*

七五三の髪型で7歳の日本髪の人気は?自分でのやり方や髪飾りは?

3歳、そして5歳と2年ずつ節目の成長過程を寿いできて、

いよいよ親がもう手を掛け過ぎずとも、

立派に育っていけることを喜ぶ7歳の最後の七五三です。

 

まだあどけなさは残るとは言えど、

顔立ちはしっかりした少女の愛らしさとなり

親御さんの感慨もひとしおですよね。

 

そんな七五三の幕引きとなる7歳のお祝いには、

やはり伝統的な和のテイストで厳かに着飾りをしてあげて

大和撫子としての誇りを少しでも感じさせてあげませんか?

 

今回は7歳の女の子の頭に似合う、

自宅でも作れる日本髪とその髪飾りをご紹介しましょう!

Sponsored Links

 

七五三に人気な7歳の日本髪の髪型は?

きちんとプロの髪結いさんにお願いすれば

それこそ本格的な日本髪が作れます。

 

ですが、自宅でも簡単に日本髪が結えてしまるんですよ!

 

昔から定番人気の新日本髪や桃割れ風、

そして鹿鳴館時代からのレトロな束髪である夜会巻きも、

7歳の女の子の七五三用の日本髪として作ってあげちゃいましょう。

 

七五三当日前に何回か予行練習すれば、

髪結いは苦手というお母様でも大丈夫です♪

 

以下で紹介していきます。

 

七五三に人気な7歳の日本髪の髪型1


参照元URL:https://www.youtube.com/

自分の毛をメインに仕上げることができて、

しかも可愛くも凛々しくも印象を自由自在に変えられる!と、

七五三向けのみならず新成人や花嫁さんにも支持が熱い、

上記の新日本髪をご存知ですか?

 

七五三なのに前髪をぱっつんと揃えちゃった・・・と

青い顔をしているお母様もご安心を!

 

オンザ眉毛の前髪も可愛いアクセントのひとつとして

新日本髪では利用できちゃうんですよ。

 

以下の動画でやり方の参考にしてみてくださいね。

 


参照元URL:https://www.youtube.com/

上記にご紹介する動画は、

約20分足らずで作れてしまう手軽さ嬉しい

新日本髪の結い方をご紹介していますよ。

 

新日本髪は、普通はあんこを入れたりして仕上げる日本髪とは異なります。

 

自分の毛のみで作る髪型なので、

生え際が自然な感じのままに仕上がるんです。

 

また、余計な用具による重さがないので

大変楽に長時間そのままでいられるところがミソなんですよ。

 

とりわけまだ7歳くらいでは、

いくら身体つきもしっかりしてきているとはいえ、

大人よりも華奢で支える力が不十分なので

なるべく負担をかけない髪型にしてあげたいものですよね

 

さらには、後ろ姿もうなじの生え際が自然に見えます

グッとあげている髪の高さにより、髪飾りの華やかさが引き立ちます。

 

新日本髪に限ったことではありませんが、

日本髪の特徴として、後頭部に盛り上げた髪を

更に出っ張るように押し出すために横から見た時の

立体感が抜群で、顔が小さく見えるという効果もありますよ!

 

新日本髪ならば、前髪が短くても垂らしていると

江戸時代の姫君のような可愛らしさが演出できるでしょう。

 

また前髪の両脇に垂らすように髪飾りに

ちんころをチョイスすると顔立ちの印象が強くなります。

 

このような前髪付きの新日本髪は

7歳の女の子の七五三を寿ぐのに、もってこいの髪型と言えますよね!

 

 

七五三に人気な7歳の日本髪の髪型2


参照元URL:https://www.youtube.com/

鹿鳴館時代に生まれた束髪のヴァリエーションの一種、

上記で紹介する夜会巻き

今でもちょっとしたパーティーからオフィスでの結い方に!

大人気の日本髪の髪型ですね。

 

シンプルながら華やかさが演出できるので、

7歳の七五三を迎える女の子の髪型として

大人っぽさを出すにはぴったりなものなんです。

 

以下の動画でやり方の参考にしてみてくださいね。

 


参照元URL:https://www.youtube.com/

上記にご紹介する動画では

くるくると髪を巻き込んで入れ込むだけという

スピーディーな夜会巻きの方法をご紹介しています。

 

真ん中の留め部分に大きなお飾りをチョイスすれば、

頭全体のボリュームが出るでしょう。

 

まだ髪が細くてボリューム感が

なかなか出にくい7歳前後のお嬢さんでも

問題なくよそいきの髪型に仕立て上げることができるんです!

