*

メイクブラシの乾かし方!早く乾かす方法や干し方、乾かない時は?

汚れて顔につけるのが憚られたメイクブラシ。

 

メイクブラシを洗ったのはいいけれど、

乾いた後の臭いが気になる・・・。

 

そんな経験はありませんか?

 

また、メイクブラシは乾かし方や干し方を誤ると

メイクブラシ自体の質を悪くしたり

かび臭い匂いを持たせてしまうものなんです!

 

そこで今回は正しいメイクブラシの乾かし方や干し方

緊急で早く乾かしたい場合の対処方法をご紹介しますよ。

Sponsored Links

 

メイクブラシの正しい乾かし方って?


参照元:https://pixabay.com/

「メイクブラシを早く乾かしたい!」

きれいで使いやすいコンディション

またメイクに役立てたいと思うなら、

正しいメイクブラシの干し方を取ることが大切ですね。

 

洗いあげた後の干し方の何気ない動作ひとつで、

メイクブラシのコンディションが

随分変わってしまうものなんですよ。

 


参照元:https://youtu.be/raBqKxmlRTA

上記にご紹介しているメイクブラシの干し方の動画では、

正しい洗い方からの流れがよくわかるものですよ。

 

メイクブラシ数本を干すに当たっては、

一定の間隔をあけて干すことがポイント!

 

風の通り路ができますし、

メイクブラシ同士が乾くときの

水蒸気がこもって他のブラシにつくこともありません。

 

また毛先を下向きにして

水分が流れ落ちやすいようにすることも

留意したいところですね。

 

飽くまで風通しのいい日陰

自然乾で干すというのが

正しい干し方になりますよ。

 

 

メイクブラシの乾かし方でNGなのは?

メイクブラシの乾かし方は

濡れた洗濯物の乾かし方と同じと思ってはいけません。

 

強いて言うならばシルクやウールの

デリケートな洗濯物の乾かし方と同じ、と考えましょう。

 

つまりNGな乾かし方

デリケートな洋服と同様ですよ。

 

メイクブラシの乾かし方でNGなのは直射日光を当てること!


参照元:https://publicdomainq.net/

メイクブラシの乾かし方で避けて欲しいのは、

直射日光に当てて乾かすことなんです。

 

ウールやシルクでできた

おしゃれ着の干し方を思い出してほしいのですが、

傷みや劣化を避けるために日陰干しをしますよね?

 

それと同じで強すぎる日光

メイクブラシにとっても

寿命を早めるもとになってしまいますよ。

 

 

メイクブラシの乾かし方でNGなのはドライヤーの熱を加えること!


参照元:https://publicdomainq.net/

早く乾かしたいからといって、

ドライヤーの熱風をメイクブラシに当てるのは

避けたほうがよいやり方です。

 

動物毛のブラシは繊細で細いので

熱を加えることによって、

変質や毛切れの原因を作ってしまいます!

 

化学繊維の場合も

毛先の変形などを起こすので、

ドライヤーの温風を当てることは避けましょう。

 

 

メイクブラシの乾かし方でNGなのはタオルでこすり拭きすること!


参照元:https://publicdomainq.net/

タオルで水分を優しく吸い取って

乾燥を早めるようにするのはいいのですが、

飽くまで促すためのもの。

 

乾かすためにゴシゴシと

タオルでこすり拭きをしてしまうと、

毛がバサバサになって傷んでしまいます。

 

髪を拭くときもこすらずに

タオルで挟んで軽く叩くのがいいように、

メイクブラシもこすって

繊維を傷めることは避けて下さいね。

 

Sponsored Links

 

メイクブラシを早く乾かす方法は?

メイクブラシは自然乾燥で乾くのを待つのがベスト。

 

ですが、予備がなくて

早く乾かしたいという場合はありますね。

 

そんな時は洗い方自体を変えたりする方法も取ってみましょう。

 

メイクブラシを早く乾かすには無水エタノールで洗う!


参照元:https://youtu.be/yfjcFyDUxII

メイクブラシの速乾性の点から言うと、

水で洗わずにアルコール成分である

無水エタノールで洗うという方法がおすすめです。

 

無水エタノールにブラシを浸けると

汚れがすぐに浮き出してきて、

振り洗いをすれば完全に落ち切ります。

 

さらに、すすぎ洗いをした後、

軽く余分なアルコール分をティッシュオフすると、

すぐに残ったアルコールが揮発して

乾燥した元のメイクブラシに戻るんです。

 

常習的にすると毛の傷みは早いですが、

時々メイクブラシ洗浄と乾燥に

時間を掛けられない場合にするのはおすすめですよ。

 

 

メイクブラシを早く乾かすには温度の高い部屋で乾かす!


参照元:https://pixabay.com/

キッチンのあるリビングダイニング

人がよくいる部屋で熱気がこもりやすい部屋、

電気をつけていることが多い部屋で

メイクブラシを乾かすことも早い乾きに繋がりますよ。

 

ただ、あまりキッチン付近すぎても

料理の匂いがついたりしますし、

電気に近いところだと毛が焼き切れたり変質に繋がるので、

その点はよく気をつけて下さいね。

 

 

メイクブラシを早く乾かすにはドライヤーの冷風機能で乾かす!


参照元:https://www.photo-ac.com/

ドライヤーの熱風で乾かすのはNG

先の項目でご説明しましたね。

 

でもどうしても早く乾かしたい時に強制的に風を送る、

つまりドライヤーの冷風機能で乾かすことは許容範囲です。

 

あまり近づけすぎると

送風の強さでブラシの毛が傷みますから、

少し離して乾かしてあげましょう。

 

Sponsored Links

 

メイクブラシの正しい干し方って?


