*

京都五山の送り火!2017年の日程や時間、穴場スポットやホテルは?

四季折々の風情あるイベントには事欠かない京都ですが

古都の夏を代表する年中行事といえば

京都五山の送り火を思い浮かべる方も多い事と思います。

 

お盆の精霊送りの行事の一つである京都五山の送り火は

古都の山々に鮮やかに浮かぶ炎の文字が大変趣深く、

葵祭、祇園祭、時代祭と共に京の四大行事に数えられる

人気の高いイベントなんです。

 

とはいえ、一時間足らずのとても短いイベントのため

どのスポットでどのように鑑賞するかという事が

京都五山の送り火を堪能する上ではとても重要になります。

 

そこで今回は、今年2017年の京都五山の送り火について

おすすめや穴場の鑑賞スポットを詳しくご紹介致しますので

送り火を見に行かれる際の参考にしてくださいね。

Sponsored Link

 


京都五山の送り火の2017年の日程や時間は?

京都五山 送り火 2016年 日程
参照元URL:http://kyoto.nan.co.jp/

古都の夏の夜空を焦がす京都五山の送り火は、

8月16日の夜に催行されるのが古来よりの習わしで

2017年も例年通り8月16日(水)に開催予定です。

 

送り火の開催の時間については

京都五山で一斉に火が灯されるのではなく

以下にご紹介する通り、各スポットで時間差を設けて

次々に点火されていきます。

 

送り火の各スポットの2017年度の点火の予定時間は

20:00 → 大文字(東山如意ヶ嶽)

20:05→ 妙法(松ヶ崎 西山 東山)

20:10 → 舟形(西賀茂船山)

20:15 → 左大文字(大北山)

20:20 → 鳥居形(嵯峨鳥居本曼荼羅山)

となっており『大文字』を皮切りに、

5分の時間差をおき京都五山のそれぞれのスポットで

東から西に反時計回りで送り火が灯されていきます。

 

因みに、送り火の点火時間については

一昨年度から『妙法』『舟形』の時間が5分早まっており

古い記事では時間が未修正の情報もありますので

2017年の点火時間は上記の通りと覚えておいて下さいね。

 

 


2017年の京都五山の送り火のおすすめや穴場スポットをご紹介!

京都五山の送り火の鑑賞スポット選びでは

一つの送り火に絞って近景で迫力ある雰囲気を楽しむか

京都五山全ての送り火を遠景で満喫するかという事が

一つのチョイスの分かれ目になります。

 

鑑賞スポットにより、

それぞれ違った趣が楽しめる京都五山の送り火なので

2017年は予め下調べしてお好みのプランを立ててくださいね。

 

尚、送り火の鑑賞スポットは、

新しい建造物や樹木の成長等でも視界が変化するので

明るいうちに実際の場所を下見しておくといいですよ。

 

●2017年の京都五山の送り火『大文字』鑑賞のおすすめスポットは?

京都五山 送り火 2016年 日程 2
参照元URL:https://www.kyokanko.or.jp/

『大文字焼き』という別称もある様に、

五山の送り火の口火を切って20時丁度に点火される

大文字は京都五山を代表する大本命の送り火ですよね。

 

京都五山の送り火の中でも最大規模の大文字の送り火は

東山の如意輪ヶ嶽の大文字山の西側の斜面に文字が浮かび

標高の高い地点のため、比較的遠方からでも送り火が見られる

というメリットがあります。

 

大文字の送り火鑑賞のおすすめスポットとしては

出町柳の鴨川デルタ周辺がまず定番スポットとして知られ

2017年の送り火でも多くの見物客で賑わう事が予想されるので

鴨川デルタでの鑑賞では早めの場所取りが大切です。

 

また、その他のスポットとしては

・丸太町以北の鴨川にかかる各橋と鴨川堤防

・鴨川デルタ周辺の今出川賀茂大橋、出町橋等

・銀閣寺道の周辺

・京都御苑

等がおすすめの鑑賞スポットとなっております。

 

また、大文字の送り火の穴場スポットとしては

・イオンモール京都五条 最上階駐車場

・京都大学正門付近

・今出川通白川交差点の南西の角

等が地元でも超穴場として知られているようですので

混雑を避け送り火を見たい方にはもってこいですよ。

 

 

●2017年の京都五山の送り火『妙法』鑑賞のおすすめスポットは?

