*

雪かきのスコップのおすすめ!軽量なのに頑丈で使いやすいものをご紹介!

日本は地域によっては雪があまり降らない場所も多いので

雪かきに慣れていない人も多いかと思われます。

 

しかし、最近はそのような地域にも大雪が降る事も増えて

家前や道路が雪でいっぱいになってしまうと雪かきが必要になりますが

いつも園芸などに使っているスコップでは、対処しづらいですよね。

 

そこで今回は、雪かきをする時におすすめのスコップ

軽量なのに頑丈で使いやすいスコップを紹介していきます!

Sponsored Links

 

雪かきにおすすめなスコップ1

最初に紹介するのは、雪国でも雪かきの定番として使われている

頑丈で軽量なアルミ角スコップです。

 

雪が降った直後は、雪はシャーベット状になって溶け始め

べちょべちょとした水分の多い状態になっていますが

一晩経つと雪はガチガチに凍ってしまいますよね。

 

そんな時、プラスチック製のスコップでは

耐久性がなくなく割れてしまいます。

 

ですが、アルミ製のスコップなら強度も強くて

アルミならではの1.2kgの軽さなので

どんな雪かきの場面にも役立つスコップと言えるでしょう。

 

 

雪かきにおすすめなスコップ2

次に紹介するのは、玄関前や駐車場などに積もった雪を

一気に雪かきしたい時に便利ダブル・プースコです。

 

特徴は、これ1つでスコップと雪押しの2通りの使い方ができます。

 

そのため、急いでる時や、

とりあえず道を作るために最低限の雪かきをしたい時に

役に立つ商品ではないでしょうか。

 

また、ここまで便利なのに

789gという軽量なのも魅力的

 

幅が35cmあるので雪押しとしても

一気に雪を除雪できたり、スコップとして使っても

先端に先金補強してあるので頑丈ですよ。

 

Sponsored Links

 

雪かきにおすすめなスコップ3

次に紹介するのは、耐久性と頑丈さに優れていて

破損を気にせず思い切り雪かきができる

グラスファイバー柄のアルミスコップです。

 

グラスファイバーと言うのは、

ガラスを引き伸ばして繊維状にした物

断熱材や吸音材など様々な工業製品に使用され

身近なものだと、折れにくい傘の骨部分にも使われていますよ。

 

確かに、傘の骨部分は曲がってしまう時はあっても

折れる事はほとんどないですよね。

 

また、1mもあるこのようなスコップの柄は木制の柄が多いので

濡れた状態だと腐敗して折れてしまう事もありますが

グラスファイバーなら

に置きっぱなしでも安心でしょう。

 

 

雪かきにおすすめなスコップ4

次におすすめするのは、

寒い朝や雪が凍結して雪かきしづらい時

硬い雪を割ったり砕く事ができる

氷割・貫太郎スクレーパータイプです。

 

スクレーパーとは、

物質の外面に付着している物を削ったり

こそげ取る刃状やへら状の器具の事を言います。

 

このスコップでは、

硬くなって路面凍結した雪などを削るのに役立ちますよ!

 

また、力強い効果を発揮できるのにも関わらず

1.45kgと軽量手持ちの樹脂部分が長めになっているので

長い時間外で雪かきをしても手が冷えにくいですね。

 

 

雪かきにおすすめなスコップ5

次に紹介するのは、レジャーや外出先で突然の雪かきにも役立つ

コンパクトに収納して、

車にも搭載できる便利なスコップです。

 

こちらは組み立てタイプになっていて、

分解して収納するのですが、組み立てはとても簡単!

 

そのため、すぐに雪かきする事ができて

全長で94.5cmの長さのスコップになりますよ。

 

また、収納時には大人の革靴1足分くらい小さくなるので邪魔にならず

プラスチック製で770gと軽いですが、

スコップの先端は金具で覆ってあるので

すぐに壊れてしまう心配もないですね。

 

Sponsored Links

 

雪かきにおすすめなスコップ6

次に紹介するのは、雪国で毎年売れている大ヒット商品

軽量で硬い雪に最適で、

雪切れが良いと評判の穴あきスコップです。

 

こちらのスコップは、

他の雪かきスコップと違って穴が開いていますが

穴がある分軽くて、雪がスコップにへばり付きにくいので

どんな雪にも対応できて作業も効率良く進みますよ。

 

また、スコップ部分は

完全焼き入れ処理されている素材。

 

なので、通常のスチールやアルミのスコップに比べて

切れ味が良く、摩耗も少ないので、

家に1本備えておくと安心ですね!

 

 

雪かきにおすすめなスコップ7

次に紹介するのは、

細かい作業や機能性を重視したい人におすすめ

1本で3役自在の万能スコップ

 

雪かきの作業の過程の、

すくう掘る、ならす、かき集める動作

グリップレバーを簡単操作するだけで調整できてしまうので

余分に身体を動かさなくて良いのが嬉しいですね。

 

また、柄の部分が長くて、

スコップ部分は通常の物と比べて少し小さ目なので

雪かきしづらい狭い場所も、

このスコップなら対応できるでしょう。

 

 

雪かきにおすすめなスコップ8

次に紹介するのは、スコップだけでは対応できない時

大量の雪を一気に雪かきしたい時におすすめな

雪押しくんです。

 

こちらは、大型車輪のキャスター付き

スコップ幅も66cmと幅広いので、女性やお年寄りでも

簡単に大量の雪を除雪できてしまいますよ♪

 

さらに、使う人の身長に合わせて

4段階の高さに調整できるため、

身体や腰への負担を軽減させる事ができますね!

