*

ズボンのたたみ方で簡単、しわにならない方法動画や収納しやすい裏技は?

クローゼットに掛けられるスペースから

はみ出してしまったズボンは、

心ならずもたたんで収納しますよね。

 

それを着る必要があるたびに

バッチリ入ってしまったしわを眺めて、

洗濯の手間のむなしさにため息をつくことも。

 

ズボンのたたみ方が上手ならば

必然的にそのズボンの収納上手にも繋がるんです!

 

そこで今回はズボン収納に助かる

上手なズボンのたたみ方7つ

そしてその収納に便利なグッズたちをご紹介しますよ!

Sponsored Links

 

ズボンの簡単なたたみ方1


参照元:https://youtu.be/drRcaZXXwLM

上記の動画は洋服全般を熟知している

アパレル店員さんによる丁寧なズボンのたたみ方レクチャーです。

 

上記の動画ではわかりやすいように

ゆっくりとした動作でやって下さっていますが、

確かに洋服のショップで店員さんが

お客様が手に取っておいたズボンを直しおくときのたたみ方!

 

立ったままで1、2、3と3ステップ

たためてしまうので、

洗濯もの取り込みの際に同時にやってしまえますよね。

 

家事の時短にもなりますし、

一番シンプルかつきれいにたためる

ズボンのたたみ方でしょう。

 

動画内で紹介されている2番目の

ズボンのお尻の出っ張りを直してのたたみ方は、

折り目ごとに浮いたスペースが入るので

しわが入りにくくなることがポイントですよ。

 

 

ズボンの簡単なたたみ方2


参照元:https://youtu.be/ec2oXkoIN0c

次にご紹介する上記動画は、

男性ならば最も気を遣うフォーマルな

スーツのズボンのたたみ方をレクチャーして下さっています。

 

出張に行くときに特に困るのが

パッキングしたスーツのズボンに折り皺がくっきり入ること

 

そしてズボンのクリース、別名センタープレス

崩れてしまうことではないでしょうか?

 

スーツのズボンをたたむ時は、

きれいにたたまなければならないので

平たい場所に横置きにしてから始めることが重要ですよ。

 

そしてスーツの場合は

センタープレスの線に沿って折る、

つまり縦方向でたたむことが

通常のズボンのたたみ方とは少し違うポイントとなります。

 

動画の中で触れられているズボンがしわにならず

かつ収納裏技として使えるのが、

たたんだズボンを

たたんだジャケットの中に入れることなんです!

 

ジャケットとズボンが互いに

クッションの役割を果たして、

他のものからの圧迫によるしわができるのを

防いでくれるんですよ。

 

出張のパッキングでも省スペースになりますし、

女性でもパンツのセットアップなどを

自宅で収納するのに大いに使える方法ですね。

 

Sponsored Links

 

ズボンの簡単なたたみ方3


参照元:https://youtu.be/8yb5uTZoXZI

上記の動画ではズボンのたたみ方から

その収納の流れまでを説明して下さっています。

 

確かにきれいにたたんだズボンを

どう収納するかによっては

結局しわができてしまうので、

ズボンのたたみ方と収納は切っても切れない関係。

 

紹介されているズボンのたたみ方は

収納時にズボンを立てられるような形で

2ステップの折り方をすることがポイントですよ。

 

折り回数を少なくするほど、

折りじわはできにくくなるんです。

 

またウェストの分厚い部分

折る時に残しておくことで、

立てて収納する時に強度を持つ部分になりますね。

 

ズボンの本数を持っている方は、

このたたみ方と収納法を取ると

断然、1スぺ―スでの収納力が上がるので

是非整理し直してみてください!

 

 

ズボンの簡単なたたみ方4


参照元:https://youtu.be/4_xCTGkMJsU

次にご紹介する上の動画は

折り畳んでいたズボンにしわができてしまった、

もしくは今日穿いていた

ズボンの穿き皺が気になるという場合の解決法です。

 

洗えるズボンであれば

ポンと洗濯機に放り込んで、

ご破算に願いましてはと皺をなかったことにして

乾かし⇒たたみ直しの方法を取れますよね。

 

しかし、それができないデリケート素材のズボン

スーツのズボンはどうしたらいいのか、を

教えてくれているのが上の動画の方法なんです。

 

ハンガーひとつ解決しますから

非常にお手軽ですよね!

