走り幅跳びは、

五輪競技にもなっている、

跳躍する距離を競うスポーツです。

 

走って飛ぶだけという

競技としての敷居の低さから、

多くの人が興味を持っている競技でもあります。

 

また、その簡単さから

学校教育にも取り入れられており、

走り幅跳びの記録で競う学生を見ることも

少なくありません。

 

しかしながら、

いざ走り幅跳びで記録を伸ばそうと思っても、

考えたように記録が伸びず、悔しい思いをする方も

多いのではないでしょうか?

 

そこでここでは、

走り幅跳びの記録を伸ばすコツについて

まとめていきましょう。

Sponsored Links

 

走り幅跳びの性別、年代別の平均値は?

走り幅跳びは、

立ち幅跳びと異なって

国的な調査が行われていないため、

信頼できる形のデータを

お調べすることができませんでした。

 

代わりに、

以下では日本記録世界記録をご紹介いたします。

記録 年齢 男子 女子
世界 無差別 895 752
日本 無差別 825 686
日本 高校生 796 644
日本 中学生 732 619

立ち幅跳びと同様に、

年齢と男女による差が大きいのがわかります。

 

こうした偉大な記録に届くのは

難しいかもしれませんが、

練習さえすれば、

走り幅跳びは徐々に記録が伸びる競技です。

 

最初は一歩ずつ、

焦らずに実力を積み重ねましょう。

 

Sponsored Links

 

走り幅跳びで良い結果を出すコツは?

走り幅跳びで良い記録を狙うためには、

走り幅跳びという

競技の「コツ」を知っておく必要があります。

 

特に、走ってから勢いをつけ、跳躍をする際には、

コツについての知識があるのかないのかで、

どれくらい跳べるのかは大きく変わってきます。

 

以下では、走り幅跳びをする際、

良い結果を出すために意識すべき点について

紹介していきましょう。

 

走り幅跳びでは目線に気を付けるのがコツ!


参照:http://schit.net/

走り幅跳びは、助走、踏切、跳躍、着地

の4つの動作にわけられますが、

その間、「自分がどこを見ているのか」

意識したことはあるでしょうか?

 

目線は、遠くへ飛ぶために重要なコツです。

 

基本、走り幅跳びをする際は

真っすぐ、目の前を見据えましょう。

 

こうすることによって、

体幹が自然と安定化し、より遠くを

目指すことができるようになります。

 

 

走り幅跳びでは姿勢を安定させるのがコツ!


参照:https://stocksnap.io/

走り幅跳びにおける助走は、

決して速ければいいというわけではありません。

 

もちろん、速ければ速いほど反動がつきやすく、

記録は伸びやすくなりますが、

その点よりも重要なコツが、

走る際のバランスです。

 

具体的には、助走の半ばから、

地面に対して垂直になるよう、

バランスを調節するのがコツとなります。

 

こうすることによって、

助走の反動を殺さずに、

しかもしっかりと踏み切りを

することができるのです。

 

およそ10歩前後走る際には、

出来るだけ姿勢が真っすぐになるように意識するのが

走り幅跳びのコツといえるでしょう。

 

 

走り幅跳びではリラックスすることがコツ!


参照: http://schit.net/

リラックスするといっても、

完全に脱力するのが

コツというわけではありません。

 

ある程度心に余裕が持てる状態

助走をつけることが、

とても重要なコツなのです。

 

なぜなら、遠くへ飛ぶために重要なポイントに

「正しい形で踏切をする」という点があるからです。

 

全力で助走をつけてしまうと、

体に踏み切りの動作がなじんでいない限り、

どうしてもバランスのよい踏切をすることができません。

 

そのため、多少心に余裕が持てる状態で

助走をつけることが、

とても大切なのです。

 

息はあがるけれど、

自分の走るフォームは

意識できる程度の速度で走ると、

踏切の動作を意識しながら走ることができるでしょう。

 

 

走り幅跳びでは助走の距離を調節するのがコツ!


