腕相撲は、

誰でもルールがわかれば簡単にできる遊びとして、

そして力を証明する競技として、

幅広く愛されています。

 

力と力のぶつかりあいである腕相撲では、

基本的にフィジカルがものをいう、というのは

共通の見解といえるでしょう。

 

筋肉がある方が勝つ、

という単純明快さも、

腕相撲の魅力のひとつです。

 

しかしながら、

一見単純そうに見える腕相撲でも、

簡単に強くなる方法とコツがあることを

ご存知でしょうか?

 

ここでは、今日からすぐにでも実践可能な、

腕相撲のコツと強くなる方法を紹介していきます。

Sponsored Links

 

腕相撲のコツ1: 姿勢を正しくする



参照: https://www.youtube.com/

腕相撲で強くなる方法は、

大前提として

まずは「自分が最も力を発揮できる」姿勢を

取るのがコツです。

 

まずは、腕相撲をする机に体をくっつけてください。

 

その後、肘を出来る限り心臓の部分に近づけ、

肘と両肩がちょうど三角形になるようにしましょう。

 

それから、足は片方だけ台の下に入れるのもコツとなります。

 

これが、腕相撲で最も力を発揮できる姿勢です。

 

この状態で、

相手の力を発揮させないのが、

コツと強くなる方法です。

 

 

腕相撲のコツ2: 肘の置き場に気を付ける



参照: https://www.youtube.com/

腕相撲をするときは、

肘の置き場所にも気を付けましょう。

 

力学的に見ると、

腕相撲の姿勢は肘を「支点」として動いているので、

ここが不安定だと、

腕の力がうまく伝わらず、

腕相撲が弱くなってしまいます。

 

よって、肘は自分の体から

少しだけ前の位置に置いてください。

 

それが、強くなる方法とコツです。

 

こうすることで、

支点が安定し、

力学的にも力が出やすい姿勢が完成するのです。

 

 

腕相撲のコツ3: 手の握り方に注意する


参照: https://www.pakutaso.com/

腕相撲をするときは、

手の握り方も大切なコツであり、

強くなる方法のひとつです。

 

手を握る際、

相手の手を握り返すのではなく、

親指を抑えるように意識するのがコツとなります。

 

ちょうど、

相手の手が上を向くような位置に調節しましょう。

 

こうすると、相手の力がうまく伝わらず、

勝つことができます。

 

腕相撲においては、

自分が力を入れやすい姿勢にすることも大切ですが、

同様に相手に力を出させないようにするのも、

強くなる方法のひとつなのです。

 

Sponsored Links

 

腕相撲のコツ4: うまく力を入れる



参照: https://www.youtube.com/

腕相撲で勝つためには、

当然ながら腕が強くなければいけません。

 

しかし、いくら腕が強くても、

それだけでは腕相撲で勝つことができないのです。

 

コツを抑えることによって、

勝利が簡単になります。

 

というのも、

大抵の人は腕だけの力で

腕相撲に勝利しようとしており、

全身を使おうとしていません。

 

つまり、

腕相撲に勝利するためには、

腕だけではなく、体も使う必要があるのです。

 

とはいえ、全体重を乗せたのでは、

相手にバレて泥仕合になってしまいます。

 

よって、前述した姿勢のまま、

脇と体を90度に保つようにしてみましょう。

 

こうすることによって、

自然な形で体重が腕に乗るのです。

 

まさに簡単に強くなる方法とコツと言えるでしょう。

 

 

腕相撲のコツ5: 親指の位置に注意する


参照: https://www.pakutaso.com/

言うまでもなく、

腕相撲は五指を駆使する競技です。

 

その中で最も重要なのが、

親指です。

 

ものを掴むときも、

何かを握るときも、

親指が最も重要な役割を果たしている、

といっても過言ではありません。

 

よって、親指の位置に注意を払うことで、

自分の力を伝えやすく、逆に相手の力は逃がす、

理想の形を実践することができるのです。

 

こう書くと難しく感じるかもしれませんが、

親指の位置に関しては、ごく簡単な法則さえ守れば

誰でも強くなる方法といえます。

 

それは、「親指を相手の親指よりも上に持っておく」

というコツです。

 

これだけで、力の入りやすさが全く違います。

 

うまく活用しましょう。

 

 

腕相撲のコツ6: 上半身にも注意を払う


参照: https://www.pakutaso.com/

前述したように

腕相撲で「腕だけの力」を利用しようとすると、

うまく力が入りません。

 

腕の力だけではなく、

上半身全体を使うことが、

強くなる方法であると同時にコツです。

 

上半身の使い方は、

「腕と一緒に上半身を動かす」という点を意識すると

いいでしょう。

 

腕相撲をするときは、

どうしても上腕部分ばかりを動かそうとしがちですが、

上腕部と同時に上半身も動かすことで、

うまく体重を乗せることができます。

 

腕の力だけではなく、

体重も使うわけですから、

当然、腕の力だけで戦いがちな相手には

簡単に勝つことができるでしょう。

 

Sponsored Links

 

腕相撲のコツ7: 顎と指の距離に注意する



参照: https://www.youtube.com/

トレーニングなしで腕相撲で勝つ方法は、

前述したようにそのほとんどが姿勢に関するものです。

 

親指と顎の間の距離は、

そんな姿勢を整えるために役立つものといえます。

 

親指と顎が直線で、

近ければ近いほど、人間は力が出しやすいのです。

 

ただし、

正式なルールでは親指に顔を近づけさせることは

禁止されています。

 

本当に力を出すのなら、

親指と顎をくっつけるくらい近づけたほうがよいのですが、

それが反則行為になることもあるのです。

 

