体力テストの中でもソフトボール投げは、

比較的楽しんでできる種目です。

 

楽しいのも大事ですがやはり

やるからには飛距離を伸ばして、

いい記録を出したいですよね。

 

野球部やソフトボール部でなくとも

フォームやトレーニングの

コツさえ少し覚えておけば、

ちゃんと遠くへ飛ばすことができるんです!

 

今回はソフトボール投げのコツ、

簡単に平均の記録よりも良い結果を出す方法や

効果的なトレーニングの仕方

ご紹介していきましょう。

Sponsored Links

 

ソフトボール投げの性別、年代別の平均値は?

年齢 男性 女性
小学校低学年(1年)  約8m 約5m
小学校低学年(2年)  約12m 約7m

小学校中学年(3年)

 約16m 約9m
小学校中学年(4年)  約20m 約12m

小学校高学年(5年)

 約23m 約14m
小学校高学年(6年)  約27m 約16m

中学校1年(13歳)

 約18m 約11m
中学校2年(14歳)  約21m 約13m
中学校3年(15歳)  約24m 約14m
高校1年(16歳)  約24m 約14m
高校2年(17歳)  約26m 約14m
高校3年(18歳)  約27m 約15m

上記のまとめを見てみますと、

小学校の頃から男女間で

かなり飛距離に差があるのが分かります。

 

中学生女子の飛距離が

小学生時代より落ちているのは、

調査人口の増加によるものです。

 

やはり中学生以降になって

男女ともに記録が伸びるのは、

大人としての筋肉ができあがってくるためです。

 

Sponsored Links

 

ソフトボール投げで良い結果を出すコツは?

さて、ソフトボール投げにおいて

よい結果を出したい!と思った時には、

どのような点を意識するのがよいでしょうか?

 

以下に無理のない投げ方で

飛距離を伸ばせるコツを、

紹介していきましょう。

 

ソフトボール投げでは肩甲骨を意識することがコツ!


参照元:http://www2.kobe-c.ed.jp/

最初にご紹介するソフトボール投げで

良い結果を出すコツの一つは、

肩甲骨を意識することです。

 

よく言われることですが

肩で投げようとすると関節を痛め、

しかも飛距離は出ないものです。

 

肩甲骨を回す感じで

後ろから前に出すようにすると、

大きく投げることができますよ。

 

 

ソフトボール投げでは手首のスナップを利かせることがコツ!


参照元:http://syokuin-sitsu.seesaa.net/

次にご紹介するソフトボール投げで

良い結果を出すコツの一つは、

手首のスナップを利かせることです。

 

最後に投げる時に手首でためた力を

思い切りはじき出すためには、

スナップを利かせるのが重要。

 

これでエネルギーが最大限、

ボールに集まりますから、

飛距離が出てくることになります。

 

 

ソフトボール投げでは左足から右足への体重移動をすることがコツ!


参照元:http://www.hokkaidosakae.ed.jp/

次にご紹介するソフトボール投げで

良い結果を出すコツの一つは、

左足から右足への体重移動をすることです。

 

正しいフォームではまず左足を上げ、

右足に全体重がかかります。

 

投げる時にはそれが左足に移行するので、

後方から前へのエネルギーの移動

なされるわけです。

 

このスムーズな移行を意識すると

全身を使って投げられますし、

遠くまで飛ばすことが可能ですよ。

 

 

ソフトボール投げでは上斜め45度意識で投げることがコツ!


参照元:https://www.shikoku-np.co.jp/

次にご紹介するソフトボール投げで

良い結果を出すコツの一つは、

上斜め45度意識で投げることです。

 

上45度を意識すると投げやすく、

放物線も最大限の弧を描くので

飛距離が格段に違ってきます。

 

Sponsored Links

 

ソフトボール投げでは全身の柔軟運動をしておくことがコツ!


参照元:http://cms.gifu-gif.ed.jp/

次にご紹介するソフトボール投げで

良い結果を出すコツの一つは、

全身の柔軟運動をしておくことです。

 

正しいフォームでボール投げを

行なうと分かりますが、

全身をくまなく動かします。

 

関節をスムーズに使うため

柔軟運動を念入りに行なってください。

 

 

ソフトボール投げでは大きく腕を振りかぶって投げることがコツ!