参照元:https://pixabay.com/

メイクブラシを干すときは、

必ず毛先が下になるように干すことが大事です。

 

水分を多く含む根元から

毛先に落ちていくようにするだけで、

乾燥の速度が随分違いますよ。

 

またメイクブラシを干す前に、

毛先をコームで整えて真っすぐにする

水分が落ちやすくなり、

早く乾かすことに繋がるでしょう。

 

 

メイクブラシの干し方でNGなのは?


参照元:https://publicdomainq.net/

何気なくやってしまいがちなことに

洗って水気を切ったあとのメイクブラシを、

そのままメイクスタンドに立てて

干してしまうことがあります。

 

これは干し方としてNGなやり方です!

 

どんなによく水気を拭き取っても

根元の方は水分が多く残りがちなもの

 

さらに毛先から根元に水分が落ちてたまっていき

早く乾かない悪循環になってしまうんですよ!

 

ティシュペーパーに寝かせたままというのも

水分が触れる面積が多くなるので、

干し方・乾かし方としては避けましょう。

 

干すときに洗濯ばさみで挟みやすいからといって

毛先を挟み留めるのも、

毛が切れたり早く傷む原因となってしまいます。

 

Sponsored Links

 

メイクブラシが乾かない時の原因は?


参照元:https://publicdomainq.net/

メイクブラシの洗い方と乾かし方の一連の作業!

 

一番大事なのが水気をよく切ることなんです。

 

水気をよく切ったブラシは濡れているというよりも、

湿っているという状態に近いものですね。

 

つまり、それだけ微風の外気力だけで

乾く時間が早くなるというものなんです。

 

メイクブラシの繊細さを考えて、

洗い、すすぎを終えた後は

あまり筆先を触らないで

自然に水が切れるのを待つようにしている方は、

その心配りが裏目に出てしまっている可能性があります。

 

洗った後の水気をよく拭き取るという

シンプルなことだけで、

乾かないという原因が解消されるはずで

 

また長年使っているメイクブラシも

よく乾かない原因になります。

 

動物毛だと水弾きをするが、

化学繊維だとコーティングが既に落ちてしまって

水分をいつまでも蓄えてしまうんです

 

毛先がちょっとパサつき気味の

メイクブラシは要注意で、交換目安のサインですよ。

 

 

メイクブラシが乾かない時の対処法は?


参照元:https://publicdomainq.net/

メイクブラシが2~3日経っても乾かないという場合は

そのまま乾くまで待ったとしても

嫌なかび臭さがついてしまいます。

 

空気中の雑菌がブラシの湿った部分で

繁殖してしまうためです。

 

そのままでは衛生上もよくありませんし、

顔回りに使うものですから

せっかく洗ったのに意味がありまんよね。

 

なので、メイクブラシが乾かないと感じたら

もう一度洗い直して、前述でご紹介したような

正しい乾かし方・干し方を取り直してみましょう

 

それでも乾きが悪いようでしたら

前の項目で触れたように、

メイクブラシの毛が劣化しているはず。

 

「新しいものを購入する時期が来た」

というサインだと考えて下さいね。

 

Sponsored Links

 

メイクブラシを乾かす時におすすめなグッズは?

メイクブラシの乾かし方は

基本的に室内干しなので、

洗濯ものを干すグッズがあると便利ですよ。

 

おしゃれ着の部屋干し用にも

転用できるので便利ですよね!

 

メイクブラシを乾かす時は輪ゴムがおすすめ!

最初にご紹介のメイクブラシの乾かし方を助けるグッズは、

上記の共和/オーバンド ゴールド缶 カラーミックス輪ゴムです。

 

メイクブラシを干すときは

ブラシを下向きにぶら下げますが、

柄が丸いのでハンガーにそのままは留められません。

 

そこで輪ゴムで結わえ付ける

ゴムの弾力で揺れて風に触れやすくなり、

乾きも良くなりますよ。

 

 

メイクブラシを乾かす時は物干しハンガーがおすすめ!

次にご紹介のメイクブラシの乾かし方を助けるグッズは、

上記の洗濯 物干し 10連ハンガーです。

 

普通の洗濯ばさみがついているものよりも、

ハンガーが連なっているものだと

より多くのメイクブラシを並べて乾かせます。

 

また形を崩したくないおしゃれ着も、

このハンガーがあればたくさん干せて便利ですよ。

 

 

メイクブラシを乾かす時は洗濯ばさみがおすすめ!

最後にご紹介のメイクブラシの乾かし方を助けるグッズは、

上記の洗濯バサミ ハンガーまるごとピンチです。

 

メイクブラシを乾かすのに

風通しのいいお風呂場など、

紐を張ってそこに干すのもおすすめです。

 

その時に役立つのが洗濯ばさみなんです。

 

この挟む部分が大きい洗濯ばさみなら

小型の物干し竿を持ちこんでも、

しっかり竿ごと挟み込める余裕があるので助かりますよ。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

いかがでしたでしょうか?

 

メイクブラシの乾かし方は自然に乾くのを待つのが

ブラシ毛にとってはベストなんです。

 

でも「メイクブラシの予備がないのですぐに必要!」

という緊急事態のケースに、

今回の本記事でご紹介したような

速乾性が高い方法を試してみて下さいね。

 

以上、『メイクブラシの乾かし方!早く乾かす方法や干し方、乾かない時は?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