*

冬のメイク!2016~2017年のトレンドややり方は?流行りの道具は?

冬のシーズンは乾燥によるお肌のトラブル等も多く

日々のメイクにも殊更、気をつかうという方も多いでしょうが

そんな季節だからこそトレンドを意識したメイク

旬のおしゃれを楽しみたいものですよね。

 

クリスマスやお正月等のイベントも盛り沢山の冬には

流行りのエレメントを取り入れたメイクで華やかに装えば

周囲から羨望の眼差しを向けられること間違いなしで

きっと、おしゃれ上級者の仲間入りが果たせますよ。

 

そこで今回は、2016~2017年の冬のメイクについて

要チェックのトレンド旬のメイクのやり方について

画像や動画を交えて詳しくご紹介して参りましょう。

Sponsored Link

 


2016~2017年の冬メイクのトレンドは?

2016~2017年の冬のメイクのトレンドとしては

秋からの傾向を大筋で継続しつつも新しい要素も見られ

早目にチェックしておきたいポイントも少なくありません

 

という事で、この冬のトレンドのメイクのやり方で

ぜひ押さえておきたい重要ポイントをピックアップして

先ずは詳しく見ていきたいと思います。

 

●2016~2017年の冬メイクはナチュラルなハンサム眉がトレンド!

冬 メイク 2016 2017年 トレンド
参照元URL:http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

今秋からのトレンドを引き継ぎ2016~2017年の冬は

ハンサム眉が、特に要チェックのメイクのポイントですが

ナチュラル感を大切にするのがこの冬のトレンドとなりそうです。

 

これまでの太眉メイクのトレンドからは少し方向転換し

存在感を残しつつも描きこみ過ぎない自然な眉メイク

2016~2017年の新しいトレンドの要素となる模様。

 

特に、今季のトレンドのきりっとしたハンサム眉は

コスメで手を入れすぎるやり方をすると

他のパーツから不自然に浮いてしまい大失敗の素にも。

 

特に、眉に関しては描き過ぎは殊更リスク大なので

自分本来の眉の形を生かしたナチュラルな眉のメイクが

この冬のトレンド眉を手に入れるコツになりそうですね。

 

尚、ナチュラルなハンサム眉のメイクでは

日々の眉毛のケアのやり方にも注意が必要ですので

日頃からお手入れをし過ぎないことも重要ですよ。

 

最新の海外のトレンドとしては、細眉が復活の兆しも見受けられるので、

今後の眉の形の流行に関しては冬以降のトレンドの動向も要チェックですよ。

 

 

●2016~2017年の冬メイクはマット系のしっかりアイメイクがトレンド!

冬 メイク 2016 2017年 トレンド 
参照元URL:https://kaumo.jp/

2016~2017年の冬のトレンドのメイクでは、

立体感を残したマットメイクもキーワードとなりそうですが

この冬の目元のメイクでもマット系しっかりリメイク

流行の兆しとのことで、要チェックなんです。

 

特に、アイラインをしっかり引き目元を強調した上で

シャドーでぼかしを入れるスモーキーアイメイク

この冬の目元にぜひ取り入れたいトレンドの要素ですよ。

 

また、2016~2017年の冬のメイクでは

久々に目尻のアイラインを上向きに描くキャットライン

トレンドインの見み込みですので、パーティー等の席で

メイクに取り入れるとより華やかな仕上がりになりますよ。

 

尚、冬のメイクではトレンドの多様化も見られ、

従来のしっかりメイクとは一線を画すナチュラルな目元

この冬の旬のアイメイクとなりそうですので、

TPOにあわせてフレキシブルにメイクのやり方に

変化を持たせるのもいいアイデアですね。

 

 

●2016~2017年の冬メイクはダークカラーorカラーレスのリップがトレンド!

冬 メイク 2016 2017年 トレンド  
参照元URL:https://cdn.myreco.asia/

秋のメイクでも注目を集めたダークカラーのトレンドは

基本的には2016~2017年の冬のメイクでも健在で

ボルドーやバーガンディーといった深みのある赤系や

暖かな印象が冬にぴったりのショコラなどのブラウン系が

この冬の口元をシックに彩りそうです。

 

存在感のあるハンサム眉やしっかりアイメイクといった

主張する他のパーツに負けない口元は、ダークリップを

取り入れたトレンドメイクで実現するのが今季風ですね。

 

冬 メイク 2016 2017年 トレンド q
参照元URL:https://img.iqon.jp/

ところで、前項で少し触れた通り、冬のメイクでは

トレンドの多様化というのも見逃せない新展開ですので

目元と共に口元のメイクでもダークリップとは真逆を行く

カラーレスリップも流行の兆しなんです。

 

2016~2017年のトレンドのメインストリームともいえる

ダークカラーですが、唇が薄い方や口が小さめの方には

一歩間違うと、きつい印象や老け顔にもなりかねない

難しいニュアンスのトーンであり、

カラーレスのトレンドも見逃せないメイクのポイントですよ。

 

という事で、この冬のメイクでは、多様化したトレンドを

フレキシブルに使い分けることで、

自分らしさを大切にした今季風のメイクを目指してみて下さいね。

 

Sponsored Link

 


2016~2017年の冬メイクのやり方は?