 

パンツ自体の重力によって

生地が伸びることでしわがなくなるので、

手間もかからずおすすめ。

 

しわが取れたら先の項目でご紹介している

ズボンのたたみ方を取れば完璧ですよ。

 

 

ズボンの簡単なたたみ方5


参照元:https://youtu.be/-jfBQrmk1Q8

上記の動画ではしわもできにくく

収納もコンパクトにできるズボンのたたみ方

ご紹介しているものです。

 

ちょっと今まで概念になかったと思うのですが、

ズボンの足を一本わざとはみださせて

丸めてしまうんですね!

 

丸める時にぴっちりまっすぐ

生地をキープしながらロールしていくことが

大事なポイントでしょう。

 

少し生地がよれてしまったりすると、

そのまま丸め込んだ時に生地同士の圧迫で

しわが形成されてしまうんです。

 

しわができるのは強い力でのプレスが原因です。

 

つまり収納上どうしても密に

ズボンを詰める必要がある場合は、

生地によれができてしまうことで

それが加えられる圧によりしわになることを

防がなければならないのです。

 

上記動画に出てくるズボン脚の片方

そのきれいに丸めたズボンの形を

崩さないキャップにするという発想は、

すぐに真似したい裏技ですよね!

 

Sponsored Links

 

ズボンの簡単なたたみ方6


参照元:https://youtu.be/7NoTVq-NqB0

上記にご紹介してるズボンのたたみ方動画では

ズボンをたたむ時にしわができない基本のコツ

そして驚きの収納に役立つ小技が幾つか

ひとつのズボンに込められています。

 

ズボンを折りたたむ時に

3回に分けてというのはベーシックですが、

観音開きのようにすると確かに

たたみ込まれた内部に圧がかかりにくくなって

しわができませんね。

 

ウェスト部分を留め金のように使い、

ズボンを立てて収納するときの

出し入れの際にばらけにくくするのもコツですよ。

 

着るズボンを選ぶ時に、あれこれ吟味する方は

やはり出してみてイメージを練りますから、

その時にいちいち形が崩れるのは困りもの。

 

この方法ならコンパクトに収納できる上に

まめに出し入れをしても、

『ピン!』とズボンがきれいな形保ったまま

後の整理を考える必要がありませんね。

 

ズボン収納にブックスタンドが使えるというのも、

このようにコンパクトなズボンのたたみ方ならでは!

 

積み重ねてタワーのようにすると

おしゃれで見せ収納になりますし、

ブロック状なので取り出しも楽ですよ。

 

 

ズボンの簡単なたたみ方7


参照元:https://youtu.be/5itXCePrqts

上記の動画では旅行の際にも

ズボンの形を崩さずに携帯できる

コンパクトなたたみ方のご紹介ですね。

 

穿き口を初めに裏返しておくことが

丸めたたみ終わりのストッパーの役割を果たし、

さらに少し内部に浮きをつくるので、

しわになりにくくなるわけなんです。

 

自宅でもこのロールするたたみ方

収納の際に限られたスペース

大量にきれいに仕舞える方法として役立ちますね。

 

プラスチックケース

立ててしまえば、

ズボンの種類も一目でわかります

出し入れもスムーズにできますよ!

 

Sponsored Links

 

ズボンをたたむ時に便利なアイテムは?

きれいにたためたズボンをしまう時が、

一番緊張の瞬間です。

 

次にズボンを穿く時にしわが入っていては

意味がありません。

 

そんなきれいなズボンをキープできる

収納グッズをセレクトすると、

大変便利でストレスフリーになりますよ。

 

ズボンをたたむ時はつっぱり型ハンガー!

最初にご紹介するズボンをたたむ時の便利アイテムは、

上記のつっぱり型ズボンハンガー です。

 

通常のズボンハンガーはクリップの跡

どうしてもズボンの生地についてしまって、

薄手のものだとちょっと困っていませんでしたか?