 

Sponsored Links

 

雪かきにおすすめなスコップ9

次に紹介する雪かきにおすすめな商品は

衝撃に強い最高級のプラスチックである

ポリカーボーネートを使用したスコップです。

 

ポリカーボーネートというのは

プラスチックの1種ですが

最高級の耐久性があり、飛行機の窓やヘルメットにも使用されていて

ハンマーで打っても割れないと言われているので驚きですよね。

 

さらにプラスチック素材なのでとても軽量で

耐久性と軽量さどちらも重視したい人にはおすすめですよ。

 

 

雪かきにおすすめなスコップ10

雪かきと言うと地面や道路だけの事を考えてしまいますが

車や屋根などの雪も除雪ければいけませんよね。

 

そんな時におすすめしたいのが、

コップにもクワにも変身する2WAY型のスコップです!

 

長さも調整できる便利なスコップなんですよ♪

 

さらにスコップの本体は、

おすすめのスコップ9でも紹介した

耐久性に優れているポリカーボーネートが使用されています。

 

そのためとても頑丈550gと軽いので

クワとして使っても腕が疲れにくいのが特徴ですよ。

 

 

雪かきにおすすめなスコップ11

次に紹介するのは、一気に雪かきができる物が欲しいけど

あまり場所を取る大きな物は嫌という人におすすめ

アルミ柄らくおし君52型です。

 

この52型というのは、

スコップ部分の幅が52cmであります。

 

商品の画像を見てみると、

柄が曲がっていて少し変わったデザインですが

この曲がり方が楽に押す事ができる秘訣となっていますよ。

 

というのは、柄が曲がっている事で力を入れやすく

腰などに負担も少ない事や、質量も1.45gと軽いので

商品名のように、楽に楽しく押しながら雪かきができそうですね♪

 

Sponsored Links

 

雪かきにおすすめなスコップ12

次に紹介するのは、

一見ただのプラスチックのスコップですが

1本で4役もできてしまう凄いスコップなんです!

 

4役もできる秘密は、先端に付いた強力なステンレスで、

強靭の先金が凍結面をバリバリと剥がして粉砕し

雪を押す、砕く、すくう、投げる作業が全てできてしまいますよ。

 

なので、作業によって道具を変える手間もかからないので

冬場の重労働の時間短縮にもなりますね

 

さらに長さが133cmと長いのでお年寄りにも使いやすく、

金属であるステンレスは本体の先端のみに置いているので

質量も1.3kgと軽いですよ。

 

 

雪かきにおすすめなスコップ13

次に紹介するのは、

コンパクトに収納できるスコップは良いけど

組み立てが面倒な人や苦手な人におすすめ

伸びる搭載スコップです。

 

例えば、車にスコップ積んでいて急に雪かきが必要になった時

組み立てで戸惑ってしまい、すぐに使えない事も考えられますよね。

 

そのような時でも、このスコップなら

ワンタッチで簡単に組み立てや収納ができてしまいますよ

 

また、先端のステンレス補強で頑丈なのと

最長88cmまで伸び、突然の雪かきにも十分使えるので

トランクの中や玄関に収納しておくと安心ですね。

 

 

雪かきにおすすめなスコップ14

次に紹介するのは、大雪が降った時には欠かせない

雪かきだけでなく、収納にも優れたスノーダンプです。

 

スノーダンプと言うと

大きくて場所を取ってしまうものだとイメージする人も

多いかと思われます。

 

ですが、ご紹介する上記の収納にも優れたスノーダンプ

通常より少し小さくて折り畳めるようになっていますよ

 

そして折り畳み時には

高さ55.5cm×横幅47cmで厚さがたったの20cmになるので

予想以上にコンパクトになるんです♪

 

また、重さも3.9kgなので1人で持ち運びする事も可能。

 

使う人の身長に合わせて3段階の高さに調整できるので

家族みんなで共用する事もできるでしょう。

 

 

雪かきにおすすめなスコップ15

最後に紹介するのは、

楽天市場のスコップランキングのトップ

雪国にはどこの家にも置いてある、

頑丈で定番のアルミ炭スコップです。

 

おすすめなスコップ1で紹介した、

アルミ角スコップと素材はほとんど同じですが、

四角いか、三角形かで呼び分けられていますよ。

 

しかし、今紹介している炭スコップ

角スコップに比べてお皿の部分が広いので

1回で沢山の雪を運ぶ事ができたり、

三角形なので雪をかち割りやすいという特徴があります!

 

ちなみに、炭スコップという名前に

疑問を持つ人もいるかもしれませんが、

名前の由来は石炭を運ぶスコップが三角型で、

それが雪かきにも適しているので

そのまま炭スコップと呼んでいると言われていますよ。

 

ぜひ気になった方はチェックしてみてくださいね。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

いかがでしたでしょうか?

雪かきしやすい軽量で頑丈な物や、

雪国でも使われるおすすめのスコップまで

様々な種類があるのがお分かりいただけたかと思います。

 

コンパクトサイズやプラスチック製のスコップでも

驚くような機能や簡単には壊れない素材が使われていたり

時代に合わせて便利な物が増えてきているのが分かりますね

 

また、人気のあるスコップは

雪が降ってからだとすぐに売り切れてしまうので

気になるスコップは早めに購入して備えて置き、

今年の冬は是非、おすすめのスコップで

雪かきを試してみてくださいね。

 

以上、『雪かきにスコップのおすすめ!軽量なのに頑丈で使いやすいものをご紹介!』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