参照: https://stocksnap.io/

助走の距離は、

長ければ長いほどいい、

と考える方も多いかもしれません。

 

しかし、あまりに距離が長すぎると、

踏切の際に姿勢をコントロールできず、

結果として記録が伸びない、

ということも多いのです。

 

よって、短すぎず、

それでいて長すぎない距離を調節しましょう。

 

具体的には、おおよそ20メートルから

30メートル前後が、

助走のための適切な距離とされています。

 

ただ、初心者の場合は

適切な形で踏切を行うのが難しいので、

最初は短い距離で踏切を練習し、

踏切をある程度完璧に行えるようになったら、

今度は長い距離を試してみる、という形で

徐々にステップアップしていくといいでしょう。

 

そのうえで、

自分にとって適切な距離を見つけてください。

 

 

走り幅跳びでは踏切の際に助走の勢いを保つのがコツ!


参照: https://stocksnap.io/

走り幅跳びが立ち幅跳びに比べて、

より遠くへ飛ぶことができるのは、

助走が存在しているからです。

 

そして、この助走の勢いを

そのまま記録に反映できるかどうかは、

踏切の瞬間にかかっています。

 

かかとで踏切版を踏み込んだあと、

背伸びをするようなイメージで飛んでください。

 

「へそを前に出す」ような感覚を意識すると、

より前に飛ぶことができます。

 

 

走り幅跳びでは飛ぶときに目線を上にするのがコツ!


参照: https://stocksnap.io/

走り幅跳びの初心者にありがちなのが、

踏切板の位置を把握しきれず、

跳躍するときに下を向いてしまうパターンです。

 

しかし、こうなってしまうと

せっかく助走までがうまくいっていたとしても、

体自体が下を向いてしまうため、

いまいち助走の勢いを活かしきれません。

 

よって、跳躍の際は目線を上に向け、

飛び込めるようにしましょう。

 

目線を上にすることで、

自然な形で体を上に向け、

遠くへ飛べるようになります。

 

Sponsored Links

 

走り幅跳びでは着地に気を付けるのがコツ!


参照: http://schit.net/kasukabe/

走り幅跳びの際、

着地も重要な要素のひとつです。

 

最初は跳んでいる最中に

着地のことを考えるのは難しいかもしれませんが、

しっかりと着地を考えることによって、

より記録を伸ばすことができます。

 

具体的には、跳躍の際、

足を縮め、前に体重をかけるような姿勢を

意識するのがコツです。

 

また、着地の際に尻もちをついて

しまわないように気を付けましょう。

 

踵から着地するように気を払うことが、

より大きな記録を出すためのコツです。

 

 

走り幅跳びでは日々練習をするのがコツ!


参照:https://stocksnap.io/

走り幅跳びに限った話ではありませんが、

記録を伸ばそうとしたとき、

最も大切なことは日々の練習です。

 

走り幅跳びであれば助走、跳躍、着地の練習をし、

また、筋力を鍛えたりすることによって、

記録を伸ばすことができます。

 

もちろんオーバーワークはいけませんが、

記録を伸ばしたいのであれば、

日々の練習と鍛錬が重要だといえるでしょう。

 

Sponsored Links

 

走り幅跳びで良い結果を出すトレーニング方法は?

前述したように、

練習と鍛錬に勝るコツはありません。

 

以下では、走り幅跳びで良い結果を出せる方法を、

動画と共に紹介していきましょう。

 

走り幅跳びで良い結果を出すトレーニング1



参照: https://www.youtube.com/

上述した動画は、太ももの筋肉を鍛える

メジャーなトレーニング方法である

スクワットです。

 

腰をかがめて伸ばすだけの簡単な運動ですが、

体を鍛えるのにはかなり効果的になります。

 

見た目よりもずっときつい運動なので、

毎日行うのではなく、

別のメニューと交互に行うようにしましょう。

 

 

走り幅跳びで良い結果を出すトレーニング2



参照: https://www.youtube.com/

助走の速度は、

そのまま走り幅跳びの距離

大きく影響してきます。

 

しかし、前述したように、

助走は速ければ速いほどよい、

というわけではありません。

 

重要なのはバランスです。

 