 

そもそもズボンはたたまないのが

一番理想的な収納ですが、

かけるだけだとスペース上の問題が出てきます。

 

これらすべての難を解消したのがこのハンガーなんです。

 

裾をつっぱってかけるので

重力の関係でズボンにしわが入らず

入ったしわも伸びてしまいます。

 

またハンガー自体も薄いので

収納が半分になってしまうんですよ!

 

フック部分にリングが付いていて

他のハンガーを連ね掛けできるところも

収納の裏技になってしまいます。

 

楽天ランキング不動の1位

納得のズボン収納ハンガーですね。

 

 

ズボンをたたむ時は見せ収納で保管する!

次にご紹介するズボンをたたむ時の便利アイテムは、

上記のタワー ラダー ハンガーです。

 

ヴィンテージジーンズやおしゃれ着ズボンは

たたむことで生地を傷めてしまいます。

 

それならばズボンのヴィジュアルを活用して

見せ収納にするタワーラダータイプのハンガー

おすすめなんですよ。

 

要は細いスチール製のはしごなので、

壁に立てかけるだけでまずハンガーラックが

成立してしまいます。

 

見た目もシックでインテリアとして

部屋に“佇まい”の雰囲気が息づくところもポイント!

 

そこに無造作にかけたズボンが映えますし、

しわもできずにすぐ使いやすい

メリットばかりのおすすめ収納グッズですね。

 

Sponsored Links

 

ズボンをたたむ時は引っかけ+置き収納で保管する!

次にご紹介するズボンをたたむ時の便利アイテムは、

上記の棚付き伸縮スラックスハンガーラックです。

 

『そもそもたたむのが面倒』という方に

おすすめしたいのが、

二つ折りで無造作にかけるだけで

移動も可能なキャスター式の収納ラックです。

 

低めの高さなので

ズボンがかけやすく選びやすいですよ。

 

また下の棚には少し裾だけ折りたたんだズボンを

交互に重ねて置くだけで、

折れ皺ができずに保管することができるんです。

 

もちろんラックだけでズボンが収まれば、

帽子やカバンなど型崩れを防ぎたい

他のアイテムを棚に収納することで

一気にスペースがすっきりしますね!

 

 

ズボンをたたむ時は1本分類型のハンガーで保管する!

次にご紹介するズボンをたたむ時の便利アイテムは、

上記のスラックスハンガー S字型です。

 

1本のハンガーに

ズボンを2つ折りでたたんでかければ、

しわができにくく取り出しやすい理想の形ですよね。

 

ただ、1本ずつだと収納に

無駄ができてしまうのも事実。

 

セレブの家でもない限り

そんな贅沢なスペース使いは難しいものです。

 

このS字型ハンガーならば

1本のハンガーに5本までの大量がけが可能ですから、

少ないハンガー本数であなたのすべてのズボン

収められるのではないでしょうか?

 

ジーンズ、スーツ用、薄地パンツと

分類してかけられますから、

収納も使いやすくスマートになりますよ。

 

 

ズボンをたたむ時は収納ベンチボックスで保管する!

最後にご紹介するズボンをたたむ時の便利アイテムは、

上記の収納付きスツールベンチボックスです。

 

先のたたみ方項目でご紹介した

丸めたたみのズボンを、

すべて一か所に収めてかつ実用性を伴うのが

この収納ベンチボックスです。

 

丸めたたんだズボンをこのベンチボックスに

まとめて立てて入れてしまえば、

使いたいズボンも一目瞭然!

 

個人が持っているズボンは

20本前後という統計が出ているので、

手持ちのズボンはこの中にすべて収まるでしょう。

 

蓋を閉めればスツールベンチとして

インテリアのアクセントにもなり、

座ったり寝転んでリラックスできる

2つ目の実用性も兼ねて大変便利ですね♪

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

さて、今回の本記事ではズボンの

「なるほど!」なたたみ方や

収納の裏技をご紹介しました。

 

今までとりわけ旅行に行くときなどは

ボストンバッグやスーツケースに

しわがつくのを諦め半分で

パッキングなさっていたかと思います。

 

ですが、ご紹介したたたみ方を上手に

自宅用・旅行用と使い分ければ、

今後はほぼアイロンの手間いらずで

パリッとしたズボンをストレスなく履けてしまいますね!

 

以上、『ズボンのたたみ方で簡単、しわにならない方法動画や収納しやすい裏技は?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