 

夜会巻きは頭のバックで色々と遊べるところが魅力ですが、

流れに沿って上から下までお飾りを並べてみたりすると、

全体的な印象に動きが出る上に、

うなじがほっそり見える効果が出ますよ。

 

Sponsored Links

 

七五三に人気な7歳の日本髪の髪型3


参照元URL:https://www.youtube.com/

次に紹介するのは高島田の現代アレンジ版、といった髪型で

7歳の七五三の日本髪に他と差をつけてみるのはいかがでしょうか?

 

前頭部分に大輪のお花のように巻かれた部分が、

顔立ちをいっそう華やかに見せてくれて

七五三にぴったりですよ!

 

以下の動画でやり方の参考にしてみてくださいね。

 


参照元URL:https://www.youtube.com/

上記にご紹介する動画は、

原型の高島田に現代風のアレンジを加えたような日本髪をご紹介しています。

 

高島田は御殿女中の髪型がしていた日本髪だけあって、

の優美さと気品は群を抜いて際立つものです。

 

正統な高島田でもよいですが、

まだ7歳の女の子であればちょっとした遊びをつけて

愛らしさをメインにしてあげたいもの。

 

例えば前髪を低めに取って片サイドに流すことで、

顔が一層小さく見えてあどけない笑顔が引き立つことでしょう。

 

髪で作った花がゴージャスな印象的ですし、

さらに髪飾りに生花を飾ったりなどしても

生き生きとした7歳の女の子らしい美しさがさらに魅力を増して

おすすめの髪型ですよ。

 

 

七五三に人気な7歳の日本髪の髪型4


参照元URL:https://www.youtube.com/

次に紹介するまとめるだけで簡単な舞妓さんの島田風という髪型

根強い人気を誇る七五三の7歳の女の子向けの日本髪です!

 

シンプルながら立体感に溢れているので、

印象の強さはかなり大きいんですよ。

 

以下の動画でやり方の参考にしてみてくださいね。

 


参照元URL:https://www.youtube.com/

上記にご紹介する動画は

自宅で簡単にできる舞妓さん島田風ご紹介しています。

 

はんなりとして京風のたおやかな美が溢れる舞妓さんの島田結いは、

幼い少女の雰囲気にぴったりですよね。

 

さらに髪飾りとして舞妓さんは

藤飾りのようなものを主に使うため、

飾りが映えることを考えて作られた髪型。

 

なので一般でする場合も七五三など華やいだ装いが求められる場に

うってつけの日本髪と言えるでしょう。

 

あの飾りもこの飾りも素敵でつけるものを選べない!と

髪飾りで迷ってしまっているなら、

是非舞妓さん風の島田を髪型として選ぶことをおすすめしますよ。

 

どんなに飾りをつけても不思議と調和が生まれ、

さらに7歳の女の子なので過剰すぎるという印象がないんです。

 

成人式などでは舞妓さん風の島田結いが

似合いづらくなる大人びた女性も多いので、

まだ絶対的に愛らしさが勝っている

7歳の七五三の機会を逃す手はありませんよね!

 

 

七五三に人気な7歳の日本髪の髪型5


参照元URL:https://www.youtube.com/

最後に紹介するのはお転婆っぽくも、

いかにも娘さんらしい素直な可愛らしさが溢れる

江戸の下町の女の子の桃割れ風日本髪を7歳の七五三にするのもおすすめ。

 

おしゃれ心が芽生えてきて、

晴れ着が嬉しくもちょっぴり恥ずかしいという

7歳の女の子のはにかみ笑顔によく映える、日本髪なんですよ!

 

以下の動画でやり方の参考にしてみてくださいね。

 


参照元URL:https://www.youtube.com/

上記にご紹介する動画をご覧になると、

敷居が高いように見えた本格的な日本髪も

「あ、自分でできるのかも?」と思えますよね!

 

桃割れはもともとは少女向きの日本髪で、

鬢を膨らませるところが開き始めの桃のような

可愛らしい形であるところから、

この名がついています。

 

その当時には、町民だと

髪に飾る主なアクセは布地だったので、

美しい模様の飾り布を髪の中心に入れやすい形なんですね。

 

つまり魅せ髪型として存在していたのですから、

現代でも七五三など儀式とはいえど、

綺羅を競う場にはふさわしいものだと言えるんです。

 

普段髪型として流行していましたし、

そうそう庶民がしょっちゅう髪結いに頼むわけにもいきませんから

もちろん自宅で女親に結ってもらったりということも

当然あったでしょう。

 

ですから、現代でもお母様ができないことはなく、

単に慣れの問題なだけ!

 

幸い7歳くらいになると、

女の子は綺麗にすることに興味がありますし、

じっとしていることもできますよね。

 

何回か母娘で楽しみつつ練習してみるのも、

最後の七五三のよい思い出作りにつながるはずですよ。

 

後頭部にふたつ膨らみができるので、

色々な髪飾りをアイディア次第で自由につけて

華やかにできるところが魅力な桃割れ風髪型。

 

7歳のお嬢さんの今しかない子どもと

大人のはさかい期の愛らしさがよく映えておすすめですよ!