参照元:http://www2.takatsuki-osk.ed.jp/

次にご紹介するソフトボール投げで

良い結果を出すコツの一つは、

大きく腕を振りかぶって投げることです。

 

やりすぎかなと思うくらいに

腕を大きく振りかぶるのが、

遠くまで投げられることに。

 

肩全体を自然に使いますから

柔らかいフォームで確実に

力をボールで伝えられます。

 

 

ソフトボール投げではギリギリまでボールを離さないことがコツ!


参照元:https://www.city.minoh.lg.jp/

次にご紹介するソフトボール投げで

良い結果を出すコツの一つは、

ギリギリまでボールを離さないことです。

 

足で踏んばったエネルギーが手まで伝わり、

一番力強くボールを投げられるのが、

最後の前へ押し出すタイミングなんです。

 

なるべくギリギリまでためて

弾くように投げるのが飛距離を出すコツ!

 

 

ソフトボール投げでは親指と小指でボールを持つことがコツ!


参照元:http://www.iwakura.ed.jp/

最後にご紹介するソフトボール投げで

良い結果を出すコツの一つは、

親指と小指でボールを持つことです。

 

テストではソフトボールでなく

ハンドボールを使うケースも。

 

その時は手に収まりきらず、

コツを知らないと飛ばしにくいですよね。

 

親指と小指でボールを

挟み込むように持つと、

投げやすくなりますよ。

 

Sponsored Links

 

ソフトボール投げで良い結果を出すトレーニング方法は?

ソフトボール投げの飛距離を伸ばすには、

ピンポイント的なトレーニング

必要になってきます。

 

以下によい結果につながるような

トレーニング動画をご紹介しましょう。

 

ソフトボール投げで良い結果を出すトレーニング1



参照元:https://www.youtube.com/

上記にご紹介している動画では

ソフトボール投げのコツを

押さえられるトレーニングとして、

投げるフォームを取り込んだ

ウォーミングアップの方法

が説明されています。

 

全身を動かしていることに加え

要所要所にまめにひねりの

動作が入っていることにも注目。

 

これで各関節を柔らかくして

身体を温められ

ケガをまず防ぐことができます。

 

またこの流れで投げ方も

説明されていますので、

ウォーミングアップから自然に

投球へと動きを慣らすことができるのですね。

 

 

ソフトボール投げで良い結果を出すトレーニング2



参照元:https://www.youtube.com/

上記にご紹介している動画では

ソフトボール投げのコツを

押さえられるトレーニングとして、

基本的な投げ方と正しいフォーム

説明されています。

 

年齢ごとにありがちなクセ、

そしてそこからの矯正と

飛距離が出る飛ばし方がわかりやすいですね。

 

やはり正しいフォームこそ

確実に飛距離を出す基本でしょう。

 

 

ソフトボール投げで良い結果を出すトレーニング3



参照元:https://www.youtube.com/

上記にご紹介している動画では

ソフトボール投げのコツを

押さえられるトレーニングとして、

体幹キープを高めるやり方

説明されています。

 

柔らかく腕を使いながら

身体の芯はブレさせない、という

フォームを綺麗に作るためには、

体幹がしっかりしていなければなりません。

 

筋力とバランス感覚が高められるため、

ソフトボール投げでは

飛距離のアップに繋がりやすくなります。

 

体幹キープは全ての運動の基本ですから

他の体力テストにも役立つトレーニングです。

 

Sponsored Links

 

ソフトボール投げで良い結果を出すおすすめアイテムは?

ソフトボール投げでよい結果を出すために

おすすめなアイテムには

どんなものがあるでしょうか?

 

以下に自主トレーニングに

お役立ちなアイテムを、

一部ご紹介してみますね。

 

ソフトボール投げで良い結果を出すにはエクササイズチューブがおすすめ!

