り

待ちかねたように釣り人が訪れるスポットです。

 

釣りスタイルはレンタルボートからか、

わかさぎ釣り専門のロープ止めからの2スタイルとなっています。

 

生活排水がほとんど入らないので

水質はハイレベルで透明度が高く

ワカサギが泳ぐのが見られるほどなんですよ。

 

管理元の両毛漁業がワカサギのみならず

魚の養殖に力をいれているため、

ニジマスが釣れてしまったというサプライズもあります。

 

氷は張らずと山からの吹きおろしが非常に厳しい寒さなので、

防寒はしっかりと!

 

※料金・解禁日は年度によって変更もあるため、

下記公式サイトで詳細をご確認下さい。

梅田湖観光開発の公式ホームページについて

 

 

群馬県のワカサギ釣りでは神流湖がおすすめ!

住所:群馬県藤岡市保美濃山922

 

次に群馬県のおすすめワカサギ釣りスポットとして

ご紹介するのは、神流湖です。

 

別名・下久保ダムとも呼ばれる群馬県でも有数のダム湖が

上記の画像ですね。

 

ダム百景にも選出されるほどの桜や紅葉の景勝地でもあるんです

 

冬の寒さは相当ですが湖面は氷結しないので

ボート釣りか桟橋釣りかでワカサギ釣りを楽しむスタイルになります

 

熟練者は100匹も釣果を得るそうですが初心者でも狙えるのは

シシャモ級の大きなワカサギがちょくちょく釣れるという点でしょう。

 

1匹釣ってもかなりのボリュームなので

釣れた時の引きの手ごたえはかなり楽しめますよね。

 

11月から解禁なので早速、初ものの大きなワカサギを堪能すべく、

群馬の神流湖へ出かけるしかありません!

 

※料金・解禁日は年度によって変更もあるため、

下記公式サイトで詳細をご確認下さい。

下久保ダム管理所の公式ホームページについて

 

 

群馬県のワカサギ釣りでは丸沼がおすすめ!

住所:群馬県利根郡片品村

 

次に群馬県のおすすめワカサギ釣りスポットとして

ご紹介するのは、丸沼です。

 

ミステリアスな原生林に囲まれた丸沼は

群馬でも絶景秘境スポットとして有名なんです。

 

尾瀬や奥日光へのアクセスが近いと聞けば、

その美しい自然のほどが想像できますよね!

 

ボート釣りのみですが4月からワカサギ釣りが可能という

異例の早さは要チェックですよ♪

 

景観を守るために売店などはないので、

道具類や飲食物はちゃんと準備していきましょう。

 

貸しボート料金は2100円ですが朝の5時からオープンしているので

早朝の一番ワカサギが活動する時間帯に大漁を狙うことができます。

 

11月末まで営業しているため春・夏・秋と

シーズンごとに訪れてワカサギ釣りを楽しみ、

この上なく美しい四季の移り変わりに酔ってみてはいかがでしょうか?

 

丸沼高原総合案内の公式ホームページについて

※料金・解禁日は年度によって変更もあるため、

上記の公式サイトで詳細をご確認下さい。

 

Sponsored Links

 

群馬県のワカサギ釣りに行く時におすすめな持ち物は?

群馬県は天然のワカサギ氷上釣りが楽しめるスポットもあって

山がちな県であるだけに、

晩秋から冬にかけての冷え込みは厳しいものです。

 

またワカサギ釣りはどうしても道具を始めとして

ウェアや手などが水に濡れることは避けられませんから、

とりわけ防寒具をしっかり揃えていくことをおすすめしますよ。

 

群馬県のワカサギ釣りではアウトドアコートの持ち物を!