 

Sponsored Links

 

七五三に人気な7歳の日本髪の髪飾りは?

せっかく七五三の髪型を日本髪にこだわったのならば、

身につけるお飾りも見た目だけでなく、

素材や作られ方もきちんと意味あるものにしてあげたいですよね。

 

7歳の女の子ならば、もう大人びた品格のあるお飾り

頭につけてもそれに負けない品性が身に付き始めているもの。

 

それに少女の繊細さが加わって、

一層華やぎを見せるような和風お飾りを次にご紹介していきますね!

 

七五三に人気な7歳の日本髪の髪飾り1

まずご紹介するのは京のみやびから販売されている

正絹京かのこ 綿入りヘアアクセサリー です。

 

その昔は、両家のお嬢さんの七五三の晴れ着と言えば

正絹の羽二重で、しかも総手絞りの縮みというものが定番でした。

 

しかし現代でそれをやろうとすれば、

職人さんが少なくなってきた事情と時間がかかるものゆえ

何千万単位という話になってしまいます。

 

そこまではさすがに無理ですから、

せめてその息吹を髪飾りで7歳の女の子の七五三に託して伝えてあげましょう

 

この正絹のかのこ絞りも、

職人さんの手で丁寧に数枚重ねられて絞り、

加工と染色を施しているんです。

 

後ろ姿がグッとしまり、華やかさが出るかのこ絞り

7歳の着物姿を飾るにふさわしい一品と言えますね!

 

色合いもオレンジ・赤・ピンク・紫

水色・ヒワ(黄緑)・黄と7色もありますよ。

 

どんな晴れ着テイストにも選ぶ幅がありますし、

いくつか購入して重ねづけするのも大変綺麗でしょう。

 

 

七五三に人気な7歳の日本髪の髪飾り2

次にご紹介するのはばんかん家から販売されている

つまみ格子花 かのこ生地かんざしです。

 

純・古典柄のかのこ絞りがレトロな上品さで、

ちりめんの柔らかく繊細なふんわりした印象が

7歳の女の子の雰囲気にぴったり。

 

日本髪の艶やかさに、

控えめながらも色合い豊富にあしらわれたつまみ細工が

女の子らしい魅力によく映えてくれるでしょう

 

かんざしと言っても、

実はパッチン留めになっているので、

頭皮がまだ柔らかい7歳の女の子が慣れない日本髪で

痛い思いをしないような心遣いがなされているところが素敵ですよね。

 

2本の藤下がりの先には、

二つの小鈴が結び付けられているという粋な計らいも注目部分。

 

歩くたびにチリンチリンと

愛らしくも軽快な音を立て、

晴れ着の7歳の女の子の清新な姿を盛り立ててくれますよ。

 

 

七五三に人気な7歳の日本髪の髪飾り3

最後にご紹介するのはHIGAKIから販売されている

つまみ細工 豪華七五三髪飾り<勝山3点セット>です。

 

勝山とは髪型の名前で、

大きな後ろに結んだ大きな輪っかとさっぱりオールバック風の

凛々しい形が印象的な髪型。

 

これは最初にこの髪型を始めた

男前なハンサムガール遊女の名前が由来なんだとか。

 

そのすがすがしい形が後には

武家の既婚女性の髪型として流行りました。

 

こちらのお飾りはその名にふさわしく、

総純白の剣菊と梅の花のつまみ細工が潔い美しさを醸し出していますよ。

 

イノセントな7歳の女の子

少し大人びた姿を見せる髪型飾りとして

大変ふさわしいものではないでしょうか?

 

晴れ着の凝った文様を引き立てますし、

顔立ちもきりっと引き締める効果が抜群ですよね!

 

花芯に光るラインストーンパールが上品で、

正絹エレガントな輝きとハーモニーを奏でます。

 

一つ一つが手作りの心がこもった髪飾り

7歳の女の子のバージンヘアの輝きを一層引き立ててくれますよ。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

さて、いかがでしたでしょうか?

 

日本髪を自宅で結うなんて無謀な挑戦!

思い込んでいましたが、それなりの形にきちんと作ることが

意外にもできてしまうのですね。

 

最後の七五三にお金を惜しみなくかけて

それこそ寸分の隙もない大和撫子姿で寿いであげるのもよいですが

ここまで慈しんだご両親の手で髪を作ってあげるのも

何よりの愛情の形ですよね!

 

ぜひ本記事を参考にしてみてください。

 

以上、『七五三の髪型で7歳の日本髪の人気は?自分でのやり方や髪飾りは?』 の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