という事で、2016~2017年の冬のメイクについて

トレンドインが確実視される要素をピックアップしましたが

具体的なメイクのやり方も引き続き見ていきたいと思います。

 

動画を参照しながら、わかり易くご紹介しますので

メイク初心者の方も今季のトレンドメイクに挑戦する際には

きっと参考にしていただけますよ。

 

●2016~2017年の冬メイクのやり方1



参照元URL:https://youtu.be/U0hfITQnqlE

従来、冬のメイクで注目される事が多いマット肌メイクですが

2016~2017年の冬メイクでは、

立体感のあるマットメイクが全体的なトレンドとなりそうな予感です。

 

上記の動画では、厚塗りに見えないナチュラルな仕上がりの

マット肌のベースメイクのやり方が紹介されていますので

この冬のトレンドのメイクの参考になさって下さいね。

 

尚、動画でも言及されている通り、乾燥しがちな冬場は

マット肌メイクでも保湿が大変重要なポイントなので

十分お肌に潤いを与えて肌を良い状態に保った上でメイクを始めるといいですよ。

 

また、2016~2017年の冬のメイクでは

オレンジ色のチークを仕上げに入れてマット肌ながらも

立体感&透明感を出すのが旬のメイクのやり方なので

ぜひ、あわせてトライしてみるといいですね。

 

 

●2016~2017年の冬メイクのやり方2



参照元URL:https://youtu.be/BpBiy8Lu6iI

続いての2016~2017年の冬のメイクのやり方では

この冬のアイメイクの大きなトレンドとなりそうな予感の

スモーキーアイメイクを見ていきたいと思います。

 

スモーキーアイメイクではアイシャドウをぼかして

目元から瞼にかけ綺麗なグラデーションを作ることで

ナチュラルな仕上がりを目指すのがこの冬のトレンド。

 

アイラインなど、シッカリと描きこむパーツと

控えめにするパーツで緩急をつけ

程よいスモーキー感に仕上げるのが今季のトレンドでは大切ですね。

 

また、2016~2017年の冬のアイメイクでは

温かみのあるショコラ系やシックな印象のボルドー系

又は深みのあるブラウン~赤系のトーンが季節感のある

バーガンディーやクランベリー等がトレンドなので

積極的にとりいてて頂きたいカラーとなっております。

 

 

●2016~2017年の冬メイクのやり方3



参照元URL:https://youtu.be/6jUhhHX2Xx8

2016~2017年の冬の眉のトレンドメイクでは、

秋メイクのトレンドのハンサム眉の人気が継続見込みですが

こちらも他の顔のパーツ同様、描きこみ過ぎないのが

旬のメイクのやり方のポイントになりそうです。

 

基本的には太めのボリュームのある眉がトレンドですが

元々の眉の形を生かしたナチュラル眉に仕上げるのが

この冬の眉メイクの新しい流れですね。

 

上記の動画では、簡単なステップのナチュラル眉

メイクのやり方のポイントを押さえ紹介されていますが

自分の眉の色よりワントーン明るめのコスメを使い

眉を描いていくとより自然に仕上がり、

失敗も少ないのでぜひ参考にしてみて下さいね。

 

Sponsored Link

 


2016~2017年の冬メイクにおすすめな道具は?

さて、2016~2017年の冬のメイクのトレンドについて

押さえておきたい旬のメイクややり方を見てきましたが

最後に、トレンドのメイクに挑戦する際におすすめな

コスメの道具もいくつか見ておきたいと思います。

 

シーズンの始まりには新製品のコスメも発売されますので

この冬の旬メイクに役立つコスメを補充するには絶好の機会ですよ。

 

2016~2017年の冬メイクにはパウダーファンデーションの道具がおすすめ!

