妊娠中、

女性の体は大きく変化していきます。

 

その変化を愛おしく思う方もいれば、

逆に戸惑う方もいるかもしれません。

 

いつから変化がはじまるのかも含めて、

その変化との向き合い方も

人によって大きく変わります。

 

しかしながら、

どんな向き合い方をするにしても、

体の変化はいつからともなく

はじまっていきます。

 

 

よって、女性は自分の体に合うよう、

様々な形で備えなければならないのです。

 

そうした、備えるべきもののひとつが下着です。

 

ここでは、妊婦用の下着のうち、

マタニティショーツについてまとめていきましょう。

Sponsored Links

 

マタニティショーツはいつから着るの?


参照: https://stocksnap.io/

マタニティショーツをいつから着るのか

と考えたことがある人は

あまりいないかもしれません。

 

というのも、

マタニティショーツをなぜ身に着けるのか、

考える方も少ないからです。

 

そもそもマタニティショーツは、

お腹を締め付けないため

作られたショーツのことをいいます。

 

通常の下着ですと、

どうしてもゴムがお腹を締め付けるので、

妊婦の体に悪影響を与えてしまうのです。

 

その点、

マタニティショーツはゴムのゆるい作り

ないしは締め付けないように作られているので、

妊娠中、お腹に痕が残るということを

防ぐことができます。

 

では、そんなマタニティショーツは

いつから身に着ければいいのでしょうか?

 

いつから、という具体的な時期を

定めることはできませんが、

マタニティショーツの役割から

締め付けが強く感じられてきた時期が

ベストな時期といえるでしょう。

 

もちろん、それがいつからになるのかは

個人の差があるので、

具体的な月数よりも自分の実感から

いつから着るのか選ぶのがベストです。

 

具体的にいつから着るのか定めたいときは、

つわりがどの程度つらくなってきたのか

という点で定めるといいでしょう。

 

つわりの原因は

はっきりとわかっていませんが、

お腹が締め付けられると

つわりが悪化しがちだということが

俗説として広まっています。

 

もしつわりがつらいと感じたのなら、

ショーツをマタニティショーツ

変えてみるといいかもしれません。

 

 

妊娠初期にマタニティショーツを着てもいいの?


参照: https://stocksnap.io/

マタニティショーツは

ゴムの締め付けがゆるかったり、

ないしはお腹をすっぽりと覆う形というだけ。

 

基本的にはふつうのショーツと

それほど変わらないので

自由に身に着けても構いません。

 

いつから身に着ければいいのか

悩むのであれば、

娠が発覚してすぐに

マタニティショーツを身に着けるのも

1つの手でしょう。

 

ただ、妊娠初期から

マタニティショーツを身に着けていると、

特にお腹を覆うタイプのマタニティショーツは、

薄着の上からだと少し目立ってしまいます。

 

冬の間に薄着をすることはないと思いますが

夏にマタニティショーツを

身に着けるというときは、

服の上から目立つ可能性がある、ということを

気に留めておくといいでしょう。

 

 

妊娠後期にはマタニティショーツを着るべきなの?


参照: https://stocksnap.io/

基本的に妊娠後期では

マタニティショーツを着ることが

推奨されます。

 

その理由は、

主にゴムによるお腹の締め付けです。

 

通常のショーツですと

どうしても下腹部をぐっと

締め付けてしまうので、

お腹の下あたりにゴムの痕が残ったり、

締め付けられて痛い思いを

してしまうこともあります。

 

また、妊娠中の女性の肌は

かなり敏感になっており、

ショーツのゴムに負けて

肌がかぶれてしまう可能性も

考えられるでしょう。

 

さらに、妊娠している間は

おりものなどが増えてしまうので、

お気に入りのショーツを

汚してしまう可能性もあります。

 

その点、

マタニティショーツは

上述したような問題を

解決してくれるのです。

 

よって、

いつからマタニティショーツを

身に着ければいいのかわからない、

という方も、

妊娠後期にはできる限り

マタニティショーツ

身に着けることをおすすめします。

 

 

マタニティショーツを着たくない時は?


