*

車の雪下ろしの道具や車を傷つけない方法をご紹介!

今年も雪が降り積もる季節がやってきましたね。

 

車の雪ろしでは、

体験した方はご存知と思いますが、

大変、時間が掛かります。

 

また、やり方を間違えると、

事故につながったり、

車の塗装面傷つけてしまう恐れがあります。

 

そこで今回は正しい車の雪下ろしの方法や、

雪下ろしの道具をご紹介していきましょう。

Sponsored Link

 


車の雪下ろしの道具

この道具は、

車の雪下ろしには欠かせない道具で、

先端がブラシゴムのヘラとなっており、

柄の部分はプラスチックのヘラとなっております。

 

柄のヘラの部分は、

車のフロントガラスにへばり付いた氷を

ガリガリと落とす役目をするのですが、

フロントガラスにがいくため、

使用することはあまりおすすめしません

 

車の雪下ろしの方法を覚えてしまえば、

使用するのは先端のブラシと、

ゴムのヘラの部分だけで十分なのです。

 

 


車の雪下ろしの方法

車、雪下ろし、道具、方法、2
参照元URL:http://nichibei.web.fc2.com/

車の雪下ろしの方法ですが、

まず雪下ろしした雪は車の横側に落としていきましょう。

 

横に落とさずに落としてしまうと、

車の雪下ろしが終わり、

いざ出発という時に前の雪が邪魔で、

車が動かせなくなってしまいます

 

そうならないためにも、

雪下ろしをした雪の場所は事前に決めておきましょう

 

 

車のフロントガラスの雪下ろし

車、雪下ろし、道具、方法、1
参照元URL:http://nichibei.web.fc2.com/

車の雪下ろしをした雪の場所を決めたら、

いよいよ車の雪下ろしの開始です。

 

ここで使用するのが、

先ほどご紹介した雪下ろしの道具、

スノーブラシです。

 

まずはスノーブラシの先端(ブラシ、ゴムのヘラどちらでも可能)で、

車のフロントガラスの雪下ろしをしていきましょう。

 

なるべく車のフロントガラスに、

ブラシやゴムの部分が接触しないように、

押しながら雪下ろしを行っていきましょう。

 

ここで接触したまま押して雪下ろしを行ってしまうと、

車のフロントガラスに細かい傷がつく原因となります

 

この時にフロントガラスに、

コーキングをされていない方は、

雪がへばり付いて取れにくい場合がございます。

 

そんな時はお湯をかけて雪を溶かすか、

車の暖房で雪を溶かしましょう。

 

Sponsored Link

 

車の天井の雪下ろし

車、雪下ろし、道具、方法、3
参照元URL:http://nichibei.web.fc2.com/

フロントガラスの雪下ろしが終わったら、

次の雪下ろしは車の天井を行いましょう。

 

車の天井の雪下ろしはスノーブラシのブラシを使い、

塗装面に道具のブラシが接触しないように、

引きながら雪をおとしていきましょう。

 

背の高いお車の雪下ろしでは、

天井の雪を下ろす際に赤丸の部分に気を付けて行いましょう。

 

この部分は意外と見落としがちで、

道具と接触して車にをつけがちです。

 

車の天井の雪下ろしは面倒な作業ですが、

しっかりと行っておきましょう。

 

車の天井に大きな雪の塊を載せたまま走行すると、

ブレーキング時フロントガラスに、

雪が落ちてきて視界を妨げたり

走行中、後方に雪の塊を落とし、

後方の車に迷惑を掛けてしまいます。

 

 

車のドアを開けエンジンを始動

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
参照元URL:http://pucchi.net/hokkaido/snow/car02.php

車の天井の雪下ろしが終われば、

次はドアを開けエンジンをかけるのですが、

雪が降り積もる季節では、

車のドアが凍ってあきづらいことがあります

 

車のドアは無理して開けようとするのは、

あまりよくありません

 

それは車のドアのゴムが千切れたり

弱る原因となるからです。

 

車のドアを開ける際は、

ゆっくりと慎重に開けましょう。

 

車のドアが開いたら、

後はいつも通りエンジンをかけてください。

 

 

車のボンネットの雪下ろし

車、雪下ろし、道具、方法、7
参照元URL:http://nichibei.web.fc2.com/

車のエンジンをかけ終わったら、

次はエンジンの熱を利用して、

車のボンネットの雪下ろしをしましょう。

 

車のボンネットの雪下ろしも、

天井の雪下ろし同様スノーブラシのブラシの部分で、

車の塗装面と道具が接触しないように、

押しながら雪下ろししていきましょう。

 

車のボンネットの雪下ろしは、

エンジンの熱で少し雪が溶けますので、

他の部分と比べれば、

落としやすいと思います

 

以上で車の雪下ろしは完了です。

 

車の雪下ろしはとても大変な作業です。

 

車に雪が積もる前に、

車に使用済みの毛布をかけておき、

車の雪下ろしをする際に毛布を外す方法もあります。

 

この方法ですと

雪下ろしの手間が省けますし、

車に傷をつける心配もないのでおすすめです。

 

 

車の雪下ろしを楽にするアイテム

こちらは洗車と同時に車のボディを、

コーティングをしてくれる洗車WAXです。

 

従来の物と違い効果が本当に実感できるアイテムで、

使い方は普段洗車に使用している洗剤を、

この洗車WAXに変えるだけなのでとても簡単ですよね。

 

車の雪下ろしをする際は、

どんなに気をつけていてもボディの表面に、

細かい傷がついてしまいます

 

そんな時にコーティングをしておくと、

傷がつきにくくなります

 

またこのコーティングは水を弾く作用がありますので、

雪が滑る様に落ちてくれますので、

車の雪下ろしがとても楽になります。

 

車の雪下ろしを楽にするには、

面倒ですが前もった対策を

 

他にも車の雪対策にこんな記事もありますので、

是非参考にしてみてください。

<関連記事>

・車は雪の対策をして安全に走行!様々な雪の対策をご紹介!

・車で雪の道を運転する際の注意点やコツをご紹介!

 

いかがだったでしょうか?

 

正しい車の雪下ろしの方法をマスターし、

愛車を綺麗に保ちましょう。

 

以上今回は『車の雪下ろしの道具や車を傷つけない方法をご紹介!』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