*

一眼レフには望遠レンズを!選び方や使い方のご紹介!

とても繊細で綺麗な写真が撮れることで、

人気な一眼レフ。

 

そんな一眼レフですが、

レンズ選びに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

そんな方の為に今回は、

風景撮影や野鳥などの撮影に適した

望遠レンズの選び方や使い方を

ご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

 


一眼レフの望遠レンズの選び方をご紹介!(新品編)

こちらでは、

新品の一眼レフの望遠レンズを購入する際に、

気をつけた方がいい点や、

選び方のコツなどをご紹介していきたいと思います。

 

●一眼レフの望遠レンズは自分にあった物を!

一眼レフ 望遠レンズ 使い方 選び方、1

一眼レフの楽しみの一つでもあるレンズの装備変更

 

望遠レンズは、

撮影したい距離によって、

望遠レンズを交換することにより、

鮮明に美しく撮影をすることができます

 

初めて望遠レンズの購入を考えている方は、

シーンにより様々ですが、

使用頻度が多い135〜300mmの望遠レンズをおすすめします。

 

 

●一眼レフの望遠レンズはナノクリスタルコートを!

ナノクリスタルコートとは、

ニコンが独自開発したレンズコーティングで、

最近では、

ナノクリスタルコートを施した望遠レンズが、

多数、出てきており、

とても綺麗に撮ることができるんです。

 

新品しく出ている一眼レフの望遠レンズは、

ほとんどナノクリスタルコートが施されている程です。

 

特にナノクリスタルコートは、

逆光時にフレアやゴーストを最大限抑えてくれるので、

晴天時は強い味方になり、

一眼レフを持ち始めた方にも扱いやすくなっております。

 

ナノクリスタルコートの望遠レンズは、

N」のロゴが入っておりますので、

購入する際には、

目印として覚えておくと良いでしょう。

 

 


一眼レフの望遠レンズの選び方をご紹介!(中古品編)

新品の望遠レンズは確かにどれを選んでも、

問題はありません。

 

ただ、価格は破格で大変、高価です

 

そこでユーザーの皆さんはたいていは中古品の

一眼レフの望遠レンズを買うことが多いのではないでしょうか。

 

そこで、中古カメラ屋さんに行って、

一眼レフの望遠レンズを購入する際の

ポイントをご紹介したいとおもいます。

 

●一眼レフの望遠レンズは外観をチェック!

一眼レフ 望遠レンズ 使い方 選び方
参照元URL:http://www.recycle-kaitori.com

これは前ユーザーさんの使用頻度を計るのに、

とても簡単な見分け方です。

 

基本的に綺麗な状態だと使用頻度は少なかったか、

大切に使われていた証拠なので、

きれいな状態の一眼レフの望遠レンズを選んで下さい。

 

雑な使われ方をされていた望遠レンズは、

思わぬ所で不具合が生じたりし、

無駄な出費になりがちですので、

必ず外観は重要視しチェックしましょう。

 

 

●一眼レフの望遠レンズはズームリンクをチェック!

一眼レフ 望遠レンズ 使い方 選び方.jpg
参照元URL:http://blog.iwest.jp/

次に望遠レンズのズームリングのスムーズさです。

 

中には、望遠レンズのズームリングが、

バカになって軽すぎたり、

逆にどっかでひっかかっている場合があります

 

このような状態の望遠レンズは、

避けておいたほうが無難でしょう。

 

また上記二つの一眼レフ用の望遠レンズは、

価格が安く設定されているので、

見分けやすいと思います

 

 

●一眼レフの望遠レンズはレンズ内をチェック!

一眼レフ 望遠レンズ 使い方 選び方.、1
参照元URL:http://www1.vecceed.ne.jp

そして、最大に気をつけてほしいのが、

一眼レフの望遠レンズ内のクモリ、カビ、ゴミです。

 

まず、望遠レンズ内のクモリは、

絞りを開放にして、

リア部分からレンズ内を覗き込み、

店内の照明に当ててみましょう。

 

なんとなく光がぼやけているなとおもったら、

クモリの場合があります。

 

若干のクモリは撮影には影響はないですが、

一眼レフの望遠レンズの場合は、

広角レンズに比べて、

クモリはシビアに写る場合があります。

 

一見して、

明らかに分かるクモリの望遠レンズは控えておきましょう。

 

 

一眼レフ 望遠レンズ 使い方 選び方、4
参照元URL:http://fukunosuke1102.blog19.fc2.com/

次に一眼レフの望遠レンズ内のカビです。

 

この確認方法もクモリの時と同様に光にあて、

中を覗き込んで下さい

 

