*

離乳食を初期、中期、後期に分け進め方をご紹介!

赤ちゃんの離乳食の進める初期の時期は、

一般的に月齢5ヶ月からです。

 

しかし、赤ちゃんの発育によって、

様々でいつ頃から離乳食を初めていいのか

どれぐらいの割合で進めていけばいいのかなど

悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

今回はそんなママさん達に、

基本的な注意点などを説明しながら、

分かりやすく離乳食の進め方を初期、中期、後期に分けご説明していきます。

Sponsored Link

 


離乳食の初期の進め方の前にまず注意点を!

離乳食、初期、赤ちゃん、進め方
参照元URL:http://www.nts.ne.jp/

離乳食の初期の進め方の前に、

まずは注意点を知っておきましょう。

 

この離乳食の注意点を知っておかなければ、

赤ちゃんの生命にも関わってきますので、

必ず目を通しておいてください

 

赤ちゃんの離乳食の注意点一つ目

食材についているを殺すために必ず十分に熱を通しましょう

 

赤ちゃんの離乳食の注意点二つ目

生肉や生魚の調理後は手や器具をよく洗浄しましょう

 

赤ちゃんの離乳食の注意点三つ目

煮込み料理を長時間室温で放置しない

 

赤ちゃんの離乳食の注意点四つ目

少しでも怪しいと思ったら赤ちゃんに食べさせない

 

赤ちゃんの離乳食の注意点五つ目

赤ちゃんに食べさせる野菜や果物を流水でよく洗う

 

赤ちゃんの離乳食の注意点六つ目

食品を買ったら早めに冷蔵庫へ

 

以上が赤ちゃんの離乳食の注意点になります

 

では次は実際に離乳食の初期、中期、後期では赤ちゃんにどんな物を

あげていけばいいのかご紹介していきましょう。

 

 


離乳食の初期、中期、後期の進め方で使う食材と調理方法

離乳食、初期、赤ちゃん、進め方、1
参照元URL:http://www.pal-system.coop/

最近ではさまざまな赤ちゃんの離乳食が市販で売っていますね。

 

どれも美味しくて赤ちゃんは喜ぶでしょう。

 

しかしずっと続けると節約面では高くつきますよね

 

ですので離乳食では、

なるべく手作りの進め方をオススメします。

 

離乳食の食材は、

その日に大人が食べるものから

選んで調理すればよいとされています。

 

例えばカレーライスを作る日には、

赤ちゃんの離乳食は人参とじゃがいもをチョイスします

 

そして食材を煮てからミキサーにかけたり、

磨り潰したりすれば赤ちゃんの離乳食の完成です

 

初期は赤ちゃんに食材そのものの味に慣れさせるため

このように簡単な離乳食の進め方で大丈夫です。

 

そして、離乳食の初期や中期では、

お米も合わせた進め方もしていきましょう。

 

10倍粥からはじめて、

月齢8ヶ月頃の赤ちゃんでは、

7倍粥を目安にする進め方をおすすめします。

 

私のオススメは、

毎回少量を作るのは面倒なので

2週間分位を1回量ずつに分けて、

赤ちゃんの離乳食を冷凍させておくことです。

 

そうする事により、

その都度赤ちゃんの離乳食を作らないで大丈夫なので、

手間が省くことができますよね

 

それでは次はいよいよ離乳食の進め方を、

初期、中期、後期に分け紹介していきましょう。

 

 


離乳食の初期、中期、後期の進め方をご紹介

離乳食、初期、赤ちゃん、進め方、2
参照元URL:http://news.ameba.jp/

ここではあなたの赤ちゃんに合わせた離乳食の進め方を

初期、中期、後期に分け紹介しています。

 

赤ちゃんの現状と照らし合わせ進めていきましょう

 

離乳食の初期の進め方:5ヶ月〜6ヶ月

離乳食、初期、赤ちゃん、進め方、3
参照元URL:http://you2san.blog107.fc2.com/

月齢5ヶ月の初期の離乳食は、

1回量小さじ1〜10杯くらいをあげる進め方をしましょう。

 

それを赤ちゃんに1日1回決まった時間にあげる進め方をしましょう。

 

慣れてきたら1日2回

1回量は小さじ10〜杯の離乳食をあげる進め方をしましょう。

 

離乳食ではまだまだ初期ですので授乳とミルクの割合は、

ミルク90%離乳食10%

にしましょう。

 

この時の離乳食をあげる注意点は、

赤ちゃんがまる飲みしないように

言葉をかけながら進めることです

 

赤ちゃんに指しゃぶり、スプーン、フォークなどを、

持たせるといいでしょう。

 

Sponsored Link

 

離乳食の中期の進め方:月齢7ヶ月〜8ヶ月

離乳食、初期、赤ちゃん、進め方、4
参照元URL:http://www.misaki.rdy.jp/

月齢7ヶ月の中期の離乳食は、

初期に比べ1日2回になりますが、

赤ちゃんの栄養はおっぱいやミルクがメインです。

 

この時期の離乳食の1回量は、

子供用茶碗5分目から7分目で、

少しずつ増やす進め方をしましょう。

 

1回の離乳食のメニュー数は2〜3品が目安です。

 

赤ちゃんに毎日決まった時間に、

ご飯を食べる習慣をつけた進め方をしていきましょう。

 

離乳食ではまだまだ中期なので、授乳とミルクの割合は、

ミルク70%、離乳食30%

にしましょう。

 

この時の離乳食をあげる注意点は、

与えるだけ食べる赤ちゃんは,

食後に吐かないか見てあげることです

 

食後に赤ちゃん吐かないならば問題がありません。

 

心配になりますが、

赤ちゃんが自分で満腹感を、

分かるようになる時期なので大丈夫です。

 

 

離乳食の後期の進め方:月齢9ヶ月〜11ヶ月

離乳食、初期、赤ちゃん、進め方、6
参照元URL:http://ameblo.jp/

月齢9ヶ月の後期の離乳食は1日3回になります。

 

この時期の離乳食の1回量は、

子供用茶碗7分目から少しずつ増やして、

1杯〜強にする進め方をしましょう。

 

1回の離乳食のメニュー数は3品が目安です。

 

離乳食ではそろそろ後期なので、授乳とミルクの割合は、

ミルク50%、離乳食50%

にしましょう。

 

ここで離乳食の各月齢で共通な注意点があります。

 

赤ちゃんは大人の食べる姿をじっと見ていることです

 

なるべく赤ちゃんを含めた家族みんなで、

食卓を囲める時間に設定するといいでしょう。

 

食事のひとときを楽しい時間にしてあげましょう。

 

 

いかがだったでしょうか。

 

離乳食を始める初期は作ることも片付けも本当に大変です

 

しかし赤ちゃんが美味しそうに食べてくれたら、

本当に嬉しくなるんですよね。

 

注意点を気にしながら楽しく離乳食の進め方をマスターして、

我が子を守っていきましょう。

 

以上今回は『離乳食の進め方を初期、中期、後期に分けご紹介!』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