まずご紹介するのは上の商品、ウェットスーツ素材 アウトドアコートです。

 

ワカサギ釣りは桟橋で釣るのはもちろんのこと、

氷上はなおのこと寒風にさらされてじっとしていると

身体の芯から冷え切ってしまいます。

 

こちらはナイロンジャージ製なので驚くほど軽量で

あったか防寒具にありがちな「あたたかいけれど重くて肩が凝る!」

ということがありません。

 

ウェットスーツと同じプレーンゴムを使用しているので

防熱・断熱に優れて温かく快適なんです。

 

お尻まですっぽり覆う丈ですし、

『座って釣り糸を垂らしている腰が

スース―して我慢できない!』という問題もこれなら大丈夫でしょう。

 

ネイビー・ブラック・レッドの色味はおしゃれ

フォルムのスマートさから

冬の街着用にも充分使えてしまいますよ。

 

 

群馬県のワカサギ釣りでは防寒ブーツの持ち物を!

次にご紹介するのは上の商品、

スニーカー仕様の防寒ブーツです。

 

防寒ブーツというとごつい印象がありますが、

こちらは一見カジュアルでスタイリッシュなハイスニーカーのようで

非常におしゃれです。

 

中はボア仕様でしっかり温かく先芯入りの靴底で、

固いものが落ちてもちゃんと足を守るアウトドア機能はばっちりなんです。

 

靴底も滑りにくい設計なのでワカサギ釣り場の濡れた桟橋で

足元が危ういということもありません。

 

アウトドアファッションもおしゃれに決めたい!という方に、

このデイリーのカジュアルファッションでもすんなり馴染む

スニーカー仕様の防寒ブーツはおすすめですよ。

 

Sponsored Links

 

群馬県のワカサギ釣りではコードレス真空パック器の持ち物を!

次にご紹介するのは上の商品、真空パックんコードレス

 

ワカサギ釣りで楽しみなのが釣果ですよね。

 

なかなかその場で調理したものを

味わうことができる釣り場は少ないのですが、

それならせめて自宅まで獲れたて新鮮さをキープしたいもの。

 

そんな時に大活躍するのがコードレスタイプ

場所を選ばず使えるコンパクトサイズの、

充電式真空パックマシーンなんです。

 

ワカサギを真空パックにしてしまえば遠方から釣りに行っても

そのままの鮮度を自宅まで持って帰れますし、

クーラーボックスにそのまま入れるより

サイズもずっとコンパクトになります。

 

大漁であれば食べきれない分は

そのまま冷凍庫へ仕舞えて便利この上なしですよ。

 

 

群馬県のワカサギ釣りでは完全防水防寒のゴム手袋の持ち物を!

次にご紹介するのは上の商品、

DAILOVEのポリウレタンゴム手袋です。

 

裏地はコットン100%とアクリル起毛なので

一度手を入れたら体熱をしっかり守って、

手のかじかみ知らずでいられるんですよ。

 

マイナス60度の気温下でも

耐性がある上に滑り止めもついているので

極寒の中でのワカサギ釣りでも難なく釣果をつかめてしまいます。

 

チャックで着脱もしやすいですし、

実用一辺倒になりがちなゴム手袋のおしゃれさ

あげているポイントにもなっているんですね。

 

アウトドアファッションに合わせやすいブラックかイエローで

温かくもカジュアルな手元を目指しましょう!

 

 

群馬県のワカサギ釣りではワカサギ電動リールテーブルの持ち物を!

最後にご紹介するのは上の商品、

ワカサギ電動リールテーブルです。

 

ワカサギ桟橋ではそのまま道具や持ち物類

その場に置くことになりますが

このリール置きテーブルさえあればまとめてテーブル上に置き、

水中落下のリスクも避けることができるんです。

 

ワカサギを呼び寄せる叩き台としても優秀ですし

置き竿にしてちょっとその場を離れても安心なラバーシート仕様

 

折りたたみ式で軽量なうえデザインも

シンプルスタイリッシュなので

ワカサギ釣りシーズンが終われば、

自宅ベランダでプランター置きに使用してもおしゃれですよ。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

群馬県のワカサギ釣りスポット氷上釣りもできる場所もあり、

イメージ通り!とわくわくしますよね。

 

群馬県には有名な温泉どころも点在していますから

ワカサギ釣りを楽しんだら温泉に寄って帰ろうか、という

楽しみ方もいいものです。

 

ぜひ本記事を参考に訪れてみてくださいね!

 

以上、『ワカサギ釣りは群馬県へ!おすすめや氷上でできるスポット、時期や持ち物とは?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