【ポイント大還元】マッスルプロジェクト トレーニングチューブ5本セット ハンドル、足首ストラップ、ドアアンカー付き10点セット エクササイズチューブ フィットネスチューブ 弾性ラテックス製 エクササイズ 最大約68kg負 ゴムチューブ エクサチューブ

最初にご紹介するソフトボール投げで

良い結果を出すのにおすすめなアイテムは、

上記のマッスルプロジェクト

トレーニングチューブです。

 

ラテックス性で適度な反発で

筋肉を痛めることなく、

筋力アップできるチューブがこちら。

 

高いバーに引っかけて

背筋を鍛えたり、

投げる動作を鍛錬することで

腕力アップに効果を発揮します!

 

 

ソフトボール投げで良い結果を出すにはリスト強化ボールがおすすめ!

ミズノ 野球 硬式用 トレーニングボール スナップ用 320g 1BJBH80200 スナップボール リスト強化 硬式ボール 重い 手首 練習用 ボール 一個 バラ売り mizuno あす楽

次にご紹介するソフトボール投げで

良い結果を出すのにおすすめなアイテムは、

上記のミズノ トレーニング用

リスト強化ボールです。

 

ソフトボール投げで

飛距離を出すためには、

投げる瞬間にスナップを利かせるのが

大事なポイントとなります。

 

こちらは重みがついていて

リスト強化に一役買い、

スナップを利かせる練習ができますよ。

 

 

ソフトボール投げで良い結果を出すにはシャドースローボールがおすすめ!


次にご紹介するソフトボール投げで

良い結果を出すのにおすすめなアイテムは、

上記の投球練習用“シャドースロー”

専用軽量ボールです。

 

投球フォームのチェックもできて、

指先の強化に手首・肩関節の

柔軟性まで鍛えられてしまう、

非常にマルチなトレーニンググッズ!

 

負担がかからないわずか70gですし、

ボールをメッシュ手袋に入れて

手首に ベルトを巻くだけで、

リアルに投げている感覚を持ちつつ

室内練習が可能なおすすめ品です。

 

 

ソフトボール投げで良い結果を出すにはピッチング練習器がおすすめ!


最後にご紹介するソフトボール投げで

良い結果を出すのにおすすめなアイテムは、

上記のウチダ フィンガーエース2

ピッチング練習器 木球タイプ です。

 

指にはめて投げる、の動作で

前方でボールを離す感覚を

身につけられる練習器。

 

ロープがついているので

引き戻し可能ですから、

室内でも練習が可能で便利!

 

こちらは投げる感覚重視なので

木製になっていますが、

指先鍛錬のための鉄球バージョンもありますよ。

 

Sponsored Links

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

<関連記事>

シャトルランのコツ!簡単に平均の記録よりも良い結果を出す方法やトレーニングとは?

上体起こしのコツ!簡単に平均の記録よりも良い結果を出す方法やトレーニングとは?

反復横跳びのコツ!簡単に平均の記録よりも良い結果を出す方法やトレーニングとは?

運動会や体育祭のリレー!速く走るコツや走順で遅い人はどこに入れる?

大縄跳びのコツ!運動会や体育祭で多く飛ぶための疲れない飛び方やおすすめアイテムは?

ムカデ競争のコツ!運動会や体育祭で勝つための結び方や掛け声などの必勝法をご紹介!

二人三脚のコツ!運動会や体育祭で早く走って勝つための必勝法やおすすめアイテムは?

綱引きのコツは?運動会時の必勝法は?おすすめアイテムもご紹介!

運動会での玉入れのコツは?たくさん入れる方法をご紹介!

いかがでしたでしょうか?

 

本記事ではソフトボール投げのコツ、

簡単に平均の記録よりも良い結果を出す方法や

効果的なトレーニングの仕方

ご紹介して参りました。

 

ソフトボール投げはこれまで、

力いっぱい投げれば距離が伸びると

考えていた方が多かったのでは?

 

きちんと今回ご説明したコツや

グッズを使った練習を行なって、

関節を壊したりすることのないよう

飛距離を確実に伸ばしましょう!

 

以上、『ソフトボール投げのコツ!簡単に平均の記録よりも良い結果を出す方法やトレーニングは?』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事