蜘蛛の巣状の白いものが望遠レンズ内にあれば、

それはカビです。

 

カビが生えている一眼レフ用の望遠レンズは、

益々ひどくなる恐れがありますので、

やめておいたほうがいいでしょう。

 

 

一眼レフ 望遠レンズ 使い方 選び方.、2
参照元URL:http://blogs.c.yimg.jp

最後にゴミです。

 

こちらの確認方法もクモリ、

カビの時と同じように光に当ててください

 

望遠レンズ内に黒い小さなものがあったら、

それはゴミです。

 

前玉のゴミは撮影時に絞り込まなければあまり、

問題ありませんが、

後玉のゴミは購入の際は避けてください。

 

Sponsored Link

 


一眼レフの望遠レンズの使い方をご紹介!

実際に一眼レフの望遠レンズを手に入れたら、

次はいよいよ実践ですね。

 

こちらでは、

望遠レンズの使い方やコツなどを

ご紹介していきたいと思います。

 

一眼レフの望遠レンズは両手でしっかりと持ちましょう!

一眼レフ 望遠レンズ 使い方 選び方、1
参照元URL:http://image.itmedia.co.jp/

一眼レフの望遠レンズは大抵が大きく、

一眼レフ本体に装着すると、

まず片手では持てません

 

ですので撮影する時は必ず、

片手は一眼レフ本体、

もう一方の手はレンズ本体に置きましょう。

 

そうすることで、

手持ちの撮影の場合でも

手ぶれを軽減させてくれ、

綺麗な写真を撮ることができます。

 

 

一眼レフの望遠レンズは三脚を使いましょう!

次は、三脚を使った望遠レンズの撮影方法です。

 

大抵は望遠レンズの本体に、

三脚にとめるネジ穴がついているので

そこを三脚にとめましょう。

 

望遠レンズ側の三脚留めは、

回転するようになっていますので、

三脚に固定した状態でも、

立て位置、横位置が簡単に選択できます。

 

一眼レフで望遠レンズを使って撮影する際には、

どうしても手ブレが起きてしまいますので、

三脚は必須のアイテムとなっております。

 

しかしどうしても三脚を外さないと、

撮ることができない場面もございますので、

そんな時にはシーンに合わせて活用するとよいでしょう。

 

 

一眼レフの望遠レンズはマニュアルフォーカスを使いましょう!

一眼レフ 望遠レンズ 使い方 選び方、12
参照元URL:http://cweb.canon.jp/

最後に手持ちや三脚での撮影での注意点はピントです。

 

基本的にはピントは

マニュアルで合わせましょう。

 

オートフォーカス機能は、

メーカーによって精度に差があり、

マニュアルフォーカスより正確でない場合があります

 

マニュアルでピントを合わせる方は相当、

一眼レフに慣れている方と言うイメージがございますが、

慣れてくるとマニュアルフォーカスは、

オートフォーカスより早く

ピントを合わせることができます

 

これは訓練なので、

一眼レフの望遠レンズで、

綺麗に写真を撮りたい方は、

最終的にはマニュアルフォーカスをおすすめします。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

一眼レフのおすすめは?初心者でも扱いやすい一眼レフをご紹介!

 

いかかだったでしょうか。

一眼レフの望遠レンズは、

重い上に高価なものがほとんどです。

 

ご購入されるなら、

中古の望遠レンズをお考えの方も多いと思います。

 

しかし店員さんは、

そこまでカメラに詳しくない方も多いので、

自分で目利きするのも重要です!

 

素敵な望遠レンズと出会い

自分だけの写真を撮って下さいね。

 

以上今回は、

「一眼レフには望遠レンズを!選び方や使い方のご紹介!」

の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

大学生の通学のカバンは?人気ブランドやおすすめを男女別にご紹介!

コーディネートの良しあしを決めるポイントは 小物遣いだとよく言わ

高校生の卒業式の髪型!男の子の人気やおすすめなアイテムは?

一生に一度の高校生の卒業式 小学校や中学校までの卒業式は記憶が薄

4月の海外旅行におすすめな国や観光スポット、物価や気温、治安は?

学校や会社では年度初めとなる4月はイベントの多い月ですが 月末の

3月の国内旅行におすすめなスポットや周辺施設、特産品や持ち物は?

寒さが和らぎ、春の訪れが実感できるようになる3月は 日脚も長くな

3月の海外旅行におすすめな国や観光スポット、物価や気温、治安は?

日本では各地で春の訪れが感じられるようになる3月は 学生なら春休

→もっと見る

PAGE TOP ↑