参照: https://www.pakutaso.com/

いつからマタニティショーツを

身に着けるのかにもよりますが、

マタニティショーツの見た目が好みではない

という方もいると思います。

 

特にお腹をすべて覆うタイプの

マタニティショーツ

服の上からでも目立ちやすく、

どうしても衣服の作り出す

ラインを阻害してしまうのです。

 

よって、

審美性の面から見て

マタニティショーツを身に着けたくない、

という方がいることも十分に理解できます。

 

ただ、

妊娠している以上お腹は段々と膨らんでいきますし、

通常のショーツですと

不便な思いをすることになってしまうのは

先述した通りです。

 

それでもマタニティショーツを身に着けたくない、

という場合は、

ローライズショーツで代用する

という手があります。

 

ローライズショーツは

ゴムの位置が下腹部あたりにあるショーツのことで、

妊娠中のお腹でも締め付けずに済むのです。

 

また、通常のショーツなので、

いつから身に着けて、いつ購入するのか、

ということを考えなくてもよい点もメリットといえます。

 

ただ、

ローライズショーツは

それ以上ずりさがらないように

ゴムがきつめに作られているものもあるので、

その点に関しては注意しましょう。

 

他の手としては、

パンツタイプのショーツも

マタニティショーツの代わりとして

ぴったりです。

 

パンツタイプのものは

ゴムの締め付けがゆるく、

また、お腹をすっぽりと覆ってくれるので、

妊娠中のお母さんも安心して身に着けることができます。

 

また、服のラインにも干渉しないので、

妊娠中でもおしゃれを楽しみたいという方には

ぜひおすすめしたい商品です。

 

Sponsored Links

 

マタニティショーツの選び方って?

マタニティショーツを選ぶときは、

自分の目的にあったものを選ぶといいでしょう。

 

具体的には、デザイン、材質と

自分の実感です。

 

まず、デザインに関しては

お腹をすべて覆うタイプのものから

パンツタイプのもの、

ローライズタイプのものまで、

様々なものが存在しています。

 

これらはそれぞれメリットがあり、

いずれも好みが異なるので、

いつから身に着けるのかと同じように、

自分の好みで決めるといいでしょう。

 

次に重要なのが、材質です。

 

特に重要なのがクロッチ部分でしょう。

 

先述したように、

妊娠中はどうしても

おりものが多くなるので、

クロッチ部分はおりものを

吸収できる綿などの素材がベストです。

 

そして、最も重要なのが、

実際に身に着けてみたときの実感です。

 

お腹は窮屈ではないか、

痛くないか、

実際に身に着けてみて、

自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

Sponsored Links

 

マタニティショーツを選ぶ時に注意することは?

マタニティショーツを選ぶうえで、

特に注意すべき点について

まとめていきましょう。

 

それぞれが、いつから身に着けるか

ということ以上に重要な点なので、

マタニティショーツを選ぶときの

参考にしてみてくださいね。

 

マタニティショーツを選ぶ時はデザインに注意!


参照: https://www.pakutaso.com/

マタニティショーツには、

パンツタイプ、すっぽりタイプ、ローライズタイプ、

といったタイプがあります。

 

パンツタイプのものは

ゴムの締め付けがゆるいのが特徴です。

 

ただし、普段のショーツと大きく違うので、

下半身に違和感を感じたくないという人には

おすすめできないタイプだといえます。

 

すっぽりタイプのものは、

お腹全般をカバーしてくれる上に、

着心地は普段のショーツと比べても

気にならないという優れものです。

 

一般的にマタニティショーツというと、

このすっぽりタイプのものが該当します。

 

ローライズタイプのものは、

お腹を締め付けない形を追求した形のショーツです。

 

普段と変わらない着け心地であり、

さらにいつから身に着けても

特に違和感を感じないのがメリットといえます。

 

 

マタニティショーツを選ぶときは材質に注意!


参照: https://stocksnap.io/

マタニティショーツは、

デリケートゾーン

および肌に触れるものです。

 

そのため、

出来る限り肌に優しい素材を選びましょう。

 

具体的には、

硬い素材よりも柔らかい素材

そして、クロッチ部分は水分を

吸収しやすい作りになっているものが

おすすめです。

 

硬い素材のものにしてしまうと、

荒れやすい肌に刺激が加わり、

ゴムの周囲がかゆくなってしまったりします。

 

 

マタニティショーツを選ぶときは伸縮性に注意!