周囲の雰囲気にあわせて、

近づける距離を調節しましょう。

 

 

腕相撲のコツ8: 「噛み手」を使う



参照: https://www.youtube.com/

「噛み手」とは、

アームレスリングにおいて使われる

技術のひとつです。

 

アームレスリングと腕相撲は

厳密には異なるのですが、

そこで使われる技術は、

腕相撲に転用することができます。

 

噛み手とは、

簡単に述べれば、「相手の手首へ体重を乗せる」

強くなる方法のことです。

 

手首に体重を乗せると、

人間は構造的に腕へ力を入れることができなくなります。

 

やり方はそう難しくなく、

自分の手首を「く」の字に曲げ、

相手の手を噛むように包むだけです。

 

当然、

この戦術への対策も存在しますが、

素人間の戦いでは、非常に強い戦術です。

 

まさに簡単に強くなる方法といってもいいでしょう。

 

 

腕相撲のコツ9: 「吊り手」を使う



参照: https://www.youtube.com/

「吊り手」も、

アームレスリングで使う技術のひとつです。

 

これは本家アームレスリングでは

「トップロール」と呼ばれる名称で呼ばれており、

非常に強力な技術として親しまれています。

 

注意すべき点は、

相手の指先です。

 

その指先を後方にずらすことを

意識しましょう。

 

すると、ちょうど相手の手が吊り上げられる

形になります。

 

こうなったら、あとは勝ちは目前、

相手の掌を上に向けるように意識して、

上述したように体重を使い、

一気に相手を落としましょう。

 

吊り手の技は非常に強力で、

トップレベルの試合の場においても

勝てる方法として使われています。

 

つまり、慣れるまで少し時間がいりますが、

素人間では、間違いなく勝てる方法のひとつだと

いえるでしょう。

 

 

腕相撲のコツ10: やっぱりトレーニング!



参照: https://www.youtube.com/

トレーニングなしで

簡単に勝つ方法を紹介しましたが、

それでも、やはり勝てる相手には限界があるのは

紛れもない事実です。

 

技はもちろん重要ですが、

素人の戦いで決定力となるのは、

やはり筋力となります。

 

筋力が高くなければ、

いくら技を駆使しても勝つことができず、

もちろん、相手も同じ技術を駆使すると、

筋力の強いほうが勝つのは目に見えているでしょう。

 

よって、上腕二頭筋、

背筋といった筋肉を鍛えておけば、

より腕相撲で勝てるようになるはずです。

 

本気で腕相撲に勝ちたいのなら、

楽に勝つ方法あまり考えず、

まずは筋力をつけるのがベストでしょう。

 

Sponsored Links

 

腕相撲がすぐに強くなるアイテムって?

入手すれば、

すぐに腕相撲が強くなる方法はそれなりにありますが、

簡単に強くなるアイテムというのは

存在しません。

 

前述したコツを把握したら、

あとは地道にトレーニングを積むのが一番です。

 

よって、ここでは、

トレーニングにおすすめな器具を

紹介しましょう。

 

腕相撲がすぐに強くなりたいときはアームTRバーがおすすめ!


アームTRバーは、

腕相撲で使う上腕二頭筋を

効率よく鍛えることのできる

アイテムです。

 

上腕二頭筋は腕相撲以外にも、

見た目をしぇいアップする効果もあるので、

鍛えるのにはおすすめの部位です。

 

 

腕相撲がすぐに強くなりたいときはハンドグリップがおすすめ!


ハンドグリップは、

腕相撲に重要な

握力を鍛えるためのものです。

 

握力は筋力と同様に重要で、

こちらも鍛えておかなければ

勝つ方法とはいえません。

 

これがあれば、

ちょっととした時間に鍛えられるので、

おすすめですね。

 

 

腕相撲がすぐに強くなりたいときはベックエクステンションベンチがおすすめ!


バックエクステンションベンチは、

背筋を手軽に鍛えるための器具です。

 

背筋はパンチ力を強化するための筋肉であり、

加えて、「引く」力にも影響します。

 

腕相撲には「押す」力と同様に

「引く」力も重要なので、

背筋を鍛えておいて損はありません。

 

もちろん、

他のスポーツにも転用できるので、

ぜひ鍛えておきたい部位といえるでしょう。

 

Sponsored Links

 

腕相撲がすぐに強くなりたいときはダンベルがおすすめ!


ダンベルは、

筋力トレーニングをするために

定番の商品です。

 

腕相撲用の商品として見ると、

握力と上腕二頭筋の両方を鍛えることができます。

 

よって、手早く強くなる方法として、

大変合理的なアイテムだといえるでしょう。

 

 

腕相撲がすぐに強くなりたいときはプロテインがおすすめ!


プロテインは、

効率よく筋肉に必要な栄養を摂取するための

栄養食品です。

 

プロテインはいわば

たんぱく質の塊で、

これを食後に飲めば、

効率的に筋力アップが期待できます。

 

ご紹介した商品は

味も悪くないため、

続けやすく、飲みやすいものです。

 

筋トレをするときは、

ぜひそのお供にしてみましょう。

 

Sponsored Links

 

腕相撲は、

コツを理解すればある程度

簡単に勝てるようになります。

 

しかし、テクニックを知ったもの同士ですと、

やはり地道な努力と筋肉がモノをいうのです。

 

腕相撲で強くなりたいというときは、

ぜひ筋トレを欠かさずにこなしてみてくださいね。

 

以上、『腕相撲のコツですぐに強くなる方法! トレーニングせず相手にバレない勝ち方は?』の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事