そのため、ランニングを行うことで、

助走の際のバランスを体に覚え込ませ、

加えて、走るために使う筋肉の増強を狙いましょう。

 

 

走り幅跳びで良い結果を出すためのトレーニング3



参照: https://www.youtube.com/

体幹トレーニングとは、

体の基礎とバランスを鍛えるトレーニングです。

 

体幹を鍛えれば、

走る際のバランスを改善することができます。

 

体幹は走り幅跳びに限らず、

多くの陸上競技にとって重要なので、

ぜひ動画のトレーニングで鍛えてみてくださいね。

 

Sponsored Links

 

走り幅跳びで良い結果を出すおすすめアイテムは?

走り幅跳びで良い結果を出すコツは、

前述した通りです。

 

これに加えて、

ご紹介するアイテムを使うことで、

より万全の形でトレーニングを行うことが可能です。

 

走り幅跳びで良い結果を出すには質の高い運動靴がおすすめ!


靴は、特に助走の際

強い影響をもたらします。

 

走りづらい靴ですと、

どうしてもバランスが安定せず、

コツをつかむことができません。

 

そのため、ご紹介したような

信頼のあるメーカーの運動靴を使うことで、

トレーニングの際も、本番の際も、

コツを掴んだ助走をすることが可能なのです。

 

 

立ち幅跳びで良い結果を出すには練習用踏切がおすすめ!


走り幅跳び用の踏切は、

その危険性から公園などに設置されていることは稀です。

 

しかし、走り幅跳びにおいて難易度が高いのは

助走よりもむしろ踏切と跳躍なのは、

前述した通りになります。

 

よって、踏切板を購入することで、

個人で踏切を練習することが可能です。

 

公園の砂場や、

体育館など、広い場所で練習をしましょう。

 

 

走り幅跳びで良い結果を出すにはトレーニング用ノートがおすすめ!


トレーニングを続けることは、

そう容易ではありません。

 

なぜなら、トレーニングは決して

面白いことではないからです。

 

そのために重要なのが、

自分の成長を記録することになります。

 

日々の成長を記録することで、

疲れて動けなくなったとき、

その記録が自分を支えてくれるのです。

 

 

走り幅跳びで良い結果を出すにはプロテインがおすすめ!


走り幅跳びは、

コツを掴んだ技術も大切ですが、

それと同様に、筋力も大切です。

 

そのための筋力トレーニングが必要なのですが、

プロテインを摂取すれば、効率的にたんぱく質を摂取し、

筋肉をつけやすくなります。

 

もちろん、成長期の子どもが

プロテインを摂取すると、

身長が伸びづらくなるという

弊害が出る可能性があるので

注意しましょう。

 

Sponsored Links

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

<関連記事>

立ち幅跳びのコツ!簡単に平均の記録よりも良い結果を出す方法やトレーニングとは?

ソフトボール投げのコツ!簡単に平均の記録よりも良い結果を出す方法やトレーニングは?

シャトルランのコツ!簡単に平均の記録よりも良い結果を出す方法やトレーニングとは?

上体起こしのコツ!簡単に平均の記録よりも良い結果を出す方法やトレーニングとは?

反復横跳びのコツ!簡単に平均の記録よりも良い結果を出す方法やトレーニングとは?

運動会や体育祭のリレー!速く走るコツや走順で遅い人はどこに入れる?

大縄跳びのコツ!運動会や体育祭で多く飛ぶための疲れない飛び方やおすすめアイテムは?

ムカデ競争のコツ!運動会や体育祭で勝つための結び方や掛け声などの必勝法をご紹介!

二人三脚のコツ!運動会や体育祭で早く走って勝つための必勝法やおすすめアイテムは?

綱引きのコツは?運動会時の必勝法は?おすすめアイテムもご紹介!

 

走り幅跳びは、

見た目の単純さとは裏腹に、

しっかりとコツを覚えなければ

記録が伸びづらい競技です。

 

上述したコツを意識しつつ、

練習を続けてよい結果を目指してくださいね。

 

以上、『走り幅跳びのコツ!簡単に平均の記録よりも良い結果を出す方法やトレーニングとは?』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事