参照: https://www.pakutaso.com/

材質と同様に気にしておきたいのが、

マタニティショーツ自体の

伸縮性です。

 

前述したように、

いつから、どれぐらいお腹が大きくなるのかは

人によって異なります。

 

もしかしたら、

お腹の赤ちゃんが予想よりも

大きくなるかもしれません。

 

よって、特にお腹周りは

伸縮の効くものにするようにしましょう。

 

Sponsored Links

 

安いマタニティショーツでおすすめなのは?

いくつかのマタニティショーツの中でも、

特に安く、おすすめしたいものを紹介していきます。

 

それぞれ有用な商品になっているので、

ぜひ購入する際の参考にしてみてくださいね!

 

おすすめのマタニティショーツ1


こちらの商品は、

いわゆる「すっぽり」タイプの

マタニティショーツです。

 

お腹全体を覆ってくれるため、

身重な体の保護が可能です。

 

もちろん締め付けもゆるく、

伸縮も効くため、

利便性の高いマタニティショーツを

探しているという方は、

こちらの商品をおすすめします。

 

 

おすすめのマタニティショーツ2


こちらで紹介する商品も、

すっぽりタイプのマタニティショーツです。

 

材質が綿100%になっているため、

優しい肌ざわりを期待することができます。

 

いつから肌が荒れやすくなるのは

母親の体調次第であるため、

妊娠初期から肌に優しい素材を選ぶのも

重要かもしれませんね。

 

Sponsored Links

 

おすすめのマタニティショーツ3


上記の商品は、ローライズタイプ

マタニティショーツです。

 

見た目もかわいらしく、

いつからでも身に着けられるのが

特徴になっています。

 

 

おすすめのマタニティショーツ4


上述した商品も、

ローライズタイプのショーツです。

 

ただ、ローライズといっても

過激なローライズではないので、

妊娠前から、出産後まで、

幅広く使うことのできるショーツになっています。

 

いつからマタニティショーツを身に着けるか

悩んでいるという方には、

おすすめしたいショーツですね!

 

 

おすすめのマタニティショーツ5


上記の商品は、

パンツタイプのマタニティショーツです。

 

肌に優しい素材で、

かつ3枚組になっているので、

着まわすことができます。

 

特に妊娠中は

おりものによって肌着を汚してしまうことが

多くなってしまうので、

替えのものも購入できるこのセットは、

いつから、と悩んでいる方が

あらかじめ購入しておくのにぴったりでしょう。

 

この記事を読まれた方には、

以下の記事も人気です。

<関連記事>

マタニティショーツのローライズで苦しくなく通気性がいいと評判のおすすめは?

マタニティウェアはいつから着るの?時期や選び方の注意点、安いおすすめや着たくないときは?

産後のお腹のたるみを引き締める方法は?体操やマッサージなどをご紹介!

マタニティブラはいつから着るの?時期や選び方の注意点、安いおすすめやつけたくないときは?

赤ちゃんの服のブランド!人気なブランドや秋冬のおすすめは?

赤ちゃんのお風呂の入れ方は?泣く場合やお風呂上がりは?

赤ちゃんのお風呂のグッズは?おすすめなグッズのご紹介!

妊婦の髪型でおすすめは?ショート、ミディアム、ロングのヘアでは?

おまたカイロの効果ややり方、通販のおすすめなカイロもご紹介!

ふくらはぎのむくみを解消するグッズとは?通販のおすすめとは?

いかがでしたか?

 

マタニティショーツはいつから身に着けるのか、

いつから購入するのかも含めて、

妊婦さんそれぞれの判断に任せられています。

 

しかし、着用したほうが便利なので、

出来る限り着用しておきましょう。

 

選び方に迷ったのなら、

上述したポイントで商品を見て、

購入するものを探してみてくださいね!

 

以上、『マタニティショーツはいつから着るの?時期や選び方の注意点、安いおすすめは?』

の記事でした。

Sponsored Links

関連した記事