京都五山 送り火 2016年 日程1
参照元URL:http://blogs.c.yimg.jp/

『大文字』の送り火より遅れること5分、

2017年度は20時5分に点火される『妙法』の送り火は

松ヶ崎の西山に『妙』東山に『法』の字が浮かび上がります。

 

二文字一対と考えられている松ヶ崎『妙法』

京都五山の中では山の標高が一番低ということもあり

遠くから見づらいのが残念な要素ではあります。

 

とはいえ、妙法の送り火には超穴場も存在し

山が低い事で、逆に火の粉が飛んできそうなほど

間近で迫力のある送り火が見られるメリットもあります。

 

妙法の送り火の鑑賞のおすすめスポットとしては

ノートルダム女学院近くの北山通が定番ですが

烏丸口駅の東にある出雲路橋の東岸では

観光客も少なく『妙法』両方の文字と『舟形』が

両方見られる超穴場のおすすめスポットなんです。

 

また『法』の字を間近で見たいという方なら

着火作業や一つ一つの篝火がはっきり見られる宝が池スポーツ広場が、

他とは一味違う送り火が楽しめるおすすめのスポットですよ。

 

Sponsored Link

 

●2017年の京都五山の送り火『舟形』鑑賞のおすすめスポットは?

京都五山 送り火 2016年 日程 3
参照元URL:https://upload.wikimedia.org/

送り火の三番目に点火される『舟形』

京都五山の一番北にある西賀茂船山に

文字ではなく帆掛け船の形が浮かび上がる送り火で

賀茂街道沿いが定番のおすすめ鑑賞スポットです。

 

中でも、賀茂川にかかる上賀茂橋美薗橋

『舟形』が美しく見えるベストポジションと知られており

見物客で賑わうものの、解放感のある河原であるため

2017年の送り火も比較的ゆったり楽しめるスポットです。

 

また、京都ゴルフ倶楽部の舟形コース上からは

かなりの至近距離で迫力ある『舟形』の送り火が鑑賞でき

2017年も夜間、ゴルフコースが解放される予定ですのでおすすめのスポットですよ。

 

 

●2017年の京都五山の送り火『左大文字』鑑賞のおすすめスポットは?

京都五山 送り火 2016年 日程 4
参照元URL:https://www.kyokanko.or.jp/

京都五山の送り火の4番目に灯される『左大文字』

一斉ではなく筆順に点火されていくのが特徴の送り火で

太く逞しい字体から男型とも呼ばれているのだそうです。

 

2017年の送り火で『左大文字』を鑑賞する場合は

東大路通沿い平野神社カトリック衣笠教会などが

おすすめのスポットとなっております。

 

また大北山のふもとにある金閣寺周辺からも

『大』の文字は少し斜めになるものの

至近距離で送り火が楽しめ2017年の送り火でもおすすめですよ。

 

尚、『左大文字』は基本的には西大路通沿いなら

文字は小さくなりますが五条辺りからでも鑑賞可能です。

 

 

●2017年の京都五山の送り火『鳥居形』鑑賞のおすすめスポットは?

京都五山 送り火 2016年 日程 6
参照元URL:http://www.thekyoto.net/

京都五山の送り火の最後を飾る『鳥居形』の送り火は

京都の中心から少し離れる分、鑑賞スポットは限られますが

他では楽しめない幻想的な雰囲気が味わえる送り火で

2017年の送り火の鑑賞にも大変おすすめです。

 

京都五山の最も西に位置する嵯峨曼荼羅山で点火される

『鳥居形』の人気の鑑賞スポットというと

灯篭流しも行われる嵐山の渡月橋がメジャーですが

それだけに例年、大混雑するスポットでもありますので

早めの場所取りが必至でもあります。

 

また、送り火と灯篭流しが両方鑑賞できる場所としては

大覚寺の東側に位置する広沢の池があげられ、

こちらでは、上の画像でもご覧いただける通り、

色とりどりの灯篭が水面に浮かぶ大変幻想的な光景が

堪能できる2017年もおすすめスポットとなっております。

 

その他、『鳥居形』の穴場の鑑賞スポットとしては

化野念仏寺周辺の空き地や畑があり、

この辺りからだと遠方に『右大文字』の送り火も

小さく見ることができますよ。

 

 

●2017年の京都五山の送り火が全て鑑賞できるスポットは?