2016~2017年の冬のメイクでは

マット肌のベースメイクがトレンドになるという事で

これまでリキッドファンデーションを使っていた方が

パウダーファンデーションにトライする良い機会ですよ。

 

イベントの多い冬の季節はお出かけすることも多く

きっちりした仕上がりになるマット肌のベースメイクも

ぜひ、取り入れてみてはいかがでしょう。

 

上記のアクアオーラ モイストクッション ファンデーション

人気の韓国コスメブランドのトニーモリーの製品で

リキッドとパウダーのいいとこどりの逸品なんです。

 

下地を使わなくても抜群のカバー力で美しい仕上がりとなり

超簡単なメイクのやり方でプロ並みの立体感が手に入ると

大評判のおすすめのファンデーションとなっております。

 

 

2016~2017年の冬メイクにはグロッシーアイシャドウの道具がおすすめ!

2016~2017年の冬の目元では、

立体感のある作り過ぎないメイクのやり方がポイントですが

トレンドのスモーキーアイメイクでは

アイシャドウのトーン選びにも拘りたいものですよね。

 

尚、この冬のアイメイクのトレンドカラーとしては

ブラウン系や濃い赤系が注目カラーとなっておりますので

新色を取り入れた旬の目元に挑戦してみるといいですよ。

 

上記のKOSEのヴィセリシェグロッシーリッチアイズ

濡れたようなツヤ感とグラデーションカラーで

吸い込まれそうに印象的な目元が演出できる逸品なので

この冬のメイクでも大活躍間違いなしのコスメなんです。

 

ピュアゴールド配合でナチュラルな立体効果

手軽に出せる人気の売れ筋アイシャドウは、

この冬のトレンドカラーであるショコラやバーガンディー

チョイスしてトレンドのアイメイクにトライしてみて下さいね。

 

 

2016~2017年の冬メイクにはリキッドアイライナーの道具がおすすめ!

2016~2017年の冬のアイメイクでは

くっきりとしたアイラインのメイクも、

ぜひ押さえておきたいトレンドの一つなので、

新たにリキッドアイライナーをメイクに取り入れるのもおすすめなんです。

 

リキッドアイライナーを使った目元のメイクのやり方は

初心者の方には難しそうな印象があるかもしれませんが

直ぐにコツをつかむことができますので、気軽に挑戦して

トレンドのアイメイクに役立ててみるといいですよ。

 

上記のLove Linerのリキッドアイライナー

累計250万本の売り上げを誇る長く愛される大人気コスメで

コスメの口コミランキングでも堂々の1位を獲得した

大変おすすめのアイテムなんです。

 

1日にじまないのにお湯で簡単にメイクが取れる

失敗知らずの優れもののリキッドアイライナーは

リッチブラック、ノーブルブラウン、ダークブラウンの

3色から選べる初心者にもおすすめのアイライナーですよ。

 

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

秋のメイク!2016年のトレンドややり方は?アイシャドウで決めろ!

眉毛の整え方!女性の濃いめ、ナチュラルなメイクに対応する眉は?

2016〜2017年の秋冬のトレンドカラーは?レディース編

2016〜2017年の秋冬のトレンドファッションは?レディース編

冬のデート!カップルから人気のスポットをランキングでご紹介!

冬のミディアムの髪型!レディースから人気な髪型をご紹介!

 

という事で、2016~2017年の冬のメイクのトレンドについて

メイクの傾向やメイクのやり方のポイント、おすすめのメイク道具等を

まとめて見て参りましたが、いかがだったでしょうか。

 

寒い季節は、ともすればおしゃれも手抜きになりがちですが

冬だからこそ映える旬のメイクもありますので、

2016~2017年のトレンドを取り入れた素敵なメイクに

この冬は挑戦してみて下さいね。

 

以上『冬のメイク!2016~2017年のトレンドややり方は?流行りの道具は?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

4月の国内旅行におすすめなスポットや周辺施設、特産品や持ち物は?

桜前線が日本列島を北上し本格的な観光シーズンとなる4月は 柔らか

大学生の通学のカバンは?人気ブランドやおすすめを男女別にご紹介!

コーディネートの良しあしを決めるポイントは 小物遣いだとよく言わ

高校生の卒業式の髪型!男の子の人気やおすすめなアイテムは?

一生に一度の高校生の卒業式 小学校や中学校までの卒業式は記憶が薄

4月の海外旅行におすすめな国や観光スポット、物価や気温、治安は?

学校や会社では年度初めとなる4月はイベントの多い月ですが 月末の

3月の国内旅行におすすめなスポットや周辺施設、特産品や持ち物は?

寒さが和らぎ、春の訪れが実感できるようになる3月は 日脚も長くな

→もっと見る

PAGE TOP ↑