京都五山 送り火 2016年 日程 7
参照元URL:http://www.kisetsunootayori.com/

京都五山送り火は一つの送り火を単独で見るのもいいですが

2017年の送り火の鑑賞は全てを一度に見てみたい

という方もいらっしゃることと思います。

 

京都五山の送り火を全て見られるスポットでは

京都駅ビル空中経路京都タワー将軍塚等が人気ですが

どのスポットも事前予約が必要になりますので、

早めに計画を練りツアーに申し込むなどして

時間に十分余裕をもって動き出すことが肝心ですよ。

 

その他、上層階のレストランやホテルに宿泊して

送り火を眺めるという事も可能ですが

この方法も事前予約は必至の上、それなりの出費が必要になります。

 

もし2017年は無料で京都五山の送り火を複数鑑賞したい

という方なら、北大路の南側にある船岡山公園

『鳥居形』以外の送り火が一度に鑑賞できるスポットで

早めの場所取りは必至ですが大変おすすめのですよ。

 

Sponsored Link

 


2017年の京都五山の送り火におすすめの宿をご紹介!

ゆく夏を惜しむ風情たっぷりの京都五山の送り火は

遠方からお出でになり鑑賞するに値する年中行事なので

ホテルを予約してゆっくり古都の夏の満喫したいですよね。

 

という事で、最後に2017年の送り火の鑑賞におすすめな

京都のホテルもご紹介しておきたいと思います。

 

尚、例年10万人前後の人でがある人気の送り火なので

宿泊所も8月16日の夜は、非常に混み合いますので

早めのご予約を強くおすすめいたします。

 

2017年の京都五山の送り火におすすめの宿1

京都タワーホテルは、最上階の京都タワーから

京都五山の全ての送り火を鑑賞することができる

大変おすすめのスポットで、送り火の特別プランを予約し

そのまま宿泊すれば、ゆったりと送り火が楽しめますよ。

 

和のテイストを取り入れたゲストルームは

暑い夏の京都の町を観光した後、

ゆったり寛げる落ち着いた雰囲気の空間で、

地下3階には大浴場も完備されていますので

旅の疲れをとるには最適の宿となっております。

 

また、京都駅から徒歩2分の絶好の立地なので、

遠方から電車で送り火を見においでになる方には

一押しの京都のホテルとなっております。

 

 

2017年の京都五山の送り火におすすめの宿2

京都御所にほど近い立地のルビノ京都堀川では

京都五山の送り火の特別プランが用意されていて

ホテル屋上からは鳥居形以外の送り火を

一度に鑑賞することが可能なんです。

 

また2017年度の特別プランでは

舞妓さんの踊りと歓談も楽しめる企画となっていて

京都の風情が存分に味わえる

ワンランク上の送り火鑑賞の宿泊プランとなっております。

 

観光にも大変便利な立地の宿ですので

夏の終わりの古都の風情を楽しまれるには

もってこいのホテルですよ。

 

 

2017年の京都五山の送り火におすすめの宿3

京都地下鉄の市役所前駅から徒歩1分の立地にある

京都ロイヤルホテル&スパでは、

2017年度も送り火&フルコースディナーが楽しめる

特別プランがあり大変おすすめです。

 

自慢のフレンチのコース料理に舌鼓を打ちながら

送り火が順番にともっていく様子をホテルの特設会場で

優雅に楽しまれるのもとても贅沢で素敵ですよね。

 

価格的には割高感は否めませんが

ご高齢の方に素敵な夏の京都旅行をプレゼントしたい

という方等にはうってつけのプランとなっております

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

夏の京都でおすすめなデートのスポットをランキングでご紹介!

京都の抹茶のスイーツ!お取り寄せの人気ランキングは?

京都の温泉へ!日帰りでいけるカップルにおすすめな温泉は?

縁結びは京都の神社(パワースポット)へ!効果が期待できるスポットは?

浴衣でレディースから人気のブランドや2017年の通販でおすすめは?

浴衣でメンズから人気のブランドや2017年の通販でおすすめは?

甚平の人気は?レディース(10代〜20代)から人気のある甚平のご紹介!

甚平の着こなし!メンズのおしゃれな着こなし方をご紹介!

 

という事で、2017年の京都五山の送り火について

おすすめや穴場の鑑賞スポットをご紹介いたしましたが

いかがでしたか?

 

送り火が催行される8月16日はお盆最終日という事で

京都各地で精霊流しや万灯会等も開催されて

大変趣深い体験ができますので

併せてチェックしておくといいですよ。

 

以上『京都五山の送り火!2017年の日程や時間、穴場スポットやホテルは?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